2/28/2017

嫌われるオーガニック女

オーガニックと言えば、サンフランシスコベイエリア。 オーガニックなライフスタイルが定着している聖地のような場所です。 食べ物はもちろん、洋服や化粧品、日用品までオーガニック商品は多岐にわたっています。

そんな環境で生活していると、特に大きな疑問を感じることなく、オーガニック商品の方が良かろう、と思い購入しています。 ふと気がつくと、我が家の冷蔵庫やパントリーにオーガニック商品がたくさん並んでいます。


どこかのワイナリーで購入したオーガニックのワインまであります。 でも、正直、オーガニックワインって美味しくないです。 ノンオーガニックの味に慣れているからかもしれません。

でも、本当にオーガニックって良い商品なのでしょうか? たぶん良い商品が多いと思うのですが、同時に、オーガニックという広告に惑わされているような気もします。

通常オーガニックの方がノンオーガニックよりも値段設定が高いです。 高い商品を販売したい店の思惑にはまっている感もあります。

オーガニックとノンオーガニック、その差に価値はあるのだろうか? わかりません、もしかしたら単純に無駄使いしているのかもしれません。

ちょっと前のことですが、近所のオーガニック志向の人が、公共芝生に利用している肥料(たぶん、オーガニックではない)に苦情を言ったことがあるのです。 子供たちが遊ぶ芝生なので、彼女は心配だったのでしょう。

その後、肥料の安全性を調べた結果、特に問題はないことが判明したのですが、その時、他のアメリカ人女性たちが、「彼女はいつもあんなことばっかり言っているのよ、いちいち彼女の話しを真剣に聞かなくていいの」と言ったのです。

オーガニック女は嫌われているのかしらん、と思ってしまいました。 こういう人間関係って、日本ではもちろんですが、アメリカでもあります。 一見、皆フレンドリーなのですが、ちょっと入りこむと色々あるある。 

いずれにせよオーガニックにこだわりすぎて、これがいいのよ、これしかないのよ、他のものはダメ、などと主張するのはヤバいです、影で笑われる可能性があります。

ナパバレーも一応ベイエリアの片隅なので、オーガニックに否定的な人は少ないとは思うのですが、やはり行き過ぎたオーガニック信仰者はやっかいもの扱いされてしまうようです。

日本でもオーガニック信仰者が増えているようですが、きっとその存在をうざいと思っている人はいるのでしょうね。 オーガニック信仰者は、それをシェアできる人とだけ会話した方が無難でしょう。

私もオーガニック志向になりつつあるので、気をつけようと思いました。 でも、私の世代では流行でオーガニックにはまるというよりも、本当に体に良いものとして選んでいる人がほとんどです。

なにせ老化と立ち向かっていかなければならない年齢ですので、イマドキ女子の流行とは違うのですが、やはり気をつけた方が良さそうです。

「フード&ワインの日々」更新しました。 サンフランシスコのミシュラン1つ星、モロッコ料理レストラン Mourad(ムラッド)の(記事はこちら)です。 びっくりするほど美味しかったモロッコ料理でした。



2/27/2017

もしかして水虫は勘違いかも

昨夜は映画の祭典、アカデミー賞授賞式を最初から最後までずっと(暇です)見ていました。 最後にやってくれました、作品賞を間違えて発表してしまうとは驚きです。

あの1昨年のミスユニバースで優勝者を間違えて発表した時も驚きましたが、今回もすごいミスです。 

もう、アメリカって面白すぎる。。。

それにしても、慎重に取り扱わなければならない封筒が間違って渡されるなんて、あり得ないミスってあるものだと、つくづく思いました。

まあ誰にでも間違いはあるということで、もちろん間違いの程度にもよりますが、それを許せる寛大な心も必要ですね。 

というのは、実は自己弁護。 なんか私も間違っていたみたいなのです。 先週、水虫になったのかもしれない(こちら)という記事書きました。 その後、薬局で水虫治療クリームを購入して様子を見ていたのですが、どうも回復している感じがないのです。

