2/28/2017

嫌われるオーガニック志向

オーガニックと言えば、サンフランシスコベイエリア。オーガニックなライフスタイルが定着している聖地のような場所です。

食べ物はもちろん、洋服や化粧品、日用品までオーガニック商品は多岐にわたっています。

そんな環境で生活していると、特に大きな疑問を感じることなく、オーガニック商品の方が良かろう、と思い購入しています。

ふと気がつくと、我が家の冷蔵庫やパントリーにオーガニック商品がたくさん並んでいます。


どこかのワイナリーで購入したオーガニックのワインまであります。でも、正直、オーガニックワインって美味しくないです。ノンオーガニックの味に慣れているからかもしれません。

でも、本当にオーガニックって良い商品なのでしょうか?たぶん良い商品が多いと思うのですが、同時にオーガニックという広告に惑わされているような気もします。

通常オーガニックの方がノンオーガニックよりも値段設定が高いです。高い商品を販売したい店の思惑にはまっている感もあります。

オーガニックとノンオーガニック、その差に価値はあるのだろうか?わかりません、もしかしたら単純に無駄使いしているのかもしれません。


ちょっと前のことですが、近所のオーガニック志向女性が、共有芝生に利用している肥料(たぶん、オーガニックではない)に苦情を言いました。子供たちが遊ぶ芝生なので、彼女は心配だったのでしょう。

その後、肥料の安全性を調べた結果、特に問題はないことが判明したのですが、その時、他のアメリカ人女性たち「彼女はいつもあんなことばっかり言っているのよ、いちいち彼女の話しを真剣に聞かなくていいの」という態度。

オーガニック女子は嫌われているのかしら、と思ってしまいました。こういう人間関係って、日本ではもちろんですがアメリカでもいっぱい。一見、皆フレンドリーなのですが、ちょっと入りこむと色々あるある。 

いずれにせよオーガニックにこだわりすぎて、これがいいのよ、これしかないのよ、他のものはダメ、などと主張するのは良くないです、影で揶揄される可能性があります。

ナパバレーも一応ベイエリアの片隅なので、オーガニックに否定的な人は少ないとは思うのですが、やはり行き過ぎたオーガニック信仰者はやっかいもの扱いされてしまうようです。

日本でもオーガニック信仰者が増えているようですが、その存在をうざいと思っている人はいるのでしょうね。オーガニック信仰者は、それをシェアできる人とだけ会話した方が無難みたいです。

私もオーガニック志向になりつつあるので、気をつけようと思いました。でも、私の世代では流行でオーガニックにはまるというよりも、本当に体に良いものとして選んでいる人がほとんどです。

なにせ老化と立ち向かっていかなければならない年齢ですので、イマドキ女子の流行とは違うのですが、やはり気をつけた方が良さそうです。


🍷サンフランシスコ&ワインカントリーのレストラン、ワイナリー、グルメ情報お探しの方は「フード&ワインの日々」



2/25/2017

サンフランシスコで見つけたお気に入りビールとコーヒー

定期的にやってくる1泊シティライフです。愛犬の体調に問題なければ、月に2、3回登場します。

今回サンフランシスコでの宿泊はお気に入りホテルヴィターレです。


ブログ記事にしているのを確認したところ、今回は4回目の宿泊のようです。過去は (こちら)(こちら)(こちら)ですが、確認するのがだんだん面倒になってきました。

愛犬チェックイン、すっかりこのホテルの匂いに慣れてます。


部屋を確認した後は


近くのフェリービルディング界隈を散歩


前回気に入ったビルディング内のFort Point Beer Company(フォートポイント ビアカンパニー)というブリュワリー(こちら)で、再びビールを味わいました。


