7/25/2016

アメリカで引きこもりのメリット

サンフランシスコのホテルに滞在した翌朝、せっかくですのでフェリー・ビルディングからフィナンシャル・ディストリクト辺りを散歩してみました。




公園にはたくさんのホームレスピープル、実際は写真ほど綺麗な光景ではありません。 

土曜の朝でしたので、ファーマーズマーケットがオープンしていました。


たくさんの人がいて、人が写らないように写真をとるのが困難です。


週末ですので、フェリーの発着所ものんびりとした雰囲気が漂っていました。


この散歩自体は30分位の大した距離でも時間でもないのですが、この後、なんだか顔の一部が日焼けした感じがあるのです。

夏の間日中は極力外に出ませんし、出る時は帽子をかぶって紫外線予防しているのですが、それでも避けられません。

実はここ数年気になっているのが顔の肌の老化です。特に右よりも左の顔のこめかみから頬の辺りが著しいのです。

この左右の違いは、たぶん車の運転席(アメリカでは左ハンドル)に座っていた時間が長かったため、左側の肌がより紫外線を浴び、光老化したのではないかと思うのです。

右ハンドルの日本で運転することもありますが、アメリカほど運転距離と時間が長くはありませんでした。

若い時にはこの違いが出てこないのですが、年をとってくると明らかです。過去のつけがまわってきます。

若い時、ビーチ、サーフィン、ヨット、オープンカー、テニス、ゴルフ等々で楽しまれた方は、後につけがまわってくる可能性があります。

そのようなカッコいいライフスタイルとは縁遠い生活をしていた私でさえ、アメリカの日差しは強かったようで、劣化を目の当たりにしています。

そして、劣化した位はまだましな方で、酷いと皮膚がんです。白人の罹患率はアジア人に比べてかなり高く、夫の親族にも皮膚がんを患った人がいます。なので、夫は外に出るといつも日陰を探しています。

ということで、家に引きこもることは悪いことばかりではありません。引きこもりは肌の老化を防ぐというメリットがあります。



7/24/2016

サンフランシスコのお気に入りホテル・ヴィターレ

今回サンフランシスコに1泊しましたが、その宿泊したホテルについてです。

Hotel Vitale(ホテル ヴィターレ)というフェリー・ビルディングにほど近い場所にあります。


このホテルに宿泊するのは初めてなのですが、以前数回宿泊したジャパンタウンにあるHotel Kabuki(ホテル カブキ)と同じホテルグループJoie de Vivre(ジョワ ド ヴィーヴル)です。


サンフランシスコベースのお洒落なブティックホテルです。 

ホテルカブキもお気に入りホテルなのですが、市内には9ホテルあるので今回は場所を変えてみました。

ホテルの部屋は値段に応じて色々なタイプがありますが、私たちは節約して部屋からのウオータービューやシティビューのない部屋を選びました。

ところが、このホテルには何とルーフトップテラスがあり、そこから素敵なビューが楽しめるのです。

フェリー・ビルディングが目の前に見えます。



上の数階がこんな風にルーフトップテラスになっているのです。


夜になるとライトアップして、いい感じです。


そして、チェックインの際には無料ドリンク券をもらいました。それが使えるレストラン&バーラウンジAmericanoです。


このレストラン&バーも良い雰囲気でカクテルをいただきました。何度も書いてますが、ホテルバーが大好きな私です。


そして、このホテルでもっとも気に入ったのはドッグフレンドリーであることです。 

ホテルカブキもそうですが、ペットフィーがありません。しかも、わんちゃん用のベットとディッシュも用意してくれました。

レストランでは愛犬用の食事(有料)も用意してくれました。

再び使いたい素敵なブティックホテル、Hotel Vitaleホテルヴィターレ)です。わんちゃん連れでサンフランシスコ旅行お考えの方へお勧めです。



7/23/2016

サンフランシスコのサウスビーチ散歩

サンフランシスコにおります。 

夏の間は日中かなり暑くなるナパバレーですが、ここサンフランシスコは気温もナパより低くて過ごしやすい気候です。でも場所によっては霧が出て過ごしやすいどころか寒くなるようです。

