2/28/2017

嫌われるオーガニック女子

オーガニックと言えば、サンフランシスコベイエリア。オーガニックなライフスタイルが定着している聖地のような場所です。食べ物はもちろん、洋服や化粧品、日用品までオーガニック商品は多岐にわたっています。

そんな環境で生活していると、特に大きな疑問を感じることなく、オーガニック商品の方が良かろう、と思い購入しています。ふと気がつくと、我が家の冷蔵庫やパントリーにオーガニック商品がたくさん並んでいます。


どこかのワイナリーで購入したオーガニックのワインまであります。でも、正直、オーガニックワインって美味しくないです。ノンオーガニックの味に慣れているからかもしれません。

でも、本当にオーガニックって良い商品なのでしょうか?たぶん良い商品が多いと思うのですが、同時にオーガニックという広告に惑わされているような気もします。

通常オーガニックの方がノンオーガニックよりも値段設定が高いです。高い商品を販売したい店の思惑にはまっている感もあります。

オーガニックとノンオーガニック、その差に価値はあるのだろうか?わかりません、もしかしたら単純に無駄使いしているのかもしれません。


ちょっと前のことですが、近所のオーガニック志向女性が、共有芝生に利用している肥料(たぶん、オーガニックではない)に苦情を言ったことがあるのです。子供たちが遊ぶ芝生なので、彼女は心配だったのでしょう。

その後、肥料の安全性を調べた結果、特に問題はないことが判明したのですが、その時、他のアメリカ人女性たちが、「彼女はいつもあんなことばっかり言っているのよ、いちいち彼女の話しを真剣に聞かなくていいの」と言ったのです。

オーガニック女子は嫌われているのかしらん、と思ってしまいました。こういう人間関係って、日本ではもちろんですがアメリカでもいっぱい。一見、皆フレンドリーなのですが、ちょっと入りこむと色々あるある。 

いずれにせよオーガニックにこだわりすぎて、これがいいのよ、これしかないのよ、他のものはダメ、などと主張するのはヤバいです、影で揶揄される可能性があります。

ナパバレーも一応ベイエリアの片隅なので、オーガニックに否定的な人は少ないとは思うのですが、やはり行き過ぎたオーガニック信仰者はやっかいもの扱いされてしまうようです。

日本でもオーガニック信仰者が増えているようですが、きっとその存在をうざいと思っている人はいるのでしょうね。オーガニック信仰者は、それをシェアできる人とだけ会話した方が無難でしょう。

私もオーガニック志向になりつつあるので、気をつけようと思いました。でも、私の世代では流行でオーガニックにはまるというよりも、本当に体に良いものとして選んでいる人がほとんどです。

なにせ老化と立ち向かっていかなければならない年齢ですので、イマドキ女子の流行とは違うのですが、やはり気をつけた方が良さそうです。



2/27/2017

もしかして水虫は勘違いかも

昨夜は映画の祭典、アカデミー賞授賞式を最初から最後までずっと(暇です)見ていました。

最後にやってくれました、作品賞を間違えて発表してしまうとは驚きです。

あの1昨年のミスユニバースで優勝者を間違えて発表した時も驚きましたが、今回もすごいミスです。 

もう、アメリカって面白すぎる。。。

それにしても、慎重に取り扱わなければならない封筒が間違って渡されるなんて、あり得ないミスってあるものだと、つくづく思いました。

まあ誰にでも間違いはあるということで、もちろん間違いの程度にもよりますが、それを許せる寛大な心も必要ですね。 

というのは、実は自己弁護。なんか私も間違っていたみたいなのです。

先週、水虫になったのかもしれない(こちら)という記事書きました。

その後、薬局で水虫治療クリームを購入して様子を見ていたのですが、どうも回復している感じがないのです。

むしろ患部はカサカサでアカギレ状況、かゆみだけでなく痛みも発生し始めました。ついに、昨夜はかゆみで眠れなくなってしまいました。

そこで市販の湿疹かゆみ止めを使用したら、かゆみが収まってきたのです。水虫クリームよりも効果があるようなのです。

もしかして水虫ではないのかと思い、もう一度、今度は「水虫と間違えやすい皮膚病」で検索しますと、結構あるもんですね、色々な皮膚病が。どうもその内のひとつのような感じです。 

