5/29/2016

見逃しましたボトルロック ナパバレー2016

この週末、ナパバレーでビッグイベント、BottleRock Napa Valley 2016 Festivalが開催されています。2013年に始まったフェスティバルは今回4回目を迎えます。 

BottleRock(ボトルロック)とは、ワインやビールのボトルと、ロックミュージックとの組み合わせ造語です。そうです、ナパバレーらしい、ミュージック、フード、ワイン、ビールの祭典です。

フェスティバルの詳細 (こちら)


今から4年前の話です。2013年5月、私たちはフィラデルフィア在住でしたが、このフェスティバルの時期、サンフランシスコベイエリアに滞在してました。目的はハウスハンティング、家探しです。

ところが、ナパのリアルター(不動産エージェント)、このフェスティバルに心が奪われていて、全然仕事する意欲がありません。

フェスティバルの間は交通渋滞が起こるし、アポも取りにくい、等々色々な理由をつけて、日程を変えるよう要望してきました。

仕方がないので、このフェスティバルの間は近くのマリン郡の家を見に行くということで調整をしたのです。マリン郡のリアルターは意欲的に動いてくれました。

ところが、このナパのリアルターはフェスティバル終了後も、意欲の向上は見られませんでした。フェスティバルが終わって、気が抜けてしまったのでしょう。ホント使えないエージェントでした。

ということで、夫と私は、このBottleRock FestivalをBottleNeck Festivalと呼んでいます。要はナパのリアルターがボトルネックだったということです。

そういう背景もあったので、このフェスティバルに夫も私もあまり興味持ちませんでした。2014年も、2015年も、そして、今年もです。

で、先週になって、初めて今年のフェスティバル内容を確認したところ、わ~、このフェスティバルすごく行きたいと思いました。

ミュージシャンは初日のスティービー ワンダー、レニー クラヴィッツ、最終日は、レッド ホット チリ ペッパーズ等々、すごいメンバーです。

フードのイベントも、ゴードン ラムゼイやタイラー フローレンス、そして、森本正治シェフも登場です。

しかも、フードベンダーも、人気のレストランがいっぱい!アメリカ国内のコンサートやミュージック フェスティバルで、この高いレベルのフードはほとんどありえません。

時既に遅し、チケットは全て売り切れ。

残念、見逃しました、ボトルロック ナパバレー2016!

来年は早めにチェックしようと思います。



5/28/2016

ソーメンサラダとキヌアサラダ

ひとり暮らしになると、本当に調理するのが面倒です。外食しようかと思いますが、アメリカでは、女性がひとりで食事できる雰囲気のレストランは日本に比べると少ないです。

ファーストフードとか、カジュアルダイナーのカウンターでの食事は問題ないと思いますが、ちょっとお洒落なレストランで、ひとりで食事しているのは寂しい感じがあります。孤独のグルメを楽しめる環境ではないのです。

仕方がないので家ご飯。いつも夫が担当している皿洗いも自分でしなければいけないので、できるだけ簡単にできるものサラダが登場です。

ソーメンサラダ


ソーメンを使っているので、和風ドレッシングを適当に配合してみました。


翌日はキヌアサラダとポータベラマッシュルームのオーブン焼き



おいしいワインはおひとり様ごはんの友達です。


よくよく見ると、ベジタリアンどころかビーガンサラダです。オーガニック野菜をたくさん取ってヘルシーライフ。これでヨガとかやり始めたら、すっかり私もカリフォルニアの人になれます。

と言っても、私は極端なヘルシー志向にはなれません、なる気もありません。好きなものを食べて、そして、好きなだけ飲みます。たまにジャンクフードも食べます。

食生活変えた方が良いという時は、たぶん自分の体がそう教えてくれると思ってます。



5/26/2016

1歳の誕生日パーティーとスマッシュケーキ

今回のクリーブランド旅行の目的は、アメリカの家族のバースデーパーティーに参加することでした。

アメリカ人にとって、誕生日はとても重要です。しかも、始めての誕生日なんです! 


クリーブランドの中心地から、東へ車で約40分、緑豊かな郊外の町に到着です。

この界隈は家の敷地が広く、普通の家でも3、4エーカーとかあります。坪にすると、3,700~4,900位でしょうか、広すぎてあまり実感がありません。


森の中にいるような感じです。


隣の家へは車で行きます。


敷地内バックヤードにパヴィリオンがあります。


この先はまだ遠い。


パヴィリオンでバースデーパーティーの準備


外ですので、もちろんバーベキューです。

まずは火おこし


その間は飲んだり


食べたり、









そして、おしゃべりタイム。

バーベキューチキンも出来上がってます。


デザートのクッキーと、


ハッピーバースデーソング、そして、メインイベントはこれ!

スマッシュケーキ登場!