サンフランシスコの夏の気候は暑さに弱い愛犬には丁度良いので、時々来てシティを楽しみます。

今回は市内でも近年開発が進んでいるサウスビーチという地区に宿泊です。

ホテルにチェックインの後、サウスビーチの湾岸沿いを散歩しました。


フェリー・ビルディングから出発します。 

ベイブリッジとイエルバ・ブエナ、トレジャーアイランドです。


ピアからのシティビュー



てくてく歩くと到着しましたRincon Park(リンコン公園)です。


この辺りはフィッシャーマンズワーフほど混雑していないので、のんびり歩いて、景色を楽しむには丁度良いです。

とても美しいサンフランシスコ景色に見えますが、実際はあまり美しくないものも存在します。

道路や公園にはホームレスピープル、ゴミ、漂う異臭など、アメリカの都市では避けられないネガティブな部分も目の当たりにします。

愛犬が道に落ちているヘンなものを食べないように、気を使いながらの散歩は疲れます。本当はのんびり散歩はできません。

と言っても、それなりの魅力があるのがシティ、今回も美味しい(たぶん)フードとワインを楽しみます。



7/19/2016

ミレニアル世代はフーディー

ハウスゲストは2日間という短い間でしたが、ナパバレーを満喫し、そして、無事サンディエゴに帰りました。

前回会った時は未成年(21歳以下)だったので、アルコールは口にしていませんでした。

今回は飲酒年齢に達していますので、私たちも一緒にワインテイスティングを愉しめると思っていました。

すごいです!彼女はテイスティングどころか、夜遅くまでガンガン飲んでいました。やっぱ若い!

考えてみれば、私も20代の頃は朝まで飲める体力と気力がありました。今は夜10時を過ぎるとバタンです。

とにかく、夫も私も彼女のドリンカーとしての成長にびっくりです。

ワイナリー3か所、レストラン3か所、家でも2晩、ワイン三昧でした。

いわゆるミレニアル世代の彼女にとっては、ワインは特別なものではなく、日常の食生活の一部になっている感じです。

ミレニアル世代は、フーディ・ジェネレーションとも呼ばれるらしいですが、彼女ももちろんフーディ、飲むだけでなく食べる方も大好きのようでした。

食に関しての興味もかなりあり、何よりも新しいものに対してオープンなのです。なんとキムチが大好きと言っていました。 

最近、キムチは韓国料理店だけでなく、流行のアメリカンレストランなどでも使われているトレンディフードです。

ちょっと前に、夫の友人夫妻(この方達はアラカン60)と食事しました。この時は、レストラン選びにかなり迷いました。 

エキゾティックな料理は苦手ということでしたので、無難なカリフォルニア料理レストランを選びましたが、一部料理を残していました。 

普段、伝統的アメリカ料理を食している人にとっては、カリフォルニア料理はハードルが高すぎたようです。

ミレニアル世代とベビーブーマー世代は違うな、と実感しました。

夫も私も、年齢的にはミレニアル世代とはかけ離れていますが、食に関してはミレニアル世代かも、なんて、ずうずうしく思ってしまいました。




7/18/2016

朝シャワーを好むアメリカ人

只今、ハウスゲストがいるので、ふと気になったことです。

これまで、我が家にお泊りいただいたハウスゲストたち、夫がらみのアメリカ人がほとんどですが、日本人も少しいました。

お泊りいただいたアメリカ人、かなり高い確率で朝シャワーを浴びてます。時々、朝だけでなく、夕方ディナーに出かける前に浴びる人もいました。

ほとんどのハウスゲストは夜シャワーを浴びていません。

一方で、日本からのハウスゲストは朝シャワーの人もいましたが、ほとんどは夜シャワーでした。

朝、夜、どちらにシャワーを浴びますか?と検索すると、やはりアメリカでは朝シャワーが多数派のようですが、夜シャワーを好む人もいます。

どちらも、ごもっともな意見がたくさん出てきます。どちらを選ぶかはその人の好みで、様々な背景が関わっていることもわかりました。

我が家の場合ですが、夫も私も夜は必ずシャワーを浴びて、就寝前にはきれいになって休みします。

朝外出前に、シャワーを浴びてシャキッとしたいという、その気持ちはわかります。でも、夜シャワーを浴びないと、パジャマ、シーツ、枕カバーなど汚れます 体に埃や花粉をいっぱいつけて、寝ちゃって良いの、と思います。