カジュアルな店で、仕事(働いてないけど・・)の後のビール1杯が美味しいですね。 この界隈に来たら、毎回立ち寄りそうでヤバいです。 

そして、その隣のコーヒー屋さんも美味しいのです。

私は午後はコーヒーを飲まない人なので、翌朝立ち寄りましたが、日本でも人気らしい、ブルーボトルコーヒーです。


以前ここでコーヒーを飲んでからファンになっています。コーヒー通ではありませんので、うんちくは語れませんが、最初飲んだ時に味の違いがすぐにわかりました。

美味しいコーヒーの味を知ってしまうと、これもビール同様ヤバいです。


女子が好きな💛マーク


サンフランシスコにはこれ以外にも人気のクラフトビールやコーヒーショップがあるようです。それにしても、ワインだけでなくビールもコーヒーも本当に奥が深いです。

フード&ドリンク、全部を知り尽くすことなんて絶対無理です。だからこそ、ずっと探求できて、楽しめるのかもしれません。


雨が上がって、晴天のサンフランシスコでした。


🍷サンフランシスコ&ワインカントリーのレストラン、ワイナリー、グルメ情報お探しの方は「フード&ワインの日々」



2/24/2017

ソノマのワインカントリー・マーケットプレイス Cornerstone Sonoma

ナパのお隣のソノマにワインカントリー・マーケットプレイス Cornerstone Sonoma(コーナーストーン ソノマ)を見つけましたので観光案内します。ガーデンセンターとも呼ばれているようです。

場所はサンフランシスコ北のマリン郡を通り過ぎて、ソノマ市内に入る手前のArnold Drive沿いにあります。この道は何度も通り過ぎていて気になっていた所でした。


さてさて、このマーケットプレイスには何があるのでしょうか?


この案内板で何がどこにあるのかを確認します。色々あるようです。


まずはワインカントリーですからワインテイスティングルーム




蒸留酒のテイスティングができるディスティラリーもあります。


カフェではカリフォルニア・キュイジーヌを味わえます。


アンティックショップ、ギャラリー、ショップなども並んでいます。




至る所にアートワークがディスプレイされています。


意味不明のものもありますが、


可愛いものもたくさんあります。


イベント会場(ウエディングなどのプライベートイベントも可能)


アウトドア キッチンステージ


「Sunset」というライフスタイルマガジンと提携しているようです。ホーム、クッキング、ガーデニング、トラベルなどを扱った雑誌です。


芸術と自然が融合している個性あるガーデンを散歩














ソノマのビジターセンターもあります。


なかなか見所のあるマーケットプレイスです。カジュアルな雰囲気の中で、テイスティングしたり、食事をしたり、ショッピングしたり、ガーデン散策など、お子様連れの家族からロマンチックなカップルまで楽しめる所です。

旅行会社の人ではないので、日本の観光客受けするところかどうかはわかりませんが、レビュー評価も高いので、ソノマ観光スポットのひとつであると思われます。

ソノマもナパも探すと、それ程お金をかけずに楽しめる場所がたくさんありますので、見つけたら観光案内させていただきます。


🍷ワインカントリー&サンフランシスコのレストラン、ワイナリー、グルメ情報お探しの方は「フード&ワインの日々」



2/22/2017

アメリカから日本へのお土産探し

来月に日本への里帰りを予定しているので、家族や友人へのお土産を考え始めました。毎年3回里帰りしていて、毎回ちょっとしたお土産を買って帰ります。 

アメリカ旅行しているわけではないので、買わなくてもいいよと言われますが、なんとなく日本の習慣みたいなもので続けています。

でも、最近何を買ったら良いのか全くわかりません。今時の日本は何でもありますし、大抵のものは日本の方が品質に優れていて、値段も安いです。しかも、アメリカものと言っても、よく見ると中国産であったりします。 

