7/31/2016

刺身が寿司になったテイクアウト

サンフランシスコの宿泊したホテルで、夜中、愛犬と私の体調が悪くなりました。

翌日予約していたランチをキャンセルして、ナパに戻って来たら、愛犬も私もかなり回復です。 食べ物にあたった訳ではなく、霧のせいでもないと思います。 よくわかりません。

体調がイマイチの状況では、食事を作る気力もなくテイクアウト料理になりました。 ナパ市内にある和食レストラン、Sushi Hakuに料理注文です。

注文は鯖の塩焼き定食2つと刺身盛り合わせ。

このレストランは、日本人経営ではありませんし、日本語を話す人もいない(たぶん)ので、私が電話する必要もなく、夫が電話で注文して、その後取りに行きました。


温かいものと冷たいものが分かれています。 これを開けてみたら、


刺身が寿司に変わっていました。 そして、さばの塩焼き定食に、サラダはついているけど味噌汁がついていません。 

夫は間違いなく注文したのだろうか、或は、レストランが間違って用意したのだろうか、不確かです。

でもレストランに限らず、このような間違いはこの国では日常茶飯事なので、怒ることもありません。 まあ、いいか・・・です。

米国生活では、こういうレベルに慣れることが必須です。 標準を低く設定すると、怒ることもなくストレスも溜まりません。 

そして、日本に帰ると、日本では普通のサービスに、在米者はえらく感動します。

良いこと尽くめです。

料理を家のお皿に入れ替えて、食卓を整えました。


ペアリングのワインです。


刺身が寿司に変わってしまったので、ご飯の量が増えてしまいました。 結果、鯖二切れは食べられず、残りの鯖一切れは翌日に食べることになります。 翌日の食費節約が出来ました。

やっぱり、良いこと尽くめです。

ということで、何事もポジティブに考えることが人生幸せというものです。

「フード&ワインの日々」記事更新しました。 サンフランシスコのミシュラン二つ星イタリアン、Acquerello(アクエレッロ)の (記事はこちら)です。 洗練されたイタリアンでした。 


7/30/2016

霧の都からのつぶやき

暑いナパバレーを離れて、過ごしやすいサンフランシスコにいます。 夕方ディナーのレストランに向かう前は、普通に過ごしやすい天気でした。

3時間後、レストランを出ると、雨?のはずはない・・・霧でした。 直撃されると、過ごしやすいを通り越して、肌寒いです。 


とても夏の景色とは思えませんが、これがサンフランシスコの夏です。 ジャケット必須。

ディナー前に、ジャパンタウンの日系スーパーに立ち寄ったら、レジの後ろにいたおばさんが、かごにいっぱい冷凍餃子を入れてました。 他には何もなく、冷凍餃子のみ。

どこかの和食レストランでこの冷凍餃子はサービスされるものではないかと疑惑をもちました。 きっと数倍の値段をつけるのでしょう。 間違っていたら、ごめんなさい。 

ジャパンタウンで、以前行ったことあるラーメン屋さんShalalaが既に消えてしまいました。 この店舗に、近いうちに又新しいラーメン屋さんが入るみたいです。

入れ替わりが激しいサンフランシスコのレストラン業界です。 でも、サンフランシスコだけではありません、ナパも同様。 

ナパのダウンタウンでも今月レストラン2件クローズ(閉店)です。 ひとつは、Atlas Socialで、もう既に閉鎖してしまいました。

もうひとつは、Ninebarkで、7月末で一時的(?)に閉鎖です。 一度行って良かったので、又行きたいと思っていました。 残念です。 

ブログを始めて1年7か月、色々なレストランに行って記事にしましたが、既に何件もクローズしてしまいました。 色々な理由があるのでしょう。

霧の都から、ちょっと暗い話です。 

でも、新しいレストランがオープンするのは、楽しみです。

7/29/2016

干し椎茸出汁でアスパラガスリゾット

最近は、生椎茸だけでなく、干し椎茸も簡単にアメリカのスーパーで手に入るようになりました。

干し椎茸を水で戻した汁を使って、リゾットを作ってみました。 よく使われるポルチーニ茸の代わりです。

ポルチーニ茸は旨みに溢れ、実に美味しいリゾットが作れますが、干し椎茸はどうでしょうか。 使用する干し椎茸を水で戻してみたら、ポルチーニ茸ほどの旨みはありませんでした。 

