10/30/2015

アメリカ料理のバーボンチキン

バーボンチキンはアメリカ料理です。 ジャズの街で有名なルイジアナ州ニューオリンズの、バーボン・ストリートからとった名前です。 そして、もちろん、この料理はアメリカを代表するウイスキー、バーボンを使います。

でも、この料理の見た目はアメリカ料理っぽくないのです。


中国料理のように見えます。 ごはんと一緒にいただくのもアジアっぽいですよね。 

白いごはんは南部料理のガンボとかでも使われるので、やっぱりこれは、ニューオリンズ料理なのです。

その、バーボンチキンの材料です。


重要なのは、バーボン・ウイスキー、ブラウンシュガー(私は、はちみつも使います)、醤油、しょうがです。 レモン汁とにんにくは、私の好みで入れました。 

これをすべて混ぜて、チキンを半日漬け込みました。 一晩漬けこんでもいいかも。


後は、焼くだけです。

これ以外の料理は、野菜スープです。


ベーコン、玉ねぎ、人参、セロリ、カリフラワー、キャベツが、たっぷり入っています。 チキンブロス、トマトソース、塩・コショーで味付けしています。

ワインはCornerstone Oregon Pinot Noir 2012、ピノノワールです。


バーボンチキンはオーブンで焼く人も多いようですが、私は中華鍋で焼くことにしました。


たれを入れて、絡めます。


ネギを散らして、出来上がり。


おいしい味に仕上がりました。

アメリカ料理ではありますが、きっと一部のアメリカ人しか作らないと思います。 でも、たぶん、この料理は多くのアメリカ人が好きです。 ちょっと、日本の照り焼きチキンみたいで食べやすい感じなのです。

決めては、やっぱりバーボンですね。 夫の家族が、ケンタッキー州にいるので、時々、少量生産、地元販売のみの特別なバーボンをもらいます。 

ストレートで味わうのが一番らしいのですが、私はソーダと割ったりします。 この行為は邪道です。  しかも料理に使うなど、とんでもない行為です。 

その上、バーボンではなくワインをバーボンチキンと一緒にいただいてしまいました。

家族が、このブログにアクセスしないことを祈ります。

10/29/2015

カリフラワーステーキと皮下注射の失敗

ベジタリアンナイトです。 

野菜だけの料理も調理方法によっては、物足りない感じではなく、満足できる食事になります。 毎日はいやだけど、週1回位だったらいいかな。

カリフラワーのステーキを作ってみました。



ステーキという名前ですから、まずは、あの丸い形をステーキの形にカットすることから始めます。  そのまま、フライパンで焼いても良いと思いますが、掃除が楽なので、オーブンを使います。

