8/27/2016

夏の終わりにNapa City Nights

ナパ市内のダウンタウンでは、毎年夏の間にフリーコンサートが開催されています。今年は6月3日から8月26日の毎週金曜日6:30-10:00でした。Napa City Nights

今年の夏、このコンサートに一度も行ってなかったのですが、ぎりぎりセーフ最終日に行くことができました。

場所はダウンタウン、ナパリバーサイド


Veterans Memorial Parkという公園内です。


ダウンタウンでの食事の後、立ち寄りました。もう既にコンサートが始まってます。

たくさんの人やわんちゃん(参加可能)が既に座って、ミュージックを楽しんでいます。


もちろん、食べている人、飲んでいる人、そして、踊っている人もいます。


リバーサイトの中央がステージです。


なかなか良いミュージシャンでした。



小高い山に囲まれたナパバレー、夕暮れ時の美しい景色を臨むことができました。


アメリカでは9月の第1月曜日がレイバー・デー(労働の日)で、その日が夏の終わりという感じです。まだ1週間ありますが、ナパバレーは既に秋の兆しが見えます。

夏から秋への季節の変わり目になると、体調を崩す人が多いですが、どうも、わんちゃんもそうみたいです。

愛犬の体調がここ数日おかしいのも、季節が関係しているのかもしれません。

なぜなら、一昨年と昨年共この時期に愛犬は呼吸困難を起こしています。昨年は特に酷く肺炎も引き起こしました。

この時期は特に注意が必要です。



8/26/2016

アメリカのオーガニックねぎに苛立つ時

サンフランシスコ・ベイエリアにはオーガニック大好きな人がたくさんいます。

私の場合、オーガニックが絶対的とは思っていませんが、オーガニックの野菜、果物などを購入することが多いです。

オーガニックとノンオーガニック、ものによっては味が全然違うものもありますが、その差がわからない場合もあります。

いずれにせよ、オーガニック商品は体に良いのでしょう(と思う、思いたい)。でも、時々、そのオーガニック野菜に苛立つことがあります。

それは、まず、高い確率で葉物に虫が混じっています。ローメインレタスはその代表です。根本に虫たちがかじりついています。しばらく冷蔵庫に入れておいても、たまに生きている場合があります。すさまじい生命力です。

そして、次には野菜に土が混じっていることが多いです。その代表が、ネギ類なのです。Green Onion(グリーンオニオン)、Scallion(スキャリオン)、Spring Onion(スプリングオニオン)、Leek(リーク又はリーキ)など、全てです。

よく買うこのグリーンオニオン。


見てください、土が見えます。緑の部分の中に隠れているので、カットしないとわかりません。

カットすると、すごい量が入っている時があります。


ネギたちが、土から成長していく間に入ってしまうのでしょうか。白の部分以外、緑がかかった部分に入り込んでいます。 

そして、販売されているネギは頭の部分がカットされていることが多いので、頭からも少し入っているような気もします。


このタイプのネギを買う度に、緑の部分をカットして中に土が入っているかどうかを確認します。そして、キレイに洗うのですが、意外と時間がかかります。 

細いネギなので面倒です。でも、もっと太いリーキ(ボロネギ)には、もっと土が詰まっていたりします。しかも、時々白の部分まで入っていると、とても苛立ちます。

面倒な下処理の上、水不足のカリフォルニアで、無駄に水を使っている感じがします。

この土の混入はノンオーガニックと比較すると、よりオーガニックのネギに見られます。もう、オーガニックでなくて良い!と思う時です。

それにしても、こんな面倒な下処理をオーガニック大好きアメリカ人はしているのだろうか疑問です。もしかして、土を食べているかも。

私も家では自分で処理しているけど、もしかしたら、レストランで土を食べているかもしれません。

こんな時、日本の白の部分が長いネギ(関東でより使われるタイプ)がとても愛おしく感じます。



8/20/2016

アメリカ流お箸の置き方

この日の料理名「レタスたっぷり冷やしぶっかけうどん」です。

レシピサイトに投稿できそうなネーミングです。でも残念ながら、きちんとしたレシピはありません、超簡単で適当料理です。


写真ではうどんが見えませんが、入っています。文字通り、レタスをたっぷり用意、その上にうどん、きゅうり、紫玉ねぎ、人参、青ネギ、トマトを乗せて、ごまを振りかけました。

