2/28/2017

嫌われるオーガニック女

オーガニックと言えば、サンフランシスコベイエリア。 オーガニックなライフスタイルが定着している聖地のような場所です。 食べ物はもちろん、洋服や化粧品、日用品までオーガニック商品は多岐にわたっています。

そんな環境で生活していると、特に大きな疑問を感じることなく、オーガニック商品の方が良かろう、と思い購入しています。 ふと気がつくと、我が家の冷蔵庫やパントリーにオーガニック商品がたくさん並んでいます。


どこかのワイナリーで購入したオーガニックのワインまであります。 でも、正直、オーガニックワインって美味しくないです。 ノンオーガニックの味に慣れているからかもしれません。

でも、本当にオーガニックって良い商品なのでしょうか? たぶん良い商品が多いと思うのですが、同時に、オーガニックという広告に惑わされているような気もします。

通常オーガニックの方がノンオーガニックよりも値段設定が高いです。 高い商品を販売したい店の思惑にはまっている感もあります。

オーガニックとノンオーガニック、その差に価値はあるのだろうか? わかりません、もしかしたら単純に無駄使いしているのかもしれません。

ちょっと前のことですが、近所のオーガニック志向の人が、公共芝生に利用している肥料(たぶん、オーガニックではない)に苦情を言ったことがあるのです。 子供たちが遊ぶ芝生なので、彼女は心配だったのでしょう。

その後、肥料の安全性を調べた結果、特に問題はないことが判明したのですが、その時、他のアメリカ人女性たちが、「彼女はいつもあんなことばっかり言っているのよ、いちいち彼女の話しを真剣に聞かなくていいの」と言ったのです。

オーガニック女は嫌われているのかしらん、と思ってしまいました。 こういう人間関係って、日本ではもちろんですが、アメリカでもあります。 一見、皆フレンドリーなのですが、ちょっと入りこむと色々あるある。 

いずれにせよオーガニックにこだわりすぎて、これがいいのよ、これしかないのよ、他のものはダメ、などと主張するのはヤバいです、影で笑われる可能性があります。

ナパバレーも一応ベイエリアの片隅なので、オーガニックに否定的な人は少ないとは思うのですが、やはり行き過ぎたオーガニック信仰者はやっかいもの扱いされてしまうようです。

日本でもオーガニック信仰者が増えているようですが、きっとその存在をうざいと思っている人はいるのでしょうね。 オーガニック信仰者は、それをシェアできる人とだけ会話した方が無難でしょう。

私もオーガニック志向になりつつあるので、気をつけようと思いました。 でも、私の世代では流行でオーガニックにはまるというよりも、本当に体に良いものとして選んでいる人がほとんどです。

なにせ老化と立ち向かっていかなければならない年齢ですので、イマドキ女子の流行とは違うのですが、やはり気をつけた方が良さそうです。

「フード&ワインの日々」更新しました。 サンフランシスコのミシュラン1つ星、モロッコ料理レストラン Mourad(ムラッド)の(記事はこちら)です。 びっくりするほど美味しかったモロッコ料理でした。



2 件のコメント:

  1. あまりにもこだわりが強いと、なんか、オーガニック信仰のようで、嫌がられると思います。私も、オーガニックは良いと思うけど、そこまでのこだわりはありません。 ただし、なるべく手作りご飯を毎日食べたいかな。 加工品は、いろんな添加物がすごいので。 
    モロッコ料理を食べたことがないのですが、興味あります。そして、モロッコにも行ってみたいなと思っていましたが、今はテロなどの問題があるので、無理かな。 トルコなどもいずれ訪ねてみたかったけど、難しそうだなと思っています。

    返信削除
    返信
    1. きぶたさん、オーガニックを適度に取り入れれば問題ないのでしょうが、行き過ぎると、痛い女として扱われてしまうようです。 オーガニック文化が根付いているベイエリアでも同じです。 確かに加工品は心配ですね。
      超本格的なモロッコ料理とは違うかもしれませんが、とても美味しかったです。 中近東アフリカは危ないので旅行はできません。 でも、料理は興味ありますので、アメリカで食べるしかないです。 きっと、大都会の東京にもそれらの良いお店はあると思います。

      削除