4/30/2016

サンフランシスコのドッグフレンドリーなホテルカブキとパーク

サンフランシスコに来ています。

2週間前に来たときは、ホテルチェックイン時のペットフィーに驚きました(記事はこちら)。ある意味、本当にドッグフレンドリーなのか疑問を感じました。

今度は本当のドッグフレンドリーホテルに宿泊です。


以前にも宿泊したことのあるジャパンタウン内にあるホテルカブキです。このホテルは歌舞伎という名前ですが、サンフランシスコベースのブティックホテルチェーン、Joie de Vivre(ジョワ ド ヴィーヴル)に属しています。

サンフランシスコ市内には、ホテルカブキを含めて同系列ホテルが9つあり、お洒落なブティックホテル、そして、ドッグフレンドリーホテルとして人気があります。

日本の歌舞伎をテーマにした、ドッグフレンドリーなホテルカブキ、今回ペットフィーの請求はありません!

私は基本ホテルがペットフィーの請求をしても良いと思います。わんちゃんも人間同様、部屋を汚すこともありますので、ある程度の追加料金は仕方がないことだと思います。しかしながら、前回は許せる金額を越えていました。


チェックインの後、ホテルから北へ徒歩10分位坂道を上ります。サンフランシスコの坂道はきついです。

ふうふう言いながら、やっと到着すると、ご褒美に素晴らしい景色が臨めます。


丘の上にあるLafayette Parkという公園に到着しました。 



この辺りはPacific Heights(パシフィックハイツ)と言う映画にも出てくる超高級住宅地です。




都会の公園芝生としては、かなり手入れされていると思いました。高級住宅地にあるので、普通の公園とは違うのでしょうか。わんちゃんたちも楽しそうに走っていました。


ドッグパークもありましたが、愛犬はちょっと覗いただけです。


最近は病状が安定していますが、何かあると大変なことになるので、あまり走らせないようにしています。他のわんちゃんたちとの交流も興奮しない程度に留めています。



4/26/2016

英語でのコミュニケーションが成り立たない時

昨日、ソノマのワイナリーに立ち寄りました。クラブメンバーになっているので、定期的なワインピックアップのためです。

そこで、少しだけワインテイスティングをしながら、サービスの担当者と話をしました。もうすぐ母の日です。そのワイナリーも母の日イベントを開催するので、参加を勧められました。

そこで、私が聞きました。「イベントはドッグフレンドリーなの?」

おしゃべり担当者の彼はイベントの内容を細かく説明し始めたのですが、肝心な私の質問に答えていません。

そこで、横にいた夫が聞きました。「犬を連れてきてもいいの?」

彼が答えました。「もちろん! 僕は犬が大好きで、アパートに住んでいるんだけど、飼えないから、このワイナリーで働いているんだ。」 

お休み中のワイナリードッグです。 ↓


私が言ったドッグフレンドリーという言葉が通じていませんでした。おそらく、ドッグフレンドリーではなく、ドッグフレンドリーに聞こえたのでしょう。

在米通算17年、もうすぐ18年目ですが、未だに、こういう経験あります。コミュニケーションが成り立っていないのです。

昔でしたら、このような事が起きると、私の英語の発音が悪いとかアクセントが違うとか落ち込んだりもありましたが、今は気にしなくなりました。

結局のところ、私の英語の発音やアクセントが悪いのか、相手が聞いていないのか、或は、聞こえていないのか、会話の流れで、お互いの考えていたことが違っていたのか、不確かなのです。

コミュニケーションが成り立たないのは、言葉だけではなく他にも色々な理由が考えられます。

たまに日本に帰るとわかります。日本語はわかるのに相手の言っていることがわかりません。特に流行の言葉や背景の違いもあり、コミュニケーションが成立しないこともあります。

