2/21/2018

新しい家族は2017年ヴィンテージのピノとカブ

ついにヨーキー子犬2匹を家族として迎えることができました。

ブリーダーの家から我が家まで車で3時間弱の旅でしたが、2匹とも車酔いもせずに元気いっぱいで到着。

9年前の同じ頃にウエブリーを我が家に迎えましたが、ウエブリーは車酔いしてすぐに嘔吐してしまいました。吐いてもかわいいウエブリー。


ご紹介します。誕生時間はそれほど差はありませんが、早く産まれた順です。

パピー1 名前はPinot(日本名はピノ)


ワインカントリーの子たちなので、ワイン葡萄の品種名です。私の大好きなワインであるピノ・ノワールとピノ・グリからの名前です。

パピー2 Cabernet(日本名はカブ)


こちらも葡萄の品種で、日本語ではカベルネと呼ばれていますが、アメリカでは単純にキャブと呼ばれることが多いです。日本名はキャブではなくカブにしました。

こちらも私の大好きなカベルネ・ソーヴィニョンからの名前です。

2017年ヴィンテージ 2018年春リリースされた ピノとカブ




この子たちの誕生日は12月8日(ウエブリーの誕生日は12月4日で4日違い)で、生まれて11週目に入りましたが、既にすごく大きいです。

どちらも2キロを超えてます。ヨーキー成犬は3キロ前後が標準なので、この子たちはデカヨーキーになる可能性が高いです。

すごい勢いでドッグフードを食べ水もよく飲みます。普通のことなのかもしれないのですが、ウエブリーとは全然違うのです。

ウエブリーは生まれて11週目に体重が1キロにも満たなくて、ドッグフードもほとんど食べず、水もたまにしか飲まない子犬でした。

私が手作りご飯を用意するようになってから、やっと食べるようになったのです。その後、ずっと手作りご飯になってしまいました。

同じ犬種でも全然違う面を目の当たりにしています。これからこの2匹の差も色々と出てくるのでしょう。


食べて飲んで、良く遊ぶ、元気いっぱいのピノとカブと思っていたら、人生そう甘くないです。

昨日動物病院の最初の検診で虫下しの薬を服用したのですが、数時間後にどちらも嘔吐、体も震えはじめたのでビックリ、慌てて病院へ連れていきました。

吐き気止めの注射をしてもらって、暫くしたら落ち着いてきたので、とりあえず安心。

でも病院で待っている間に、他のわんこ家族の安楽死の話が聞こえてしまって涙が出てきました。そういう話を耳にするだけでも辛いです。

同じく待っていた人は12年前に同じことを経験したらしく、この方もかなり感傷的になってました。何年経っても愛犬の死を乗り越えるのはむずかしいのですね、改めて思いました。

2009年2月 愛犬ウエブリーの11週目



ピノとカブ、わんぱくパピーとの生活はすごいことになってますので、どこまでブログ更新できるかわかりませんが、できるだけ成長記録をお届けします。



2/19/2018

ハーフムーンベイのお洒落なB&B Cypress Inn(サイプレス イン)

ヨーキー仔犬2匹を迎えたら、暫くの間旅行ができないと思ったので、その前に小旅行をしてきました。

サンフランシスコから南へ車で約1時間の港町、ハーフムーンベイです。カリフォルニアのパシフィックオーシャンコーストの町で、半月の形をしているのでハーフムーンベイです。

