7/03/2016

日本から持ち帰って来たもの

体調不良のため、食べ物の話ではありません。

今回、日本からアメリカに持ち帰ったものの話です。

まずは、化粧品。 長い間、アメリカのブランドやアメリカで販売しているヨーロッパブランドを利用していました、 でも、ここ数年、日本人の肌に合っているのは日本製ではないかと思い始め、日本のブランドを購入し始めました。 

やはり、より肌に合っているような気がします。 でも、アメリカと日本では、気候とか水とか違うので、ローカル商品の方が良いのかな、とも感じます。

次に、薬です。 アメリカの薬で問題ありませんが、中には日本の薬の方がより効いたり、或は体に優しいものがあります。 これも、日本人には、日本の薬が合っているのでは、という考えです。

でも、よくよく考えると、アジア系アメリカ人口も増えているので、アジア人にも合う商品がアメリカで販売されているのでは、と思ったりします。

衣類はアメリカものの方が好きで、サイズも問題ないので、日本で購入することは皆無です。 でも、たまに、日本のユニクロでカジュアルウエアを買って持ち帰ります。

日本でしか見つからないようなキッチン用品も、持ち帰ります。 今回、液だれしない醤油差し、極小タッパーウエア、などを持ち帰りました。

以前は、スーツケースの大部分を、食料品が占領していました。 でも今は、食品持ち帰りはほとんどありません。 家で和食を作ることも多くない上、日本食材もかなり身近で手に入るようになったからです。

それに、食品を持ち帰ると、アメリカ税関で申告しなければいけないので面倒です。  

そういえば、以前に比べると、サンフランシスコ空港の入国審査や税関に、アジア系職員が増えた感じです。

今、サンフランシスコにいるのですが、警察官もアジア系増えましたね。 テレビや映画でのアメリカの警察官のイメージとは、ちょっと違うような気がしますけど。

私の日本からの持ち帰りものが変化しているように、世の中色々変化しているようです。



0 件のコメント:

コメントを投稿