そして、やっと見つけたアメリカ産アメリカ商品を日本に持ち帰っても、日本人の好みに合わなかったり、使えなかったりします。 

アメリカのスーパーで大量販売しているどぎつい色のチョコレートやキャンディーを持ち帰ったりしたら、見た目も気持ち悪い上に甘すぎ、こんなの要らないと思うでしょう。

差し上げた人にこんなもの要らないと言われたことはありませんが、なんとなく感じます。やっぱり日本人だから察します。

在米年数が長くなると、日本人の感性がだんだん薄れてきて、日本に住んでいる人にこれ美味しいよ、とか、これ使えるよ、と的外れおススメをしている人がいます。

悪気はなく、本気で言っているのですが、かなりずれています。私です。

そんでもって、なるべく喜ばれるどころか、なるべく嫌われないようなお土産探しをしてみるのですが、最近スランプ状況です。

手っ取り早いのはナパバレーからのお土産ですから、ワインですね。


ナパのワイナリーのみで販売していて、日本に流通されていないものは喜ばれるかもしれません。

でも、日本ではナパどころかカリフォルニアワインへの興味がフランスやイタリアワインに比べると断然薄いので、どうでしょうね、それほど感謝はされないかも。

しかも、お酒を飲まない人は、興味もないでしょう。せっかくの重い液体商品を漏れないようにきちんとパックしてスーツケースに入れて持ち帰っても、喜ばれないのも寂しいです。

こうして、ああでもないこうでもないと、毎回出発まで悩んで、最後空港でもお土産探しをします。

でも、サンフランシスコ空港内のショップには、気の利いたものなど皆無、こんな商品持ち帰ったらひんしゅくもの、というような商品が並んでいたりします。 

いっそのこと、お土産止めてしまった方がいいのかな、とも思ったりしますが、そこは日本人としての心が留まらせているのです。 

アメリカから日本へのお土産探しは毎回悩みの種ですが、逆の日本からアメリカへのお土産探しは楽しいです。しかも自分と愛犬用のものを買うだけなので楽なのです。

とりあえず、里帰りまであと数週間はあるので、がんばって的外れにならないものを探してみます。


🍷サンフランシスコ&ワインカントリーのレストラン、ワイナリー、グルメ情報お探しの方は「フード&ワインの日々」



2/11/2017

サンフランシスコ ジャパンタウンのホテル Kimpton Buchanan Hotel

1泊シティライフ、今回も行き先はサンフランシスコです。 

先月ジャパンタウンのホテルカブキに宿泊した時に気になるホテルがあると書きました(こちら)。その気になるホテルとはKimpton Buchanan Hotel(キンプトン ブキャナン ホテル)です。


ジャパンタウンにあるので日本語でブキャナンと書かれています。場所はその名の通り、Buchanan StreetとSutter Streetが交差した角で、


ジャパンタウン(日本街)の一角です。


ブキャナンホテルはサンフランシスコベースのブティックホテルチェーンKimpton Hotels(キンプトン ホテルズ)のメンバーホテルです。

先月は同じホテルグループのKimpton Sir Francis Drake Hotel(キンプトン サーフランシス ドレイク ホテル)に宿泊しました(こちら)


現在キンプトンのホテルはサンフランシスコには2つだけです。

入口を入ると、正面がロビー


長ソファー


テーブル席や、


椅子も用意されています。


もちろんドッグフレンドリー、ペットフィーを請求しない真のドッグフレンドリーホテルです。


客室の方はブティックホテルなので超ファンキー。ちょっと変わったスタイルが私のお気に入りです。


こんなテレビスタンドは初めてかも。


日本を感じさせるディスプレイなども。


ホテル内にはしゃぶしゃぶの店もあります。味は試してないので、どうなのかわかりません。


客室階からのジャパンタウンとサンフランシスコ景色


ホテル専用駐車場もあって、使い勝手の良いホテルです。


しかも夕方5時からはハッピーアワーでワインのサービスもあり、


よく見ると、日本酒も用意されていたりする気の利いたホテルです。


グラスワインで喉を潤した後はディナーというパターンが定着しております。


🍷サンフランシスコ&ワインカントリーのレストラン、ワイナリー、グルメ情報お探しの方は「フード&ワインの日々」