そうです、言葉の壁を特に気にする必要はないのです。 

ということで、年をとってくると、このように全て自分の都合の良い方向に考えます。 

本当は単純に自分の英語の発音が悪いだけの話です。何事も現状を認めることにより、上達するというものです。

今から発音が上達するかどうかわかりませんが、美しいヴィンヤード景色を望みながら、上達のための戦略でも考えてみます。



4/25/2016

アジア風ミートローフと愛犬用ミートローフ

この日のメニューはミートローフ、アメリカの定番家庭料理を少し変えてのアジア風。


中身は牛肉、人参、マッシュルーム、コリアンダー、生姜、卵、パン粉です。味付けは塩・コショーに加えて、しょうゆを少々入れました。

ケチャップは使わずに日本のソースでコーティングしています。


小さいのは愛犬用です。愛犬用は牛肉、ポテト、ズッキーニ、人参が入り、味付けはなしです。

オーブンで焼くこと約45分、出来上がりました。


愛犬用はハンバーグのように見えますが、一応ミートローフということにしておきます。

肉汁、赤ワイン、日本のソース、しょうゆを使い、ソースを作りました。


この日はソースに使った赤ワインを小さいグラスにテイスティング程度のみです。前日、日本酒飲み過ぎたので控えめです。

ご飯は少なめに野菜をたっぷりとります。愛犬も大好きなミートローフは簡単なので、もっと色々なヴァリエーションで作ってみようと思います。



4/24/2016

飾り巻き寿司と日本酒

この週末、ナパバレー在住の料理研究家 清水えりさんに我が家で飾り巻き寿司を作ってもらいました。

彼女はもうすぐナパ市内で飾り巻き寿司レクチャーをするということで、その前に味見させていただけることになりました。 

飾り巻き寿司の集合写真


飾り巻き寿司1 ナパですから葡萄


飾り巻き寿司2


飾り巻き寿司3


飾り巻き寿司4


全て美味しくいただきました。ありがとうございました。

作る過程を見ていると、細かい作業が多く、私には無理であると悟りました。

飾り巻き寿司に比べたら、簡単であろう普通の太巻きも、私にはむずかしいです。

唯一うまくできそうなのは、手巻き寿司(?)ですね。 

ペアリングの日本酒


お寿司と日本酒のペアリングがあまりにも良かったので、調子に乗って飲み過ぎてしまいました。美味しい日本酒には注意しないと。

今週はお寿司を食べに行く予定があるのですが、日本酒ペアリングは控えて、軽めの白ワインにしようと思います。



4/22/2016

チーズボードとメキシカンテイクアウト

午後外出すると、ついついワイナリーに立ち寄ってしまいます。ナパバレー、ワイナリーありすぎです。

ヤントビル町にあるスパークリングワインが人気のワイナリー、Domaine Chandon(ドメーヌ シャンドン)(こちら)です。 

夕方4時を過ぎますと、おつまみが必要ですので、チーズボードを頼みました。


プロシュートハムを追加しましたが、結構な量がありました。おつまみとスパークリングワインの相性は抜群です。

その後、家に帰ってから料理するのは億劫なので、テイクアウトフードを購入です。

以前にも立ち寄っている、ファーストフードのメキシカンLa Taquiza (ラ タクイザ)です。更新した(記事はこちら)です。

料理は蛸のセビーチェ、フィッシュタコ、メキシカンサラダの3品で、ソースは辛くないものから辛いものまで、幾つか持ち帰って来ました。


料理はそれなりに美味しく、ファーストフードとしてお手頃価格で全然問題ありません。

でも、ひとつ疑問があります。

このお店、ミシュランガイドの2016年版で紹介されています。25ドル以下で食べられるレストランとして、コスパが高いということです。

ナパバレーでは、25ドル以下のレストランとして、他にも2店舗、タイとベトナム料理レストランの紹介がされています。

この2店舗はテイクアウトもできますが、基本フルサービスのレストランですので、同じように並べるのは違うような気がします。

星がついたレストランの話でもないので、どうでも良いことなのでしょうが、ミシュラン評価に疑問を感じる人がいるのも理解できます。

でも、セビーチェの中にグリルした蛸がたくさん入っていました。

カットしたアボカドも新鮮でしたし、フィッシュタコも美味しかったので、あまり深く考えないようにします。



4/21/2016

アメリカの遺言執行者

夫の母は、3年前の4月に86歳で亡くなりました。義母が亡くなる3か月ちょっと前に義父も88歳で亡くなりました。短い間に相次いでの訃報でした。 

アメリカでは多くの人は遺言書を残します。義父母も遺言書を残していました。子供は5人いましたが、二男である夫がExecutorと呼ばれる遺言執行者になりました。

遺言執行者は故人の遺言書に基づいて、葬儀の手配から遺産の整理まで色々な仕事に携わります。亡くなった後の遺産申告だけでなく、通常の税金申告などもありました。

昨日、両親のエステートと呼ばれる銀行口座を解約しました。3年経って、ようやく、ほぼ全ての仕事が完了です。意外と時間がかかると思いましたが、もっとかかる人もいるようです。

幸か不幸か、私もアメリカの高齢者施設、病院、葬儀、墓地、遺言執行など、一連のプロセスを夫と共に経験することができました。日本とは違うので、たくさんの事を学びました。

私にとって、義父母が残してくれた一番の遺産は、この経験です。

あまり考えたくはないですが、私も50代ですので、そろそろ老後のことを考えています。できるだけ家族に負担をかけないように準備しなければとつくづく思います。

最近、日本でも浸透してきている終活とかエンディングノート。

私も既にひとつだけ決めています。その時が来たら、明るく楽しくシャンペンとワインでお祝いしてね!




