11/29/2016

愛犬がソノマ郡の緊急病院へ

ソノマ郡ガーンビルの小旅行記の途中ですが、緊急事態が発生しました。

ソノマのコテージに1泊して翌日です。 前日と比べて、愛犬の調子は少し落ち着いてきた感じでした。

ガーンビル界隈で行ってみたい場所は幾つかありましたが、それらは最小限にして、午前中はガーンビルのダウンタウン散策、そして、ランチタイムは近くのワイナリー1件に立ち寄りました。 午後はコテージでふたりと1匹でのんびりと過ごしていたのです。(このわずかな観光話は後程)

夕方が来て、ガーンビルではかなり人気のレストランに行くことにしました。 アメリカンカジュアル Boon Eat + Drink(ブーン イート+ドリンク)というレストランです。 ドッグフレンドリーでしたので、愛犬も連れて行きました。

このレストランで料理を注文してワインを飲み始めた頃、愛犬の様子がおかしいのです。 ヒックヒックと音を出しながら息をしていて苦しそうです。 口の中を開けてみると、舌がすっかり青紫色でチアノーゼ症状です。 私、完全パニックになってしまいました。 

レストランの人から情報を得たり、幾つか電話をして病院を探したところ、ソノマ郡の一番大きい市サンタローザにある緊急病院が愛犬を受け入れてくれそうです。 サンタローザはガーンビルからは車で30分位、しかも途中は真っ暗の山道を越えなければいけません。

できるだけ早くに連れて行かないと、私たちはかなり焦りました。 このような事態では30分が数時間のように感じてしまいます。 やっと到着。


ありがたいことに、病院は迅速に対処してくれました。 すぐに鎮静剤を使ったのが功を奏したのか、暫くして少し荒いけど普通の呼吸に戻り、肺炎の症状なども見られませんでした。 ドクターからは、愛犬のような気管虚脱の犬は一時的にチアノーゼに陥ることが多くあると言われました。

この晩連れて帰ることもできると言われたのですが、1年前にも同じような状況に陥ったことを思い出しました(こちら) この時は病院でおそらく大丈夫だろうと言われたのですが、一応念のために1泊入院させることにしたのです。 

ところが、その晩の夜中に突然の呼吸停止、蘇生そして人工呼吸器に移し替えるという大事になってしまいました。 そんな恐ろしい経験もあったので、この晩はICUで様子観察してもらうことにしました。

再び、夜中に病院から電話があったらと考えると心配で心配で、夫も私もよく眠れませんでした。 翌朝、病院から電話があり、呼吸は落ち着いていて食事もしたということで安心しました。 


愛犬を引き取りに病院に行って、そのまま帰宅です。 鎮静剤が効いているので、ぐったりしています。


お世話になった病院で、この可愛いバンダナをつけてもらいました。


"I was brave" と書かれています。 僕は勇敢だよ! 病気と立ち向かったよ! がんばったよ! というような意味でしょう。 

何度も危険な状況に陥っていますが、今回もがんばりました。 今回はソノマ郡サンタローザの緊急病院でしたが、サンフランシスコの緊急病院2カ所、ナパの隣のフェアフィールドの緊急病院、UCデイビス小動物病院ER、なんだか私たちは緊急病院のエキスパートになってきました。 

気管虚脱は進行しているので、これからもこんな時が来るかもしれないのですが、愛犬はミラクルボーイなので、きっと乗り越えてくれることでしょう。


何とも後味の悪い小旅行となってしまいましたが、短い旅の間でも面白い事や良い事もあったので、小旅行話は次続きます。


ガーンビルのコテージ West Sonoma Inn & Spa

ガーンビルでは West Sonoma Inn&Spa(ウエスト ソノマ イン&スパ)というカジュアルなコテージに宿泊しました。 


比較的手頃な値段でドッグフレンドリーです。 広大な敷地にコテージが点在しています。


樹木に囲まれたコテージ


緑豊かなガーデン


小川


レセプション




コテージからは、霧がかかったワインカントリーの幻想的な景色が臨めました。



暫くすると、青空に変わりました。


宿泊した部屋のテラスからの景色



部屋のテラスにはホットタブがありました。



ホットタブに浸かって、スパークリングワインをいただくのも良いかもです。

でも、実は私、わりと潔癖症なので、こういう誰が使ったかわからないようなホットタブは利用しません。 日本の温泉とかは大丈夫なのですが、アメリカではちょっと嫌ですね。 

