3/31/2017

愛犬の皮膚病と治療シャンプー

このところ湿疹やじんましんと闘っている私ですが、愛犬の方も湿疹と闘っている状況です。 同時期に皮膚病にかかってしまう、心から気が合っている私たちです。

でも、愛犬の湿疹は私の湿疹とはちょっと違っていて、お腹の一部が何らかのバクテリアに感染して黒ずんでしまう皮膚病です。


この冬~春先にかけて、カリフォルニアでは雨の日が続いて、草木や雑草が異常に成長してしまいました。 愛犬はその中に潜んでいたバクテリアに接触してしまったようです。

大型犬の場合はお腹が草木や雑草に接触することはあまりないかもしれませんが、小型犬は地面との距離が短いので簡単に接触してしまいます。

抗生物質を投与して、2週間程このマラセブという薬用シャンプーを使いました。 このシャンプーは皮膚の炎症にかなり効くようで、日本でも犬猫用に使われているようです。


まだ完治はしていないのですが、だいぶ良くなっているようです。 人間同様、わんこも色々とあります。

私と同時期に同じ皮膚病を患ってしまった愛犬のために、日本のペットショップでこんなものを見つけたので、買って持ち帰って来ました。


犬用のサプリメントで、免疫力を高めるものとビタミン不足を補うものです。 サプリですから、効果があるかどうかはすぐにはわかりませんが、かわいい愛犬のために何かをせずにはいられません。

いつもの事なのですが、日本滞在中は愛犬のことばかりが気になってしまいます。 か弱いわんこなので、いつもハラハラです。 ナパに戻って来た時は、愛犬は体いっぱいで嬉しさを表現してくれて、そんな姿を見ると、私も嬉しさでいっぱいになります。

元気で長生きしてね、つくづく思います。


3/29/2017

汗疱状湿疹の治療その後とアレルギー

数週間前に足の痒みが汗疱状湿疹であることを書きました(こちら)。 2週間のステロイド軟膏の治療後、痒みは止まりましたが皮膚はボロボロ、後は自然に皮膚が再生されていくのを見守っている状況です。

そんな中、日本滞在中にふと見ると、同じ症状が手にも現れたのです。 もうショックでした。 両手のひらに小さい水泡が数か所、痒くなり始めました。 滞在中に急性じんましんを発症した時は、この湿疹部分は他の体の部分よりも痒みが酷く、どうなることかと思いました。

幸運にも、足に使用していたステロイド軟膏がかなり余っていたので、それを使って痒みを止めています。 汗疱状湿疹とやらは、かなりしつこいヤツです。 湿疹とじんましんを同時に経験して、すっかり皮膚病患者になってしまいました。

皮膚科の医師によると、汗疱状湿疹はアレルギーが関係しているらしいのです。 来週はアレルギー専門医とのアポがあるので、そこで状況を確認する予定です。

花粉の時期に日本に滞在すると、よく聞かれることがあります。 それは、アメリカにも花粉症ってあるんですか、です。 

もちろん、あります。 アメリカにも花粉はいっぱい飛んでいるので、春や秋頃は花粉症患者が町に溢れています。 この時期のアレルギー専門病院は混んでいますし、薬局の棚のスペースには花粉症の症状を抑える薬がたくさん並んでいます、と答えてます。

何と言っても、私の花粉症歴は軽く20年を超えています。 少しづつ症状は悪化、これまで様々な薬を試してきました。 そして、現在はアレルゲン免疫療法にて治療中です。 こんなこと自慢にもなりませんが、この道のプロになりつつあります。

日本のテレビ番組で花粉症皮膚炎のことを説明していた番組がありましたが、花粉症は皮膚にも影響を及ぼすことがあります。 私も既に経験済で、頭部が痒くなったりするので、頭部専用のかゆみ止めは必須です。

それだけでなく、以前ホームドクターから鼻づまりの声である指摘を受けたこともあるのです。 当時は薬も全く使っていなかったので、鼻づまり声になっていたのでしょうね。

なんとも多方に影響を及ぼしているアレルギー、アメリカでも日本でも患者はどんどん増えている感じです。

こんな悲惨(大袈裟です)な状況ですが、ひとつ嬉しいことは食べ物アレルギーはないようです(少なくても今現在は)。 

巷には食べ物アレルギーを持っている人はたくさんいます。 小麦、大豆、ピーナッツ、海老などのアレルギーを持っているアメリカ人もたくさんいます。 日本では、私の好物の蕎麦アレルギーの人も多いようですね。


私は大丈夫だと思うのですが、先日のじんましんは蕎麦ランチの数時間後でした。 ま、ま、まさか。。。

「フード&ワインの日々」更新しました。 ナパのアメリカン+メキシカンレストランThe Red Hen Bar&Grill(ザ レッド ヘン バー&グリル)の(記事はこちら)です。


3/28/2017

体力消耗するけど楽しい日本里帰り

2週間の日本里帰りからナパバレーに無事戻ってきました。 成田空港では最後に孤独のグルメを愉しみました。 いつも利用する第1ターミナルのレストランエリアがリノベーションしていて、キレイになってました。


最後の食事はビールとおつまみ付きの寿司セット


お寿司が美味しかったです。


食べたり飲んだりの里帰りなので、いつも体重がアップ。 しばらくの間食事制限しないとね。

それにしても、毎回日本に帰る度にえらく体力消耗するような気がします。 長時間の飛行と移動のバス、時差は体に大きな負担を与えているみたいです。 これまでも里帰り中或は後に、風邪、帯状疱疹、嘔吐、など色々起こったのですが、今回もありました。

日本出発前日の夕方、急にじんましんを発症しました。 急に頭から背中まですごく痒くなって、何これ、って感じでした。 幸いにも2時間位で治ったのですが、やっぱり体力低下しているのでしょう。 もしかしたら単純に加齢かもしれません。