むしろ患部はカサカサでアカギレ状況、かゆみだけでなく痛みも発生し始めました。 ついに、昨夜はかゆみで眠れなくなってしまいました。 そこで市販の湿疹かゆみ止めを使用したら、かゆみが収まってきたのです。 水虫クリームよりも効果があるようなのです。

もしかして水虫ではないのかと思い、もう一度、今度は「水虫と間違えやすい皮膚病」で検索しますと、結構あるもんですね、色々な皮膚病が。 どうもその内のひとつのような感じです。 

しかも、英語のサイトをみると私の別の病気であるアレルギー性鼻炎ともかかわっているかもしれないのです。 そういえば、以前皮膚科のドクターが頭皮の痒みは花粉症からきているのかもしれないと言ってました。

病院にいかないと診断はできませんが、薬を変えて数日様子を見ることにしました。

病気関係のウエブサイトってとても役に立ちます。 アメリカの有名病院のサイトとかはかなり使えます。 私がよく利用するのは、ミネソタ州にある全米でもトップレベルのMayo Clinic(メイヨー クリニック)です。

素人が書いているブログ内容は間違っている場合もあるかもしれませんが、同じ経験をしている人がいることを知るだけでも、少しほっとします。

このブログもどこかで誰かの役に立ちたいです。 病気関係は特に記事にしますので、どうぞよろしく。 愛犬の気管虚脱のことも記事にしていきます。




2/26/2017

SFで10年ぶりの飲茶

サンフランシスコで宿泊したホテルヴィターレのすぐ近くに、有名な飲茶専門レストランがあるので行ってみました。 

なんとまあ10年ぶりの飲茶で、前回は東京で食べた覚えがあります。 もう閉鎖してしまったようですが、オサレな西麻布にあった香港ガーデンで飲茶をいただきました。

サンフランシスコ市内に2店舗ある飲茶レストランYank Sing (ヤン シン)のリンコン センター店の(記事はこちら)です。

このリンコン センターという建物に入った途端思いました、ここはシンガポール?


近代的で小奇麗な建物、南国を感じさせるプラント、天井から流れる滝、飲茶のカート、そして、アジア人がたくさんいて、シンガポールみたいです。

と言っても、シンガポールへは30年近くも前に一度行ったことがあるだけで、今はどうなのか全くわかりません。 でも、シンガポールに住んだことのある夫も、シンガポールみたいと思ったので、そうなんでしょう。 


サンフランシスコで飲茶とか想像すると、チャイナタウンのちょっと汚いイメージ(失礼発言)しかありませんので、予想外の雰囲気でした。

このレストランの客層は中国系というかアジア系が多かったです。 アメリカ料理レストランに比べたら、やはり非アジア人は圧倒的に少ないです。

働いている人たちも、ほとんど中国系です。 中華料理店で働く人って中国系ばっかりです。 日本料理店では日本人以外もたくさん働いているのに、中国料理店では中国系しか見かけません。 

サンフランシスコ市の人口構成では、中国系は市の人口の20%を既に超えているようなので、どこに行っても見かけるのは当然です。

そして、西洋の雰囲気の中に中国系がたくさんいるのを見ると、まるで香港やシンガポールのような感じになるのです。 なんとも不思議な光景です。

私のとんでもない予想ですが、将来サンフランシスコのマジョリティは中国系、不法移民、難民ではないかと。 不法移民と難民の出生率は高いですから、どんどん増えていくことと思われます。

いずれにせよ、中国系が増えると飲茶のレベルがもっと上がるのではないかと期待します。 現時点では、悪くはありませんが、すごく美味しいとも思いませんでした。 もしかしたら、サンフランシスコより南の方には、もっと美味しい飲茶があるのかもしれません。 