グレービー・ボートにたれを用意して薬味も添えました。ペアリングワインはすっきり爽やかソーヴィニョンブランで和洋折衷です。

只今、ひとりと一匹暮らしなので簡単料理です。でも一応ブログに載せるので、お皿とかお箸とかきちんと並べました。


最近お洒落なアメリカンレストランに行くと、お箸を用意してくれることがあります。これは、私が日本人だからではなく、料理に和の要素が入っているからです。

例① ミシュラン3つ星 セゾン


例② ミシュラン1つ星 マドローナマナー


例③ ミシュラン3つ星 ベヌー

このレストランはシェフがアジア系で、料理もフュージョンです。


ご覧のように、お箸と箸置きがナイフやフォークのように縦に置かれるので、私も、最近家で真似しています。でも、この置き方は和の世界では宜しくないです。

では、この和食レストランはどうでしょうか?

例④ 料理の鉄人 モリモトナパ


日本料理というよりはフュージョン料理とか言われていますが、やはり和の置き方でした。でも、ナプキンとお皿の場所が手前にあります。

では、この寿司レストランはどうでしょうか?

例⑤ ミシュラン1つ星 クサカベ


なんか、しっくりきます和のこころ。 

この寿司レストランは?

例⑥ ミシュラン1つ星 寿司 和香


和食ですが、縦置きです。

結論、移民の国アメリカですので、日本の伝統的作法を紹介するのも良し、アメリカ流に変えるのも良し、ということでしょう。

どちらでも大丈夫!拘りがなくて、アメリカっていいですね。



8/18/2016

アメリカの葬式と結婚式

今週末、夫はフィラデルフィア弾丸旅行です。理由は長年知り合いの女性が亡くなったので、そのお葬式に出席するためです。

訃報の連絡を受け、葬儀の情報を確認してから、航空券、ホテル、レンタカーなどの手配をしました。

ホテルやレンタカーはともかく、出発直前の航空券ってびっくりするほど高い!とてもふたりで出席はできません。愛犬の世話もありますので私は留守番です。

アメリカの葬式は宗教、地方、故人の遺言などによって違うと思います。 

今回はクリスチャンの一般的なお葬式ですので、フラワーの手配とお悔みカードを用意しました。日本で用意するような香典は必要ありません。 

まれに、故人の意志により、フラワー手配の代わりに、教会へ寄付をすることはありますが、遺族に現金を差し上げる習慣はないです。

と言っても、葬式にはお金がかかります。突然の死でその準備がない家族などは、友人や付き合いのある人たちが、寄付を募ったりしているケースもあります。

今回亡くなった女性は高齢で自然な最後を迎え、家族もそれなりの心構えがあったのでそのような問題はないです。

が、この家族にはひとつだけ気になることがありました。それは、故人の孫の結婚式が、来週末に予定されているのです。そして、その結婚式はフィラデルフィアではなくて、遠く離れた南カリフォルニアのサンディエゴ郊外なのです。

遺族は今週末は葬儀参列、来週末は結婚式参列ということになってしまいました。でも故人は、皆ウエディングを楽しんで欲しいという言葉を残していたようです。

夫と私も、来週末のサンディエゴ郊外での結婚式に出席する予定です。

私カリフォルニア州に通算5年半ちょっと住んでいますが、サンディエゴに行ったことがないのです。せっかくのチャンスなので、ウエディング出席だけでなく、サンディエゴ観光をしたいと思います。

