4/30/2016

ドッグフレンドリーなサンフランシスコからです

サンフランシスコに来ています。 2週間前に来たときは、ホテルチェックイン時のペットフィーに驚きました(記事はこちら)。 ある意味、本当にドッグフレンドリーなのか疑問を感じました。

今度は、本当のドッグフレンドリーホテルに宿泊です。


以前にも宿泊したことのある、ジャパンタウン内にあるホテルカブキです。 このホテルは歌舞伎という名前ですが、サンフランシスコベースのブティックホテルチェーン、Joie de Vivre(ジョワ ド ヴィーヴル)に属しています。 

サンフランシスコ市内には、ホテルカブキを含めて、同系列ホテルが9つあり、お洒落なブティックホテル、そして、ドッグフレンドリーホテルとして人気があります。

日本の歌舞伎をテーマにした、ドッグフレンドリーなホテルカブキ、今回ペットフィーの請求はありません!

私は、基本、ホテルがペットフィーの請求をしても良いと思います。 わんちゃんも人間同様、部屋を汚すこともありますので、ある程度の追加料金は仕方がないことだと思います。 しかしながら、前回は許せる金額を越えていました。


チェックインの後、ホテルから北へ徒歩10分位、坂道を上ります。 サンフランシスコの坂道、やはり、きついです。 

ふうふう言いながら、やっと到着すると、ご褒美に、素晴らしい景色が臨めます。 


丘の上にあるLafayette Parkという公園に到着しました。 



この辺りは、Pacific Heights(パシフィックハイツ)と言う、映画にも出てくる超高級住宅地です。




都会の公園芝生としては、かなり手入れされていると思いました。 高級住宅地にあるので、普通の公園とは違うのでしょうか。 わんちゃんたちも、楽しそうに走っていました。


ドッグパークもありましたが、愛犬はちょっと覗いただけです。


最近は、病状が安定していますが、何かあると大変なことになるので、あまり走らせないようにしています。 他のわんちゃんたちとの交流も、興奮しない程度に留めています。

サンフランシスコ、続きあります。

4 件のコメント:

  1. きぶたです。サンフランシスコは、いつ見てもいいですね。また、行きたいです。うえるびちゃんの病状が安定していて、本当に良かった。 愛情が伝わってきます。

    返信削除
    返信
    1. きぶたさん、そうですね。 サンフランシスコは美しい街だと思います。 でも、やはりアメリカの都市ですから、危険な場所もあります。 ジャパンタウンの南の方は結構ヤバいですよ。 うえるびを歩かせたりすると、道端のヘンなものを拾ってしまいそうです。 小型犬や猫ちゃんんは、都会の生活では注意が必要ですね。

      削除
  2. nobikunJです。
    なぜ歌舞伎なのかわかりませんが(笑)、でもドッグフレンドリーなのは何よりですね。
    サンフランシスコの街並み、素敵だな~。
    大学のゼミの教授はサンフランシスコに留学経験があったようで、カラオケでよく「思い出のサンフランシスコ」を歌っていました。それ以来サンフランシスコというと教授の歌声を思い出すようになりました。
    良い旅をお楽しみください!

    返信削除
    返信
    1. nobikunJさん、歌舞伎って名前は面白いですよね。 たぶん、西洋人にはエキゾチックな雰囲気がして、アピールするものがあるのでしょう。 日本の人はあまり好きではないかもしれません。 あまり宿泊していないような気がします。 元々は、日本の都ホテルだったので、バスタブが深くて、日本のお風呂みたいなのが、私は気に入っています。 Webleyは、このホテルの日本庭園が好きです。

      削除