1/28/2017

サンフランシスコの老舗ブティックホテルSir Francis Drake

1泊シティライフです。今回もベイブリッジを渡ってサンフランシスコへ行ってきました。幸運にも晴天に恵まれました。


今回宿泊したのはダウンタウンのユニオンスクエアすぐ近くにあるSir Francis Drake Hotel(サー フランシス ドレイク ホテル)です。


このホテルの日本での知名度は高くないかもしれませんが、サンフランシスコ発祥のブティックホテルチェーンKimpton Hotels(キンプトン ホテルズ)のホテルです。 

以前はサンフランシスコ市内にもっとたくさんあったのですが、現在は2ホテルしかなくなってしまいました。キンプトンホテルは私のお気に入りホテルチェーンで、アメリカ国内ではPalomar(パロマ―)やMonoco(モナコ)という名前で営業しています。

サーフランシスドレイクホテルは1928年オープンのクラッシックな雰囲気のホテルなのですが、ブティックホテルとしてのモダンでスタイリッシュな雰囲気も兼ね備えているユニークなホテルです。

レセプション・ロビー周りはかなり豪華絢爛




このレターボックスはもちろんアンティック。今時はあまり見かけないシューターになっています。


かなりトラディショナル(古風・・・)な雰囲気でウエルカムされました。


しかしながら、ゲストルームはトラディショナルではなくモダンです。


欠かせないねワインは。


ドッグフレンドリーのサーフランシスドレイクホテルに愛犬も満足です。


14階の部屋から西側の眺め


夕方5時になるとロビーでワインのサービスがあります。


ピアノの上にソフトドリンクやスナックも用意されていました。


ホテルの歴史に関するものがディスプレイされています。


ご機嫌な愛犬です。


グラスワインでのどを潤した後はおいしいフード&グラスではなくボトルワイン、今回は何めしかな。



1/27/2017

大好きなアメリカの歯医者とお土産

3か月に一度の歯のクリーニングに行ってきました。

毎日歯の手入れに時間をかけているわけではないのですが、歯の状況が改善されていると言われました。そういえば、以前程クリーニング中の不愉快さもなく、あっという間に終了しています。

50を過ぎると、体のどこかが悪くなったということはありますが、良くなったということはほとんどありませんので、とても幸せな気分です。

おめでとう&ありがとう、と歯科衛生士とハグして帰ってきました。

アメリカの保険医療制度はなにかと問題は多いのですが、医療施設や医者のレベルは概して高いです。

歯医者も例外ではなく、私の歯科医院も最新の設備を取り入れていて、医師2名と歯科衛生士数名のレベルも高いと思ってます。

私の場合ですが、その昔日本で利用した歯医者の数は10カ所以上ですが、なぜか良い歯医者に出会ったことありません。

やたらと威張っている医師、ぼったくる医師、詰め物がすぐ取れてしまったりするスキルに問題ある医師など、いい思い出が全くありません。

きっと良い医者も存在すると思うので、医者の選択が間違っていたのでしょう。

一方のアメリカですが、利用した歯医者の全てが良かったわけではありませんでした。

とある歯医者は医師がクリーニングの仕事をメインにしていて、それ以外の仕事はしたがらない、へんな医師もいました。

とても不愛想な医師(なぜか日系アメリカ人だった)もいました。

でも、それ以外の歯医者は愛想も良くて治療スキルも高く、アメリカの歯医者大好きとなるわけです。

それに、もうひとつ大好きな理由がお土産です。日本の歯医者では一般的なのかどうかはわからないのですが、アメリカの歯医者に行くともらえます。

お土産は歯ブラシ、トラベル用の歯磨き粉、デンタルフロスやテーブなどの消耗品なので、数があれば助かります。


最近は担当歯科衛生士と親しくなっているので、これとこれが欲しいと図々しく要望してコレクション化しています。

そういうわけで、毎回歯医者に行くことがとても楽しみです。夫はそういう私のことを気持ち悪いと思ってます。歯医者が苦手なアメリカ人も多いのです。

多くの高齢者が後悔することのひとつは若い時に歯の手入れを怠ったことです。歯医者を大好きになることは良いことではないかと思うのですが、どうも夫は理解できないらしいです。

次は3か月後のクリーニングと検診です。おいしい料理をおいしく味わうには、歯は大切です。 



1/20/2017

アメリカ大統領就任式とランチョンメニュー

アメリカの首都ワシントンがある東部とは3時間の時差があるカリフォルニアでは、トランプ大統領就任式中継は朝早くに始まりました。でも、しっかり起きてテレビを見ました。