とても気候の良い風光明媚なところのようで楽しみです。愛犬も一緒のロードトリップです。




8/13/2016

霧の街サンフランシスコのブティックホテル

サンフランシスコに来ています。やはり霧が出ています。


かなり涼しい、ここはもうすっかり秋。


今回もお気に入りのホテルチェーンJoie de Vivre(ジョワ ド ヴィーヴル)のホテルに宿泊です。

Financial DistrictとUnion Squareの間に位置するGalleria Park Hotel(ギャレリア パーク ホテル)です。


スタイリッシュなブティックホテル、なかなか良い雰囲気です。


このホテルもドッグフレンドリーで、3Fにはガーデンがあり、そこでわんこたちは用を足すことができます。


周辺はビルが立ち並ぶダウンタウンなので、ホテル専用のガーデンは便利です。


夕方にはワインサービスもあるようですが、時間が合わず部屋でワインをいただきました。


ゲストのWebleyです。今回は体調悪くならないように気をつけます。


ところで、アメリカのホテルに慣れている私は、普通に「ブティックホテル」という言葉を使っていました。

が、下記を読んで、ビックリしてしまいました。

~ アメリカやイギリスなど英語圏の国々をはじめとする欧米諸国では、「Design Hotel(デザインホテル)」、「Boutique Hotel(ブティックホテル)」と呼称されることが殆どであり、「デザイナーズホテル」という呼称は日本独特の呼称と言える。

日本においては、ブティックホテルという言葉はラブホテルの別称として用いられるが、近年では個性的なホテルをブティックホテルと呼称することも増加しており、その区別が曖昧な状態となってきている。(ウィキペディアのデザイナーズホテル引用)~

利用しているJoie de Vivre(ジョワ ド ヴィーヴル)ホテルチェーンはブティックホテルですが、ラブホテルではありません。 

日本のことをわかっているつもりでも、どこか、うらしまたろう。



8/10/2016

煮豚と人気クラフトビール Pliny the Elder

数日前にローストチキンを食べた後に、チキンストック(出汁)を作っておきましたこのチキンストックは、実はラーメン用でした。 

最近はアメリカでも気軽にラーメンが食べられるようになりましたが、やはりこれっと思うような味に出会えてません。日本で食べるラーメンとは違うのです。

そこで、ついにはホームメイドのラーメンに挑戦です。

まずは、ラーメン具のひとつ、煮豚を作りました。ラーメンに使うのは2,3枚なので、残りはもちろん、おつまみに使います。

ちょっとサラダ風のプレーティングで煮豚サラダ。


サラダのふりをしていますが、煮豚(チャーシュー)がメインですので、ペアリングはワインではなくビールです。


アメリカのベストビールにも選ばれているこのビール、ソノマ郡サンタローザにあるRussian River Brewing Company(こちら)という会社が作っています。

Pliny the Elder プライニー・ザ・エルダー(=プライニー・ジ・エルダー)はベイエリアでは有名なビールです。


我が家近くのスーパーで購入できるのですが、販売される曜日が決まっていて、おひとり様3本までしか購入できない人気クラフトビールです。

煮豚をおつまみにIPAビールをいただきます。


ビールとチャーシューのコンビは最高です。私オヤジです。

このおつまみの後はホームメイドのラーメンです。


チキンストックを使ってのスープは上手くいきましたが、やはり麺がイマイチです。麺はホールフーズマーケットで買ったラーメンを使いました。 

次なる挑戦は麺です。



8/07/2016

ローズマリー風味のローストチキン

我が家の庭でかなり元気良いのがハーブのローズマリーです。どんどん成長しているので時々カットしています。


このローズマリーを大量に使ってローストチキンを作りました。


一晩ブライン液に漬けておいたチキンのお腹の中に、大量のローズマリーとレモンが入っています。

サイドにはポテト、人参、玉ねぎ、にんにく、しし唐のローストを用意しました。小さいのは愛犬用です。


後はオーブンの仕事で、約2時間後出来上がりです。

お腹に入っているローズマリーとレモンが全く見えないので、プレートにわざと乗せてみました。


グレイビーソースにはマッシュルームが入っています。


食卓に全部並べます。


ペアリングワインはピノノワールです。ぴったりフード&ワイン!