ハーフムーンベイはコーストを走るハイウエイ1沿いにあり、以前通り過ぎたことはあるのですが、宿泊や食事や観光をしたわけではないので、今回が初めての訪問です。

宿泊したのは Cypress Inn on Miramar Beach(サイプレス イン オン ミラマー ビーチ)、オーシャンフロントのB&Bです。


サイプレスインは同じくカリフォルニアコーストタウンの街カーメル(こちら)にもあり、素敵なB&Bでしたので、今回同じホテルグループを選んでみました。

駐車場に車を停めて、


チェックイン


ところが、予約がないと言われビックリ。でもホテル側のミスであるとわかったので、少しだけ部屋のアップグレードがありました。

小規模のB&Bでは予約システムに問題があったりしますので、予約確認のためのコンファメーションメールや番号などは控えておいた方が無難です。

メイン棟の裏側の棟へ、およよ、、、エレベーターがないのでこの階段を使いました。


B&Bは元々一般邸宅であったりするので、この辺りのサービスレベルが通常のホテルやインに比べると少し落ちますね。

でも、古風で風情があったり、インキーパー(オーナー&プロパティ責任者)のキャラクターがあるので、多くのアメリカンは好きです。


モダンなホテルライフに慣れた日本の方はあまり馴染めないかもしれません。

客室



バスルーム


フリーのWi-Fiサービスはありましたが、すごくスロースピードでほとんど使えませんでした。リゾートに来てまで、オンラインするな、という忠告です。

夕方(5:00-7:00)が来ますとハッピーアワー


早速ワイン


美味しそうなおつまみも登場


定番のチーズ、野菜やフルーツ、クラッカーに加えて、ターキーミートボールなども用意されていました。


レストランでのディナーの予約があったので、おつまみはパス。ワインを片手にパシフィックオーシャンのサンセットビューを愉しみます。


ハーフムーンベイの夕暮れ時


5時半頃


翌日の朝食はロビーで


 本日のスペシャルはエッグベネディクトでした。


ジュースとフルーツ


エッグベネディクト


美味しかったです。

朝食後に海岸沿いを散歩。




素晴らしい景色、レイドバックな人々、美味しいシーフード、、、ハーフムーンベイは魅力あふれる街でしたので、又来たいです。

次回はいつになるかわかりませんが、わんこ連れです。



2/15/2018

愛犬亡き後にヨーキー子犬を迎える決心

愛犬(ウエブリー)が亡くなってから8か月ちょっと過ぎました。

時間と共に気持ちが落ち着いていく、、、ということは私の場合はないです。

今でも空虚感や絶望感が半端なく、悲しみで気が狂いそうになる時があります。デプレッション(うつ病)とはこのような精神状態なのかもしれません。

そんな状況を察した人たちから、新しくわんちゃんを迎えたらどうか、とアドバイスを受けていました。

でも、ウエブリーは私にとってのソウルメイト、この子の代わりはいない。。。

外で可愛いわんちゃんたちを見ると、微妙に心が揺れ動きますが、気持ちの整理がつかない状況でした。


そんな中、ウエブリーのことを考えて精神的に深く落ち込んだ日の夜中に、某ウエブサイトで12月上旬に生まれたウエブリーと同じ犬種ヨーキー子犬を見つけました。

子犬だけでなく父犬の写真も載っていたのですが、この父犬がウエブリーに似ていたのです。同じ犬種なので、多かれ少なかれ似ているのが普通です。

それまでも、ウエブサイトでヨーキー里親募集や子犬販売を見たことはあるのですが、特に興味は持てませんでした。

ところが、なぜか今回の子たちはとても気になりました。でも、未だ気持ちの整理がついてない。

