10/23/2016

サンフランシスコのマリーナ&カウホロー地区

サンフランシスコのホテルという名のモーテルに宿泊した続きです。

不思議なことに、この界隈のモーテルは少しお化粧をしています。 例えば、


ちょっと見にくいですが、外壁にフラワーが描かれています。 こっちのSuper8モーテルも、


外壁にデザインが?

お洒落な街にはお洒落なデザインということなのでしょうか? でも、一歩間違えると、日本の😍ホテルのようにも見える、モーテル ストリートです。 本当の名前はロンバート ストリート(101)です。

この通りの北がマリーナ地区(Marina)、南がカウホロー地区(Cow Hollow)、どちらも若い人達に人気のエリアです。

最初カウハローを散策してみました。 ショップやレストランが並んでいるUnion Street(ユニオン ストリート)です。


可愛いショップが並んでいます。


カフェでくつろいでいる人たちも結構います。 北の方向は、ちらっと海が見えます。


次に北のマリーナの方向へ。


ショップやレストランが並んでいるChestnut Street(チェストナット ストリート)に行ってみました。 ユニオンストリートに比べると、こちらの方が人通りが多く賑わっていました。 人が入ってしまうので写真撮れませんでした。 

チェストナット ストリートの方がショップやカフェレストランの数が多く、より充実しています。

翌朝、もう一度マリーナ地区を散歩してみました。 土曜日の朝でしたので、ゆっくりと散歩やスポーツを楽しむ人も多いようです。


都会ではありますが、のんびりとした雰囲気です。

短時間でしたが、マリーナとカウホロー地区散策は楽しかったです。 なんと言っても、この界隈はアメリカとは思えないくらい、痩せた人がたくさんいます。 ヘルシー志向なのでしょう。

そして、多くの住民が同じような体型で、同じような服装で、同じようなトーンで会話しています。 実に面白いピーポー・ウオッチングでした。

マリーナ地区の人気フレンチビストロ Bistro Aix(ビストロ エックス)のディナー記事は(こちら)です。 


2 件のコメント:

  1. サンフランシスコのマリーナ地区は、オシャレでいいところですね。痩せた人がたくさんいたようですが、お金持ちなのかな? 太った人が多いほど、ローインカム地区ですよね。。アメリカって。 フレンチビストロのお料理も美味しそう。 昨日の記事では、ウエルビくんが夜中に吠えていたようですが、ちゃんと守ろうとしているのですね。やっぱり、犬は、そういうところが猫と違いますね。

    返信削除
    返信
    1. きぶたさん、ローインカムと肥満に関して、鋭いご指摘ですね。 マリーナ地区はヤッピーの好きな街です。 既に富裕層も多いですが、どちらかと言うと富裕層予備軍のような感じでしょうか。 似たような人がいっぱいいます。 オサレなところですが、マリーナは大地震が発生した場合、ちょっと危険地域です。 うえるびは頑張って守ろうとしているのですが、頑張り過ぎです。 かなり疲れたと思います。 

      削除