1/03/2017

サンフランシスコのホテル顧客になった愛犬

お正月なのに、おせち、お雑煮、お年玉もないのは寂しすぎます。 気晴らしに、サンフランシスコに行って美味しいものを食べる、いつもの1泊シティライフを楽しんできました。

今回の宿泊はフェリービルディング近くのHotel Vitale(ホテル ヴィターレ)です。 これまで2回(こちら)(こちら)宿泊しました。


3回目の滞在で、ホテルの人たちからはHi Webleyと声をかけてもらえるようになり、


愛犬の名前は顧客として登録されたようです。 顧客として認められても何らメリットはありませんが、名前を憶えてもらえることは嬉しいことです。 

このホテルのツリーはかなり痩せています。


素敵なロビーのソファーには、なんと30個を超える?クッションが置いてあります。 


さすがはブティックホテルです。 このホテルを益々気に入りました。

ホテルチェックインの後は、サンフランシスコ湾沿いを散歩しました。


天気はイマイチでしたが、のんびりとウオーキング。




散歩途中、道行く人から「わ~ ストローラーにわんこが乗ってる」と笑われたり、声をかけられたり、 写真を撮られたり、いつものことですが色々あります。


この日の晩はお年玉ディナーで、大変美味しいものをいただきました。

サンフランシスコ話続きます


6 件のコメント:

  1. うえぶりちゃんの名前を覚えてくれていて、良かったですね。清潔なとても素敵なホテルだと思いました。猫は、1日からギリギリで2日くらいなら、ご飯とお水をたっぶり用意すれば、お留守番できますが、、多分、うちは、猫仲間がいるので、そこまで孤独にならずに、私たちを待っていられるのだと思います。ワンちゃんは、たてえ仲間がいても、家に置いて、留守にするのは不可能ですよね。

    返信削除
    返信
    1. きぶたさん、たぶんホテルの顧客情報として犬名も入力されているのではないかと思うのです。 でも、飼い主よりもウエブリーの方が有名です。
      きぶたさんの猫ちゃんには仲間がいるのですね。 わんちゃんは1日中置いてきぼりは不可能ですね。 以前、急な葬式が発生して、どうしてもペットホテルの都合がつかず、ウエブリーは朝から夜遅くまで留守番しましたが、かなり寂しかったようです。

      削除
    2. もし誤解していたらすいません。正確にいうと、うちには、3匹猫がいるので、仲間がいると書きました。

      削除
    3. きぶたさん、3匹はのお世話は大変そうですね。皆それぞれ性格が違うのではないでしょうか。 3匹の中でえこひいきとかありますか?

      削除
  2. ホテルの顧客名簿に名前が載っているなんて、ウエブリーちゃん、すごいですね。
    一般的に日本に比べると欧米では、相手の名前をきちんと呼ぶことが大切な印象ですが、どうでしょうか?
    キャリーに乗ったワンコはアメリカでは珍しいのですね。日本では結構いて、そのまま電車にも乗るのでひんしゅくを買い、最近、ワンコのキャリーは電車NGになりました。
    我が家の次男坊は、小さい時からお留守番させられているので得意です。「お留守番」というと、自分からサークルの中に入っていき、そのままずっと寝ているようです。

    今年もよろしくお願いいたします。

    返信削除
    返信
    1. inumochiさん、すごくはないのですが、数回利用したので、たぶん顧客システムに名前が入っているのです。 日本では犬の名前登録?とされるのでしょうか。 アメリカなので、なんでもOKなのですよ。 
      でも、キャリー利用はアメリカでは珍しいです。 うちの子は病気なので、長く歩かせることができないと言うと、皆納得します。 車社会なので、電車に乗ることはほとんどありませんが、日本はダメなのですね。 ショックです。 そういう人権ではなく、犬権が認知されていないことはさびしいです。お留守番がきちんとできる次男坊君は立派です。

      削除