5/20/2018

ヨーキー兄弟生まれて初めてのグルーミング

ピノとカブ、生まれて初めてのグルーミング経験をしました。

ブリーダーさんからは生後6か月経ってからが良いというアドバイスだったのですが、獣医さんは生後4か月で大丈夫ということでした。

グルーマーはウエブリーのグルーマー、同じ人。

トラベリングペットスパという会社の人気グルーマーさんで、スパ車で家まで来てくれて、車の中でグルーミングしてくれます。

値段は少々高いですが、その価値ありのサービスで気に入ってます。

生後5か月も経つと、ヘアが伸びきってしまって、朝のブラッシングとか大変でした。

では、ビフォーアフターフォト

ピノ ビフォア


ピノ アフター


ピノは初めてのグルーミングが少し怖かったみたいです、特にヘアドライアー音。

カブ ビフォア


カブ アフター


ほとんど隠れていましたが、お目👀ぱっちりです。カブは全く怖がることなくグルーミング終了。

兄弟でこんな状況でしたが、


さっぱりしました。


最初の経験に疲れてしまったようで、お昼寝。


I Love My Boys!

Webley After the First Grooming 2009



5/18/2018

アメリカで日本のメーカーの電子レンジ購入

4年半前に家を購入した時に、キッチンのオーブンと電子レンジは一緒についてきました。アメリカでの家の販売ではわりと普通のことです。

日本の一般家庭はあまり見ないビルトインというタイプで壁に付いてます。上が電子レンジで下がオーブン、BOSCH(ボッシュ)というドイツ製のものです。


このビルトインタイプは使いやすいので重宝していたのですが、使い始めて1年くらい経ってから、上の電子レンジがたまに使えなくなることがありました。

全く使えないのではなくて、何度がドアを開けたリ閉じたリすると使えるという不思議な状況。おそらく電気系統の接触が問題ではないかと思うのです。

一度修理の人に来てもらい、直ったと思ったのですが、すぐに再び同じ状況に陥りました。

中古で前の人が長く使っていたならともかく、新築の家で電化製品は全て新品でした。私が考えるに、たぶん最初から不良品だったのでしょう。

そんなわけで、だましだまし使っていたのですが、徐々に耐えられなくなってきて、ついに電子レンジを購入しようということになりました。

下のオーブンは全く問題なく使用できるので、取り替えなければいけないのは上の電子レンジだけです。

ところが、この壁にビルトインされているレンジのサイズは決まっていて、そして、下のオーブンとの相性もあるので、どんな商品でも良いわけではないのです。

諸条件を考慮しながら、ネット検索したところ、ビルトイン電子レンジの値段って、異常に高いのです。

なんと$1,000(10万)以上もするのです。

しかも、ビルトインの場合は取り付けの費用も発生するし、人件費が高いアメリカですからビビります。

ほとんど温める機能しか使わない電子レンジにそんな高額をかけたくないので、とりあえず基本の機能があるだけのお手軽レンジを購入することにしました。

$100ちょっとの価格でキッチンカウンターに置けるタイプの電子レンジです。

色々なメーカー商品がありますが、せっかくですから日本のメーカーSHARPのものを選びました。


一般的に日本の電化製品はアメリカものと比較すると高品質でソフトなイメージがあり、なんとなく安心できます。

そして自分の中では、日本で生活していた時に使っていた電子レンジをしっかりと想像していました。

ところがです、商品が来てみて使ってみたら、これホントに日本のメーカーもの?

どことなく組み立てが荒っぽくて大雑把、ドアの開け閉め音が大きい、調理音は大きいを通り越してうるさい。

なんか想像していた日本メーカー商品ではなく、しばし遭遇するアメリカン・プロダクトでした。

日本のメーカーと言っても、製造しているのは中国、そして、アメリカ消費者に合わせた仕様だった。

はっきり言って、この商品は日本では売れないでしょうね。日本の消費者が求めているものと合致しないです。

他の電化製品、例えば掃除機なんかも、日本のメーカーと言っても、アメリカで販売しているものは日本で販売しているものとは違うのです。

これだったら、日本のメーカーに拘る必要はありませんでした。

少々がっかりなのですが、機能的には今のところ問題ないので、とりあえず使ってます。

でも、もしかしたら、これは日本やアメリカのメーカーとか関係なく、単純に安い商品だったから?