もっと言うと、公共のプールとか、ホテルのバスタブもほとんど利用しません。 もしかしたら、かなり潔癖症かも。

ホテルの次は観光話に続きます。

「フード&ワインの日々」更新しました。 到着日のディナー、Seaside Metal Oyster Bar(シーサイド メタル オイスターバー)の(記事はこちら)です。



11/28/2016

ソノマ郡のガーンビル(Guerneville)町に到着

感謝祭連休最終日の午前中、夫と私はソノマワインカントリーへの旅支度をしていました。 ランチの後にいざ出発!

ところが、午前中愛犬の様子がいつもと違うのです。 呼吸困難ではないようですが、全然元気がないのです。 

旅先でもっと酷くなったらいけないので、近くの病院に連絡を取りました。 このような状況は、なぜかいつも夜中、週末、祝日で、近くの病院がオープンしていない時間に起こります。 なので、今回も緊急病院ERに連れて行って、診断してもらいました。

状況次第では旅はキャンセル、と思いました。

待ち時間や検査もあり、ドクターの症状見解を聞くまで数時間かかりました。 検査の結果、以前患った肺炎を引き起こしているわけでもないので、様子観察になりました。

旅先で万一症状が悪化したら、すぐ病院に直行ということで、とりあえず旅立つことにしました。 無理をせずに、のんびりと過ごすことが目的の旅です。

予定していたよりもかなり遅れて出発しました。


ナパから西へ車で1時間半位ドライブです。 もう既に日没の時間。


こんな森林の中を通り過ぎて、やっと到着しましたのは、


ソノマ郡のGuerneville(ガーンビル或はガーンヴィル)という町です。


ガーンビルという町は、サンフランシスコからですと、北へ2時間近くかかる場所にあります。

サンフランシスコベイエリアに住む人にとっては、夏のリゾート地として人気があるようですが、今の時期は閑散としています。 でも、ワインカントリー風景はこの時期も風情があって美しいです。


残念ながら、愛犬の調子はイマイチです。


初日はガーンビルのダウンタウンで簡単に食事をして、ゆっくりと休むことにしました。


旅の話、続きます。


11/27/2016

ターキーヌードルスープ

大量に余った感謝祭ターキーをせっせと食べている日々です。 処理が完了するまで外食禁止しました。


このようなプレートで3食、そして、その後はターキーヌードルスープを作ってみました。 なんてことない、チキンをターキーに変えただけです。 ターキーブロスは残りものターキーの骨と身をぐつぐつ煮込んで出汁をとってみました。


そして、これらの食事の後は、パンプキンパイ。


もう全然ダイエットが進みません。 もう更年期だからしょうがない、半ばあきらめモードです。


このように家で作った料理をブログ掲載するのは久しぶりです。 1か月ちょっと前ですが、料理ブログ記事スランプ(こちら)に陥って以来です。

結局のところ、あのスランプは料理記事に限らず、ブログにコントロールされたくないということだと思うのです。 ブログに書くために、何かをするという行為に矛盾を感じたのです。

