4/11/2016

ナパバレーで飲酒運転

この週末、ナパバレーはあまり天気は良くありませんでしたが、これからは晴天の日が多くなってくることと思われます。


葡萄がどんどん成長していくシーズンには、たくさんの観光客がナパバレーを訪れます。 サンフランシスコベイエリア近郊、全米各地、そして、海外からのビジターも増えます。

雑記のブログになりつつあるので、ここで観光案内も少し載せておきます。

サンフランシスコから車でお越しの方、サンフランシスコ→ゴールデンゲートブリッジ→マリンカウンティ→ソノマ→ナパバレー→ベイブリッジ→サンフランシスコのルートをお勧めします。

これは、美しいゴールデンゲートブリッジを通過し、ゴージャスなマリン郡を通過し、ワインカントリーに入るので、景色が楽しめます。 帰りは、ナパバレーから、イーストベイへ、そして、ベイブリッジを通過してサンフランシスコへ行く方が早いです。

ツアーバスでお越しですと、飲酒運転の心配がありませんので、とても楽です。 しかしながら、決まったワイナリーしかいけませんので、お目当てのワイナリーに行くためには、やはり個人で運転してワイナリー巡りがお勧めです。

その際ですが、運転手の方は全く飲酒できない訳ではありません。 特に、真面目な日本の方は、全く飲めないと思っている方が多いような気がしますので、ちょっと説明しておきます。

カリフォルニア州では、21才又はそれ以上の場合、血液中のアルコール濃度(BAC - Blood Alcohol Concentration)が、0.08%又はそれ以上で運転するのは違法です。

逆に考えますと、この数字以内でしたら、飲酒できます。 ワイナリーで、軽くワインテイスティング程度はできるのです。 

但し、アルコール血中濃度は、その方の体重、性別、体質等により変化しますので、簡単な計算に頼るのは危険です。 例えば、わが夫は、私の1.5倍の体重があります。 しかも、男女や人種の差もありますので、ふたりのアルコール血中濃度はかなり違います。 

問題のない程度で、ぜひとも、ワイナリー巡り、ワインテイスティングを楽しんでください。

そして、そのワインテイスティングですが、ワイナリーと担当者によって、グラスに注ぐ量がかなり違います。 かなり少量から、ちょっと多すぎでは、と思うくらいの量もあります。 多すぎると思ったら、全部飲む必要はありません。 捨てましょう。 

ワイン大好きな私でさえ、時々捨てることもあります。

シーズン前の観光案内でした。

注意:ワインカントリーでの飲酒運転を奨励している訳ではありませんので、お間違いないようお願いします。

「フード&ワインの日々」更新しました。 カリストガのクレオール料理レストラン、Evangeline のサンデーブランチ(記事はこちら)です。

2 件のコメント:

  1. カリフォルニア州では少しのお酒なら飲んで運転しても大丈夫、と知ったのはごく最近です。
    いままでアメリカの知人と食事に行ったときドライバーはお酒飲むし、いろいろなブログを拝見しているとみなさん飲酒してるのが気になって、やっと(?)ちゃんと聞いてみたのです。お酒を飲んで運転できるのか。
    で、Webleyさんが書かれていることを知って、いままですごく損をしていたことがわかりました(笑)
    カリフォルニア州のワインカントリーはだいたい訪れましたが、試飲したくてもドライバーなのでぐっと我慢していたのです。
    なので、味はわからずじまい。結局、お店で買ったワインで自分の好みを探すという結果に・・
    最近はなかなか訪れることができないので、考えれば考えるほどもったいないと思っています(笑)

    返信削除
    返信
    1. 満腹プリンセスさん、それは大損でしたね。
      もちろん、ドライバーは、全く飲まない方が良いのですが、少しは飲んでも大丈夫です。
      テイスティングですから、それ程注ぎませんので、次回はぜひ少し試してください。
      我が家もワイナリー良く行きますが、一度に1件と決めています。 それ以上は、運転に支障をきたす可能性がありますので、控えます。 
      レストランでは、ボトルを頼んで、飲み切らない場合は、持ち帰れます。 うちの場合は、私が好きなだけ飲んで、夫が控えめにして運転します。

      削除