しかも、英語のサイトをみると私の別の病気であるアレルギー性鼻炎ともかかわっているかもしれないのです。

そういえば、以前皮膚科のドクターが頭皮の痒みは花粉症からきているのかもしれないと言ってました。

病院にいかないと診断はできませんが、薬を変えて数日様子を見ることにしました。

病気関係のウエブサイトってとても役に立ちます。アメリカの有名病院のサイトとかはかなり使えます。

私がよく利用するのは、ミネソタ州にある全米でもトップレベルのMayo Clinic(メイヨー クリニック)です。

素人が書いているブログ内容は間違っている場合もあるかもしれませんが、同じ経験をしている人がいることを知るだけでも、少しほっとします。

このブログもどこかで誰かの役に立ちたいです。病気関係は特に記事にしますので、どうぞよろしく。

愛犬の気管虚脱のことも記事にしていきます。




2/25/2017

サンフランシスコで見つけたお気に入りビールとコーヒー

定期的にやってくる1泊シティライフです。愛犬の体調に問題なければ、月に2、3回登場します。今回サンフランシスコでの宿泊はお気に入りホテルヴィターレです。


ブログ記事にしているのを確認したところ、今回は4回目の宿泊のようです。過去は (こちら)(こちら)(こちら)ですが、確認するのがだんだん面倒になってきました。

愛犬チェックイン、すっかりこのホテルの匂いに慣れてます。


部屋を確認した後は、


近くのフェリービルディング界隈を散歩


前回気に入ったビルディング内のFort Point Beer Company(フォートポイント ビアカンパニー)というブリュワリー(こちら)で、再びビールを味わいました。


カジュアルな店で、仕事(働いてないけど・・)の後のビール1杯が美味しいですね。 この界隈に来たら、毎回立ち寄りそうでヤバいです。 

そして、その隣のコーヒー屋さんも美味しいのです。

私は午後はコーヒーを飲まない人なので、翌朝立ち寄りましたが、日本でも人気らしい、ブルーボトルコーヒーです。 


以前ここでコーヒーを飲んでからファンになっています。コーヒー通ではありませんので、うんちくは語れませんが、最初飲んだ時に味の違いがすぐにわかりました。

美味しいコーヒーの味を知ってしまうと、これもビール同様ヤバいです。


女子が好きな💛マーク


サンフランシスコにはこれ以外にも人気のクラフトビールやコーヒーショップがあるようです。それにしても、ワインだけでなくビールもコーヒーも本当に奥が深いです。

フード&ドリンク、全部を知り尽くすことなんて絶対無理です。だからこそ、ずっと探求できて、楽しめるのかもしれません。


雨が上がって、晴天のサンフランシスコでした。



2/24/2017

ワインカントリー・マーケットプレイス Cornerstone Sonoma

ナパのお隣のソノマにワインカントリー・マーケットプレイス Cornerstone Sonoma(コーナーストーン ソノマ)を見つけましたので観光案内します。ガーデンセンターとも呼ばれているようです。

場所はサンフランシスコ北のマリン郡を通り過ぎて、ソノマ市内に入る手前のArnold Drive沿いにあります。この道は何度も通り過ぎていて気になっていた所でした。


さてさて、このマーケットプレイスには何があるのでしょうか?


この案内板で何がどこにあるのかを確認します。色々あるようです。


まずはワインカントリーですからワインテイスティングルーム




蒸留酒のテイスティングができるディスティラリーもあります。


カフェではカリフォルニア・キュイジーヌを味わえます。


アンティックショップ、ギャラリー、ショップなども並んでいます。




至る所にアートワークがディスプレイされています。


意味不明のものもありますが、


可愛いものもたくさんあります。


イベント会場(ウエディングなどのプライベートイベントも可能)


