3/03/2016

アメリカの定期健康診断

健康についてです。

私自身のことですが、40才を過ぎたあたりから、色々と変化が現れました。最初は、白髪、老眼、そして、今は50肩に悩んでいます。 

50代ですので、何事も早期発見のために定期健康診断は重要です。

日本で生活していた時は、毎年人間ドッグにも行き、体の変化をチェックしていたと思います。ちょっと何かあるとすぐ医者に行く、わりと健診オタクでした。

一方で、アメリカで生活しているとかなりいい加減になります。誰からもやりなさいと言われないので、自ら行動しないといけません。

しかも、医療制度や保険が複雑なので、ついつい面倒になっています。本当は毎年受けた方がよい一般検診、もう2年もしていません。

現在のホームドクター(かかりつけの医者)が、あまり好きではないこともあり、変えようと思っています。

それ以外では、アレルギー性鼻炎があるので、半年に一度専門医に行っています。

腹部超音波は(たしか)2年毎、大腸内視鏡は5年毎、の検査です。

歯医者は3か月に一度、クリーニングがあるので行っています。

マンモグラフィーと婦人科検診は毎年なのですが、ちょっと避けていました。 

でも、いつまでも避けていられないので、予約をとって昨日婦人科のクリニックに行きました。

でも、予約時間に行ったら、私の予約がないと言われました。アメリカなので、こういう事はよく起こります。くじけますが、1か月先の予約をとって帰って来ました。

こんな時、思います。日本だったら、もっと楽なのに。

だいたい、予約が消える(たぶん初めから予約し忘れている)とか、ほとんどありえませんね。そして、予約がなければ、なんとか時間を割いて入れてくれるとか対処しますね。

日本はほとんどの医療施設で健康(国民)保険が使えるので、病院とかクリニックとか探すのが簡単です。

アメリカは保険の種類によって使える医療施設が違います。そして、それも毎年変わったりするので、ホント面倒なのです。

若い時には考えなかった、アメリカ生活のストレスです。



🍷サンフランシスコ&ワインカントリーのレストラン、ワイナリー、グルメ情報お探しの方は「フード&ワインの日々」



4 件のコメント:

  1. 初めまして。そうですよね、アメリカの健康保険って本当面倒。しかも、自己負担額も見積もりなしで後日高額な請求書がきてびっくりする事も。ただ基本的に医者は結構気さくな人が多くて好きなんですが、看護婦さんとか検査技師、事務スタッフは今一。日本の看護婦さんは注射上手だったなーと毎回思います。

    返信削除
    返信
    1. Chrisさん
      コメントありがとうございます。 嬉しいです。
      これからも、どうぞよろしくお願いします。
      同感です。
      日本に比べると、気さくで良い医療従事者が多いので、診察自体はアメリカの方が好きですね。
      でも、保険の複雑さは、普通ではありません。 
      交渉をすると安くなることもあるので、パワーが必要です。
      どちらの国のシステムも完璧ではないので、自分でアジャストしていかなければいけないですね。

      削除
  2. 予約、大変でしたね。ホームドクターは私も何度も変えました、私の住んでるCityはリタイヤ世代が多いので、ここは医者の街?と言う感じなくらい病院が多いのですが、自分に合ったドクターに出会えるか?と言われると本当に難しいですよね。良いお医者様に巡り合えるといいですね、50歳を超えると本当に色々でますよね、私も同じ年代なので検診はまめにするようにしています。健康で美味しいものを食べたいですものね^^

    返信削除
    返信
    1. Kurumiさん
      コメントありがとうございます。
      そうですか、ホームドクターを変えているんですね。
      私のドクターは、できるだけ早く診察を終えたい、人数をこなして、儲けたい。。。と言う感じがあるのです。
      以前、大学病院のホームドクターの時は、医者は良い人だったのですが、いつも学生が二人くらい来るので、ちょっとと思うときもありました。
      そういえば、まだ先ですが、メディケアを受け付けないドクターも多いようですね。
      早期発見は重要なので、面倒ですが、検診はしっかりやらないと、つくづく思います。

      削除