普段の生活を脚色せずにブログ記事にすれば、ストレスを感じたり、スランプに陥ることもないでしょう。 更新もあまり気負わず、心地良いペースで書いてみます。

一般人の生活なんて、そう毎日ドラマチックなことがある訳ではありませんので、つまらない記事も登場すると思いますが、軽く流してくださいませ。

料理に関しては、生活の一部なので、これからもたまに登場します。 あまり気合を入れずに、こんな料理を作ってみました、という軽いノリで投稿してみます。


感謝祭の残りものもほぼ処理できたので、外食禁止解除です。 

これから隣郡ソノマのおもしろそうな街に小旅行してきます。 初めて行くところですので、とても楽しみです。



11/26/2016

懐かしい「ゆかいなブレディー家」

この話題は、おそらくある年齢以上の人でないとわかりませんので、あしからず。

一昨日のニュースですが、アメリカの女優Florence Hendersonさんが亡くなりました。 この方誰?と思いましたが、彼女の代表作品を聞いたら、すぐわかりました。

英語のタイトルはThe Brandy Bunch、日本語では「ゆかいなブレディー家」のママ役だった人です。 (Wiki日本語) 2年前にはメイド役の方も亡くなって、その時も、この作品が話題になっていました。

日本でも放送されていたので、「ゆかいなブレディー家」をよく覚えています。 確認するとどうも70-71年にかけて放送されていたようなので、私が小学生の頃でした。

こういうアメリカの楽しいテレビドラマや映画を見ながら、ティーンエイジを過ごしてしまった私は、アメリカ生活って楽しそうだな、いつかアメリカで生活したいと思ってしまいました。

よくよく考えてみると、あの作品はテレビの世界の話しで、実際はあんな楽しそうな家族ばかりではなく、問題ありの家族が多いアメリカなんですけどね。

でも、昔は情報も限られていて、しかも子供ですから、すっかりテレビや映画の世界にのめりこんでしまいました。 

「ゆかいなブレディー家」も古き良きアメリカを代表するような作品で、このタイプのテレビを振り返ると、妙に納得できてしまいます、このスローガン。

Make America Great Again
アメリカを再び偉大にしよう

私が子供の頃は、アメリカは一番の大国でした。 いつかアメリカって大きな国でおおらかに楽しく生きたいと思ったものでした。 ところが、今やその地位も下降気味、特にここ数年、魅力ある国なのかどうかも疑問です。

本当にアメリカが再び偉大な国になってくれればいいな、と思います。

この週末は、色々なところでクリスマスツリーが登場しそうですね。




11/25/2016

感謝祭ターキーブレストのロースト

Happy Thanksgiving!

最近ご無沙汰の料理ネタです。 1年に1回のことですので、感謝祭の日はがんばって料理しました。 前日ブライン液に漬けておいたターキーブレストをオーブンでローストしました。


ターキーブレストは胸の部分だけなので、それ程時間はかからないだろうとタカをくくっていました。 ふと、レシピで時間確認をしたら、何とこのサイズで3時間は必要らしく慌てました。 なんとか夕方のディナーに間に合いました。


手前のちょっと焦げているところはスタッフィング(詰め物)が入っている部分です。

これ以外の料理はマッシュトポテト、グレービーソース、サラダを用意しました。 あと、ワイン。

でも、たくさんサイドディッシュがテーブルに乗っているのは、


お客様が持ってきてくれたものです。 かなり楽をしています。


おいしい料理とワインに舌鼓。


デザートのパンプキンパイで終了しました。

サンクスギビングには毎年ターキーを食べてきましたが、今年は初めて自分でターキーを焼いてみました。

ターキーはチキンに比べると大きくて重いので、これまでは夫が担当していました。 今年は、ターキーブレストと呼ばれる胸の部分だけをローストすることにしたので、それ程重くもなく、私が担当してみたのです。 

調理自体は思ったよりも簡単でした。 でも、胸の部分だけでも4キロ位はありましたので、ラックに乗せたりするのはちょっと大変でした。 か弱い女性にとっては、ローストターキーは大仕事です。

自分で作って言うのも図々しいですが、とても美味しかったです。 でも、ターキーもサイドディッシュもたくさん残ってしまったので、しばらくの間、この残り物料理を食べることになりそうです。

愛犬もたくさん食べました。


次は🎄!