たぶん、多くのアメリカ人そんなことは気にならないのでしょう。たまに見かけますね、靴を履いたままベットで横になるアメリカ人たち。

土足厳禁の我が家で、そのようなことをするゲストはいませんが、家の中で靴を履いたまま生活していれば、そういうことも起こりえます。

そう考えると、汚れたまま(失礼)ベットで休むことは特に気にならないのでしょう。

まあ、シャワーごとき、それ程大きな問題ではないし、どっちでもいい話です。ハウスゲストには心地良く我が家に滞在してもらいたいだけです。

しかしながら、生活を共にすると、シャワーだけに限らず、細かい習慣の違いがストレスに繋がったりするのかもしれません。

わが夫は、夜シャワーの少数派アメリカ人であることを考えると、結局のところ、これはアメリカ人だからとか、日本人だからとか、ということよりも各個人の違いなのでしょう。

久しぶりに立ち寄ったナパリバーサイドです。




7/17/2016

サリスベリーステーキ

ちょっと変わったスタイルでサリスベリーステーキを作ってみました。 

サリスベリーステーキはいわゆるステーキとは違います。ビーフ挽肉を使った煮込みハンバーグのようなものです。

この日はもう少し変化球、ハンバーグというよりもミートボールに近い型で作りました。


軽く焼いて一度取り出します。同じフライパンを使って、ベーコン、玉ねぎ、マッシュルームを炒め、ビーフブロスでスープのようなソースを作ります。

ビーフブロスの前に赤ワインを少々入れると良いと思います。


塩・コショーに加えて、ケチャップ、ウスターソース、醤油などで味付けます。このソースの中に焼いたステーキを入れます。

1人分のステーキとソースをキャストアイロン・スキレットに移し替えてオーブンに入れて少し煮込みます。

仕上げにはチーズを乗せて完成です。


ライスとサラダを添えました。


煮込みハンバーグステーキ或は煮込みミートボールみたいなサリスベリーステーキには、カベルネソーヴィニョンをペアリングしてみました。


スキレットがかなり熱くて、フーフー言いながら食べるのも楽しいものです。



7/14/2016

ヒールスバーグで一日三食アメリカン

ソノマ郡ヒールスバーグから戻りました。 

今回ホテルに2泊滞在してヒールスバーグを楽しみました。2泊では足りないくらい見所たっぷりのワインカントリーです。

周辺にはまだまだ行ってみたいワイナリーやレストランがたくさんあるので、今後も定期的に登場すると思います。

しかしながら、ホテルに滞在すると一日三食外食ということになります。外食が続くと、しかも全部アメリカンとなると、ちょっとうんざりしてきます。

朝はホテルのアメリカンブッフェ、昼はバーガー、夜はアメリカンレストラン、この三食続きはきついです。1日が限度かなと思います。

ここで言うアメリカ料理とは、ちょっとヘビーなアメリカ料理です。メキシカンタコスとか、カリフォルニアロールとかは含まれません。

私の場合、どうしても和食でなければという気持ちはないのですが、一日三食ヘビーなアメリカンは無理のようです。

せめて一食、できれば二食はエスニック料理、或は、アメリカンでも、軽めのカリフォルニア料理を入れないとだめですね。バラエティが欲しいです。

そういった私のストレスを察知したのでしょうか、2日目に愛犬のお腹の調子がおかしくなりました。

夜、急に下痢を引き起こして何度もトイレ駆け込みです。といっても、わんこですので夫が外に連れ出しました。

結果、夫は寝不足。愛犬は朝方には落ち着いていたのですがお疲れモード。ちょっと心配でしたので、この日のランチ予約をキャンセルして帰路につきました。

楽しかったワイナリー訪問でしたが、ちょっと残念な最後になってしまいました。


ナパに帰ってきて、愛犬は回復しています。

かなり日差しが強いワインカントリーでしたので、少しバテテしまったのかもしれません。




7/10/2016

エアビーアンドビー(Airbnb) 問題勃発

ここだけの話(ブログ?)です。