わかりませんが、ブローバル化が進む昨今、今までのイメージに拘ってはいけないのかもしれません。



5/14/2018

ブログ過去記事を削除し過ぎると・・

今年の初めに、このブログの過去記事を整理して、大幅に記事の削除をしました。たしか750位あった記事の500位を削除しました。

それから再び断捨離モードになって、最終的に600位の記事を削除しました。

庭の植木を少しカットすると、途中で勢いがついて、気がついたら大幅にカットしてしまうタイプです。

同じような行動です。

自分としては、書いた記事に愛着などはほとんどなくて、気分さっぱり。よし、これで改めて、書き始めようという意気込みさえありました。

と言っても、その後それほど記事増えていませんけど。


ところがです、

この大量削除をしたら、

あのグーグル様から「記事が存在しません」が多すぎるので検索結果の順位が落ちますよ、という警告が来たのです。

私のブログなんて一般人の平凡な生活を綴ったもので、アクセス数は限られたものです。

検索結果上位やアクセス数アップを目指しているわけではないので、そんな警告されてももね~~


でも、よくよく考えてみたら、

このBloggerブログは検索以外からのアクセスがほとんどないので、もしかして検索順位が下がるという事は致命傷か?

そもそも、Bloggerブログは日本のアメブロのようなコミュニティがなく、ふと立ち寄ってくれて、読者登録してくれる人もいません。

以前はブログランキングに参加していたので、そこから立ち寄ってくれる人たちもいましたが、今は参加していないので、そこから来る人もいません。

あちこち手を出すのが苦手なので、他のソーシャルメディアとの連動もありません。

唯一、もうひとつ管理しているフード&ワインブログからの流入が少しありますが、微々たる数字。

なので、検索からの流入が減ると、ほとんどアクセスがないブログであると自信をもって言えます。


でも、気にしません。

なぜなら、このブログはアクセス数を増やそうとしていないブログなのです。

以前はアクセス数が増えてくれると嬉しいなと思ったこともありましたが、今は全くそういうことに興味がありません。

そんなブログがあってもいいと思うのです。たぶん私みたいな人もたくさんいるのではないかと。

とは言っても、全くアクセスがないのも寂しいので、少数の目に止まって、少しでもシェアできれば嬉しいです。

アクセス数少ないブログの方が、気楽に少しづつ書きたいことを綴っていけるので、私の場合は長続きしそうな気がします。

そして、場合によっては書いた記事を後で削除することあるかもしれません。そうすると、再び警告されてしまうかもしれません。

でも、警告はあまり気にせずに、自分のブログを自分の好きなように管理します。


ナパバレーでは今月末のメモリアルデー週末にボトルロックフェスティバルが開催されます。

ナパバレーに引っ越した年から始まったこのイベント、毎年人気が高まってます。

今年は大目玉のブルーノマーズが参加するので、早くからチケットが売り切れてました。


残念ながら、チケットないのでこのイベントには行けませんが、ミュージック、フード、ワイン、ブリュー、いいですね、このラインアップ。

I love ワインカントリー!



5/11/2018

ピノとカブ生後5か月

最近行ったワイナリーのヴィンヤード風景。


葡萄の木に実がなって、これからどんどん成長していきます。

どんどん成長しているのは我が家にも2匹います。

2017年ヴィンテージ、只今熟成中のピノと&カブです。

ピノ


カブ


生後5か月経ったのですが、成長はかなり早いみたいです。食欲旺盛で、既にウエブリーの大きさを超えてます。デカヨーキー予備軍です。

Webley May 2009

運動量も増えてきて、今週から近所の散歩も始めました。すごい勢いて走るので追いついていくのがやっと、私にとっても良い運動です。

家の中でも暴れまくっていて、色々な物を壊してます。私が日本で買ったばかりのメガネも破損しました。

家具は噛んでしまう、トイレは失敗が多い、何でも口に入れてしまうと子犬の世話はホント大変です。

ウエブリーも子犬の時は大変だったのですが、それは病弱であったゆえの問題であって、ピノとカブとの大変さとは違っていました。


来月に入ると、ウエブリーが亡くなってから丁度1年です。

普段からピノとカブの行動とかを見て、ウエブリーのことをよく想っているのですが、最近特にウエブリーのことが頭から離れません。

未だ、亡くなってしまった事実が乗り越えられず辛いです。

かわいい子犬たちを迎えても、亡くなった子は全く別の存在なんですよね。

わかっていたことですが、ウエブリーを亡くした悲しみは一生続く。。。

できるだけ楽しかった時を思い出すようにしていますが、人間そう簡単に感情のコントロールはできないです。



5/07/2018

Blue Note Napa ブルーノートナパのジャズライブ(座席情報あり)

ナパバレー ナパダウンタウンにあるオペラハウス Blue Note Napa(ブルーノート ナパ)に行ってきました。東京にもあるジャズクラブのブルーノートです。



昨年4月には日本人アーティストの松居慶子さんを聴きに行きました(過去記事続いてます)が、今回はあのサックス奏者として有名なKenny G(ケニー G)です。


最初に食事、そしてライブミュージック




期待以上に良かったです!