翌朝、夫にこの子犬たちのことを話したら、夫も未だ気持ちの整理がつかない、、、同じ気持ちでした。

でも、それからしばらくして、私の精神的な落ち込みが再び酷くなり、夫婦で真剣に話し合いました。

生きがいを亡くした私たち、このままの状況では良くないので、とりあえず子犬を見に行こうということになりました。


ナパバレーの家から車で片道3時間の距離にあるブリーダーの家へ行くと、そこには3匹のヨーキー子犬がいました。

正確には6匹の子犬がいて、3匹は既に里親が決まったとのこと。

3匹の子犬が互いにじゃれ合ったり、母犬を追いかけまわしたり、私たちにすり寄ってきたり、元気いっぱいに走り回る姿を見て、なんて可愛いのだろうと思いました。

このブリーダーの家に1時間ほど滞在して色々と話をしました。即決はできないので後日返事をすると告げました。


ブリーダーの家を離れてから、しばらくして涙が出てきました。

ウエブリーが生後9週間で我が家に来た時は、その日見た子犬たちのような元気な子ではなく、翌日には苦しそうに咳き込んで、ケンネルコフ、そして、肺炎入院と、、、

やっぱりウエブリーは無責任ブリーダーの元で生まれた不運な子犬だったのです。

当時、兄弟犬を見ることもなく、存在していたのかどうかも知らされませんでした。もしかしたら、既に亡くなっていてウエブリーだけが生き残ったのかもしれません。

過去レスキュー犬しか飼ったことない夫と、犬を飼ったことない私、どちらもブリーダーから子犬を引き取るのが初めてで世間知らずでした。

診察した獣医がこの子の命は長くないと言いましたが、その診断は誤ったものではなかったのでしょう。

私たちにとってはたった8年半でしたが、ウエブリーは持前の気力で8年半も病気と闘い続け、そして最後は病気に負けたのではなく勝ったのです。

親ばかではありますが、ウエブリー、よく頑張った!改めて褒めてあげたいです。


ブリーダーの家で子犬たちを見る前は、子犬を我が家に迎えたら、私の心の中でウエブリーが消えていくような不安感そして罪悪感みたいなものがありました。

ところが、子犬たちを見た後に気づいたのは、ウエブリーは消えていくわけではない、もしかしたらもっと身近に感じられるかもしれない。

同じヨーキー犬と暮らすことにより、ウエブリーはこうだったな、とか、ああだったなと想い出すでしょう。

時には同じような動きや顔の表情を見せてくれたり、或は、全く違うこともあるかもしれません。

これは比較であっても比較ではなく、ウエブリーを想う道しるべみたいなものでしょうか。

レストランで料理を待ちながら困惑した目で私を見つめていたこと、

家のソファの上に座って、妙に寂しい表情で外を眺めていたこと、

中庭の芝生に横たわりながら、幸せそうに外の空気に触れていたこと、

ランチの後に私の後を追いながら、右足をちょこっと持ち上げながらワイナリーという言葉を待っていたこと、、、等々。

他のヨーキー犬を知ることにより、生きている間に私が気がつかなかったウエブリーのことをこれから知ることができるような気がしました。

ウエブリーのことをもっと知りたい、ウエブリーのことをもっと想いたい、ウエブリーとこれからも一緒に生きたい。。。

そんな感情の変化があり、夫とも充分話し合った結果、ヨーキー子犬を迎える決心をしました。


夫の提案で、後日もう1名のブリーダーに会いました。ここでは2匹のヨーキーちゃんとお見合いしました。

この子犬たちも超かわいらしかったですが、運命とも思われる最初に会った子を選びました。

そして、今回は夫の提案により2匹の里親になることにしました。ふたりとも外で仕事をしておらず時間もあるので、2匹の親になることに挑戦です。たぶん、年齢的に子犬を迎えるのはこれが最後です。