4年前や8年前の就任式と比べると、やはり控えめな雰囲気は否めません。各地で抗議活動も盛んな状況ですし、仕方がないでしょうね。でも、それなりに見所もあったと思うのです。

賛否両論あるスピーチ内容はさておいて、ファーストレディーののドレスはとても上品で、着こなしはさすが元モデル。ファーストドーターたちもなかなか素敵でした。

でも、一番の見所は、何と言っても、たくさんの政治家たちの立ち振る舞いですね。どう考えても、絶対この人たち嫌いなはずなのに笑顔で握手、ハグ、キスしたりという大人の(?)振る舞いは大したものです。

まさかとは思っても、現実はそうなってしまったのです。アメリカは前に進んだのです。抗議活動をするのも宜しいと思いますが、新しい環境を受け入れた方が賢明のような気がしました。

いつまでも嫌だと不満を述べても、時間とエネルギーの無駄ではないでしょうか。賢い政治家やビジネスパーソン達は、もう既に先に進んでいると思われます。

と硬いことは最小限にして、私としては就任ランチョンのメニューが気になりました。 

First course
Maine lobster and Gulf shrimp with saffron sauce and peanut crumble
メインロブスターとガルフシュリンプ、サフロンソース、ピーナツクランブル
J. Lohr 2013 Arroyo Vista Chardonnay
 
Second course
Grilled Seven Hills Angus beef with dark chocolate and juniper jus and potato gratin
グリルド セブンヒルズ アンガスビーフ、ブラックチョコレート&ジュニパー ジュ、ポテトグラタン
Delicato Black Stallion 2012 Limited Release Napa Valley Cabernet Sauvignon

Third course
Chocolate soufflé and cherry vanilla ice cream
チョコレートスフレとチェリーバニラアイスクリーム
Korbel Natural Special Inaugural Cuvée California Champagne
 
特にエキゾチックなものはなく無難なメニューで、ペアリングのカリフォルニアワインも控えめな感じがしました。 

グリルドビーフにはやっぱりナパバレーのカベルネソーヴィニョンのペアリングでしたね😋。

コーベルのシャンパンは特別キュヴェということですが、コーベルの普通のシャンパンとは違うのでしょうか。正確にはシャンペンではなくスパークリングワインです。


この先、何らかの変化もあると思うのですが、急激に変わることもないでしょう。アメリカが再び偉大な国!になるのを見守るだけです。アメリカ生活って執着しなければ、とても気楽です。