このカリフラワーにオリーブオイル、塩・コショー、レッドペッパー、そして、バルサミコ酢と醤油を少々ぬりました。



あとは、オーブンへ。 

焼いている間に、もう1品、トマトベースのリゾットを作ります。 
リゾットはバターでエシャレットと赤と黄のパプリカのみじん切りを炒めます。


お米を入れた後赤ワインが入ります。

そして、トマトソースが入ります。


チキンブロスを入れ炊きます。

仕上げはパルメザンチーズとオリーブオイル。


出来上がり


パルメザンチーズをたっぷり。

カリフラワーステーキも出来上がりました。



おいしいベジタリアン料理でした。 夫は毎日ベジタリアンにはなれない、とつぶやいていました。


この日、失敗しました。 愛犬のビタミンB12皮下注射です。

自宅で3回目なのですが、針を刺したときにきゃーと言い、その後かなりナーバス。 家中逃げまくり、やっと捕まえ再び試しました。 硬直して暴れだして、無理です。

夫が近くの病院に連絡し、注射してもらえるようお願いしました。 


病院でもナーバスでしたが簡単に終了。 近くのかかりつけの病院なので、無料でやってくれました。 来週もこの病院にお願いすることになりそうです。 

飼い主がやると抵抗が大きいので、迅速にやらないとダメみたいです。 でも、私は素人なので緊張してしまうのです。 毎日何十回も注射を打っているプロは違います。

この失敗は、私的には、ちょっと凹みました。 


10/28/2015

味噌風味のポークチョップ

赤身肉の発がん性話題の後ですが、気にせず食べます。 今さら急に食生活変更する気はありません。

この日のメニューは、赤身肉の代表格、豚肉、ポークチョップです。



ちょっと和風に、味噌を使って漬け込んだポークを焼いたものです。

マリネは、白みそ、みりん、酒、はちみつ、レモン汁、そして、しょうがのすりおろしを使いました。



漬け込むこと5-6時間。 マリネ液の塩加減に応じて、一晩漬けても良いかも。

外のグリルを使って、後は焼くだけです。 その前にサラダを用意。



海藻サラダです。 Whole Foods Marketで購入した乾燥した海藻を水で戻して、きゅうり、セロリ、オニオン、パプリカ、パクチー、そして、トマトと一緒に。 前日の残り物のタコのグリルをのせます。

そして、ワインはLarson Family Winery Pinot Noir 2013、ピノノワールとポークの組み合わせは、私の好きなペアリングです。



ワインを片手に、グリル開始。


アルミホイルに入っているのは愛犬用のポーク。 そういえば、赤身肉の発がん性は、わんちゃん達にも通じる話なのでしょうか。


加工肉をわんちゃん達に食べさせるのは良くないと思うけど、赤身肉自体は悪くないような気がします。 何が入っているかわからない、あやしいドッグフードよりは、全然ましでしょう。 

付け合わせは、チャードを塩・コショーだけで炒めたもの、そして、ご飯。


加工肉や赤身肉の発がん性の話よりも、最近サンノゼのレストランで発生した赤痢の方が心配です。 患者増えています。 

このお店に限らず、衛生面で問題のあるレストランって多いと思います。

その昔、レストランの厨房(キッチン)見学したことありますが、とっても有名なレストランの厨房が吐き気がするほど汚かったです。 もちろん、ピカピカにきれいな厨房もありました。  

レストランで食事するのは楽しいですが、ちょっと考えちゃいますね。


10/27/2015

ペトレールソールのベーコン巻きと加工肉ニュース

あっさりとした味でおいしい白身魚 Petrale Sole(ペトラーレ、又は、ペトレール ソール)を購入しました。 あっさり過ぎるかなと思ったので、今宵は普通に焼くよりも、ベーコンで巻いてみようと思いました。

中身は、プロバロンチーズ、デイジャンマスタード、塩・コショーのみです。



これを、オーブンに入れて焼きます。

この間に、タコ足グリルのサラダを用意。



たこ足グリルはWhole Foods Marketで、魚売り場のおにーさんが試食させてくれました。 柔らかくておいしかったので購入です。 ガーリックとペッパーを使って焼いたものです。

そして、ワインはCharles Krug Sauvignon Blanc 2014、若いソーヴィニョンブランです。 



シーフードディナーに合わせて、すっきりリフレッシュワイン。

オーブンに入れて約20分、ソールのベーコン巻きができました。



チーズが、ちょっと飛び出しています。

付け合わせは、タプナードのパスタ(タリアテッレ)とブロッコリーニ。



と、食べ始めた時に、TVでこのニュース。


「世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(IARC)は26日、ホットドッグ、ソーセージ、ベーコンなどの加工肉が大腸がんのリスクを高めるほか、赤身肉も同様のリスクがあるとのリポートを発表した。」

目の前に、ベーコンが。

そんなことはアメリカでも多くの人が既に知っていること。 でも、こう正式に発表されると、さすがにちっと引きますね。

加工肉ダメ、赤身肉もダメ、ということは、ハンバーガー、ホットドッグ、そして、ハム、ローストビーフ、ベーコン、プルドポークなどのサンドイッチも食べられません。 普通のアメリカ人は何を食べたらいいのでしょうか? ピザ? でも、ぺパロニピザはだめです。

