1/01/2017

時差を感じるニューイヤーズイブ

日本から17時間遅れて、ついにカリフォルニアもついに年越しました。 改めまして、あけましておめでとうございます。

毎年のことですが、大晦日(ニューイヤーズイブ)が来ると、世界の時差を感じざるを得ません。 生まれ育った日本はもちろん気になりますが、テレビで世界各地の年明けニュースをリポートしているからです。 どこも花火、花火、花火。

アメリカは国内でも時差がありますので、ニューヨークはカリフォルニアよりも3時間早く、ハワイは2時間遅れて、ついに皆年越しました。

イブの晩は、近所に住む(夫と)同年代の夫妻を我が家にお招きして年越しディナーをしました。 メニューはローストハム、マッシュトポテト、芽キャベツのソテー、人参のグラッセ、パイナップルソースです。 前菜はチーズ&シャルキュトリ、シュリンプカクテル、サラダです。 忙しくて写真なし。

私としては年越しそばでも食べたい気分ですが、ご夫妻は和食とは無縁の方達なので、無難なメニューにしました。 和食がブームなんて報道されていたりしますが、実際多くのアメリカ人はそれ程和食に興味はないです、特に、ご年配の人たち、地方に住んでいる人たちなど。

ディナーの後はテレビを見ながら年越ししたのですが、夫も含めて3名が選んだテレビ番組はニューヨークのタイムズスクエアを中継していました。 あら、これライブじゃない、3時間前の再放送では? 

なんで、サンフランシスコの年越しライブにしないのかな? と思ったのですが、どうもニューヨークの方が年越し気分が味わえるらしい。 確かにサンフランシスコの年越しはニューヨークの年越しに比べれば地味、ちょっとしょぼい。 まあ、どっちでもいいです。

12時を過ぎてスパークリングワインで乾杯。 マグナムボトル(普通のボトルの2倍の大きさ)を用意しておいたのですが、4人では飲み切れないということで、普通のボトルをオープンしました。

結局、マグナムサイズボトルが残ってしまいましたが、このサイズは冷蔵庫に入らないので、外で保管しています。 いつ消費できるのだろう、心配です。


このスパークリングワインだけでなく、ディナー料理も山ほど残ってしまったので、元旦にも関わらず、残りもの処理に勤しみます。 元々、お節料理の用意もないので、どうってことないです。 料理しなくて楽です。

クリスマスまではアメリカでいいけど、年越しとお正月は日本で過ごしたいです。 お節料理はあまり好きでないけど、おいしい和食と日本酒、初詣に行ったり、子供たちにお年玉あげたり、もう日本に帰りたいと思ってしまいました。



2 件のコメント:

  1. あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します🎍
    スパークリングワインって、あけちゃうと飲みきらないといけないから大変ですよね。普通のなら多少味が落ちても後から飲めますが…
    自分は日本でお正月でしたが、洋風おせちなんて、もうおせちじゃない中身でした(笑)。お雑煮は思いっきり日本でしたけど♪

    返信削除
    返信
    1. こぐれんさん、あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 あまりにも大きすぎるスパークリングワインを持て余しています。 誰か、飲みに来てくれないかな、です。 今、日本なのですね、うらやましいです。 もう何年もお正月はアメリカです。 ベイエリアでは日系のスーパーでおせちを購入できるようですが、やっぱり本物日本のおせちにはかないませんね。 日本でお正月いいな、です。

      削除