早起きした夫がナパで人気のドーナツ屋Happy's Donut Treeで、ドーナツ買ってきました。早く行かないと売り切れになる人気店です。


二人しかいないのに1ダースもあります。全部食べられるかな。



1/16/2017

忘れた頃にやってくる固定資産税

先日、我家の家計簿担当者(夫)から、昨年の外食費用がかなり上昇したという報告を受けました。

注意しなくちゃと思いながらも、相変わらず飲んだり食べたりして楽しんでいた矢先、ふと気がついたのは、今月は固定資産税を支払う月だったのです。

ナパ郡では、1月と11月に固定資産税を払うことになっています。なぜ一番出費がかさむ12月の前後なのか、まったく意味不明です。

アメリカの固定資産税は日本よりも断然高いです。もちろん住んでいる場所にもよりますが、カリフォルニア州は予想通り(!)かなり高いです。

何十年も同じ家に住んでいる人たちはそれ程でもないようですが、不動産価格が急激に上昇してから購入した人達の固定資産税の負担はかなり大きいです。

家を購入すると、住宅ローン(ない人もいるでしょうが)を払って、固定資産税を払って、家の維持管理もしていかなければなりません。

所有すると実に厄介です。と言っても、賃貸も消えていく家賃やら毎年の値上げなど、どっちも良し悪しです。

サンフランシスコ・ベイエリアのような異常に高い不動産価格とそれに伴う固定資産税では、いっそのこと他州へ引越ししようと考える人がいるのも頷けます。

我が家のような仕事上どうしてもここで生活しなければいけない訳でもない者は他州への引越しを考えます。

夫の家族がオハイオ州クリーブランドに居るので、たまにクリーブランドの不動産を調べてみますが、素晴らしいお家がとてつもなく手頃な価格で購入できます。

それなりに見所もあるクリーブランドですが、冬の寒さはとても耐えられないので、実行には移せません。

結局のところ、ナパバレー或はベイエリアの高い住居費や生活費を受け入れている理由は気候とフード&ワインです。

今年はとても寒いと思っているのですが、見てください、すでに春の兆しが。昨日立ち寄ったワイナリーからのバレー風景、マスタードの花がキレイです。  


この土地でいただく料理やワインは他では味わえないものなのです。

そういう訳で、外食費用も上昇していまうのです。



1/13/2017

雨の合間にサンフランシスコ ジャパンタウン

やっと雨が上がったタイミングで一泊シティライフです。来週も雨の予報が出ているので、雨の合間にサンフランシスコへ向けて出発!

ナパは晴れていたのに、ベイブリッジに入ると曇ってます。 


車から外を覗いて心配な愛犬、雨降ると散歩できないものね。


市内に入るとやっぱり雨でした。


残念!とりあえずホテルにチェックイン。宿泊はジャパンタウンのホテルカブキ。


ジャパンタウンの駐車場からホテルは繋がっているので移動が簡単です。雨の日は特に都合が良いです。 

ホテルは只今リノベーション中で、ちょっと不都合はありますが、ドッグフレンドリーのお気に入りブティックホテルです。 


レセプション



部屋に入ったら、なんと愛犬へおやつのビスケットが用意されていました。しかも「Webleyへ」というメッセージカード付きです。


このホテルでも愛犬は顧客登録されていましたが、私の名前は消えていました。ダメだね存在感のない女。

部屋からの景色、雨は止んだみたいだけど、少々寒いサンフランシスコ。


でも、翌日は晴天に恵まれ、


ジャパンタウンを散歩


昭和の香りが漂う日本街


ショップ、スーパー、レストランなどがたくさん並んでいて便利。日系スーパーで、しゃぶしゃぶ肉とごまだれを調達したので、家に帰ってから愛犬の大好きなしゃぶしゃぶを用意できそう。

ホテルカブキもいいけれど、ジャパンタウンのこのホテルも気になっているので、来月はここかな。


愛犬は1泊シティライフにかなり慣れてきました。サンフランシスコには愛犬が利用したことあるER動物病院が2件あるので、他の知らない土地に滞在するよりも安心です。



1/05/2017

新3つ星レストランQuinceのサプライズiPadプレート

サンフランシスコでのお年玉ディナーです。お正月ですので、和食がいいなと思って寿司レストランを予約していました。ところが、その寿司レストランの予約システム変更が発生して、私たちの予約変更も余儀なくされました。

予定していた寿司ディナーの代わりに選んだのは2017年度ミシュラン3つ星に輝くイタリアンレストランQuince(クインス)です。お正月ですので景気づけです。このレストランの(記事はこちら)です。

ブログを始めるちょっと前(2年半位前かな)ですが、当時2つ星のクインスで食事したことがあります。

なので、サーバーの人に、当時と比べてどお?と聞かれました。正直、素晴らしいダイニングだったのは覚えているのですが、ひとつひとつの料理は覚えていません、すみません。

ブログを始める前でしたので、写真ひとつも残っていません。残っていれば少しは思い出すかもしれないと考えると、このブログも将来役に立つかもしれません。

でも、確実にわかるのは前回よりもかなりレベルアップしています。2つと3つの星の差はあります。特にプレーティング&プレゼンテーションはかなり印象的です。

例えば、最初に出てきた、これ


iPadのスクリーンがお皿として使われているのです。その上に料理(真ん中の小さい)が乗っています。驚きました!さすが、サンフランシスコベイエリアではないの、テクノロジーとカリナリー(料理)の融合です。

ちなみに動画は嗅覚に優れているわんこが土の中のトリュフを探している様子です。わんちゃんは人間生活の色々な所で大活躍しています。

クインスでのトータルのダイニングエクスペリエンスは素晴らしかったです。現在、サンフランシスコベイエリアには6つの3つ星レストランがありますが、その全部のレストランが本当に愉しませてくれます。もちろん、ミシュランの評価だけでなく、他にも素晴らしいレストランは存在します。

単純に外で食べる食事と考えると、これほど無駄使いはないと思います。でも、これはただ単に食べるという事でなく、人間の五感を通して愉しむカリナリーアート(食の芸術)であると思うのです。

どの分野も同じですが、そこで働く人達はより良いものを求めて、切磋琢磨しています。そんな彼らの努力の作品をいただけることは何よりも楽しいです。費用がかかるので、そう頻繁には行けませんが、たまにこの空間に身を置いてみることに価値を感じます。