それでは、チキン、ターキー、卵、チーズ、魚、野菜? いずれも、安全とは言えませんよ。 食べるものが無くなってしまいます。

要は、毎日お肉ばっかりを食べないで、バランス良い食事を心がけましょう、ということでしょう。

そして、大腸がん検診を定期的にするということですね。 


大腸内視鏡検査を、再びしつこくお勧めいたします。


10/24/2015

アメリカの大腸内視鏡検査(コロノスコピー)

無事、大腸内視鏡検査が終わりました。 せっかくの機会ですので、アメリカの大腸内視鏡検査(Colonoscopy)について、私の経験を簡単にまとめておきます。 気になる方もいらしゃると思いますし、気にしなくてはいけない方もいると思います。

アメリカと言っても、おそらく、病院によって若干の違いがあると思います。 今回、私が検査したのは、ナパ市内にあるSt. Joseph Health Queen of the Valley病院です。 3年前は、フィラデルフィア市内にあるドレクセル大学病院、Drexel Universiry College of Medicineでした。 

① 前晩から検査当日朝にかけて、腸管洗浄を家で行います。 病院に着く前に、お腹はスカスカ。

② 病院チェックインの後、色々な質問をされ書類にサインします。

③ 着替えて、病室で点滴(IV)開始。 今回、テレビ付の個室を与えられました。 ドレクセルではカーテン仕切りの大部屋です。 都会の病院ですので、スペースの都合でしょう。

④ その後、ずっと病室で順番待ち。 TV見ながら、まだかな、まだかな。

⑤ やっと順番。 ストレッチャーで検査室まで運ばれます。 気分はもう入院患者。

➅ 検査室で、酸素チューブをつけ、血圧、心音、脈拍数、酸素飽和度を測るものが、つけられます。 手術するみたいです。

⑦ ドクター、ナース、テクニシャン、等々準備ができたら、静脈へ鎮静剤を注入。 ウトウト、でも意識はありました。 ドレクセル病院では、マスクを使っての簡単麻酔でしたので寝入ってしまいました。 今回は、周りの音とかも聞こえ意識はありました。 でも、痛くも痒くもありません。 30分位だったのか不確かですが、あっと間に終わり。

⑧ 検査後、そのままストレッチャーで病室へ。 しばらく休むよう言われます。

⑨ しばらくして、ナースが検査結果をもってきました。 ドレクセルでは、ドクターから直接、写真付き結果をもらい、ポリープのバイオプシー(生検)結果だけは、後から、電話で知らされました。

⑩ 付き添いが来るまで着替えて待機。 どっちの病院も、付き添いが来ないと帰ることはできません。 夫が現れたので、これにてチェックアウト。 滞在時間は、約4時間半位。 ドレクセル病院の方が少し短かったです。 今回、順番待ち時間が長かったです。 

この全てのプロセスに、いくらかかるのでしょうか? 

今回の病院で、約$4,000(45万円位)です。 ポリープのバイオプシーがあると、もちろん、それ以上になります。 保険があるので、ほぼ全額カバーしてもらえるのですが、アメリカの医療費はすごいです。 でも、医療サービス自体はかなり高いレベルなので、この費用は仕方がないのかな、と思う時あります。

そして、私の結果は? 

うれしいことに今回はポリープなし! 3年前より、腸環境が改善されたみたいです。

ワインカントリーに引っ越してきて2年近くになりました。 やっぱり、私のフード&ワイン生活は健康的という証明がされました。 (胃とか肝臓とか考えないでください。)

大腸内視鏡検査は大変ですが、何らかの症状が出る前に、ぜひ一度検査されることをお勧めいたします。 

早期発見は重要です。

10/23/2015

コロノスコピー前の絶食

ハウスゲスト滞在中ではありますが、大腸内視鏡検査(Colonoscopy)のため、これから病院へ行きます。

3年前に検査しているので、今回は2回目です。 前回の検査でポリープがひとつ見つかり、3年毎に検査するよう言われました。 しかも、親族に大腸がん・直腸がんの経験者もいるので、この検査は避けられません。