あの肺活量(循環呼吸らしい)はスゴイ!

途中演奏しながら会場内を廻ってくれて、すぐ目の前でその姿を見ることができたのですが、彼はビックリするくらい華奢です。


あんなに細身で、既に60歳を過ぎているのに、超パワフル、圧倒されました。

このナパの後は日本公演で日本に行くらしいです。おススメ、Kenny G!


~ローカルからの情報~

日本にもブルーノートやジャズファンの方は多いと思うので、ここでブルーノート ナパ(Blue Note Napa)の情報掲載しておきます。

ワインカントリーのナパバレーにはワイナリーだけでなく、ミュージックイベントもあります。

ブルーノートナパの会場はそれ程広くはなく、150名弱の収容です。チケット購入はウエブサイトで簡単に出来ます。

(Blue Note Napaのウエブサイトから)

座席に関しては、濃いブルーのブース席がプレミアムシートですが、4-6名分を同時に購入しなければいけません。4-6名のグループで行く場合には丁度良いです。

その手前の薄いブルーは4名テーブル席です。こちらは1,2、3名でも購入できますが、相席になる可能性があります。

その横の黄色のテーブル席も相席になる可能性があります。これらのテーブル席は空席があれば、ゆったりと座れますが、空席ないと少々狭苦しい感じです。

バーエリアはステージ手前のダイニングルームよりも高さがあるので、パフォーマンスが見やすいです。一列並びですので、おひとり様でも全く問題ないです。

座席指定はありませんので、先に来た人から座席を選べます。ブース、テーブル、バーエリア内で選べるという事です。バーの席を購入した人はブース席には行けません。

前回黒丸のテーブル席を選んだのですが、ちょっとステージに近すぎました。

今回は赤丸のバーカウンター席になりました。本当は青丸の辺りが希望でしたが、少々出遅れたので既にふさがっていまいました。

青丸の辺りは一番良さそうですが、ここのカウンターは狭いです。きちんと食事したい人はテーブル或はバーカウンター席が良いです。

料金はアーティストによって変わるみたいです。演奏中はフラッシュをたかなければ写真撮影もできます。なので、私もたくさん写真や動画とりました。

食事はプリフィックスとアラカルトいずれか選べます。アーティストに合わせてメニューが変わるので面白いです。

前回は日本人の松居慶子さんにちなんで、西洋と東洋のフュージョン料理でしたが、今回は普通のアメリカンフードでした。


過去記事(2017年4月)

昨年ナパダウンタウンにオープンしたジャズクラブBlue Note Napa(ブルーノート ナパ)でライブミュージックを楽しんできました。

ワイナリーやレストランで無料(しょぼ・・)のライブミュージックを聴く事はあるけれど、チケット購入するのは久しぶりでワクワクしました。

ブルーノートナパの場所はナパダウンタウンのメインストリート、1897年に建てられた古いビル、ナパバレーオペラハウスの1階です。



この建物の裏側は、


ナパリバー沿いです。

この日のアーティストは日本・アメリカを越えて世界で活躍する日本人ミュージシャン松居慶子さんです。

彼女の「Deep Blue」というアルバムがすごく好きだったので、ぜひ一度ライブに行ってみたいと思ってました。

トラディショナルなジャズよりも、スムースジャズ、ジャズフュージョンです。


チェックインしてから、まずは先に食事。


そして、ライブミュージックがスタート! 


4名のメンバーが登場します。


パワーフル


迫力あるよ


カッコイイね


カップルになってます?


メンバーひとり写真から抜けてしまった


久しぶりのライブミュージック、とても楽しかったです!松居慶子さんはもちろん、他のメンバーも才能あって、すごく良かったです。

後で調べてみたら、松居慶子さんは私と同年代でした。才能あって活躍している人は輝いているものですね。



4/24/2018

日本里帰りで思ったこと

1か月以上もブログ更新できませんでした。

日本に3週間ほど里帰りしていたこともありますが、わんぱく子犬2匹の世話やら何かと忙しい毎日、「フード&ワインの日々」ブログを更新するだけで精一杯です。

ブログをふたつ管理するのは少々無理があり、どこまで続けられるかわかりませんが、とりあえず気負わずにゆるく更新していきます。

ナパバレーに戻ってきて既に1週間経ってますが、今回の日本里帰りについて少しふれておきます。

まず、何と言っても今回の旅では久しぶりに満開の桜景色を楽しむことができました。天気にも恵まれラッキー!