アウトドア キッチンステージ


「Sunset」というライフスタイルマガジンと提携しているようです。ホーム、クッキング、ガーデニング、トラベルなどを扱った雑誌です。


芸術と自然が融合している個性あるガーデンを散歩














ソノマのビジターセンターもあります。


なかなか見所のあるマーケットプレイスです。カジュアルな雰囲気の中で、テイスティングしたり、食事をしたり、ショッピングしたり、ガーデン散策など、お子様連れの家族からロマンチックなカップルまで楽しめる所です。

旅行会社の人ではないので、日本の観光客受けするところかどうかはわかりませんが、レビューの評価も高いので、ソノマ観光スポットのひとつであると思われます。

ソノマもナパも探すと、それ程お金をかけずに楽しめる場所がたくさんありますので、見つけたら観光案内させていただきます。



2/22/2017

アメリカから日本へのお土産探し

来月に日本への里帰りを予定しているので、家族や友人へのお土産を考え始めました。毎年3回里帰りしていて、毎回ちょっとしたお土産を買って帰ります。 

アメリカ旅行しているわけではないので、買わなくてもいいよと言われますが、なんとなく日本の習慣みたいなもので続けています。

でも、最近何を買ったら良いのか全くわかりません。今時の日本は何でもありますし、大抵のものは日本の方が品質に優れていて、値段も安いです。しかも、アメリカものと言っても、よく見ると中国産であったりします。 

そして、やっと見つけたアメリカ産アメリカ商品を日本に持ち帰っても、日本人の好みに合わなかったり、使えなかったりします。 

アメリカのスーパーで大量販売しているどぎつい色のチョコレートやキャンディーを持ち帰ったりしたら、見た目も気持ち悪い上に甘すぎ、こんなの要らないと思うでしょう。

差し上げた人にこんなもの要らないと言われたことはありませんが、なんとなく感じます。やっぱり日本人だから察します。

在米年数が長くなると、日本人の感性がだんだん薄れてきて、日本に住んでいる人にこれ美味しいよ、とか、これ使えるよ、と的外れおススメをしている人がいます。悪気はなく、本気で言っているのですが、かなりずれています。私です。

そんでもって、なるべく喜ばれるどころか、なるべく嫌われないようなお土産探しをしてみるのですが、最近スランプ状況です。なにがいいかな?

手っ取り早いのはナパバレーからのお土産ですから、ワインですね。


ナパのワイナリーのみで販売していて、日本に流通されていないものは喜ばれるかもしれません。でも、日本ではナパどころかカリフォルニアワインへの興味がフランスやイタリアワインに比べると断然薄いので、どうでしょうね、それほど感謝はされないかも。

しかも、お酒を飲まない人は、興味もないでしょう。せっかくの重い液体商品を漏れないようにきちんとパックしてスーツケースに入れて持ち帰っても、喜ばれないのも寂しいものです。

こうして、ああでもないこうでもないと、毎回出発まで悩んで、最後空港でもお土産探しをします。でも、サンフランシスコ空港内のショップには、気の利いたものなど皆無、こんな商品持ち帰ったらひんしゅくもの、というような商品が並んでいたりします。 

いっそのこと、お土産止めてしまった方がいいのかな、とも思ったりしますが、そこは日本人としての心が留まらせているのです。 

アメリカから日本へのお土産探しは毎回悩みの種ですが、逆の日本からアメリカへのお土産探しは楽しいです。しかも自分と愛犬用のものを買うだけなので楽なのです。

とりあえず、里帰りまであと数週間はあるので、がんばって的外れにならないものを探してみます。



2/19/2017

水虫になったのかもしれない

昨年11月、日本に里帰りした際に、かかとソックスという商品を購入しました。かかとが荒れないように保護するソックスです。

アメリカに戻ってから、しばらく使っていて、ふと見ると、かかとの脇の部分が赤くなっていました。湿疹だわと思い、かかとソックスの使用はそこ止めました。

その後、普通のソックスを使用しながら、時が経ちました。

最近ふと見たら、かかと脇の湿疹がかなり広がっているのです。しかも、最初は片足の片脇だけだったのが、両足の両脇まで広がって、お風呂上りにその部分が痒いのです。

かゆみ止めのクリームをつけて、その場をしのいでいたのですが、どうも気になり調べてみることにしました。何らかの皮膚炎かもしれない。

症状を英語でインプットして検索してみると、Athlete's FootとかFungal Infectionのような感じなのです。

もしかして、それは水虫のこと!