「フード&ワインの日々」更新しました。 ナパバレー セントヘリーナのピザ屋さん、Pizzeria Tra Vigne(ピッツェリア トラ ヴィグネ)の(記事はこちら)です。



11/23/2016

改善が未だ感じられない免疫療法

アレルギー性鼻炎の免疫療法を始めて4か月が経ちました。 只今のところ、週一で注射に通っています。 

先週は担当ドクターと会って、経過状況について話しました。 残念ながら、症状の改善がほとんど感じられないと話しました。 時間がかかる治療であることはわかっているのですが、そろそろ何かの変化が欲しいのが心情です。

先日の日本滞在中にも、ブタクサのシーズンなのか不確かですが、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状がありました。 場所が変わっても、ほぼ同じ状況です。

最近は薬を飲んでも症状が改善されないことも多く、ドクターからは薬の量を増やすように言われてしまいました。 なんてこったです。 

今年はこの治療と普段の薬の服用もあり、医療保険を最大限活用しています。 来年のヘルスケアプランは既に選びましたが、毎年の医療保険の見直しは面倒極まりないです。

アメリカは65歳になるとメディケアという公的医療保険に加入することになります。 まだ先のことですが、このメディケアもそう簡単ではないらしく、パートABCDとかあり、医療機関の選択も限られたものだったり、足りない部分を民間保険で補充するとか、実に厄介みたいです。 

日本の国民健康保険はアメリカに比べると、とても簡潔でわかりやすいと思います。 保険でカバーされない内容も多いと思うのですが、少なくても保険会社との交渉とかがないのはかなりプラスです。 

それに、外国人でもきちんとしたビザがあれば、国民健康保険に入れるみたいですね。 将来アメリカ国籍になっても、日本でビザを取得すれば健康保険にも入ることができるので安心です。 日本って、やはり色々な意味で良い国だと思います。


いよいよ感謝祭、買ってきたターキーブレストをブライン液に漬けました。 パサパサではなく、ジューシーなターキーができるといいな。


本当はターキーって全然好きじゃないのですが、年1回せっかくですので楽しみます。



11/22/2016

今年の感謝祭ルール

今週の木曜日はついにサンクスギビング(感謝祭)です。 家族や友人たちと一緒にローストターキーなどのご馳走を愉しむ日です。

昨年は、我家もがんばって7キロのローストターキー(こちら)を用意しました。 今年はトーンダウンです。 チキンでも良いかなと思ったのですが、年1回のことなので、やっぱりターキーを用意、でもターキーブレストという胸の部分のみにしました。

スーパーで山積みにされたターキーです。 


白羽の矢はこちら。


約4キロのターキーブレスト、これを調理する予定です。


今週に入って、ペンシルバニア州に住む夫の家族から感謝祭の予定確認の電話がありました。 3年前にカリフォルニアに引っ越しする前は毎年夫の家族と感謝祭を過ごしていたからです。

夫の家族20名++が集まって、ローストターキー、サラダ、サイドディッシュ、デザート(これがかなり重要)、そしてワインを楽しみます。 たくさん食べて、たくさん飲んで、たくさんおしゃべりします。

この夫の家族の感謝祭ディナーですが、今年は大きなルールが掲げられたようです。 それは、政治の話しはできるだけしない!ということです。

前にも書きましたが、夫の家族が住むペンシルバニア州は先の大統領選挙では激戦州(スイングステート)のひとつです。 この家族は、稀に見る或は普通なのか、どちらとも言い難いのですが、共和党と民主党支持が混じっている家庭なのです。 激戦州内の激戦家族です。 

かなり右派からかなり左派、そして、その間を移動している人も混じっています。 移動している人は、前回はオバマ支持だったが、今回はトランプ支持というように、政党よりも政策や候補者を重視しているということです。

今回の選挙結果に、かなり感情的になっている家族がいるので、パーティホストは政治の話しはできるだけしないように、あらかじめの警告を発してます。

家族といっても、ひとりひとり人生経験は違います。 現在置かれた立場やものの考え方も違ったりするものです。 友人、近所、会社の人ともなれば、もっと違ったりします。 これは夫の家族だけの話ではないような気がしました。 

