6/24/2016

ロウリーズ・ザ・プライムリブ東京

只今一緒にいる母がロブスターを食べたいと言うので、ネットでロブスターが食べられるレストランを探しました。

あるんですね、日本にもレッドロブスター、知りませんでした。アメリカでも行ったことないファミレスのレッドロブスターに行く勇気(?)はありませんでした。

で、見つけたのが、アメリカLA発祥のレストラン、Lawry's The Prime Rib(ローリーズ ザ プライム リブ)です。プライムリブで有名なレストランですが、ロブスターも食べられます。

アメリカではレストランだけでなく、スーパーで見かけるこちらのスパイスの方が有名ではないかと思います。


その昔、溜池山王にあったお店が、恵比寿ガーデンプレイスに移動していました。


高級レストランの雰囲気が漂っています。

中に入って、綺麗なおねいさんが受付にいました。左手にはバーがあり、



右手にはワインセラー、そして、広々としたダイニングルームがあります。


母は希望のロブスターを、私はプライムリブのお店に来たので、プライムリブとロブスターテイルを注文しました。


その前に、母娘でシャンペン。


別に祝い事はありません。元気でいてくれる母に感謝。

最初にサラダバーで、前菜やサラダ、スープなどをゲット。



結構充実してます、このサラダバー。


テーブルには、もちろん、これ。


前菜の後はメイン登場。

母の注文したロブスターです。デカい!


私の注文した東京カットとロブスターテイル。プライムリブはテーブル前でカットしてくれます。





ここで私だけ、ハウスワインのカベルネソーヴィニョンを注文。 


カベルネなしでビーフは食べられません。ポップコーンなしで映画は見られません、と同じです。

この後はデザートバーに行って、好みのスイーツやフルーツを取って来ます。コーヒー或は紅茶のサービスがあります。



アメリカのお洒落レストランみたいです。サービススタッフも外国人が多く、雰囲気は悪くないですが、ちょっと騒々しい。ダイニングルームの防音が悪いです。

サービスはレセプションとサーバーの女性は感じ良かったけど、注文をとった男性とテーブルチェックした男性はあまり感じ良くなかったです。

料理はサラダバーとデザートバーは品数も多くて良かったです。

ロブスターはアメリカで食べるロブスターよりも塩味が効いてました。一部噛みにくい部分もあったけど、まあまあです。輸入物ですし、こんなもんでしょう。

そして、レストランの売りであるプライムリブですが、、、超硬いのです!

用意された普通のナイフで切れませんでした。サービスの女性にステーキナイフを持ってきてもらいましたが、ステーキナイフでも切るのがやっとでした。

びっくり!Lawry's The Prime Ribレベルのレストランで、これはまずいです。ファミレスではありませんよ。

プライムリブですので、肉質かロースティングに問題があります。ソースやサイドディッシュは問題ありませんでした。

内容と値段を考えると、ファミレス、レッドロブスターの方がコスパが高かったのかもしれません。

結論、、、アメリカ料理はアメリカで、そして、日本料理は日本で、、、



6/20/2016

父の日はNBAファイナルとケバブディナー

日曜日は父の日で、夕方にNBAファイナル、アメリカプロバスケットボールリーグの優勝決定戦がありました。

普段ほとんどスポーツに興味ない我が家なのですが、この日は真剣にテレビを見ます。優勝はどちらへ!

一応我が家はサンフランシスコベイエリアなので、地元チームであるゴールデンステート ウオリアーズを応援なのですが、対戦相手であるクリーブランド キャバリアーズは、夫の家族が応援しているチームです。

そうです、先月私もクリーブランドへ行ったばかりです。

ゲームが始まる前にスパークリングワイン


こんな日は簡単料理に限ります。またしても外のグリルで焼くだけ。


牛肉、海老、ズッキーニ、レッドペッパー、紫玉ねぎ、グリーンオニオンの串焼き、ケバブディナーです。


ケバブと聞くとエキゾチックな感じがするので、キヌアサラダを作ってみました。


キヌアサラダは、きゅうり、オニオン、人参、ケール、トマト、そして、キヌアを入れて、レモン、塩・コショーだけで味付けしました。

食卓に並べて出来上がり


ワインはピノノワールに変更


NBAファイナルはクリーブランド優勝!

クリーブランドの家族は、深夜スポーツバーで盛り上がっていることでしょう。

バスケットボール、フットボール、ベースボールなど、スポーツイベントは盛り上がります。

わが夫は特別スポーツ好きではないのですが、夫の兄弟は皆スポーツ大好き、スポーツバーで見かける典型的アメリカ人です。

なぜ夫だけちょっと違うのか不思議なのです。でも、時々同じような行動、仕草、声のトーンなど、やっぱり同じ遺伝子なのだと思います。

たまに、怖いくらい義父と似ているときあります。

Happy Father's Day! ハッピー父の日!