これなら、冷蔵庫に残っていたアスパラガスも使えると思い、アスパラガスリゾットになりました。 

アスパラも風味があるので、ふたつが喧嘩すると良くないと思ったのですが、干し椎茸が控えめでしたので、うまく調和がとれたようです。


思ったよりも美味しく仕上がりました。


サラダを2種類、トマトサラダと海藻サラダです。 海藻サラダにはニシンの酢漬けを乗せてみました。

ペアリングワインは、ホワイトブレンドです。


あっさりとした夏のディナーです。


ついに大統領選民主党大会が終了しました。 我が家は、ずっとこの番組を見ていたので、やっと通常の番組に戻ります。

それにしても、あのヒラリー・クリントン候補のパワーは凄いですね。 女性であそこまでがんばれる人はなかなかいません。

なんだかんだ言っても、アメリカは未だ男性優位社会です。 男性と対等にやっていくには、相当な頭脳、精神力、根回し(!)、そして健康管理も必要です。 先を行くアメリカでさえ、やっと女性が党支持の大統領候補です。 

一方で、日本はアメリカどころの話ではありませんね。 

昔日本で働いていた時、男女差別ありました。 結構、むかついたことあります。 そのストレスでアルコール消費量が増えていたのかもしれません。

今はストレスは少ないですが、やはりアルコール消費に貢献しています。 これは、純粋に経済貢献です。

「フード&ワインの日々」更新しました。 ソノマのビール・ブリュワリー、Carneros Brewing Company(カーネロス ブリューイング カンパニー)の(記事はこちら)です。