夫も、同じ時期に検査したのですが、全く問題ないので10年間検査の必要なしということでした。 

前回は、フィラデルフィア市内の大学病院で検査を受けました。 その時は大腸だけでなく胃内視鏡検査も一緒にしました。 検査自体は超簡単です。 


なぜなら、軽い麻酔を使いますので、寝ている間に終わってしまいます。 今回は、大腸だけですので、もっと簡単だと思われます。 

この検査よりも大変なのは前日の絶食です。 空腹で倒れそうになります。 幾つかの飲み物だけは許されますが、もちろん、アルコールはだめです。 食いしん坊の私にとっては、とても辛いことです。

そして、代わりに飲まなければいけないのは、これです。




腸管洗浄剤です。 前回よりも味がまずくて吐きそうになりました。 今回は2回に分けて、12時間以上もかけて洗浄しますので、前回よりもきついです。

早く終わって、美味しいものを食べたい!

こうなると、お肉やお魚がないベジタリアン料理、などと贅沢なこと言ってられません。 食べられることって、本当に幸せなことなのですね。

この状況下、ハウスゲストと夫は美味しいものを食べに出かけました。 そして、こんな画像を送ってきました。




Napa Smith Breweryのビール・テイスティングです。

行きたかった。 
明日、この失ったビールの取り戻しをしたいと思います。

3年に1度やってくる、絶食の日でした。



10/22/2015

ベジタリアンとイタリア料理テイクアウト Oenotri

ベジタリアン・ハウスゲストはゴールデンゲートブリッジ、そしてゴージャスなマリンカウンティを通過し、無事ワインカントリーに到着しました。

まずは、乾杯



3名ですので、白と赤両方開けました。 Hope&Grace Riesling 2012とBartholomew Park Winery Cabernet Sauvignon 2011です。 

普段はあまり口にしない、リースリングとソノマのカベルネです。 

チーズプレートも一緒に。



実は、ハウスゲストはワインよりもビール党です。 自身でビールを作っています。

夕食はイタリアンのテイクアウトをすることにしました。 初日ですので、家で簡単に。 以前にもテイクアウトした、ナパダウンタウンの人気イタリア料理です。

頼んだ料理はキノコピザ。



キングトランペット茸がおいしいです。 ここのピザは生地がモチモチしていて私好みです。

次に、同じくキングトランペット茸を使ったパスタ。



パッパルデッレのパスタは幅広で食べ応えがあります。

サイドには、パドロンペッパーの炒め。



そして、芽キャベツのロースト。


全てベジタリアン料理です。


お肉もお魚もなくて、何か物足りないという感じではありませんでした。 お腹一杯になりました。 ごちそうさまでした。

夫と私が東京で生活していた頃、彼は3回程日本に来ています。 8年以上も昔の話ですが、彼は東京で食べた料理をよく覚えていました。 


愛宕の精進料理・醍醐、原宿のMominoki House、Nobu Tokyo等々、どれもすごく美味しいベジタリアン料理だったと言っています。 

それと、群馬県の温泉旅館で、特別に作ってもらったビーガン会席料理は、これまでの最高の料理だったらしいです。 

やっぱり日本の食のレベルは高いです!


10/21/2015

ベジタリアン到着前に分厚いビーフステーキ

もうすぐ、我が家にお客様が1名来ます。 シカゴに住む夫の家族でサンフランシスコ出張の後、ナパの我が家に数日滞在する予定です。

彼は20年以上もベジタリアンです。 その間ビーガンになった時もありました。 ビーガンは乳製品やはちみつ等も食しませんので、一緒の食事はかなり気を使います。

特に、日本で一緒に食事した時は大変でした。 ビーガン対応できるレストランは少なく、お肉やお魚は出しませんと言っても、カツオや煮干し出汁だったりとか。

彼は、一緒に食事する私たちに、ベジタリアン料理を強要することはありません。 しかしながら、動物愛護の観点からベジタリアン生活をしている彼の前で、こんな分厚い牛肉を食べることはかなり無神経なので、夫も私も控えます。



