10/24/2015

アメリカの大腸内視鏡検査(コロノスコピー)

無事、大腸内視鏡検査が終わりました。 せっかくの機会ですので、アメリカの大腸内視鏡検査(Colonoscopy)について、私の経験を簡単にまとめておきます。 気になる方もいらしゃると思いますし、気にしなくてはいけない方もいると思います。

アメリカと言っても、おそらく、病院によって若干の違いがあると思います。 今回、私が検査したのは、ナパ市内にあるSt. Joseph Health Queen of the Valley病院です。 3年前は、フィラデルフィア市内にあるドレクセル大学病院、Drexel Universiry College of Medicineでした。 

① 前晩から検査当日朝にかけて、腸管洗浄を家で行います。 病院に着く前に、お腹はスカスカ。

② 病院チェックインの後、色々な質問をされ書類にサインします。

③ 着替えて、病室で点滴(IV)開始。 今回、テレビ付の個室を与えられました。 ドレクセルではカーテン仕切りの大部屋です。 都会の病院ですので、スペースの都合でしょう。

④ その後、ずっと病室で順番待ち。 TV見ながら、まだかな、まだかな。

⑤ やっと順番。 ストレッチャーで検査室まで運ばれます。 気分はもう入院患者。

➅ 検査室で、酸素チューブをつけ、血圧、心音、脈拍数、酸素飽和度を測るものが、つけられます。 手術するみたいです。

⑦ ドクター、ナース、テクニシャン、等々準備ができたら、静脈へ鎮静剤を注入。 ウトウト、でも意識はありました。 ドレクセル病院では、マスクを使っての簡単麻酔でしたので寝入ってしまいました。 今回は、周りの音とかも聞こえ意識はありました。 でも、痛くも痒くもありません。 30分位だったのか不確かですが、あっと間に終わり。

⑧ 検査後、そのままストレッチャーで病室へ。 しばらく休むよう言われます。

⑨ しばらくして、ナースが検査結果をもってきました。 ドレクセルでは、ドクターから直接、写真付き結果をもらい、ポリープのバイオプシー(生検)結果だけは、後から、電話で知らされました。

⑩ 付き添いが来るまで着替えて待機。 どっちの病院も、付き添いが来ないと帰ることはできません。 夫が現れたので、これにてチェックアウト。 滞在時間は、約4時間半位。 ドレクセル病院の方が少し短かったです。 今回、順番待ち時間が長かったです。 

この全てのプロセスに、いくらかかるのでしょうか? 

今回の病院で、約$4,000(45万円位)です。 ポリープのバイオプシーがあると、もちろん、それ以上になります。 保険があるので、ほぼ全額カバーしてもらえるのですが、アメリカの医療費はすごいです。 でも、医療サービス自体はかなり高いレベルなので、この費用は仕方がないのかな、と思う時あります。

そして、私の結果は? 

うれしいことに今回はポリープなし! 3年前より、腸環境が改善されたみたいです。

ワインカントリーに引っ越してきて2年近くになりました。 やっぱり、私のフード&ワイン生活は健康的という証明がされました。 (胃とか肝臓とか考えないでください。)

大腸内視鏡検査は大変ですが、何らかの症状が出る前に、ぜひ一度検査されることをお勧めいたします。 

早期発見は重要です。

0 件のコメント:

コメントを投稿