それよりも日本で食べる飲茶の方が美味しいかもしれませんね。


2/25/2017

SFで見つけたお気に入りビールとコーヒー

定期的にやってくる1泊シティライフです。 愛犬の体調に問題なければ、月に2、3回登場します。 今回サンフランシスコでの宿泊はお気に入りホテルヴィターレです。


ブログ記事にしているのを確認したところ、今回は4回目の宿泊のようです。 過去は (こちら) (こちら) (こちら) ですが、確認するのがだんだん面倒になってきました。

愛犬チェックイン。 すっかりこのホテルの匂いに慣れてます。


部屋を確認した後は、


近くのフェリービルディング界隈を散歩


前回気に入ったビルディング内のFort Point Beer Company(フォートポイント ビアカンパニー)というブリュワリー(こちら)で、再びビールを味わいました。


カジュアルな店で、仕事(働いてないけど・・)の後のビール1杯が美味しいですね。 この界隈に来たら、毎回立ち寄りそうでヤバいです。 

そして、その隣のコーヒー屋さんも美味しいのです。

私は午後はコーヒーを飲まない人なので、翌朝立ち寄りましたが、日本でも人気らしい、ブルーボトルコーヒーです。 


以前ここでコーヒーを飲んでから、ファンになっています。 コーヒー通ではありませんので、うんちくは語れませんが、最初飲んだ時に味の違いがすぐにわかりました。 

美味しいコーヒーの味を知ってしまうと、これもビール同様、ヤバいです。


女子が好きな💛マーク


サンフランシスコにはこれ以外にも人気のクラフトビールやコーヒーショップがあるようです。 それにしても、ワインだけでなくビールもコーヒーも本当に奥が深いです。

フード&ドリンク、全部を知り尽くすことなんて絶対無理です。 だからこそ、ずっと追究できて、楽しめるのかもしれない、などと思いました。


雨が上がって、晴天のサンフランシスコでした。



2/24/2017

ワインカントリー・マーケットプレイスCornerstone Sonoma

ナパのお隣のソノマにワインカントリー・マーケットプレイス Cornerstone Sonoma(コーナーストーン ソノマ)を見つけましたので、観光案内します。 ガーデンセンターとも呼ばれているようです。

場所はサンフランシスコ北のマリン郡を通り過ぎて、ソノマ市内に入る手前のArnold Drive沿いにあります。 この道は何度も通り過ぎていて、とても気になっていた所でした。


さてさて、このマーケットプレイスには何があるのでしょうか?


この案内板で何がどこにあるのかを確認します。 色々あるようです。


まずは、もちろんワインカントリーですから、ワインテイスティングルーム




蒸留酒のテイスティングができるディスティラリーもあります。


カフェではカリフォルニア・キュイジーヌを味わえます。


アンティックショップ、ギャラリー、ショップなども並んでいます。




至る所にアートワークがディスプレイされています。


意味不明のものもありますが、


可愛いものもたくさんあります。


イベント会場(ウエディングなどのプライベートイベントも可能)


アウトドア キッチンステージ


「Sunset」というライフスタイルマガジンと提携しているようです。 ホーム、クッキング、ガーデニング、トラベルなどを扱った雑誌です。


芸術と自然が融合している個性あるガーデンを散歩














ソノマのビジターセンターもあります。


なかなか見所のあるマーケットプレイスです。 カジュアルな雰囲気の中で、テイスティングしたり、食事をしたり、ショッピングしたり、ガーデン散策など、お子様連れの家族からロマンチックなカップルまで楽しめる所です。

旅行会社の人ではないので、日本の観光客受けするところかどうかはわかりませんが、レビューの評価も高いので、ソノマ観光スポットのひとつであると思われます。

ソノマもナパも探すと、それ程お金をかけずに楽しめる場所がたくさんあります。 見つけたら、又観光案内させていただきます。

ウエブリー ツーリストからでした。

コーナーストーン内のカフェとワイナリーに立ち寄ってます。
Park 121 Cafe & Grill(パーク 121 カフェ&グリル)の(記事はこちら)です。
Keating Wines(キーティング ワインズ)の(記事はこちら)です。