水虫って、おじさん(オジサンに失礼です)の病気ではないの?えっ、なんで私が水虫になるの?とショックでした。

調べてみると、女性(しかも若い女性)も結構多いらしいので少し安心しました。

皮膚科で診断してもらわないとわかりませんが、写真とか見るとどうも水虫のような感じがします。

なんてこったです、歳を重ねるとホント色々出てくるわ。

夫に話したら、薬もっているから使ってみればと言われて、これを使い始めました。


とりあえず、この薬を使って様子を見て、改善されないようであれば皮膚科受診するしかありません。

アメリカの医者予約は緊急以外はすぐ取れないことが多いので、その前に治療開始です。

それにしても、なぜ夫はこの薬を持っていたのか、聞いてみると、フィットネスセンターに行くからもっていたと言うのですが、ホントかよ。

もしかして、私の水虫は夫からの感染なんじゃないの?疑惑の念

恥ずかしい話ですが、もしかしたら水虫で悩んだ、或は悩んでいる女性もいるかもしれないので、ブログに書きます。

なってしまったものはしょうがない、治すだけです。



2/17/2017

ナパバレーの日本料理店で働くアメリカ人

数日前、ナパバレーの最北の街カリストガに行ってきました。そこで、前から気になっていた日本料理店のSushi Mambo(スシ マンボ)で食事しました。(記事はこちら)


ナパバレーでは日本料理店と分類されている店は数少なく、下記で全部です(たぶん)。

Eiko's Sushi エイコズ スシ
Kenzo Napa ケンゾー ナパ
Miminashi Izakaya Napa ミミナシ イザカヤ ナパ
Morimoto Napa モリモト ナパ
Sushi Haku スシ ハク
Sushi Nambo スシ マンボ
Two Birds/One Stone ツーバーズ/ワンストーン

㊟アメリカン、カリフォルニア、アジアン、エクレクティクなどの店で限られた和食メニューのサービスは含まれていません。

スシ マンボは以前ナパ市内で営業していて一度食事したことがあります。それから間もなく、ナパ地震が発生して過大な被害を受けたスシマンボは閉店、というか店が入っていた建物自体に赤紙(危険建物)が貼られてしまいました。

その後、場所を変えてカリストガで再オープンしたというニュースがあり、行ってみたいと思っていて、やっと実現しました。

私は、なぜかこの店の名前をスシナンボ(Sushi Nambo)と覚えていて、きっと関西の人が関わっているのだろう、と密かに思っていました。

でも、よくよくスペルを見るとスシマンボ(Sushi Mambo)で、日系ではなくラテン系のようでした。かなり的外れてます。

そのスシマンボで、今回とてもフレンドリーなアメリカ人サーバーに出会いました。彼女は1年程日本で生活していたことがあるらしく、結構日本語が話せます。 

たった1年なのに、日本のことを良く知っているので、びっくりです。私たちは「ねこまんま」の話しで盛り上がってしまいました。10年も日本にいた夫は「ねこまんま」を知りません。

このレストランはケンゾーナパのような高級本格日本料理を出しているわけではなく、モリモトナパのようなセレブシェフがいるわけでもなく、ミミナシやツーバーズのようなトレンディな和のレストランでもありません。

どちらかと言うと、アメリカの地方でよく見かける、寿司、天ぷら、うどん、ラーメンなど、一貫性のないものをメニューに並べた庶民的な和食レストランです。

洗練されたレストランではないけれど、家庭的な雰囲気の中で、普通に😋料理、そしてサーバーの感じの良さにとても好印象を持ちました。ぜひ又利用したいレストランです。

このお店を出る時に思ったのは、彼女に限らず、日本料理店で働いているアメリカ人は概して感じが良いです。もちろんサーバーはチップというモチベーション要因があるのですが、とにかく愛想が良く、なによりも笑顔を見せてくれます。

一方で、日本料理店でぶっきらぼうだったり、笑顔ひとつも見せないのは、意外と日本人だったりします。ナパバレーではいませんが、わりと都市部にいます。あくまでも、これは私個人の見解ですが、なにか理由があるのでしょうね。

