11/01/2016

サンフランシスコは田舎であると感じる時

私の住んでいるナパバレーは、ワインカントリーという名前の通り、広範囲がヴィンヤード(ぶどう畑)です。 もちろん、商業地や住宅地もありますが、基本自然がいっぱいの田舎です。

車で1時間の距離にあるサンフランシスコに行くと、都会に来た!と思います。

ところが、日本里帰り中に東京に来ると、やっぱり東京は大都会、サンフランシスコは田舎だわ!と思ってしまいます。 何事も比較です。

サンフランシスコはナパバレーに比べると、ショッピングやアート&エンターテインメントが充実している上に、レストラン(食べることが重要なので)の選択も幅広いです。

でも、東京はサンフランシスコのレベルではありません。 何でもあるある、大都会の便利な生活。 しかも、どこに行ってもキレイ、治安もアメリカの都市とは全然比べものになりません。

サンフランシスコでお洒落と言われる、フィルモアストリートやチェストナットストリートも、銀座、表参道、代官山の通りと比較すると、どうも色あせて見えます。 もしかしたら、この印象はサンフランシスコの道端には汚いゴミや怪しいものが落ちていたりすることが原因かもしれません。  

大都会の東京にとても魅力を感じます。 但し、東京のどこもかしこも近代化された風景には個性がなくて、サンフランシスコの街並みのような情緒がないような気もしますけどね。

将来は都会の生活に戻ることを考えているので、サンフランシスコ、或は、東京、どちらが良いかな。 日本に帰ってくると、色々と比較しています。 

夫も私も、どうしてもアメリカに居たいとか、或は、どうしても日本に居たいとか、思っていません。 そういう選択肢があるのは幸せな事なのでしょうが、ある意味悩んでしまいます。

アメリカの家の広さや造りは👍、日本の公共交通機関は👍、アメリカで食べるアメリカン&イタリアン料理は👍、日本で食べる和食は👍、アメリカの医療サービスは👍、日本の医療保険制度は👍、アメリカの歯医者は👍、日本の美容院は👍 等々

そろそろ季節、鍋焼きうどんを食べながら考えています。




0 件のコメント:

コメントを投稿