でも、今回ひとつ失敗しました。なぜなら、コースの最後まで全部食べることができませんでした。悔しいです。正直、自分で言うのもなんですが、私の飲み食い能力は長けています。アメリカ人と比べて負けていませんが、今回かなり苦しかったです。

もしかしたら、その原因のひとつはディナーの前にビール一杯飲んでしまったからもしれません。でも、この立ち飲みビールも美味しかったんですよね。 フェリービルディング内のキオスク、Fort Point Beer Company(フォートポイント ビア カンパニー)の(記事はこちら)です。

美味しいフード&ワインの後は、こんな美しい夜景を見て一日を終える。 


今年も定期的にサンフランシスコに出向いてグルメ探索してみようと思ってます。



1/03/2017

サンフランシスコのホテル顧客になった愛犬

お正月なのに、おせち、お雑煮、お年玉もないのは寂しすぎます。

気晴らしに、サンフランシスコに行って美味しいものを食べる、いつもの1泊シティライフを楽しんできました。

今回の宿泊はフェリービルディング近くのHotel Vitale(ホテル ヴィターレ)です。これまで2回(こちら)(こちら)宿泊しました。


3回目の滞在で、ホテルの人たちからはHi Webleyと声をかけてもらえるようになり、


愛犬の名前は顧客として正式に登録されたようです。顧客として認められても何らメリットはありませんが、名前を憶えてもらえることは嬉しいことです。 

このホテルのツリーはかなり痩せています。


素敵なロビーのソファーには、なんと30個を超える?クッションが置いてあります。 


さすがはブティックホテル、このホテルを益々気に入りました。

ホテルチェックインの後は、サンフランシスコ湾沿いを散歩しました。





残念ながら、天気はイマイチでした。



1/01/2017

時差を感じるニューイヤーズイブ

日本から17時間遅れて、ついにカリフォルニアもついに年越しました。改めまして、あけましておめでとうございます。

毎年のことですが、大晦日(ニューイヤーズイブ)が来ると、世界の時差を感じざるを得ません。

生まれ育った日本はもちろん気になりますが、テレビで世界各地の年明けニュースをリポートしているからです。どこも花火、花火、花火。

アメリカは国内でも時差がありますので、ニューヨークはカリフォルニアよりも3時間早く、ハワイは2時間遅れて、ついに皆年越しました。

イブの晩は、近所に住む(夫と)同年代の夫妻を我が家にお招きして年越しディナーをしました。

メニューはローストハム、マッシュトポテト、芽キャベツのソテー、人参のグラッセ、パイナップルソースです。前菜はチーズ&シャルキュトリ、シュリンプカクテル、サラダです。忙しくて写真なし。

私としては年越しそばでも食べたい気分ですが、ご夫妻は和食とは無縁の方達なので、無難なメニューにしました。

和食がブームなんて報道されていたりしますが、実際多くのアメリカ人はそれ程和食に興味はないです、特に、ご年配の人たち、地方に住んでいる人たちなど。

ディナーの後はテレビを見ながら年越ししたのですが、夫も含めて3名が選んだテレビ番組はニューヨークのタイムズスクエアを中継していました。あら、これライブじゃない、3時間前の再放送では? 

なんで、サンフランシスコの年越しライブにしないのかな?と思ったのですが、どうもニューヨークの方が年越し気分が味わえるらしい。確かにサンフランシスコの年越しはニューヨークの年越しに比べれば地味、ちょっとしょぼい。まあ、どっちでもいいです。

12時を過ぎてスパークリングワインで乾杯。マグナムボトル(普通のボトルの2倍の大きさ)を用意しておいたのですが、4人では飲み切れないということで、普通のボトルをオープンしました。

結局、マグナムサイズボトルが残ってしまいましたが、このサイズは冷蔵庫に入らないので、外で保管しています。いつ消費できるのだろう、心配です。


このスパークリングワインだけでなく、ディナー料理も山ほど残ってしまったので、元旦にも関わらず、残りもの処理に勤しみます。元々お節料理の用意もないので、どうってことないです。料理しなくて楽です。

クリスマスまではアメリカでいいけど、年越しとお正月は日本で過ごしたいです。お節料理はあまり好きでないけど、おいしい和食と日本酒、初詣に行ったり、子供たちにお年玉あげたり、日本に帰りたいです。