ここ数か月の間、ウエブリーの生まれ変わりを切実に思いましたが、今度来る子たちは生まれ変わりというよりも新しい家族です。

私をデプレッションから救うためにウエブリーが選んだ子たち、そしてこの子たちと一緒に、ウエブリーも別の形で戻ってくる、そんな気持ちです。


多くのドッグオーナーにとって、愛犬を亡くした後に次のわんちゃんを迎えることは、そう簡単なことではありません。

早くに次のわんちゃんを迎える人もいるでしょうし、二度とわんちゃんを迎えることができない人もいるでしょう。

置かれた立場や感情は違うので、人それぞれです。どちらを選択しても、亡くなった子への想いが消えることはないです。

💕ウエブリーはこれまでも、今も、これからもずっと、私のバレンタイン💕


ウエブリーの存在があまりにも大きすぎて、子犬を迎えるにあたって、未だ心の葛藤もあります。でも、子犬たちがやってきたら、色々と考えずに明るく迎えてあげたいです。

この世に生を受けて、縁があって出会えて、この運命みたいなものを大切に育んでいきたいです。


これから、このブログの主役はウエブリー・ブラザーズになりそうです。

只今、その準備中です。



2/11/2018

マスタード花が満開のナパバレー春景色

先週ワイナリーに立ち寄った際に撮ったナパバレーの景色です。


2月に入るとマスタードの花が咲き始め、場所によっては既に満開です。


まだまだ寒さで震える国や地域も多いのに、すっかり春どころか、、、初夏のような日もあります。


そんな春の訪れと共に、自分自身の整理を始めました。

まずは机や本棚の整理です。

以前から気になっていたのですが、引き出しや本棚に置きっぱなしになっていた紙類や置物などを片づけました。今のところはキレイです。


次に取り組んだのはブログ記事の整理です。

3年前に始めたこのブログの記事数がなんとまあ750を超えていました。過去一回断捨離して、半年ほど更新していなかったのにもかかわらずです。

1か月程前からですが、過去の投稿を読み返して3つに分けました。

① そのまま残す
② 少し編集して残す
③ 削除

ほぼ終了して、現在記事数は三分の一に減りました。はっきり言って削除直行のゴミ記事多かったです。。。トホホ。。。

ブログを長く書いている人で、この作業をする人もいるでしょうし、全くしない人もいると思います。

専門的な分野のブログを書いている場合はアップデートの必要があるかもしれないので、編集する人もいるでしょう。

一方で日記的なブログを書いている場合は、日記なので編集の必要はなく、そのままなのかもしれません。

人それぞれですね。

私の場合は、単純に自分の書いたものを読み返すことによって、こんなことを書いてしまった、とか、何度も同じこと書いている、とか反省するわけです。

わお、素晴らしいことを書いているな、と称賛することは皆無です。

でも、もしかしたら、この記事は誰かの役に立ったかもしれないという希望的気持ちはあります。例えば、アメリカでの健康診断、愛犬の病気のこと、などです。

どんな情報が他の方の役に立つのかはわかりませので、とりあえず自身の経験を書いてみて、後に少しは役に立ちそうな記事かなと思ったら残そうと思ってます。

記事数が増えてくると、この編集作業も大変ですので、最近は更新ペースをスローダウンして、無駄記事を減らすように心がけています。


それから、もうひとつ整理しようと思っているのが愛犬の写真です。膨大な数がPCに保存されています。

これはゴミ記事とは違い、編集や削除とかではなく、整理しながら、どの写真をどのフレームに入れるのかを決めるのです。

ひとつひとつの写真を見ながら想い出に浸っているので、整理するのに時間がかかりそうです。春には終わらないかもしれません。

季節の風景と共に、季節の作業を進行中です。



2/07/2018

サンフランシスコ フィナンシャル地区のヒルトンホテル

先日サンフランシスコへ行った時、ヒルトン フィナンシャル ディストリクトに宿泊しました。


サンフランシスコでの宿泊はいつも違うホテルを利用していますが、今回はヒルトンホテルの貯まったポイントを利用したので部屋代は無料。

といっても、部屋代は無料でも駐車代やドアマン、ベルマン、ハウスキーピングなどのチップもあるので完全に無料ではありませんけど。。。


ホテルのメンバーになっていると色々と特典もあります。

レセプションでは専用カウンターがあったり、


高層階の眺めの良い部屋をいただいたり、


少しアップグレードされた部屋を用意してくれたり、



そして館内のレストランでは


朝食が無料になったりします。


ところが、この無料の範囲が狭く、全部の料理が無料になるわけではないのです。

例えば、この温かい料理などは、


追加料金を払わないといけないのです。

せっかく無料を利用したいのに、追加料金を払うのはどうも納得いかないので、無料で食べられるものを確認。




選んだのはこれだけ。


しょぼいです。ベーグルとバナナと飲み物だけ。。。

こんな朝食は私のフード&ワインブログに載せられません。でも、せっかくの厚意を粗末にするわけにもいかず、ここで掲載しておきます。ありがとう、タダメシ。

ホテルの客室やサービスは良く、このレストランのサービスも良く、満足のホテルではありました。


でも、このフィナンシャル地区とチャイナタウンは隣り合わせなので、やたらと中国を感じます。

レストランの壁には中国のポスターが掲げてあったり、朝食ビュッフェに飲茶料理があったり、従業員に中国系が多かったりと、、、どうも香港とか上海のヒルトンって感じがします。

滞在は心地良かったので、又利用する可能性はあります。せっかくですから、次回は追加料金を払って朝から飲茶でも食べてみたいです。



2/05/2018

やったねフィラデルフィア・イーグルス!スーパーボウル2018チャンピオン

アメリカのスポーツ祭典、スーパーボウル2018!

