4/20/2016

アメリカの町内会役員

我が家の近所一角は、日本で言うところの、町内会のような組織を結成しています。 英語にしますと、Homeowners Association(ホームオーナーズ アソシエーション)です。


私道に囲まれていて、共有のスペースもあります。 それらは各世帯が支払う毎月の維持費によって管理されています。

管理会社も雇っていますが、丸投げではありません。 多くのことは、ホームオーナー(家の所有者)によって決定します。

例えば、今月の始めに私道の舗装をしましたが、これにより、見栄えの良い道路に生まれ変わりました。 ホームオーナーたちの希望です。 次には、枯れている樹木の植え替えをする予定です。 

アメリカでは、家を購入したら、その家の資産価値を維持、或は、より価値上昇するような投資をするのが一般的です。 そして、その資産価値は、自分の家だけでなく、周りの環境にも影響を受けます。 従って、ホームオーナーは近所の環境作りにも積極的です。

町内会は、管理会社と相談しながら、より良い環境作りのための計画を策定したり、状況確認したりする役目を担っています。

この町内会には、役員が数名います。 実は、わが夫、その役員の仕事をしています。 これは2年任期の、もちろんボランティアです。

役員会の会合は、結構多く、ほぼ毎月ミーティングがあります。 ミーティングは、個人の家であったり、地元の図書館であったり、共有のガーデンであったり、色々です。

昨日は、ミーティングではなく、電話会議でした。 夫は、自分の部屋で話していたのですが、時々話声が聞こえてきました。 なんだか、すごい盛り上がり方です。

基本アメリカ人って、意見がいっぱいあります。 しゃべり続ける役員もいて、1時間半後、ついに終了です。 30分位で簡単に終わると、高を括っていた夫、かなり疲れた様子です。 もう次の任期はやりたくないと言ってました。

私自身のこれまでの経験から、アメリカでの近所付き合いは、日本よりも大変です。 

特に、一戸建てやコンドミニアムを所有してしまうと、それなりの責任もあり、煩わしいことが発生します。

以前、所有していた都会のコンドミニアムでは、単純にパーティなどの近所付き合いだけでは終わらず、リノベーションや居住規則に関しての、役員会内部の政治的な動きもあったりしました。 とっても怖いのです。

現在は、アメリカ人の夫がいるから、助かっています。 でも、私だけでしたら、絶対無理、関わり合いたくありません。

将来、万が一ひとりになったら、断捨離して、賃貸の1ベッドルームに住みたいと思います。

2 件のコメント:

  1. きぶたです。以前、コンドを所有していた時、ホームアソシエーションがありましたが、一度もミーティングに行ったことがありません。 でも、うえぶりさんが言うように、確かに政治的な動きがあったような気がします。(毎回レターが送られてきました。)日本も町内会などがあり、何かと面倒くさいみたいですね。(住む場所によるみたいですが)私も、こういうのは、苦手です。
    うえぶりちゃんは、甘やかされて育ったようですが、やはり、病気がちだと、しつけ以前の問題があるから、私も、甘やかすとおもいます。可愛いからね。 うちの長男猫は、病気はないけど、甘やかされて育ているので、私の事を夜中に何回も起こすし、ご飯ちょうだいと催促するしで、私は、寝不足です。

    返信削除
    返信
    1. コンドは、管理費の使い方、リノベーションの業者選択、とかの問題がありますね。 新しいコンドなんか、開発業者、管理会社、リアルターが混じって、実にややこしいこともあります。 近所付き合いしないと、陰で言われますし、あまり入り込むと、うるさがられます。

      きぶたさんも、甘やかしているんですね。 夜中に起きたり、おやつ頂戴と催促されたり、寝不足とは、、、まるで、うちの夫状況です。 夫、完全にうえるびに使われています。

      削除