1/28/2017

SFの老舗ブティックホテルSir Francis Drake

1泊シティライフです。 今回もベイブリッジを渡ってサンフランシスコへ行ってきました。 幸運にも晴天に恵まれました。


今回宿泊したのはダウンタウンのユニオンスクエアすぐ近くにあるSir Francis Drake Hotel(サー フランシス ドレイク ホテル)です。


このホテルの日本での知名度は高くはないかもしれませんが、サンフランシスコ発祥のブティックホテルチェーンKimpton Hotels(キンプトン ホテルズ)のホテルです。 

以前はサンフランシスコ市内にもっとたくさんあったのですが、現在は2ホテルしかなくなってしまいました。 キンプトンホテルは私のお気に入りホテルチェーンで、アメリカ国内ではPalomar(パロマ―)やMonoco(モナコ)という名前で営業しています。

サーフランシスドレイクホテルは1928年オープンのクラッシックな雰囲気のホテルなのですが、ブティックホテルとしてのモダンでスタイリッシュな雰囲気も兼ね備えているユニークなホテルです。

レセプション・ロビー周りはかなり豪華絢爛




このレターボックスはもちろんアンティック。 今時はあまり見かけないシューターになっています。


かなりトラディショナル(古風・・・)な雰囲気でウエルカムされました。


しかしながら、ゲストルームはトラディショナルではなくモダンです。


欠かせないね、ワインは。


ドッグフレンドリーのサーフランシスドレイクホテルに愛犬も満足です。


14階の部屋から西側の眺め


夕方5時になると、ロビーでワインのサービスがあります。


ピアノの上に、ソフトドリンクやスナックも用意されていました。


ホテルの歴史に関するものがディスプレイされています。


ご機嫌な愛犬です。


グラスワインでのどを潤した後はおいしいフード&グラスではなくボトルワイン、今回は何めしが登場するでしょうか? 

この週末から大きなお祝いがありますので、想像できるかも。

サンフランシスコ話続きます。


0 件のコメント:

コメントを投稿