フィラデルフィア・イーグルス優勝!おめでとう!


普段スポーツに特別興味ない夫と私ですが、何と言ってもフィラデルフィアは夫のホームタウン、そして私も3年間生活したところですから愛着があります。

イーグルスはいつも負けてる印象しかなかったので、まさか、、、と思いましたが、やったね、イエーイ!

ニューイングランド・ペイトリオッツは昨年優勝しているので、スーパーボウル初の勝利であるイーグルス応援が全国的にも多かったですね。

地元のフィラデルフィア界隈にいる夫の家族や友人たちは歓喜!しばらくはお祭り騒ぎでしょう。

ハーフタイムショーも良かったし、コマーシャルは政治色が薄かったのが良かったかな。

エンターテインメントやスポーツのイベントで政治のことを取り上げるのは、もううんざりで止めて欲しい。。。

いずれにせよ、イーグルスの次の優勝は10年後とか20年後?


スーパーボウルの日は家で料理しました。毎年これチリスープ。


サルサソースとワカモレも用意しました。ワカモレをフットボール仕立てにしたんだけど、ちょっと失敗?


アメリカの次のビッグイベントは?

アカデミー賞授賞式の3月4日です。



1/28/2018

ついにサンフランシスコのアルカトラズ島観光

トリップアドバイザーという旅行サイトによると、サンフランシスコの観光スポット人気ナンバーワンはゴールデンゲートブリッジ、、、と思いきや、アルカトラズ島です。

サンフランシスコ湾にある小さな島、その昔連邦刑務所があった監獄島です。

数年前にテレビドラマになっていたので、若い人はそれで名前を知ることになったのかもしれないのですが、


私なんかはその昔のクリント・イーストウッド主演の映画「アルカトラズからの脱出」で馴染みある場所です。


ベイエリアでの生活通算7年を過ぎましたが、なんとまあ行ったことなかったので、ついに行ってみることにしました。

近くに住んでいると行かないもの、、、ベイエリアで生まれ育ったアメリカ人でも、一度も行ったことない人います。

日本でもそういうことありますね。

少々肌寒いこの季節ですが、まずはピア33からアルカトラズ島へ向かう船に乗り込みました。


遠くにゴールデンゲートブリッジが見えます。


ゴールデンゲートブリッジはもちろん何度も通り過ぎていますが、実は歩いて渡ったことはないです。歩くと面白いのかな。。。

島へはすぐに到着しました。


船から降りて、ガイドさんの簡単な説明を受けて、


スペシャルプログラムに参加するわけではないので、その後は勝手に自分たちで刑務所と島を見学です。


冬の時期だけオープンしている道路を歩くと、


サンフランシスコの景色を臨めます。


いよいよ刑務所の中へ


ヘッドホンをつけてのオーディオツアーです。


オーディオ説明は英語(わかりやすいです)を選びましたが、日本語もあるようです。

独房



不気味だわ。。。



ブロードウエイ?


汚い。。。



真っ暗独房。。。


こちらの住民であったセレブリティ凶悪犯たち


刑務所とショップ内を1時間ちょっとかけて見た後は、


再び、船に乗って帰ってきました。


米国の犯罪歴史を垣間見ることができ、 なかなか見所あり、確かに観光スポットナンバーワンであることに納得です。

 印象としては、昔の犯罪者よりも現代の犯罪者の方が極悪であるような気がします。よりアップスケールになったのか?


初めてサンフランシスコに来たのは観光で30年位前でした。一通りの観光スポットに行ったのですが、なぜかアルカトラズ島には行かなかったのです。

それから10年後くらいに縁あってサンフランシスコで3年間生活していたのですが、特に興味なく行きませんでした。

それから20年近くも経って、やっとアルカトラズ島観光を制覇しました!