4/20/2016

アメリカの町内会役員

我が家の近所一角は、日本で言うところの町内会のような組織を結成しています。英語にしますと、Homeowners Association(ホームオーナーズ アソシエーション)です。


私道に囲まれていて、共有のスペースもあります。それらは各世帯が支払う毎月の維持費によって管理されています。

管理会社も雇っていますが、丸投げではありません。多くのことは、ホームオーナー(家の所有者)によって決定します。

例えば、今月の始めに私道の舗装をしましたが、これにより、見栄えの良い道路に生まれ変わりました。ホームオーナーたちの希望です。次には、枯れている樹木の植え替えをする予定です。 

アメリカでは家を購入したら、その家の資産価値を維持、或は、より価値上昇するような投資をするのが一般的です。そして、その資産価値は、自分の家だけでなく、周りの環境にも影響を受けます。従って、ホームオーナーは近所の環境作りにも積極的です。

町内会は管理会社と相談しながら、より良い環境作りのための計画を策定したり、状況確認したりする役目を担っています。

この町内会には役員が数名います 実は、わが夫はその役員の仕事をしています。これは2年任期のボランティアです。

役員会の会合は、結構多く、ほぼ毎月ミーティングがあります。ミーティングは、個人の家であったり、地元の図書館であったり、共有のガーデンであったり、色々です。

昨日はミーティングではなく電話会議でした。夫は自分の部屋で話していたのですが、時々話声が聞こえてきました。すごい盛り上がり方です。

基本アメリカ人って、意見がいっぱいあります。しゃべり続ける役員もいて、1時間半後、ついに終了です。30分位で簡単に終わると、高を括っていた夫、かなり疲れた様子です。もう次の任期はやりたくないと言ってました。

私自身のこれまでの経験から、アメリカでの近所付き合いは日本よりも大変です。 

特に一戸建てやコンドミニアムを所有してしまうと、それなりの責任もあり煩わしいことが発生します。

以前、所有していた都会のコンドミニアムでは単純にパーティなどの近所付き合いだけでは終わらず、リノベーションや居住規則に関しての役員会内部の政治的な動きもあったりしました。とっても怖いのです。

現在はアメリカ人の夫がいるから助かっています。でも私だけでしたら、絶対無理、関わり合いたくありません。

将来、万が一ひとりになったら、断捨離して、賃貸の1ベッドルームに住みたいと思います。



4/19/2016

絨毯クリーニング

我が家は2階建てなのですが、1階はフローリングで2階はカーペットです。

1階のフローリングには、小ぶりのじゅうたんを数枚置いています。

子供もいないので、普段あまり汚れることはありません。ところが、愛犬が絨毯とカーペットにまれに悪いことをします。いわゆる犬のマーキングという行為です。

良くないこととわかっているのにBad Boyです。しつけが出来ていない、愛犬を甘やかしている飼い主にも問題があります。


この汚れた絨毯とカーペットの掃除を、定期的に業者にお願いしています。

この日、朝早くから来てもらい、全部掃除お願いしました。

愛犬はこのクリーム色絨毯にはマーキングしませんが、


ダイニングルームの赤い絨毯は、かなりのお気に入りです。匂ってます。


働いてくれるのは皆メキシコ人です。

すごい勢いで、あっという間に終わってしまいます。しかも、費用は意外と安いのです。

正直、カリフォルニア生活ではメキシコ移民がいないと大変なことになります。彼らの労働力なくしては、多くの産業が成り立ちません。本当に助かっています。

キレイになった絨毯なので、愛犬のしつけを徹底したいと思うのですが、どうでしょうか。



4/16/2016

Wサンフランシスコにチェックイン

アメリカで生活する人たちにとって、毎年の税金確定申告は義務です。今年は4月18日締め切りです。 

我が家は連邦税とカリフォルニア州税を合わせますと、今年はリターン(還付)になったので早めに申告しました。そして嬉しいことに、その税金リターンが銀行口座に既に入金されました。

私もアメリカ生活が長くなっていますので、多くのアメリカ人のように、貯蓄意欲よりも購買意欲が高くなっています。入ったものはしっかり使って経済貢献です。

早速サンフランシスコに出向きました。ディナー予定のレストランに比較的近いSOMA(マーケット通りの南)地区に宿泊することにしました。

Webleyファミリーなので、Wホテルを選びました。最近話題のスターウッドホテルです。


ドッグフレンドリーのWホテルにチェックイン


ゲストのWebleyです。


びっくりです。このホテルはペットフィー$25の他に、ペット利用のためのクリーニングフィー$100がかかるのです。クリーニングフィーは1日泊まっても1週間泊まっても同じ料金らしいです。