これから始まるクリスマスや忘年会、パーティシーズンで気をつけなければいけない事なのでしょう。 そして、ホリディシーズンを楽しく過ごしましょう。

「フード&ワインの日々」更新しました。 サンフランシスコのニューアメリカン、Michael Mina(マイケル ミーナ)の(記事はこちら)です。 お刺身が面白い形で登場していて、カリフォルニアっぽいです。 覗いてみてください。


11/20/2016

ダンジェネス蟹カクテルを選択

蟹を求めてサンフランシスコまで来たウエブリー家族です。 以前から一度行ってみたいと思っていたシーフードレストランのWaterbar(ウオーターバー)の予約をしました。


レストランの売りは何と言ってもベイブリッジビューなので、ランチ利用の方が良いと思いました。 近頃、ベイエリアは夕方5時が来ると暗くなってしまいます。 

でも、後から考えたら、ベイブリッジの夜のライトアップを見ても良かったのかなと思いました。 時、既に遅し、ディナーは他のレストランに行きました。

1泊後、ホテルの部屋からの朝焼けビュー。


残念ながら、この日は小雨、時々どしゃぶりで、海は荒れています。


天気はイマイチでしたが、レストランは良かったです。 なまけもの夫婦は、蟹身を取る作業をしたくなかったので、ダンジェネス蟹カクテルを注文しました。 ベイ景色を臨みながらの蟹、美味しかったです。 満足!


「フード&ワインの日々」Waterbar San Francisco(ウオーターバー サンフランシスコ)の(記事はこちら)です。


このレストランで食事をしている時、隣に熟年カップルが座りました。 このカップル、男性が英語を話している一方で、女性はスペイン語を話していました。 でも、この二人はコミュニケーションが取れているのです。 おそらく、どちらも英語とスペイン語の両方を理解しているのでしょう、でも、話すのは心地良い方(母国語)を使っている感じでした。

このようなカップルもいいなと思いました。 どちらかひとつを選ぶというのではなく、ふたつもありなんですよね。 サンフランシスコベイエリアにはバックグランドの違う人々がたくさん存在するので、このようなカップルや友人関係もありでしょうね。

夫も私も、英語と日本語で話したらどうだろうか? どう考えても無理です、コミュニケーションとれそうもないです。

愛犬と私の方が可能性が高いです。 愛犬は犬語、私は日本語、こっちの方がコミュニケーションがとれそうです。



11/19/2016

蟹を求めてサンフランシスコへ

ダンジェネス蟹のシーズン、蟹を求めてサンフランシスコへ行ってきました。 もちろん、ナパバレーでも蟹は食べられるのですが、やっぱり海景色を臨みながら蟹を食べたいではないですか。

シティに到着、蟹が登場!


今回もホテル1泊しました。 以前にも宿泊したことのある(こちら)お気に入りのホテル・ヴィターレ(Hotel Vitale)です。 愛犬、ホテルライフに慣れています。 


今回はラッキーにも部屋のアップグレードがあって、ベイブリッジビューの部屋に宿泊することができました。

部屋からのビューです。


夕暮れ時は、こんな色に変わります。


美しいベイ景色です。 

手前の古いビルには、Boulevard(ブルバード)という有名なレストランが入っています。 10年以上も前ですが、一度食事をしたことがあります。 わりとへビーなアメリカ料理であった記憶がありますが、時は流れているので、今はもっとヘルシー志向になっているかもしれません。 機会があったら、又ぜひ行ってみたいレストランのひとつです。


ホテルのルーフバルコニーからは、逆側のフェリービルディングも望めます。


チェックインの後は散歩。


この界隈はフィッシャーマンズワーフに比べると静かなので、のんびり散歩できます。


それに、レストランやバーもあるので、ちょっと一休みもできます。


ここで一息、カクテルタイム。


この後、蟹です。