夏日の冷えたビール、美味しいですよね~


7/28/2016

お留守番のごほうびステーキ

前日マリン郡のサウサリートに行った時に、和食レストランで美味しいお刺身とステーキを食べてきました。

ベイエリアでは有名なレストラン、Sushi Ran(スシ ラン)の(記事はこちら)です。

このおいしい時間を過ごしている間、夫と愛犬は留守番で残り物ランチをしていました。

帰ってきてから、自分だけが美味しいステーキを食べてしまったという罪悪感もあり、翌日ステーキを焼いてあげることにしました。

外のグリルでビーフテンダーロイン、豆腐と野菜も乗せて焼きます。


ステーキですので、ナパのカベルネソーヴィニョンをオープンしました。


有名なワイナリーのものなのですが、このカベルネ、酸味が強すぎる感じがありました。 

焼きながら、どうしようかと迷いました。


そして、思い切って他のワインに変えました。 


このような事態は、1年に1回あるかどうかです。 先にオープンしたワインはもったいないので料理に使おうと思います。

ワインボトルはきちんと温度管理しないと味が変わってしまいます。 きちんと温度管理できないワインは購入後早めに消費した方が良いですね。 反省

愛犬も夫もステーキを食べたので、これで罪悪感はなくなりました。


愛犬はビーフ食べ過ぎたのか、翌日体重が増えてしまいました。 ダイエットが必要です。

時々、動物病院で見かけますが、肥満犬の飼い主のほとんどが肥満です。 反対に、痩せているわんちゃんの飼い主は痩せていたりします。 

病気とかもあるので、皆比例しているわけではありませんが、大方似通った体型です。

我が家も、ちょっと太っている夫が愛犬に食事を与えすぎる時があります。 そして、私も夫ほどではありませんが太り気味なので、愛犬が太り気味になっています。

わんちゃんの体重管理は100%飼い主の責任ですので、気をつけないとダメですね。


7/27/2016

マリン郡の美しい風景

所用のため、サンフランシスコ北のマリン郡に行ってきました。

観光地としても有名なSausalito(サウサリート)からサンフランシスコ風景です。


霧が発生しているようで、高層ビルがほとんど隠れています。

こちらは、サウサリートからBelvedere(ベルべデア)とTiburon(ティブロン)という町の風景です。


サウサリート散策後、ティブロンの町に立ち寄りました。


美しいティブロンの街並みです。


マリン郡南部のこの界隈は、全米でも有数の高級住宅地です。 数億から何十億まで、素晴らしい邸宅がたくさん並んでいます。 見るのはタダ。

世の中、お金持ちってたくさんいるのだな、としみじみ思ってしまいました。

こうして美しい風景を見るとベイエリアって素敵!などと思いがちですが、本当は、美しくない場所も多いのですよ。


今週は、大統領選民主党大会が開催されていて、色々な人のスピーチを聞いたりしているので、色々とアメリカ社会について考えさせられます。

格差社会、マイノリティ差別、不法移民、銃社会、テロ脅威等々、アメリカはいっぱい課題抱えてます。

このような課題を語ると、このブログのテーマから外れてしまいますので、もっとソフトな話です。

現在、民主党大会が開催されているフィラデルフィアは美味しいものがたくさんあります。 3年在住しましたが、私の大好きなグルメショップ、Di Bruno Brosには、チーズやハムなど美味しいものがたくさん売っていて、とてもお勧めです。

このお店のフレッシュ・ピクルスは最高なのですが、ワインカントリーにも美味しいピクルスがあります。 ソノマのダイナー、The Fremont Diner(ザ フリーモント ダイナー)の(記事はこちら)です。 

都会の星の付いたレストランも良いけど、こういうロードサイドのダイナーも大好きです。 見た目よりも、断然うまい!

課題をたくさん抱えたアメリカだけど、美味しいフードもたくさんあるアメリカです。


7/26/2016

オーガニック全粒粉パスタ

ホームクッキング、よく作る簡単イタリアンパスタです。 ソースはボロネーゼソースです。

いつも普通のスパゲティを使うのですが、ヘルシーなオーガニック全粒粉(Whole Wheat)スパゲティを使ってみました。

サイドには、カプレーゼとサラダも添えます。


ペアリングワインは、Sangio Vetta、サンジョベーゼです。


普通のパスタの方が美味しく感じられますが、全粒粉の方が体に良いので、たまには食べてみます。

サンフランシスコベイエリア界隈にはヘルシー志向の人が多く、私も多かれ少なかれ影響を受けていると思います。

それは悪いことではないのですが、時々、本当はどうなんだろうと思うことあります。

例えば、夫の長年の知り合いの女性、もうすぐ90歳です。

この女性、典型的なミート&ポテトのアメリカ人、緑黄色野菜とかほとんど摂取していません。 オーガニックとか気にしたことありません。 ピザは野菜であると思ってます。 アルコールはもちろん、今でもスモーカーです。 でも、おデブでもなく長生きしています。 

こういう話を聞くと、極端にヘルシー志向に走るのもどうなんだろうと思ったりします。

「フード&ワインの日々」更新しました。 サンフランシスコの人気ベトナム料理店、The Slanted Door(ザ スランテッド ドア)の(記事はこちら)です。


7/25/2016

引きこもりのメリット

サンフランシスコのホテルに滞在した翌朝、せっかくですのでフェリー・ビルディングからフィナンシャル・ディストリクト辺りを散歩してみました。




公園にはたくさんのホームレスピープル、実際は写真ほど綺麗な光景ではありません。 

土曜の朝でしたので、ファーマーズマーケットがオープンしていました。


たくさんの人がいて、人が写らないように写真をとるのが困難です。


週末ですので、フェリーの発着所ものんびりとした雰囲気が漂っていました。


この散歩自体は、30分位の大した距離でも時間でもないのですが、この後、なんだか顔の一部が日焼けした感じがあるのです。

夏の間、日中は極力外に出ませんし、出る時は帽子をかぶって紫外線予防しているのですが、それでも避けられません。

実は、ここ数年気になっているのが顔の肌の老化です。 特に、右よりも左の顔のこめかみから頬の辺りが著しいのです。

この左右の違いは、たぶん、車の運転席(アメリカでは左ハンドル)に座っていた時間が長かったため、左側の肌がより紫外線を浴び、光老化したのではないかと思うのです。

右ハンドルの日本で運転することもありますが、アメリカほど運転距離と時間が長くはありませんでした。

若い時にはこの違いが出てこないのですが、年をとってくると明らかです。 過去のつけがまわってきます。

若い時、ビーチ、サーフィン、ヨット、オープンカー、テニス、ゴルフ等々で楽しまれた方は、後につけがまわってくる可能性があります。

そのようなカッコいいライフスタイルとは縁遠い生活をしていた私なのですが、それでも、アメリカの日差しは強かったようで、劣化を目の当たりにしています。

そして、劣化した位はまだましな方で、酷いと皮膚がんです。 白人の罹患率はアジア人に比べてかなり高く、夫の親族にも皮膚がんを患った人がいます。 なので、夫は、外に出るといつも日陰を探しています。