Airbnb(エアビーアンドビー)ってご存知ですか? ここ数年、急速に世界中に浸透してきている、ソーシャルネットワーキングサービスです。

サンフランシスコ発祥で、日本にも進出しているこのサービス、たぶん色々な所で話題にもなっていると思います。

Airbnbは簡単に言うと、一般の人(ホスト)が使っていない部屋や家を宿泊施設として提供して、そして、それらを使いたい一般人(ゲスト)が予約申し込み、成立すると宿泊できるシステムです。ホテルとホームステイの機能が混じったようなものです。

この基本アイディアは良い発想であると思います。宿泊先を探している人にとっては、選択の幅が広がりますし、ホストには収入が入るわけですので、双方ハッピーエンディング。

という簡単な話ではありません。このAirbnbを通じての宿泊は、世界各地で色々な問題が発生しているのです。その問題がわが身にも起こってしまいました。

うちの近所のコミュニティ(Subdivision或はHome Owners Associationと呼ばれる管理組合、町内会のようなもの)内の、3世帯がAirbnbのホストになっています。

コミュニティ規則及びナパ市条例によると、我がコミュニティ内世帯は簡単にホストになることはできません。この3世帯は規則違反を承知の上で、勝手にホストになってしまいました。

このままホストを続けると、市条例違反なので、彼らは罰金を払わなければなりません。
でも、罰金以前の問題は住民の不信感です。

3世帯以外の住民は怒ってます。 夫はコミュニティーの役員をやっていますが、この対立に巻き込まれています。

私道に囲まれた静かな住宅地に、見知らぬ人が入れ替わり入って来るとどうでしょうか。騒音や治安の不安があります。

ホストはリスク&リターンを考慮してホストになっていると思うのですが、近所の住民にとってはリターンはありませんので、リスクだけが取り上げられる次第です。

この件は、現在進行形ですので、進展ありましたらアップデートいたします。



7/07/2016

米国入国できた梅干し

先月の日本滞在中、毎朝食べていたのが梅干しです。朝、緑茶と一緒にいただきましたが、これ体にかなり良いみたいです。


塩分取り過ぎとか、酸っぱ過ぎるという理由で、以前は梅干しをあまり好きではありませんでした。

ここ数年健康についてより考えるようになったせいか、食べ始めています。梅干しはかなり色々な効能があるようですね。 

アメリカでも日系のスーパーで販売されていると思うのですが、その種類が限られているのではないかと(?)。

日本では色々な種類の梅干しが販売されているので、私の好みの梅干しも見つかりました。塩分は少なめで、少しはちみつを使っているのが好きです。 

ありがたいことに、母がこの好みの梅干しを見つけて、今回持たせてくれました。 

ところが、ちょっと前にも書きましたが、食品の米国持ち込みはかなり制限されています。但し、多くの食品はきちんと申告すれば問題ないと思われます。

で、今回入国審査時に食品持ってますと、正直に申告しました。何を持っているかと聞かれたので、Japanese Tea and Plum(日本のお茶とプラム)と言ったと同時に、審査官が、え!といった感じで反応してしまいました。続けて、Pickled(漬けた)と言ったので、問題にはなりませんでした。

この場合は、Pickled Plumと言った方が良かったのでしょう。Plumを先に言ったので、果物(持ち込み不可)を持ち込んだのかと思ってしまったようです。

没収されずに、無事入国できた梅干しです。 

梅干しがUmeboshiとして英語で通じるのは未だ先のことと思われます。それまでは、米国入国時には、言い方に気をつけないといけないようです。



7/06/2016

冷凍ラザニアと食の安全

私の日本滞在中、夫が大量に冷凍食品を購入していました。その余ったものをディナーとしていただきます。 

3種類のお肉と4種類のチーズが入ったラザニアです。豪華ではないですか?