いずれにせよ、日本料理店でアメリカ人が楽しく働いているのを見ると嬉しいですね。



2/15/2017

定年退職後のキャリアプラン

先週末、ご近所さんのリタイアメント(定年退職)お祝いパーティに行ってきました。 とあるお宅のガーデンでひっそりと待ち構えて、


本人登場したら、おめでとう!のサプライズパーティでした。皆、ワインや料理をたくさん持ち寄り、主役を囲んでの楽しい時間を過ごしました。

今回定年退職された方は、ベイエリアの警察署に勤務していました。物騒なアメリカでの危険を伴う仕事ですから 無事この日を迎えられるのは実に喜ばしいことです。

ちょっと前ですが、定年退職を間近に控えた警察官が殉職したニュースがありました。 なんとも痛ましいことです。警察官の殉職は日本でもたまにはあるのでしょうが、アメリカの比ではありません。

我が家の親族の親族(ややこしい)にも殉職した警察官がいます。数年前ですが犯人が逃亡する際に銃で撃たれて命を落としました。まだ若く、奥様は妊娠中でしたので、実に悲しい出来事でした。

と書くと、年がら年中発生しているような印象になりますが、物騒なアメリカでも、日本の「太陽にほえろ」のように次々と殉職することはないです。無事定年退職を迎えて、第2の人生を謳歌している親族の親族(再び、ややこしい)もいます。

そのパーティではやはり第2の人生の話題が出ていました。50代60代の会話では、この話題はよく登場します。何をして過ごすか?妻や夫(特に妻)は嫌がっていないか?日本と一緒です。

で、今回定年退職した彼は既に次のキャリアプランがありました。それはワイナリーで働くということです。そういえば、ワイナリーで働いているご年配の方たくさんいます。

中にはワイナリー自体を所有してしまう財力のある人もいますが、普通は気に入ったワイナリーでサービスやらワインメーキングの仕事に従事する感じです。

彼らは元々ワインが好きだったり、人とおしゃべりするのが好きだったり、理由は様々ですが、前職とは違うキャリアを楽しんでいます。キャリアと言っても、キャリアアップなどは考えずに、趣味を仕事にしているような感じです。

そういった形で社会とのつながりを持つことっていいな、と思いました。



2/11/2017

サンフランシスコ ジャパンタウンのブキャナンホテル

1泊シティライフ、今回も行き先はサンフランシスコです。 

先月ジャパンタウンのホテルカブキに宿泊した時に気になるホテルがあると書きました(こちら)。その気になるホテルとはKimpton Buchanan Hotel(キンプトン ブキャナン ホテル)です。


ジャパンタウンにあるので日本語でブキャナンと書かれています。場所はその名の通り、Buchanan StreetとSutter Streetが交差した角で、


ジャパンタウン(日本街)の一角です。


ブキャナンホテルはサンフランシスコベースのブティックホテルチェーンKimpton Hotels(キンプトン ホテルズ)のメンバーホテルです。

先月は同じホテルグループのKimpton Sir Francis Drake Hotel(キンプトン サーフランシス ドレイク ホテル)に宿泊しました(こちら)


現在キンプトンのホテルはサンフランシスコには2つだけです。

入口を入ると、正面がロビー


長ソファー


テーブル席や、


椅子も用意されています。


もちろんドッグフレンドリー、ペットフィーを請求しない真のドッグフレンドリーホテルです。


客室の方はブティックホテルなので超ファンキー。ちょっと変わったスタイルが私のお気に入りです。


こんなテレビスタンドは初めてかも。


日本を感じさせるディスプレイなども。


ホテル内にはしゃぶしゃぶの店もあります。味は試してないので、どうなのかわかりません。


客室階からのジャパンタウンとサンフランシスコ景色


ホテル専用駐車場もあって、使い勝手の良いホテルです。


しかも夕方5時からはハッピーアワーでワインのサービスもあり、


よく見ると、日本酒も用意されていたりする気の利いたホテルです。


グラスワインで喉を潤した後はディナーというパターンが定着しております。