2/23/2017

雨が続いて滞る庭の手入れ

今年は雨ストームが多くて、カリフォルニアの各地で被害がでています。 昨日はやっと晴れたので、皮膚治療薬を探しにドラッグストアに出かけました。 色々な商品があるので、じっくりと検討して購入して外に出たとたん、外が暗くなって雨が降り始めました。 

そのドラッグストアから車で家に帰る途中、突然ひょうが降り始めました。 あられよりも大きかったので、ひょうです。 しばらくして止んだのですが、これで庭のレモンとライムの木がダメージを受けたと思いました。

雨続きの後、久しぶりに庭の様子を確認してみると、たくさんの茸が登場していました。


きのこって一見可愛いけど、毒ありが多いし要注意です。


こちらは裏庭にある芝生ですが、雨続きのために全然手入れがされていなくて伸びきっています。 雑草も見えます。


我が家の庭は業者にお願いして、週1で芝刈りと簡単な庭の手入れをしてもらっています。 それ程広い庭でもないので、毎回10分程度で完了します。

ところが、ここ2週間以上、その業者のクルーたちが姿を見せないのです。 雨の日が多いので仕事ができない状況なのでしょうが、数日晴れた日にも現れません。 どうなっているのか心配です。

きっと数少ない晴れた日には、彼らは大口客のところへ行ってしまうのでしょう。 我が家のような小口客は、優先順位が低いと思われます。 😢 晴れ日が続けば、空き時間に行くか、ということになるのかもしれません。 

ひたすら待つしかありません。 芝刈りクルーさん、早く来てよ。

なんでもそうだけど、上客にならないと、こんなもんですね。


2/22/2017

アメリカから日本へのお土産探し

来月に日本への里帰りを予定しているので、家族や友人へのお土産を考え始めました。 毎年3回里帰りしていて、毎回ちょっとしたお土産を買って帰ります。 

アメリカ旅行しているわけではないので、買わなくてもいいよと言われますが、なんとなく日本の習慣みたいなもので続けています。

でも、最近何を買ったら良いのか全くわかりません。 今時の日本は何でもありますし、大抵のものは日本の方が品質に優れていて、値段も安いです。 しかも、アメリカものと言っても、よく見ると中国産であったりします。 

そして、やっと見つけたアメリカ産アメリカ商品を日本に持ち帰っても、日本人の好みに合わなかったり、使えなかったりします。 

アメリカのスーパーで大量販売しているどぎつい色のチョコレートやキャンディーを持ち帰ったりしたら、見た目も気持ち悪い上に甘すぎ、こんなの要らないと思うでしょう。

差し上げた人にこんなもの要らないと言われたことはありませんが、なんとなく感じます。 やっぱり日本人だから察します。

在米年数が長くなると、日本人の感性がだんだん薄れてきて、日本に住んでいる人にこれ美味しいよ、とか、これ使えるよ、と的外れおススメをしている人がいます。 悪気はなく、本気で言っているのですが、かなりずれています。 私です。

そんでもって、なるべく喜ばれるどころか、なるべく嫌われないようなお土産探しをしてみるのですが、最近スランプ状況です。 なにがいいかな?

手っ取り早いのはナパバレーからのお土産ですから、ワインですね。


ナパのワイナリーのみで販売していて、日本に流通されていないものは喜ばれるかもしれません。 でも、日本ではナパどころかカリフォルニアワインへの興味がフランスやイタリアワインに比べると断然薄いので、どうでしょうね、それほど感謝はされないかも。

しかも、お酒を飲まない人は、興味もないでしょう。 せっかくの重い液体商品を漏れないようにきちんとパックしてスーツケースに入れて持ち帰っても、喜ばれないのも寂しいものです。