レンジではなくオーブンを使ったので、調理に約1時間かかりました。お手軽な冷凍食品としてはガス代が高くつく、疑問です。

待ち時間はワイン


出来上がりはこちら


思ったよりも断然イケます。わりと美味しいです。


このような冷凍食品の存在を知ると、手間暇かけて調理するのがいやになってしまいます。

でも、このような食品は一部よくわからない食材や調味料を使っていたりするので、やはり手作りの料理が安全で間違いないでしょう。

日本滞在中、色々な食料品を見たり食べたりしましたが、日本もアメリカに負けず劣らず怪しい食品が多いです。

私が気にしているMSG(うまみ調味料)などは、日本はアメリカ以上に使っています。日本でMSGを完全に避けることはむずかしいです。

全ての食物の安全性を考えるときりがありません。加工食品だけではなく生鮮食品もどこまで安全なのかわかりません。

要するに、あやしい食品でも大量摂取しなければ良いのではないかと思います。そして、免疫力を高めることが重要ではないかと。

と偉そうに言っている私ですが、ここ数日の体調不良は食あたりでした 日本で食べたもの、機中で食べたもの、或は、帰ってきてアメリカで食べたもの、何が原因だったのか不確かです。

腸が完全にダウンしてしまいました。たまに軽い食あたりはあるのですが、今回は長くて酷かったです。長旅で疲れて免疫力が落ちていたのでしょう。でも、やっと回復してきています。