今年はあと2回里帰りを予定しているのですが、ちょっと心配です。

帰りの機中では、ついにドラマ「東京ラブストーリー」6~11話を見て、26年を経て完結しました。 ライフスタイルや出演者のファッションが時代遅れだけど、ストーリー自体は面白かった。 おでん女(さとみって子)にムカついたりして、じんましんが再発するかと思いました。

調べたら放映当時は日本で生活していたので、なんでこの高視聴率番組を見なかったのだろうと不思議です。 もしかしたら見たのに忘れたのかも、認知症?かもしれない。

今回思ったけど、日本で日本のテレビを見るとやっぱり面白いですね。 アメリカでも日本のテレビ番組は見られるけど、限られたもの(つまんない番組が多い)しか放映されないし、何と言ってもコマーシャルが違うしね。

コマーシャルって時代を反映しているので、登場している人や商品を見ると面白いです。 ピコ太郎と一緒にコマーシャルに出ていたジャスティンビーバー、日本で小銭稼いでいるな、と思いました。

残念ながらバラエティ番組に出演している人の多くは誰この人?でした。 しかも、最近の芸能人の名前って不思議な名前が多くて、覚えられませんね。 新人類(これは死語?)も多いね。

一方で、ニュース報道番組で「無礼者!」「土下座しろ!」とか叫んでいる人がいて、なんか時代錯誤も甚だしい、時代劇のセリフでは、と思ったりもしました。

日本に帰ると、面白い発見があり、考えることもたくさんあり、色々な意味でいい時間を過ごせます。 体力消耗するけど、定期的に帰って楽しみたいです。


3/26/2017

日本滞在⑩落語と漫才が楽しめる居酒屋そらまち亭

東京ソラマチ7階の世界のビール博物館から、食事のために移動したところは同じく7階のエンターテイメント居酒屋 江戸味楽茶屋 そらまち亭です。


入口の橋を通り過ぎて、


奥の方に行くと、左手に寄席の舞台がありました。 そうです、ここでは寄席、落語や漫才を楽しみながら、飲んで食べる居酒屋です。 

夕方6時半の開演で、落語15分と漫才15分、全部で30分の寄席、この寄席のための別途料金はありません。 開演中の写真撮影は禁止なので、この舞台写真だけです。


日本の雰囲気がいっぱいのダイニングルーム


開園まで時間があるので、しっかり飲み始めます。 まずは、ハッピーアワー・ディスカウントの生ビールから


おつまみの料理が次々と登場













飲み物各種も登場です。





最後にちょっとだけ炭水化物


正直、料理の一部はイマイチだけど、落語と漫才は面白かったです。 少し浦島太郎の私でも、ほとんどついていけるお笑いはいいね。 やっぱ、日本語で日本の伝統文化を楽しめるのって、よいわ~~ 

すっかり盛り上がった後は、やっぱり〆です。

レストランフロア6階のうどん本陣 山田屋へ移動。 この日は3件はしござんす。






しっかりぶっかけうどんを完食。 こしのある讃岐うどんと美味しい出汁、かき揚げも美味しかった。 お手頃価格でコスパ高。 もうアメリカの和食コスパとは比較しない方が賢明。

それにしても、毎日たくさん食べて飲んで、こんな生活は体には良くないです。 観光客生活は楽しいけど、そう長くは続けられません、現実に戻らないと。。。

今回初めて東京ソラマチに行きましたが、観光名所のひとつであると感じました。 たまの里帰りでは何度も来ることはないでしょうが、もし東京で再び生活することになったら、又来てみたいです。


3/25/2017

日本滞在⑨東京ソラマチの世界のビール博物館

見どころいっぱいの浅草散策(こちら)に気を良くしたので、その近くの東京ソラマチに行ってみたくなりました。 突如、この新旧下町エリアを開拓してみたくなったのです。

ところが、アメリカの車社会にどっぷり浸かっている私は歩き慣れていないので、浅草散策だけでギブアップ、東京ソラマチを散策する体力なし。 翌日出直してきました。

残念ながら、翌日の天気はイマイチ。 駅を降りて見上げると東京スカイツリー。


ソラマチってSoramachiではなくSolamachiでした。 lの発音は難しいよ。 気になるフードマルシェ、マルシェって言葉流行っているのかな。


東京スカイツリーの真下から


平日だったので、それほど待ち時間なくシャトルに乗れるみたいだけど、


展望台大好き夫が悔しがりそうなので、夫と一緒の時に乗ろうと思い断念しました。 なんとまあ、思いやりのある妻です。

展望シャトルを通り過ぎてから、東京ソラマチをぶらつきました。


実にたくさんのショップが並んでいました。 いくつか興味深いショップもあるのだけど、混んでいて、それだけで疲れる。 ソラマチはトレンディなショッピングモールって感じなのですが、あまりにも現代的過ぎてあまり面白くないです。

最近できた東京のスポットって、お洒落でカッコイイのですが、なんとなく個性がないような気がします。 どこに行っても同じ、私はソラマチよりも浅草の街の方が風情があって好きです。 

でも、せっかく来たので、ここでグルメ探求。 レストランフロアでは実に様々な料理がいただけるようですが、まずは、こちらで一杯。


世界のビール博物館、こんな店あったんだ、という感じです。


ここはビアホールだけでなく、ビール販売もしているようです。


地震が来たらヤバいよね。


世界中のビールがあるみたい。


生ビールメニュー



ボトルビールのメニュー



4人で4種類のビールを注文


ドイツから2種類


ベルギービール


英国ビール


いずれも美味しいヨーロッパのビールたち。 軽く1杯の後は、エンターテインメント・レストランへ移動です。