7/25/2016

引きこもりのメリット

サンフランシスコのホテルに滞在した翌朝、せっかくですのでフェリー・ビルディングからフィナンシャル・ディストリクト辺りを散歩してみました。




公園にはたくさんのホームレスピープル、実際は写真ほど綺麗な光景ではありません。 

土曜の朝でしたので、ファーマーズマーケットがオープンしていました。


たくさんの人がいて、人が写らないように写真をとるのが困難です。


週末ですので、フェリーの発着所ものんびりとした雰囲気が漂っていました。


この散歩自体は、30分位の大した距離でも時間でもないのですが、この後、なんだか顔の一部が日焼けした感じがあるのです。

夏の間、日中は極力外に出ませんし、出る時は帽子をかぶって紫外線予防しているのですが、それでも避けられません。

実は、ここ数年気になっているのが顔の肌の老化です。 特に、右よりも左の顔のこめかみから頬の辺りが著しいのです。

この左右の違いは、たぶん、車の運転席(アメリカでは左ハンドル)に座っていた時間が長かったため、左側の肌がより紫外線を浴び、光老化したのではないかと思うのです。

右ハンドルの日本で運転することもありますが、アメリカほど運転距離と時間が長くはありませんでした。

若い時にはこの違いが出てこないのですが、年をとってくると明らかです。 過去のつけがまわってきます。

若い時、ビーチ、サーフィン、ヨット、オープンカー、テニス、ゴルフ等々で楽しまれた方は、後につけがまわってくる可能性があります。

そのようなカッコいいライフスタイルとは縁遠い生活をしていた私なのですが、それでも、アメリカの日差しは強かったようで、劣化を目の当たりにしています。

そして、劣化した位はまだましな方で、酷いと皮膚がんです。 白人の罹患率はアジア人に比べてかなり高く、夫の親族にも皮膚がんを患った人がいます。 なので、夫は、外に出るといつも日陰を探しています。

ということで、家に引きこもることは悪いことばかりではありません。 引きこもりは肌の老化を防ぐというメリットがあります。

巷で話題のポケモンGoに夢中になっている方、お気をつけ下さいませ。


2 件のコメント:

  1. コンバンワ。私、カリフォルニアの強い日差しを浴びているので、シミだらけです。 それと、ほっぺたが、だんだん下に落ちていき、やはり、老化だなと思っています。家の中にいても、紫外線を避けることができないようなので、常に、日焼け止めを塗った方がいいみたいです。これ以上のひどくならないように、気をつけようと思いました。

    返信削除
    返信
    1. きぶたさん、やっぱりカリフォルニアの日差しは強いですよね。 日焼け止めがいつも必要ですね。 時々ナパで見かけるのですが、炎天下タンクトップで自転車を楽しんでいる白人たち、ちょっとやめた方が良いのでは、、、余計なお世話ですね。

      削除