ということで、彼が到着する前に分厚い牛肉を食べることにしました。 もしかして、これも無神経行為でしょうか。

お肉の隣にあるのはお肉の焼き加減(レア・ミディアム・ウエルダン)確認ができる、ビーフセンサー・スティックです。

リブアイとフィレミニョン1枚づつ、そして野菜も用意しました。



少々涼しくなっていますが、まだまだ、外のグリルで焼くことができます。


ビーフセンサーを使って焼き加減チェック。


黒くなっている部分が赤に変わると、焼けているサインです。


焼き過ぎです。 既にウエルダン。 

休ませます。



カットして、二人プラス1匹で分けます。


やっぱりウエルダンです。

この日は、ステーキソース3種類用意してみました。



左はバーベキューソース。 赤ワイン、ケチャップ、ウスターソース、はちみつを配合。

中央はチュミチュリソース。 パセリ、ガーリック、レッドペッパー、ワインヴィネガー、レモン汁、オリーブオイル、塩・コショーを配合。

右は大根おろし。 ポン酢と一緒にいただきます。


このステーキに合わせてのワインはナパのカベルネ、Chimney Rock Clone 4 Cabernet Sauvignon 2011です。



実に美しい、フード&ワインの組み合わせでした。

これで、心おきなく、ベジタリアン・ハウスゲストを迎えられるというものです。 これから数日間、このような無神経料理は出てこないと思われます。


ハウスゲストは現在独身なのですが、以前のパートナーたちは同様にベジタリアンでした。 カップルは価値観が同じ、或いは、近い方が、問題ないでしょうね。 


10/20/2015

鮭のちゃんちゃん焼き

以前、鮭のちゃんちゃん焼きを作ろうと思って材料を用意したのですが、肝心な味噌がなかったという失態がありました。 今度こそは万全を期して、鮭のちゃんちゃん焼き登場です。

鮭は、多くのアメリカ人が食べられる、数少ない魚の種類のひとつです。 でも、水銀が含まれているという話で、愛犬の食事としてはできるだけ控えるよう獣医から言われました。 

では、私たち人間はどうなのでしょうか?  まあ、夫も私も今さらなので、食べます。

出来上がりは、こちら。



初めに材料を用意しました。


鮭と、野菜はキャベツ、もやし、玉ねぎ、青ねぎ、ニンジン、しいたけ、エリンギ、そして、緑赤黄のパプリカです。 野菜たっぷりヘルシー食(水銀どこへやら)。

次にたれを用意します。 みそ2種類、みりん、はちみつ、酒を混ぜ合わせました。 いつも味見しながら、適当に配合します。 容量を計らないので、レシピが書けません。



そして、我が家にもあります卓上電気鍋、ホットプレート。 


ワインとおつまみ!


Grgich Hills Miljenko Selection Chardonnay 2013 最近リリースされたシャルドネです。 クラブメンバーですので、ちょっと特権があります。 

ちゃんちゃん焼きに合わせてシャルドネにしましたが、軽めの赤でもよいと思います。

ここで、酒の肴を用意。 オイルサーディン缶詰の利用方法を検索したところ、日本的な食べ方を見つけました。 

缶詰を開けて、にんにく、生姜、鷹の爪を入れます。



これを、そのままオーブントースターで焼き、出来上がったらねぎを散らします。


オメガ3体にも良く、手軽にできる酒の肴でおいしいです。 

では、ちゃんちゃん焼き開始します。


鮭を焼きます。



両面を軽く焼いたら、一度取り出し、次に野菜を入れます。


野菜の上に、鮭を乗せます。


蓋をして、しばらく。


最後に、味噌だれとバターを絡めて、出来上がり。


日本の家庭料理いいですね。 卓上電気鍋はあまり利用しませんが、これからの季節、使えそうです。

でも、実はこの鍋は日本製で電圧の違いがあります。 このままアメリカで使い続けると、いつ壊れるかわかりません。