アメリカでは1歳の誕生日に、ベイビーが小さいケーキを手でつかんで食べる(というより、めちゃくちゃにする?)のです。 


ベイビー本人よりも周りが盛り上がりますね。どうも昔からではなく最近の風習みたいです。

最近は日本でもベイビーシャワーとかする人もいるようですので、これも流行るかもしれません。

でも、私はスマッシュケーキも面白いけど、日本の子供はやっぱり誕生餅(一升餅)を背負わないとね、と思います。

ということで、アメリカの家族にも会えて、パーティも参加できて、楽しい旅になりました。



5/25/2016

アメリカの典型的なホテル料理

クリーブランド空港近くのホテルに2泊しました。遅い時間に到着して早い時間に出発するので、エアポートホテルに宿泊です。

空港ターミナル、レンタカー、ホテルを巡回するシャトルがあるので便利です。


初日、ホテルに到着したのは夜9時50分でした。この時間は東海岸の時間なので、西海岸時間では6時50分、夕食の時間です。


お腹がすいたので、ホテル内レストランで食事しようと思ったら10時閉店なので10分しかありません。 


仕方がないのでビールだけ注文。この界隈ではメジャーなGreat Lakes Brewing、地元ビールです。


残念ながら、レストラン内で食べる時間がなかったので、ルームサービス料理(でも、自分で部屋に運ぶ)をお願いしました。 


頼んだ料理は餃子。めずらしいものがメニューにあったので、つい頼んでしまいました。


グリルドチキンサラダ


海老のラップ


集合写真


典型的ホテルレストラン料理

翌日の朝食は同じレストランでブッフェ



サンフランシスコベイエリアと比べると安い!






典型的ホテルレストラン朝食

夕食もこのホテルレストランで食事。まずはソーヴィニョンブラン。


ガンボスープ


ほうれん草のサラダ


ピノノワール


グリルドサーモン


キーライムパイ


これも典型的なホテルレストラン料理

ということで、久しぶりにホテルレストランで3回も食事してしまいました。料理だけでなく雰囲気やサービスも含めて、典型的なホテルレストランのダイニング、期待通りですので特に不満もありません。

アメリカのチェーンホテル内の直営レストランは、ほとんどこんな感じではないでしょうか。もちろん、ホテルのレベルが上下すれば違いは見られますが、大きなサプライズはありません。ホテル内にテナントとして入っているレストランは少し違います。

でも、それは悪いことではなく、どこへ行っても期待通りの料理が提供されるので、がっかりすることもないのです。知らない土地で知らないレストランに行くのは不安ですからね。

私はいつも美味しいものを食べたいと欲張っているので、本当は空港やホテルで食事したくないのですが、スケジュール的に利用することもあります。

日本のホテルや空港はアメリカよりは概してレベルが高いです。でも、アメリカのホテルレストランも変わりつつあるので、今後に大きく期待したいところです。



5/24/2016

アメリカの空港での食事

夫が家族が住むクリーブランドへの超特急の旅が終了しました。

色々なことを見たり聞いたり、そして、考えたりもしました。日常生活からちょっと脱出して旅することって、人間生活にとって必要なことだと思います。

旅の土産話、まずは空港での食事です。

サンフランシスコ国際空港(SFO)に早めに着いたので、夫と空港内でランチすることにしました。正直、空港の食事って美味しくない、そして、高いです。 

日本の空港では美味しいところもあると思います。しかしながら、ここはアメリカ、空港自体のサービスレベルが全然違いますので、空港の食事などに期待してはいけません。 

SFOはアメリカの他空港に比べると、まともな方でしょう。今回食事したのはYankee Pier(ヤンキーピア)、NYではなくSFですがヤンキーです。

このレストランでとなりのテーブルに座っていた若い女性の話です。見た目は20代の白人女性です。英語に強いアクセントがなかったので、たぶんアメリカ人、でも不確かです。

飲み物の後、食事が来ました。少し食べてから、サービス担当者を呼んで料理が口に合わないと言い始めました。サービス担当者は感じよく対応し、他のものに変えたらどうかとメニューを持ってきました。

そして、そこから彼女は次の料理を選びました。ところが次の料理もお口に合わないようで、ほとんど食べることなく、2度目はかなり傲慢な態度で突き返しました。

夫と私、このお嬢は空港の食事に一体全体何を期待しているのだろう、と密かに思いました。

そして、彼女帰る際にテーブルに置いて行ったのはたった$2だけ。頼んだ飲み物のチップ代でしょうか。もちろん、食事代(2品)は払っていません。

空港内のレストランって、町のレストランよりも多種多様な客が来て、言葉も通じなかったり料飲嗜好も違うし、色々問題が発生するのだろうなと思いました。

このヤンキーピアのサーバーは素晴らしいです。難しい客を相手に冷静に対処していました。隣の会話をずっと聞いていた夫、同じサーバーだったので、私たちの勘定書にチップを上乗せしていました。

世の中、悪いことはあっても、良いこともある、と思いましょう。


この食事の後、私たちはSFOからオハイオ州クリーブランドに向けて出発しました。4時間半(帰りは5時間半)のフライトと3時間の時差もあり、到着したのは夜9時過ぎです。


クリーブランド空港で、ピアの生牡蠣のスクリーンを見るとは思いませんでした。

クリーブランドは大都市ではありませんが、それなりの魅力あるオハイオ州北部、エリー湖に面した市です。


ロックの殿堂が有名なので、至るところにギターのディスレイがあります。


今回クリーブランド観光が目的ではありませんので、そのままエアポートホテルに直行して休息です。

荷物を雑に扱うアメリカの空港、夫の家族へのお土産は無事だったでしょうか。


ナパバレーからのお土産ですので、


ワイン12本の無事を確認しました。