たった1泊の宿泊に、通常の宿泊料金に加えて$125(13,000円位)の追加料金とは高いです。もっと控えめなペット料金のホテルもあります。

夫が予約をしたのですが、その時にはペットフィーしか知らされませんでした。クリーニングフィーに関しては何も言われなかったのです。不愉快でしたが、ルールなので仕方がありません。


チェックイン後、近くを散歩しました。



SOMA風景



98年に最初にサンフランシスコに引っ越してきた時、SOMA、特に南の方は倉庫街だったような気がするのですが、今や開発がどんどんされて、トレンディレストランも増えてきました。

再開発されるのは良いことなのでしょうが、家賃や家の値段は驚くべき金額になってしまったようです。サンフランシスコはジェントリフィケーション(Gentrification)の典型です。

10年後、20年後は、どうなっているでしょうか。 



4/15/2016

セルフクリーニングしたオーブンで豚肉しょうが焼き

この日の料理は、日本の定番おかず、豚肉のしょうが焼きです。


いつもはフライパンを使いますが、ガスレンジを汚したくなかったので、オーブンを使うことにしました。

ところが、使い頻度が高いオーブンの中が相当汚い状況。そろそろキレイにしないといけないな、と思っていたので、ついにクリーニングです。

中のラックを抜いて、ちょっと拭きましたが、すごい汚れです。 

オーブン ビフォア クリーニング


便利なオーブン、便利なアメリカ生活。自分でこの大きいオーブンに頭を突っ込んで掃除はしません。

オーブンが勝手にやってくる機能、セルフクリーンを使います。この機能は便利なのですが、かなり高温になりますので注意が必要です。

家の窓をオープンして換気をよくします。そして、この作業には数時間かかるので、家を離れてはいけません。火事にでもなったら大変です。

約2時間位で終了しました。

オーブン アフター クリーニング


ピカピカです。

とても便利なセルフクリーニングなのですが、実はこの機能は中のステンレスのラックの掃除まではしてくれないのです。


でかいラックを3枚もゴシゴシと洗うと疲れます。しかも洗剤を使うと手が荒れます。

なんとか終了して料理です。


ヒレ豚肉を薄くカットして、醤油、酒、みりん、メープルシロップ、しょうが、にんにく少々に漬け込みました。

そのままオーブンへ入れて焼くだけです。


ご飯、味噌汁、漬物も用意しました。


ワインはプティシラーを選んでみましたが、相性はイマイチ。


家のはちみつが終わってしまったので、メープルシロップを使ってマリネしてみましたが、美味しく仕上がりました。

キャベツのように見えますが、日本のような柔らかいキャベツが手に入らなかったので、レタスを使っています。

豚肉のしょうが焼きは多くのアメリカ人が好きではないかと思います。

アメリカ的にはチップに乗せたり、トルティーヤやピタパンに挟んだり、レタスカップも良いかも。



4/14/2016

ナパのジェネラル ストアー

アメリカの田舎に行きますと、必ず見かけるのがGeneral Store ジェネラル(ゼネラル)ストアーです。食品から日用品まで、様々な物を販売しているお店のことです。 

雑貨屋みたいなものですが、中にはちょっとしたレストランやバー、或は、郵便局を併設しているジェネラルストアもあります。

この何でも屋さんは普通は人口の少ない田舎町に存在しているものなのですが、都会にも登場しています。

サンフランシスコのジェネラルストアーはお洒落女子必見の人気セレクトショップみたいです。行ったことないので、よくわかりませんが、そうみたいです。

では、ナパのジェネラルストアはどうでしょうか。


Historic Napa Mill内にあります。ここを入ると、


奥の方がお店の入口です。


色々なものが所狭しと並んでいます。

フード&ワイン関連


洋服やアクセサリー


ナパですからワインバーがあります。


お土産になりそうなものがいっぱい


そして、奥にはカフェ


アメリカの田舎町にある生活必需品を置いている地元民のためのお店ではありません。観光客向けのお洒落な雑貨、ワインカントリーグッズ販売のお店です。

ジェネラルストアーという名前はついていますが、昔ながらのストアとはちょっと違います。

このようなストアも良いのですが、やっぱり私は、アメリカの田舎のジェネラルストアの方が風情があって好きかな。