ということで、家に引きこもることは悪いことばかりではありません。 引きこもりは肌の老化を防ぐというメリットがあります。

巷で話題のポケモンGoに夢中になっている方、お気をつけ下さいませ。


7/24/2016

サンフランシスコのお気に入りホテル・ヴィターレ

今回サンフランシスコに1泊しましたが、その宿泊したホテルについてです。

Hotel Vitale(ホテル ヴィターレ)という、フェリー・ビルディングにほど近い場所にあります。


このホテルに宿泊するのは初めてなのですが、以前数回宿泊したジャパンタウンにあるHotel Kabuki(ホテル カブキ)と同じホテルグループ、Joie de Vivre(ジョワ ド ヴィーヴル)です。


サンフランシスコベースのお洒落なブティックホテルです。 

ホテルカブキもお気に入りホテルなのですが、市内には9ホテルあるので、今回は場所を変えてみました。

ホテルの部屋は値段に応じて色々なタイプがありますが、私たちは節約して部屋からのウオータービューやシティビューのない部屋を選びました。

ところが、このホテルには、なんとルーフトップテラスがあり、そこから素敵なビューが楽しめるのです。

フェリー・ビルディングが目の前に見えます。



上の数階がこんな風にルーフトップテラスになっているのです。


夜になると、ライトアップ。


いい感じです。 

そして、チェックインの際には無料ドリンク券をもらいました。 それが使えるレストラン&バーラウンジ、Americanoです。


このレストラン&バーも良い雰囲気で、カクテルをいただきました。 何度も書いてますが、ホテルバーが大好きな私です。


そして、このホテルでもっとも気に入ったのは、ドッグフレンドリーであることです。 

ホテルカブキもそうですが、ペットフィーがありません。 しかも、わんちゃん用のベットとディッシュも用意してくれました。

そして、レストランでは愛犬用の食事(有料)も用意してくれました。

再び使いたい素敵なブティックホテル、Hotel Vitaleホテルヴィターレ)です。 わんちゃん連れでサンフランシスコ旅行お考えの方、お勧めです。


サンフランシスコでは、ミシュラン3つ星レストラン、Benu San Francisco(ベヌー サンフランシスコ)でディナーしました。 「フード&ワインの日々」の(記事はこちら)です。 

サンフランシスコには3つ星レストラン2件あり、もうひとつは4月に行ったSaison(セゾン)の(記事はこちら)です。 

さすが、どちらも素晴らしいレストランでした。 でも、どちらかと言うと、私はSaisonの方が好きです。 理由は、Saisonの方がより魚料理、そして日本の要素が入っているからです。

7/23/2016

サンフランシスコのサウスビーチ散歩

サンフランシスコにおります。 

夏の間、日中かなり暑くなるナパバレーですが、ここサンフランシスコは気温もナパより低くて、過ごしやすい気候です。 でも、場所によっては、霧が出て過ごしやすいどころか寒くなるようです。