日本に帰るのは楽しいのですが、日本行き帰りする度に体力低下、そして放射線を浴びていますので、たぶん少しずつ寿命が縮んでます。 

海外行き来するのは、いいことばかりではありません。



7/05/2016

独立記念日はハンバーガーとアップルパイアラモード

米国独立記念日7月4日(Fourth of July)は思いっきりアメリカンで、アメリカンフードをいただきます。

準備を整えます。


夫がスーパーに行ったので、チップス2袋、そして、こんな国旗が差された巨大アップルパイまで買ってきてしまいました。


外のグリルでビーフパティを焼いて、チーズを乗せます。


ハンバーガーの出来上がり。


定番のレタス、玉ねぎ、トマト、ピクルス、アボカドを挟みました。中身多すぎ、口を大きく開けて食べるのが大変でした。

この後はアップルパイを温めてアイスクリームを乗せます。アップルパイアラモードのデザートです。


典型的アメリカンフードをたまに食べると美味しいです。アメリカ人の夫はこのようなものを食べると嬉しそうです。 



7/04/2016

サンフランシスコ フィルモア・ジャズ・フェスティバル

この週末は独立記念日ホリディ、人が集まるところはテロの危険もあるので避けないと、と思っていたのですが、人ごみに舞い込んでしまいました。

サンフランシスコ、フィルモアストリートのジャズフェスティバルです。


フェスティバルが開催されることは知らず、たまたまランチのレストランがフィルモアストリートにあったという偶然です。

体調は未だ回復していないのですが、なぜか食欲はあります。でも、アルコールは控えめに。

シーフードレストラン、Woodhouse Fish Co(ウッドハウス フィッシュ カンパニー)の(記事はこちら)です。

ランチの後はせっかくのチャンスなので、フィルモアストリートを散策してみました。

ジャズを聴くために、既に座り込んでいる人がたくさんいます。


ストリートにはステージが数か所ありました。



こちら↓のミュージシャンは良かったです。


ジャズは詳しくはないのですが聴くのは好きです。ライブミュージックとか、もっと行きたいのですが、どうも優先順位がこっちの方に向いています。



美味しそうな料理がいっぱいありました。アメリカの屋台B級グルメです。

それにしても、サンフランシスコ道路上に見られるバスのワイヤーの多さ。


景観を損ねていると思うのですが、レトロ調で風情があるとも思われているみたいです。

お洒落なフィルモアストリートと言われていますが、ニューヨークや東京のお洒落なストリートとはちょっと違います。サンフランシスコは都会ですが大都会ではないです。

この後オーシャンビーチを少し散歩しました。


少し曇っていましたが、静かなビーチ風景です。


大都会ではないけど、パシフィック・オーシャンが望める魅力ある街サンフランシスコです。



7/03/2016

日本からアメリカへ持ち帰って来たもの

体調不良のため、食べ物の話ではありません。

今回、日本からアメリカに持ち帰ったものの話です。

まずは、化粧品。長い間アメリカのブランドやアメリカで販売しているヨーロッパブランドを利用していました、でも、ここ数年、日本人の肌に合っているのは日本製ではないかと思い始め、日本のブランドを購入し始めました。 

やはり、より肌に合っているような気がします。でも、アメリカと日本では、気候とか水とか違うので、ローカル商品の方が良いのかな、とも感じます。

次に薬です。アメリカの薬で問題ありませんが、中には日本の薬の方がより効いたり、或は体に優しいものがあります。これも、日本人には、日本の薬が合っているのでは、という考えです。

でも、よくよく考えると、アジア系アメリカ人口も増えているので、アジア人にも合う商品がアメリカで販売されているのでは、と思ったりします。

衣類はアメリカものの方が好きで、サイズも問題ないので、日本で購入することは皆無です。でも、たまに、日本のユニクロでカジュアルウエアを買って持ち帰ります。

日本でしか見つからないようなキッチン用品も持ち帰ります。今回、液だれしない醤油差し、極小タッパーウエア、などを持ち帰りました。

以前は、スーツケースの大部分を、食料品が占領していました。でも今は、食品持ち帰りはほとんどありません。家で和食を作ることも多くない上、日本食材もかなり身近で手に入るようになったからです。

それに、食品を持ち帰るとアメリカ税関で申告しなければいけないので面倒です。  

そういえば、以前に比べるとサンフランシスコ空港の入国審査や税関にアジア系職員が増えた感じです。

今、サンフランシスコにいるのですが、警察官もアジア系増えましたね。テレビや映画でのアメリカの警察官のイメージとはちょっと違うような気がしますけど。

私の日本からの持ち帰りものが変化しているように、世の中色々変化しているようです。




7/02/2016

リブアイステーキ

毎回日本から帰ってきて、体が元に戻るのに1週間はかかります。それまで、夜中に起きたり、昼寝したり、使いものになりません。

特に帰ってきた当日は、時差だけではなく長時間フライトの疲れもあり、荷物を片付ける前にバタンキューです。

ところが今回はわりと元気です。荷物の整理もサクサクと、夜はレストランに出向き、久しぶりのアメリカンフード&ワインを愉しみました。

ナパのカジュアルビストロの(記事はこちら)です。ドッグメニューもある、超ドッグフレンドリーレストランです。

なぜ元気なのかは不確かなのです。夫は飛行中見たテレビドラマのせいではないかと言っています。

飛行中ずっと見ていたのが「ファーゴ」というアメリカのテレビ番組です。このドラマは映画「ファーゴ」をベースにしている残虐な連続殺人事件なのですが、10話見入ってしまいました。

アメリカでは、他にもたまに残虐なテレビドラマの放映がされてますが、視聴者への影響を考えると疑問です。


翌日は家で簡単料理をしました。日本で注文した超硬かったプライムリブ(こちら)のリベンジとして、リブアイのステーキを用意しました。 

ふたり(+一匹)暮らしの家では、大きい塊のプライムリブ料理は無理です。


このリブアイも少々硬かったのですが、ステーキナイフで普通にカットできました。

あの有名レストランはなぜあんなに硬いプライムリブをサービスしているのだろう、と今でも疑問です。


カリフォルニアの野菜もしっかりと食べます。そしてワインも。


と、ここまで体調が良かったのですが、この後、ちょっと体調不良に陥りました。フライトや時差による疲労も症状が出るのが遅れるみたいです。 

この週末は米国は独立記念日(7月4日)ホリディです。各地でテロ行為が起きていますので、愛国心を煽る日の人ごみは要注意です。