ローストチキンを美味しくいただきました。この後、チキンの身をとって、残りでスープストックを作り完了です。



8/06/2016

犬猫アレルギーの診断後

全く予想もしていなかった犬猫アレルギーの診断を受けて、未だショック状況です。

多くの人は思いもかけない病気の診断がされると、パソコンにかじりついて情報収集します。私もそのひとりです。

アレルギー専門医から一般の方の経験談まで、役に立つ情報がいっぱいあります。 

思った以上に犬猫アレルギーの方は多くて、そして、アレルギーもちでも犬猫を飼っている人たちがいることもわかりました。

そして愛犬の犬種、ヨークシャーテリア(ヨーキー)はアレルギーでも比較的飼いやすいタイプらしいので少し安心です。

でも、その一方で、重症な場合は、アナフィラキシーショックを引き起こすこともあるらしく、ちょっと怖いです。

現在は薬の服用でほとんど症状は出ていません。もうすぐ始まる免疫療法がうまく行ってくれるといいのですが、時間もかかる上に、症状が改善されない場合もあります。

いずれにせよ、これから先、犬猫は飼わない方が無難なようです。

愛犬が私にとっての唯一のペットです。

気管虚脱という難病もちですが、できるだけ長生きして欲しいです。


そんな中で、ひとつ皮肉なことがわかりました。

これまで愛犬連れで出かけることが多く、いつも、ドッグフレンドリーのワイナリー、レストラン、ホテルなどを探していました。

ところが、これからは愛犬連れでない時は、ドッグアンフレンドリーの方が安全になってしまいました。

レストランやワイナリーはそれ程問題ではないと思いますが、ホテルはちょっと問題かもしれません。

もう、こんなはずでは、、、人生いろいろ起こります。



8/05/2016

ブランジーノ魚の香草焼き

最近、食料品買い出しは夫の仕事となっていて、私はあまりスーパーに行っていません。月に1回、2回ぐらいでしょうか。 

これは怠け者主婦というよりは、愛犬が私の外出を嫌がるので、そうなってしまうのです。引きこもり度が上昇しています。

この日は1か月ぶりにホールフーズマーケットに行ってきました。目新しいものがあれば楽しいのですが、特に新しい発見はありませんでした。

でも、季節の新鮮な野菜や果物を見るのはウキウキです。そして、魚売場に立ち寄って、ブランジーノ魚を買いました。

メニューはブランジーノ魚の香草焼き


お腹にレモン、ローズマリー、タイム、パセリ、ディルを入れて、塩をふってオーブンでローストします。簡単出来上がりです。


ロンググレインライス、スイスチャードのソテーと一緒にいただきます。ソースは、ガーリック、ケイパー、レモンソースを作りました。


ペアリングワインはシャルドネ


ブランジーノ魚はくせがなく、あっさりとしていて、大好きな魚のひとつです。愛犬も好きな魚です。



8/03/2016

ショック!アレルギー性鼻炎検査結果

アレルギー性鼻炎の検査を受けてきました。 

皮膚テストと呼ばれるもので、抗原溶液を腕に皮内注射し、皮膚の赤くなった面積や状態で判定します。

これまで、このテストを2回受けましたが、ハウスダストと花粉(木、草、雑草など)が陽性で、ここ7年位は薬なくしては普通の生活ができない状況にあります。

花粉症だけでしたら、その季節だけの問題なのですが、私の場合はハウスダストに一番反応するので、通年性のアレルギー性鼻炎なのです。

今回のテスト結果でも、ひどく反応したのはハウスダストでした。ハウスダストとは、単純に埃ではありません。

私の天敵はこいつです。


ハウスダストマイト(House Dust Mite)と呼ばれる、いわゆるチリダニ、気持ち悪いやつです。

このために、我家は家中いつも綺麗を心がけています。私は掃除オタクで、空気清浄、掃除機、ベッドのシーツやコンフォーター等、気を使っています。

ところが、今回のテストで、このハウスダストと花粉以外にも大きく反応したものがあるのです。

なんと、犬と猫なのです!ショックです。

以前の検査では犬猫には反応しなかったのですが、ついに犬猫アレルギーになってしまいました。

でも、これまで犬や猫に近づいてアレルギーの症状を感じたことはないのです。薬を服用していたからでしょうか。

いずれにせよ何があっても、愛犬と離れて生活することはできません。

これまで何度か考えましたが避けてきた治療をついに始める決心がつきました。アレルゲン免疫療法です。

これはアレルギーの原因であるアレルゲン(抗原)を少量から体内に投与し、体にアレルゲンを慣らすことでアレルギーの症状を和らげる治療方法です。

2-3年、場合によってはもっと長くなるかもしれないのですが、最初の1年で効果が出ない場合は中止です。

抗原の用意ができて、治療が始まるのは2週間後です。

花粉症、アレルギー性鼻炎でお悩みの方、この治療法についてはアップデートしていきます。 

それにしても、ショックな日でした。