6/08/2017

気管虚脱と闘った愛犬ヨーキーの最後

愛犬が旅立って4日が経ちました。

この気持ちを言葉で表現するのはとてつもなく難しく、どのように何を書いたらいいのかもわかりません。

時間が経てば落ち着いて書けるのかもしれませんが、たぶん愛犬を失った思いを言葉にすることはずっと難しいような気がします。

でも、これまで愛犬を応援してくださった方たちへ、彼の最後をぜひ知ってほしいので、ここに記してみます。

このブログにも何度も書いていますが、愛犬は生まれて数か月で難治性の気管虚脱であると診断されました。

気管虚脱(Tracheal Collapse)とは、気管が弾力性を失い異常に扁平化することで発症する呼吸障害で、進行性の病気です。

シニアになってから発症するわんちゃんも多いのですが、愛犬の場合は子犬の時に診断されたので、おそらく遺伝性のものです。

日本では外科手術を勧めている病院があることはわかっていたのですが、米国動物医学のトップレベルであるペンシルバニア大学、及びカリフォルニア大学デイビス校の見解は外科手術はリスクが大きく、他の手段がない最後の場合のみということでした。

従って、ここ数年間は毎朝晩に数種類の薬を投与して症状を抑えることに徹していました。進行性の病気なので、いつどうなるのか不安な日々、綱渡りの状態でした。

1昨年の6月と9月、6歳の時、呼吸困難そして肺炎を2度(入院)(退院)(入院)(退院)引き起こしました。

9月の2度目の時は特に酷く、一度呼吸が止まったのですが、緊急病院での迅速な対応で蘇生して生き延びることができたのです。愛犬はミラクルボーイであると思いました。

それからは夫も私も細心の注意を払って生活し、最近の愛犬は多少呼吸が苦しそうな時(特に夜)はありましたが、比較的安定していました。

亡くなる前日はサンフランシスコにおりました。いつものシティライフで、ホテルに宿泊して、サンフランシスコの街を散歩したり、おいしいものを食べたりして楽しんできました。

何事も問題なく、午後にはナパの家に戻ってきて、しばらくの間は普通の状況でした。

ところが、その日の夕方から咳が止まらなくなりました。夕食はとったのですが、咳止めを与えても全く改善しませんでした。

次の手段として鎮静剤を与えると30分ほど静かになりましたが、再び咳が止まらなくなったのです。

これはひどい状況であると思ったので、土曜日の夜中11時にカリフォルニア大学デイビス校(ナパの自宅からは車で1時間)の小動物病院に電話して、緊急診察をお願いしました。

休日の夜中、しかも、ちょうどその時間に帝王切開のわんちゃんの緊急手術が入ってしまったため、愛犬は酸素室に入れられたまま、診察はかなり遅れました。

早朝3時頃、やっとドクター(といってもインターン)が現れて、ちょっと強い鎮静剤を投与したら自力で呼吸できているので、自宅に戻っても大丈夫と言われました。朝には鎮静剤の薬を投与するよう指示を受けました。

家に戻ったのは4時で、しばらく休んでいたのですが、朝8時頃から今度は咳ではなく酷い呼吸音で立ちっぱなしです。座らせようとしてもしない、鎮静剤の薬を与えようとしましたが、飲もうとしません。

再び病院に連れていかないといけないと思っていた時、少し座り始めました。症状が落ち着いて回復しているのかな、と思って私が顔を近づけたら、急に2階の部屋へ上がっていきました。

後をつけて様子を見ると、横になっています。口の中を覗くと酷いチアノーゼ症状でぐったり、慌てて夫を呼びました。

愛犬を腕に抱え、緊急病院に連れていかなければと動いた瞬間、私の腕の中で2度程大きく心臓の辺りが痙攣しました。

その後は二度と動くことはありませんでした。

でも、絶対あきらめたくない、何とか蘇生できるかもと思い、一番近い緊急病院(ナパの自宅からは車で30分)に駆け込みました。

病院ではもう死亡していておそらく蘇生を試みても無理だろうと言われましたが、最後のチャンス、心肺蘇生を試みてもらいましたが、ダメでした。

午後に大学病院のドクターと話しましたが、急激に気管がつぶれてしまったのだろうということでした。気管虚脱が急激に進行することはあるらしいです。

他の病気があったわけではないので、純粋に気管虚脱による呼吸困難だったようです。

夜中の大学病院のドクターの診断は正しかったのか、入院を主張していたら延命措置が迅速にできたのではないだろうか、と思いました。

でも、延命治療やリスクの高い外科手術よりも、愛犬は自宅で私たちの匂いを嗅ぎながら、旅立つことを選んだのではないかとも思うのです。

夫と私にとっては、この日がいつか来ることはわかっていましたが、予想もしないあっという間の最後でした。

子犬の時に2か月程だったと思うのですが、健康で何事もなく過ごした時期はありましたが、それ以外はずっと呼吸器系の病気との闘いでした。

息を吸って息を吐くという当たり前のことが、愛犬にとっては大変な仕事だったのです。ここまで、よくがんばりました。

生後2か月の時、1年もつかどうかとドクターに言われましたが、結局ちょうど8年6か月(2008年12月4日ー2017年6月4日)生きることができたのです。

愛犬の素晴らしいスピリットの賜です。

もっともっともっと生きて欲しかったけど、もうこれ以上がんばらなくてもいいよ、とも思うのです。今はやっと病気との闘いから解放されたはずです。

昨日、火葬を終えて小さな体がもっと小さくなって、家に帰ってきました。


この遺灰はいつか私たちのお墓に一緒に入る予定で、ずっと一緒です。


ブログを通じて応援していただいた方、温かいコメントを残していただいた方、本当にありがとうございました。



「フード&ワインの日々」記事更新情報

愛犬が最後に行ったサンフランシスコのベーカリーカフェ ビー・パティスリー

愛犬が最後に行ったサンフランシスコのワインバー ブラン エ ルージュ

愛犬の特別夕食を作ってくれたサンフランシスコの人気ギリシャ料理レストラン コッカリ エスティアトリオ

愛犬が最後に行ったサンフランシスコのドッグフレンドリーステーキハウスエピック ステーキ 

グルメドッグの愛犬が最後に食べた料理は大好きなフィレミニョンでした。



12 件のコメント:

  1. お辛い中、更新ありがとうございます。読んでて涙出ました。自分はペットを飼ったことがないのですが、これを読んでいると人間のお別れと同じだと思いました。
    入院していたら…との思いはあるかもしれませんが、webleyさんもおっしゃっている通り、ご自宅での旅立ちを選んだ、そうなる幸せな運命だったのだと心底思います。人間でいう、「なかなおり」現象で、帰れるように一時的に回復したような、そんな風に自分には感じられました。
    改めてご冥福をお祈り申し上げます。

    返信削除
    返信
    1. こぐれんさん、ありがとうございます。
      私にとっては初めてのわんこでした。今はすごく辛いですが、たくさんの素晴らしい想い出を残してくれた愛犬に感謝、そしてLove Foreverです。

      削除
  2. ご無沙汰しておりましたmimirinと申します。
    いつも拝見していたのですが、アカウントの関係かスムーズにコメントできずにおりました。
    webleyちゃん、残念でしたね。淋しいことになりましたね。
    記事を拝見して、涙が止まりませんでした。ご主人様と共にお辛い毎日だと思います。我が家でもペットとは言え、大切な家族の一員です。お気持ち、とてもよくわかります。
    最後までよく頑張りましたね。そして、お母さんの腕の中で、お父さんも一緒の時に旅立てたのは、幸いだったのではないでしょうか。webleyちゃん、きっと安心していたでしょう・・・
    愛らしい写真を拝見していたのに・・・とても残念です。

    改めまして、心より、ご冥福をお祈りいたします。

    お疲れ出ませんように・・・どうぞご自愛くださいませ。

    返信削除
    返信
    1. mimirinさん、コメントありがとうございます。
      ブログサイトを変更したので、コメントができにくくなっています、すみません。
      愛犬との日々は何物にも代えがたいものでした。これからは私の心の中でずっと生きてくれると思うのです。ずっと一緒です。

      削除
  3. こちらのナパさんのブログを毎日読むようになったきっかけは、ウエブリちゃんでした。いろんな事がありましたよね。思い出します。昨日は、過去のウエブリちゃんのブログを読み返したりしていました。彼は、webley家の家族になって本当に良かったと思います。 ウエブリちゃんは、やはり家に帰りたかったのだと思います。入院していたら、もしかして、命を繋げる事ができたかもしれない、家に帰ってもいいと言った、獣医さんの見立てが間違っていたかもしれない、とも思いますが。。色々と考えました。きっと、これから、ウエブリちゃんは、一生webley家を守っていくと思います。そして、いつか、また会えると思います。私の場合、夢の中に何度が現れました。

    返信削除
    返信
    1. きぶたさん、
      たぶん、うえぶりは自分で旅立つことをわかっていたと思います。わんこは頭が良いです。姿はなくなったけど、私の心の中ではずっと生き続けます。いつか会える時まで、夢にもたくさん出てきて欲しいです。

      削除
  4. ウエブリーちゃんとの最後の様子、思い起こすのも辛いでしょうが記してくださってありがとう。読んでいてヨーキーのウエブリーちゃんと私の愛犬だったラサアプソの兄妹の最期の姿が重なって涙が止まらなくなりました。何年経過しても一番に思い出すのは、若くて元気だった頃ではなくて最期なんです。何故でしょうね、、、これが愛情なんでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. AYAKOさんも辛い思いをされたのですね。今回わかったのですが、本当に多くの人がたくさんの愛情をわんちゃんやねこちゃんからもらっているのですね。彼らの存在ってなんてすごいものなのか、考えされられました。

      削除
  5. 読んでいて、心臓がえぐられるようでした。
    でも、確かに病気から解放されたものね、Webleyくん。
    もう苦しまなくてもいいからね、ゆっくり休んでね。

    返信削除
    返信
    1. nobikunJさん、ありがとうございます。夫も私も辛くて辛くて、、、でも、一番辛かったのはWebleyでした。彼は自分でわかっていました、虹の橋に行くことを。

      削除
  6. 遅くなりましたが、ウエブリ君のご冥福をお祈り申し上げます。
    実は先日久々に此方にお邪魔してウエブリ君の旅立ちを知りました。
    コメントしたのですが、何かの手違いで残らなかったみたいです。
    私も以前飼っていたヨーキーが8歳で亡くなりました。お気持ちは痛いほど分かります。
    でも大好きなママの腕で旅立つ事が出来てウエブリ君は幸せでしたね。
    そしてこんなに大事にしてくれるパパとママの元に来れてとっても幸せだったと思います。
    お元気出して下さいね。

    返信削除
    返信
    1. Izumi Parkさん、コメントありがとうございます。
      こちらこそ、コメントにすぐに気が付きませんで申し訳ありません。
      温かいお言葉ありがとうございます。
      Izumiさんのヨーキーちゃんも8歳で亡くなったとは・・・Izumiさんも相当辛かったでしょうね、お察しいたします。
      愛犬が亡くなってもうすぐ5か月ですが、私は今も考えるだけで涙がとまりません。飲んだり食べたりすることで、気を紛らわしている日々です。
      もうひとつのブログにもお気軽にコメントください。
      ありがとうございます。

      削除