こうして、ああでもないこうでもないと、毎回出発まで悩んで、最後空港でもお土産探しをします。 でも、サンフランシスコ空港内のショップには、気の利いたものなど皆無、こんな商品持ち帰ったらひんしゅくもの、というような商品が並んでいたりします。 

いっそのこと、お土産止めてしまった方がいいのかな、とも思ったりしますが、そこは日本人としての心が留まらせているのです。 

アメリカから日本へのお土産探しは毎回悩みの種ですが、逆の日本からアメリカへのお土産探しは楽しいです。 結局自分と愛犬用のものを買うだけなので楽なのです。

とりあえず、里帰りまであと数週間はあるので、がんばって的外れにならないものを探してみます。



2/21/2017

犬と飼い主の相性

愛犬をブリーダーから引き取ったのは2009年2月で、丸8年が経過しました。 

8年間色々なことがありました。 気管虚脱による呼吸困難や肺炎など、もうだめかも、と思ったことも数回あります。 でも毎回頑張ってくれているので、こちらも本当に勇気づけられます。


8年前、私は犬に関しての知識はほとんどなく、ただ単にかわいいという理由だけでヨーキー(ヨークシャーテリア犬種)を探し、夫がネットで探して見つけたのが愛犬でした。

その後、色々なことに気がついたのですが、その内のひとつは犬にも性格があるということです。 同じ犬種で似たような性格も見られますが、結局は個々の性格が存在しています。 そんなことさえも知らずに飼い始めてしまったのです。

まず、愛犬は気が強いです。 小さいながらも、大型犬を相手にひるんだことはありません。 むしろ小型犬よりも大型犬との方が相性が良く、対等に振る舞います。 たまに攻撃的な犬に吠えまくられても、全然平気です。

そして愛犬は好奇心が旺盛です。 散歩する時は同じ道を通りたがらず、どんどん違う方向へ進んでいきます。 お出かけも大好きで、特にワイナリーとかシティの言葉を聞くと、尻尾を振って喜びます。 夫や私のキャリーケースが登場すると、お出かけだなと察知して、かなり興奮状態に陥ります。

食に関しても、以前ドクターからフード(特にプロテイン)を毎日変えるのは良くないと言われたことがあり、毎日茹でチキンを用意していたら、食べなくなりました。 ポークやビーフに変えたとたんに、食欲旺盛になります。 

生活全般に多少のサプライズやバラエティが欲しいようです。 毎日同じ環境で過ごすと、ストレスが溜まるようです。 家の中で暴れたり、お出かけ要求サインを出します。

そして、愛犬は反抗心が強いです。 私たちの言う事を聞かない時が多いです。 言葉の意味は理解しているようで、おやつを見せると、言う事を聞く時もあります。 基本、私たちにコントロールされるのが嫌いのようで、私たちをコントロールしようと企みます。

ふと考えると、これらの性格は私の性格とかなり似ているのです。 一方で、夫は逆の性格です。 夫は気は弱くはありませんが、私たちほど強くありません。 好奇心も多少はありますが、旺盛ではありません。 反抗心はほとんどありません。

こんな2人+1匹が一緒に生活していますが、とてもうまくいっています。 不思議な感じです。

考えてみると、上手に生活を共にするためには、この組み合わせ相性みたいなものが関係しているのかもしれません。 同じ性格ですとぶつかりあうこともあると思うのですが、犬(愛犬)と人間(私)なので大きな問題ではない。 しかも、私たちの場合、夫というクッションがあるようです。

ペットを捨てる飼い主って、とても無責任だと思うのですが、もしかしたらペットと飼い主の性格がかみ合わなかったのかもしれません。 残念ながら、離婚ということでしょうか。 そして、お互いに相手を変えると、うまくいくこともあるのでしょう。

どお思う?


「フード&ワインの日々」更新しました。 ナパのメキシコ料理店Frida's Mexican Grill(フリーダズ メキシカン グリル)の(記事はこちら)です。 もっと天気が良くなってきたら、マルガリータだね。