3/27/2016

アメリカで日本語を話すこと

私の住むナパバレーは、サンフランシスコベイエリアの北部(ノースベイ)に属しています。 

ベイエリアの日本人人口は全米都市の中でも多い方ですが、北部に住む日本人は少ないと思われます。

おそらく、私のライフスタイルも関連していると思いますが、普段ほとんど日本人に会う事はありません。 従って、日本語を話すこともあまりなく、今年に入ってから、唯一話したのは、日本に帰国した時だけです。 

でも、時々、愛犬に日本語で話しかけています。

この週末、日本人がより多いサンフランシスコとバークレーへ出向き、久しぶりに日本の方達と会い、日本語を話す機会に恵まれました。

もちろん、英語より母国語である日本語を話す方が楽なのですが、日本語を話すことも思ったより大変であることに気がつきました。 

特に、始めてお会いする方とは、どこから話を初めていいのかわかりません。 何をされているのですか? どちらにお住まいですか? アメリカ在住は長いのですか?

色々聞いてみると、どこかで共通点などが見つかって、より話しやすいかもしれません。 でも、あまり質問攻めをするのも、相手にとっては不愉快かもしれません。

年代、性別(ベイエリアなのでたまに不確か)、家族、職業等、あまり話したくない方もいるかもしれないと考えると、結局のところ会話が進みません。

言葉自体は日本語ですが、場合によっては尊敬・謙譲・丁寧語を使った方が良い場合もあると思います。

正直、色々考えると、疲れます。 

では、英語の方が楽なのでは? とも言えません。 相手のことをそれなりに知らないと、うっかりとしたことは言えません。

そして、日本語程複雑ではなくても、丁寧な英語の言い回しに変えた方が良い場合もあるからです。

結論として、基本母国語を話す方が、より楽なのは間違いありません。 でも、知らない日本人と日本語で話すよりも、知っているアメリカ人と英語で話す方が楽です。

でも、この楽な方向へ行くと、全然社交性がないと思われます。 まあ、それも悪くはないでしょう。

せっかくの機会なので、バークレーで美味しい和食をいただきました。


ワイナリー情報を3件、更新しております。

ソノマのジンファンデルが美味しいワイナリー、Ravenswood Wineryの、(記事はこちら)です。 

ソノマプラザ前、隠れ家的なテイスティングルーム、Westwood Wineryの、(記事はこちら)です。

ナパ、ヤントビル町のテイスティングルーム、Cornerstone Cellarsの、(記事はこちら)です。 以前の場所から移動したテイスティングルームです。

4 件のコメント:

  1. きぶたです。今日は、イースターですね。私達夫婦は、普通に過ごします。もし、私の旦那がアメリカ人なら、私もほとんど、日本語を話す機会がなかったと思います。 日本人は、駐在できている人達は、その中で友達を作るような気がします。 日本語は、難しいと思います。色々な場面で言葉を変えたり、相手の気持や地位などを見計らって話したり。 私は、アメリカ人の考えなどもよくわかりません。 やはり、アメリカ人と結婚しているうえぶりーさんは、もっと、いろいろと知っていると思います。 ところで、写真のお刺身美味しそうですね。 ワイナリーの記事も読みました。 ワイナリーは、どこも素敵ですね。

    返信削除
    返信
    1. そうですよね。 日本人との付き合いって、言葉と習慣が混じって、どんな感じて接していいのかむずかしいところです。 アメリカ人も、色々な人種、宗教、が混じっているので、これも難しいですね。 夫は、アメリカ人というよりも、家族なので、別物ですね。
      お刺身の記事はもうすぐ投稿できそうです。 うえるびがワイナリーに行くことを楽しみにしています。

      削除
  2. 日本語の敬語システムは複雑なので、初対面の相手だと、どのレベルの敬語で話すかちょっと悩みますよね。しかも、すぐファーストネームで呼び合えるアメリカン人と違って、日本人の場合は親しくなるスピードが違いますし。
    やはり国際結婚をして長く外国に暮らしている友人がいて、時々一時帰国した時に会いますが、もちろん日本人なのでふつうに日本語を話すのですが、どこか話し言葉というより書き言葉のような日本語で、普段使っていないせいかなと思います。
    五十肩、半年もしないうちに回復だなんて、うえるびーさんはお若いのですね。私なんて、たっぷり1年かかり、片側が治ったと思ったら、反対側が痛み出しました。
    さて、今夜は、↓にある海老のパスタにしています。楽しみ。

    返信削除
    返信
    1. そうなんですよ、日本人とのコミュニケーションが意外と難しいのです。 その人により、期待度も違うので、どのように振る舞ったらいいのか考えます。 でも、仕事とか関わっていないので、あまり気にしない方が良いのかなと思っています。
      50肩は、良くなっていますが、片方に再発しないことを祈るのみです。 若いとおっしゃっていただくと、喜びます。 本日、ラジオ体操を始めましたが、やっぱり、夫が笑っています。 なにが可笑しいのでしょうか。

      削除