サンフランシスコの夏の気候は、暑さに弱い愛犬には丁度良いので、時々来てシティを楽しみます。

今回は、市内でも近年開発が進んでいる、サウスビーチという地区に宿泊です。

ホテルにチェックインの後、サウスビーチの湾岸沿いを散歩しました。


フェリー・ビルディングから出発します。 

ベイブリッジとイエルバ・ブエナ、トレジャーアイランドです。


ピアからのシティビュー



てくてく歩くと、到着しました、Rincon Park(リンコン公園)です。


この辺りは、フィッシャーマンズワーフほど混雑していないので、のんびり歩いて、景色を楽しむには丁度良いです。

とても美しいサンフランシスコ景色に見えますが、実際はあまり美しくないものも存在します。 

道路や公園にはホームレスピープル、ゴミ、漂う異臭など、アメリカの都市では避けられないネガティブな部分も目の当たりにします。

愛犬が道に落ちているヘンなものを食べないように、気を使いながらの散歩は疲れます。 本当は、のんびり散歩はできません。

と言っても、それなりの魅力があるのがシティ、今回も美味しい(たぶん)フードとワインを楽しみたいと思います。

サンフランシスコ話、続きます。

7/22/2016

ビーフボウルと鉢植え

冷凍庫に眠っていたリブアイ牛肉を使って、ビーフボウルを作ってみました。 ビーフボウルとカタカナで書くと、どんな料理かと思いますが、いわゆる牛丼です。

蓋つきの丼が家にはなくて、ボウル(Bowl)を使ったので、あえてビーフボウルと呼びます。


着色料を使っているとは思いますが、やはり牛丼には欲しい紅ショウガ。

隣は、レタスとトマトの味噌スープ。 初めて作ってみましたが、レタスのシャキシャキ感があって美味しいです。 レタスは生でも調理しても美味しい野菜のひとつです。

上にあるのは、エッグ&ポテトサラダです。 ゆで卵とポテトを同量使い、玉ねぎとハムのみじん切りを入れただけのシンプルサラダです。

ビーフボウルには、赤のメルローを合わせてみました。


まあまあ良いペアリングです。


前日購入した苗を鉢植えしました。






メキシカンポット(鉢)は、デザインがかわいいので好きです。 ガーデニング素人の私がやったので、きちんと育つかどうか不確かです。

ナパに引越してきた当初は、ガーデニングがんばろう、と意気込んでいましたが、毎年、その意気込みがダウンしています。

我が家のシトラス系の木たちも、今年はライムだけ実がなっているのですが、レモンとみかんは全然ダメです。 


フルーツ、野菜、ハーブ、花、それぞれの育て方が違うので、とてもむずかしいと感じます。 ガーデニングもかなり奥が深いです。

ということで、自分で生産するよりも、スーパーやマーケットでプロが作ったものを購入する方を選んでしまう私です。

「フード&ワインの日々」更新しました。 ソノマのヒールスバーグのワイナリー、Alexander Valley Vineyards(アレキサンダーバレー ビンヤーズ)の(記事はこちら)です。

ナパバレーのビール・ブリュワリー🍺Napa Smith Brewery(ナパ スミスブリュワリー)の(記事はこちら)です。 以前、白山という日本酒🍶の醸造所があった所です。


7/21/2016

ガーデニングとツナベーグル

もう既に7月も後半に入ってしまいましたが、しばらく放っておいた裏庭のガーデニングを始めることにしました。

今年は花粉症の症状があまり芳しくなく、外での仕事はできるだけ避けていました。 でも、裏庭のフラワーポット(鉢)たちが空なのは寂しいので、少しだけ育ててみようと思います。

ナパ郡の最南端に、アメリカン・キャニオンという市があります。 大袈裟な名前ですが、人口2万人くらいの小さい市です。

ここに大きなナーサリー(園芸店)があるので行ってみました。


1954年から営業している老舗ナーサリーです。

ここでは、ちょっと大きめの庭木から花種まで、用土や肥料等々、ガーデニングに関するものが色々とたくさん揃っています。




かなり広いので、全部を見て歩くと疲れます。

全部廻らず、必要なものだけを見ます。


ハーブとか、小さい花を購入しました。


これを鉢に植える作業は後で。


この日の夕食は、簡単にツナベーグルです。 ツナ缶を開けて、セロリと玉ねぎのみじん切りを混ぜて、これをミニベーグルに乗せて焼いただけです。

トッピングはプロボロンチーズとベーコンビッツ。


ジャンクなポテトチップスを添えます。 

こんなランチのような食事でも、ワインは欠かせません。 ヴィオニエを合わせてみました。


ワインは色々な料理に合いますが、メキシコ料理、インド料理、タイ料理等は、ビールやカクテルと合わせる方が好きです。

最近、ビールへの興味が高まっていますので、ブリュワリー記事が増えるかもしれません。

「フード&ワインの日々」更新しました。 ソノマのアレキサンダーヴァレーのワイナリー、White Oak Winery(ホワイト オーク ワイナリー)の(記事はこちら)です。