6/19/2016

ヒールスバーグの歴史的邸宅マドローナ・マナー

ソノマ郡ヒールスバーグにある、B&B Inn(ベッド&ブレックファスト イン)に行きました。この施設の名前はMadrona Manor(マドローナ・マナー)です。

目的はこのホテル内にあるレストランでの食事、フード&ワインの勉強(?)に励んでいます。

入口


このご立派な門構え、ラスベガスかと思ってしまいました。

中に入りますと、素晴らしいワインカントリー景色が臨めます。


ソノマもナパも、ワインカントリーって美しすぎる。


と、思うのは私だけでしょうか。


宿泊施設とレストランがあるメインの建物がこちらです。


豪華なヴィクトリア様式の建物は1880年に個人の邸宅として建てられたものです。サンフランシスコに住む裕福な方の週末過ごす別荘だったようです。

横からの建物


1981年に個人邸宅からB&Bカントリーインに変身しました。この建物の隣The Carriage Houseも宿泊施設として使われているみたいです。


ヴィクトリア様式の邸宅は豪華なので、B&Bとして人気があります。ナパのB&Bもヴィクトリア様式いくつかありますが、ゴージャスです。

サンフランシスコでも有名な建築様式ですが、以前住んでいた東海岸には、山のようにヴィクトリアンスタイルの邸宅やB&Bがありましたが、見ているだけで楽しくなります。

でも、何せ古いので、リノベーションをしないと現代人には合わない造りです。そして、この様式を維持するのは大変な費用がかかります。

(余計なお世話ですが)マドローナマナーもB&Bとして維持していくのは大変だと思います。

そして、維持しなければならないのは、建物だけでなく広大な敷地です。かなり手入れが行き届いたガーデンです。




ウエディングやイベント利用も可能です。こんなところで、ウエディングもお洒落です。

日本の方、ワインカントリーでウエディングも良いですよ。参考までにウエブは(こちら)です。




6/16/2016

サンフランシスコのクリッシ―フィールド

サンフランシスコのホテルチェックアウト後、ゴールデンゲートブリッジの近くにあるCrissy Field(クリッシ― フィールド)に立ち寄りました。

ドッグフレンドリービーチもあります。





遠くにアルカトラス島が見えます。


ベイエリア在住通算5年半経ちましたが、アルカトラス島へ行ったことありません。

サンフランシスコ名物、ケーブルカーには30年前に観光でサンフランシスコを訪れた時に一度乗っただけです。

今度このようなバスに乗って観光してみようかしら。。。




6/15/2016

サンフランシスコ パシフィックハイツの公園:アルタプラザパークとラファイエットパーク

サンフランシスコに来てます。前回同様にジャパンタウンのホテルカブキに宿泊です。このホテルはバスルームの使い勝手が良く気に入ってます。

今回は最上階の部屋で、北側の美しい景色を臨むことができました。



左上、遠くにゴールデンゲートブリッジが見えます。


素晴らしい景色です。

もっと素晴らしいサンフランシスコ景色を臨みに、近くの公園まで歩いてみました。

前回はLafayette Park(ラファイエット パーク)(記事はこちら)まで歩きましたが、今回はAlta Plaza Park(アルタプラザ パーク)まで歩いてみました。

どちらもパシフィックハイツという高級住宅地にあります。


この一角がパークです。結構広い。


階段を上がらないと良い景色が望めませんので、私は愛犬を抱えて、がんばって階段を上がりました。夫、公園前でギブアップ。 

階段を上がると、素晴らしいサンフランシスコ景色。



景色の良い公園で子供たちが遊んでいます。


北側に回るとサンフランシスコ湾、海がちょっと見えます。


木蔭でひとやすみ


無事に愛犬と私は公園を楽しむことができました。

前回行ったラファイエットパークと比べると、この公園のわんちゃん排泄物処理率は少々低いです。ちょっと匂っていたり、残っていました。

芝生の管理もラファイエットの方が良いと思われます。時期や時間帯によっても変わると思うので、どちらが良いとは言えませんが、私個人の好みはラファイエットパークです。公園の管理だけでなく周辺の環境も好きです。

いずれにせよ、こんな大きな公園は、愛犬のような病弱小型犬は持て余してしまいます。愛犬には、近くの小さい公園が丁度良いと思われます。


住宅地の一角にあり、本当にミニです。

Cottage Row Mini Park(コテージロウミニパーク)という名前。


愛犬には丁度良い広さです。


クンクン


ミニですが、きちんと手入れされた公園で美しい花もありました。