美しい桜の花びらと雄大な桜の木、日本で見る桜は感動ものです。


一昨日、サンフランシスコの桜まつりのニュースがテレビで流れていましたが、普通のアメリカ人はあまり興味ないでしょうね。

つーか、私自身が興味ないです。アメリカでは桜を見るよりも、荘厳なレッドウッドとかを見た方がより感動します。この広大な地にふさわしい樹木です。


次に、小旅行で伊豆長岡温泉に行きました。


観光はほとんどせず、温泉に浸かって食べるだけの旅行でしたが、一応わずかに富士山を拝めて、ここでも花見を楽しむことができました。


そして、観光と言えば、今回久しぶりに鎌倉に行ってきました。さすが人気の観光地で混んでました。

お参りをしたり、


美しい日本庭園を眺めたリ、


大仏様にもお会いできて、


半日だけでしたが良かった。次回はもう少し時間かけて散策そしてグルメ探検したいところです。


東京では飲み食いの他には歌舞伎を見に行きました。


初めて見たのですが、2幕目に寝てしまいました。


やっぱり私には無理でした。昔から国語よりも英語、日本史よりも世界史に興味あった人です。時代劇や大河ドラマなども全く興味なし。

背景もよく分からず、全然ついて行けませんでした。きちんと予習しろ、です。

一番安い4,000円の席にしておいて正解。よくよく考えてみたら、昼の部は11:00-4:00まで5時間ですから4,000円はバーゲン価格かも。


そして、オープンしたばかりの東京ミッドタウン日比谷へ行ってみました。


友人が教えてくれるまで、この新しい複合施設の存在を全く知りませんでした。

昨今はインターネットで色々な情報が入手できますが、日本で起きていること知らないこともホント多い。たまに帰ってきてキャッチアップしないと。

このビルの中に昭和レトロなレストランやショップがあって面白そうでしたが、オープンしたばかりで混んでいて、人を見ているだけで疲れてしまいました。


それにしても、どこに行っても、やたらと外国人が多いですね。観光客はもちろん、住んでいる感じの人も多いし、これってオリンピック景気のひとつなの?

国際化されるのって基本良いことだと思うのですが、そう急激に変化するとついて行けない人も多くない?

最近よく問題視されてますよね、グローバルスタンダードに外れちゃっている言動。

でも急激なグローバル化についていけない人ってアメリカにも多いのだわ。いずこも似たリ寄ったり。


アメリカに戻ってきたら、ピノ(右)とカブ(左)が一段と成長してました。


まだグルーミングを初めていないので、ワイルドヘア。来月のグルーミングが楽しみ。



3/21/2018

ヨーキー3匹を国に例えると

ピノとカブを迎えてから1か月経ちました。徐々に子犬との生活に慣れてきています。

家中のあっちこっちでピープー(英語でおしっことうんちのこと)しているので、おそうじオバサン化しています。

すっかり忘れかけていましたが、そういえば9年前にも同じことをしていました。当時はウエブリー1匹でしたが、今よりも大変だったかも。

ウエブリーは子犬の頃、呼吸器系に加えて、消化器系も弱かったのか、よく下痢にもなっていました。

しかも用を足す時に歩くので、部屋中ポトポトと、、、掃除が大変な上に匂いもかなり漂っていました。

当時、ウエブリーが家中の家具をかじっていましたが、今再び2匹が同じ家具をかじってます。犬が嫌がるスプレーしても効き目無し、、、3匹共です。


このように、ピノとカブとの生活の中で、期待通りウエブリーのことをより想う日々です。

同じ犬、同じヨーキーということで、同じような行動や仕草もありますが、やっぱり3匹は同じではないと実感しています。

顔や体格はもちろん、行動や仕草、そして、性格も違います。

その個性を国に例えますと、

ウエブリーはイギリス

ピノはフランス

カブはイタリア

2009年3月 ウエブリー


手前がカブ、奥がピノ
夫はアメリカ

私は日本

多国籍家族です。

この中で一番人気がないのは、やはりアメリカでしょうか?

そんな気がしますね。