2/02/2017

アメリカ社会に同化しない移民

ホットな話題の移民に関してです。 

昨日、アレルゲン免疫療法の注射を受けにクリニックに行ってきました。 このクリニックでは、たくさんの移民家族が治療を受けています。 受け付けている保険が幅広いこと、それとバイリンガルの看護師がいることなどが理由です。

彼らは英語ではなく母国語で大声で話しているので、移民であるとすぐにわかります。 家族全員が患者ではないと思うのですが、なぜか家族全員集合して大騒ぎしています。 

静かな待合室での彼らの行動を目の当たりに、言葉には出さなくてもちょっと不快に思っている人もいる感じでした。 もう少し静かに過ごしてくれないかな、です。 たぶん、彼らは周りの人たちを不快にさせているとは、思っていないのでしょう。

アメリカは移民の国であり、様々なバックグランドの人たちが生活しています。 特にカリフォルニア州サンフランシスコベイエリアのような移民が多い場所では、他言語や他文化にふれることも普通のことです。

私自身も一応移民なので、生まれ育った国の言語や文化を大切にする気持ちもわかります。 でも、これまで何度か感じたのは、移民の一部は自国の文化を引きずったままで、全くアメリカ社会に同化しません。 単純に生活の場が変わっただけです。

そういった移民の多くが、アメリカという国、或は、アメリカ人が嫌いだと言います。 それでも、アメリカで生活することを選んでいるのです。 なぜ、嫌いな国に住んでいるのか、或は、住みたいのか、理解に苦しみます。 生活レベルの向上という大義名分もあるのでしょうが、先進国はアメリカだけではありません。

その昔学生だった頃、留学生同志が集まってアメリカ人の悪口を言っているのをよく耳にしました。 私自身はそういう悪口を聞くのがとても苦痛でした。 1,2回嫌な思いをすると、単純に嫌いになっていて、どうしてアメリカ人がそうなのかを理解しようとしない人たちが実に多いのです。

幸運にも、私はアメリカの大学の必須科目で「アメリカン・エクスペリエンス」という授業を取りました。 1から4までのアメリカに関する長いコースで、かなりの本を読みました。 当時は英語での授業が困難でしたから実に苦労しました。 

が、今考えると、アメリカという国の歴史や文化から始まってアメリカ人の価値観まで、多くのことを学ぶことができ、その後の生活にかなり役立ちました。

生まれ育った日本人としてのアイデンティティは失いたくはありませんが、アメリカで生活している限り、アメリカ社会にできるだけ同化したいです。 アメリカ人の夫もいますので、それが幸せなことです。

一方で、もし日本に帰ることになったら、日本社会にももちろん同化します。 アメリカ生活を一度経験すると、なぜか上から目線で日本社会を批判する人もいます。 でも、日本の歴史や文化そして日本人の価値観を改めて理解すれば自ずと同化できると思います。

日米の比較はしても、基本、郷に入っては郷に従えで、生活している社会に融合することは重要ではないでしょうか。 そうすることでストレスが少なくなるような気がします。

先週末、サンフランシスコの北、マリンカウンティのお洒落な街、サウサリートを散歩しました。 とても平和な時間でした。


「フード&ワインの日々」更新しました。 イタリアンレストランAngelino(アンジェリーノ)の(記事はこちら)です。


4 件のコメント:

  1. まったく同感です。ヨーロッパで暮らしていたときにも同じことを感じました。
    自分たちのルーツを大切にすることは大事ですが、同化とまでいかなくても、せめてその国の言葉を学び、その国の習慣や文化を尊重するのは、ホストカントリーへの最低限の礼儀だと思います。それなのに、その最低限の努力さえしない人々が、日本人も含めて多すぎる。そしてそのことを非難されると、すぐ差別だと騒ぎだす。それはちょっと違うでしょうに。

    表立ってはトランプの移民排斥に反対している人々の中にも、その待合室でのような不快感を時折感じて嫌だなと思っている人が大勢いて、トランプはそうした声に出さない反感をうまくくみ上げてしまったのでしょうね。

    ただ異文化コミュニケーションは、うえぶりーママさんが苦労して勉強なさったように、多少高度な知的レベルが必要かもしれませんね。でも、要は、好奇心とか想像力の問題だとも思うのですが。

    返信削除
    返信
    1. inumochiさん、おっしゃる通りです。 移民の一部(もちろん全部ではありません)は移民の国なんだから、とアメリカの歴史において既に存在していた価値観を学びません、どころか否定さえします。 そして、権利の主張は激しいのですが、義務は怠っている場合が多いのです。 

      そういう状況が続いて、普通のお人好しのアメリカ人でさえも、我慢できなくなっているのです。 トランプを支援している多くの人は人種や性差別者ではなく、普通のアメリカを愛するアメリカ人がほとんどです。 

      私の周りには両サイドのアメリカ人たちがいるので、どちらの意見もそれなりに入ります。 でも、多くの人たちは限られた情報の中で、自分の生活にプラスになる方向を向いているので、偏った意見が多いです。 まあ、それは日本も含めてどこの社会も一緒ですよね。

      削除
  2. コンバンワー。移民問題、難しいですね。私も移民で、こちらに来ているので。しかし、移民ではなく、難民としてアメリカに来る人たちは、ある意味、これから、あまり、アメリカに受け入れられなくなるようですね。昔、ブルガリアから難民できた夫婦がいましたが、宗教の問題できたと言っていましたが、なんだか、胡散臭い感じでした。そして、アジア人を差別していました。最近、こちらに、中東からの移民が増えて、ルールを守らない人たちが増え、危なくなっています。トランプさんは、そういう、声に対しての移民の制限をしていると思いますが、いろいろとこのコメント欄では、言えないことなどあります。
    昨日の記事の税金ことですが、全てが権利だと思い、いろいろと、やって、仕事をしないで生活をしている移民がロスにはたくさんいます。病院で働いているとよくわかります。いきなり、ほかの国から来て、ただで治療をしてもらって、、、多分、知っていて、アメリカに来て治療をしているんだと思います。いろいろと改善されるといいのにな。 

    返信削除
    返信
    1. きぶたさん、不法移民や難民の管理をきちんとしないと、将来大変なことになると思います。 移民の国だと言い張ってウエルカムし続けたら、将来どうなるのでしょうか? 既に国の負債はすごい数字になっていますね。 これは税金も関わっている話で、ある程度の統制は必要だと思います。 日本も難民受け入れを押し付けられそうな雰囲気がありますね。 アメリカほど移民や難民に慣れていない日本は大変なことになりますよ。

      削除