11/07/2016

海外在住者にとっての親の介護

日本滞在の最後にひとつ重要な用事を済ませました。 それは、毎年不義理をしていることなのですが、父の命日に墓参りをすることでした。

長年病気を患っていた父は10年前の11月に亡くなりました。 時の流れはホント早いです。 父は亡くなる前の数年間は介護をかなり必要とする状況でした。 幸運にも、母は健康でしたので、母が介護のほとんどを担っていました。

50代になると、同年代友人との会話でしばし登場するのが、この親の介護です。 高齢出産された親の場合ですと、もっと早く30代40代で親の介護に直面する人もいるかもしれません。

人それぞれ置かれた立場が違うので、単純に比較することはできませんが、他の人の状況を知ることは参考になることもあるので、在米の私の状況を少し書いてみます。

私の場合、93年にアメリカ生活を始めたのですが、一度日本に帰国しています。 アメリカで学生から社会人になり、それなりに順調な生活を送っていましたが、時と共に、自分はアメリカで好き勝手なことをしているような罪悪感も感じていました。 両親は日本に帰ってきて欲しいとは言いませんでしたが、帰ってきたら喜ぶのはわかっていました。

そんな時、東京での面白そうな仕事のオファーがありました。 ポジションも給料もアップ! そして、病気が進行していた父のことも気になっていたので、帰国することにしました。 幸運にも身軽な独身でしたので、比較的簡単に決心することができました。

帰国後、父の介護を積極的に手伝うことはありませんでしたが、亡くなるまでの数年間は日本にいたので、より多くの時間を過ごすことができ、そして、その旅立ちを看取ることができました。 帰国して正解でした。

前後して、日本でアメリカ人の夫と結婚しました。 日本に帰ってきても、アメリカとの絆はあったようです。 父の1周忌が済んだ後、再びアメリカ生活をすることになりました。 今度は高齢になっていた夫の両親の近くで生活することを選びました。 数年後、夫の両親も相次いで旅立ちました。

現在、再渡米からほぼ9年経っています。 父が亡くなった時元気だった母も少しずつ弱くなっていますが、今のところ、元気でひとり暮らしをしています。 但し、何と言っても80代半ばになっていますので、やはり心配です。

アメリカで病弱な愛犬を抱えているので、日本へ里帰りするのは躊躇する時もあるのですが、できるだけ高齢になった母と過ごす時間をもちたいので、年3回は里帰りしています。 この里帰りを奨励してくれる夫には感謝です。 この先、母に介護が必要になるかどうかはわかりませんが、必要になった場合は、再び帰国かもしれません。

日本にいても、親の介護は大きな課題ですが、海外在住者や国際結婚をした人にとっては、より複雑な課題のような気もします。 仕事があったり、家族がいたりすると、そう簡単に帰国もできないのが現状ですね。 

海外で生活しようとか、異国の人と結婚しようと決心する時に、多くの人は時を経て起こり得る親の介護、そして、その次にやってくる自分の老後まで考えないと思うのです。 私もそんなひとりです。 

先のことをあれこれと考えすぎるのもどうかと思うので、時期が来たら、人生経験として対処していくしかないです。 でも、全く何も準備しないのも無謀なことかもしれません。 ある程度先のことを見据えて、それなりの準備をしておくことも大切かな、などと考えたりした今回の旅でした。

これにて、楽しかった日本滞在記終了です。 

愛犬の待つナパバレーへ戻ります。



2 件のコメント:

  1. 今日のブログは、日本の両親の介護のことを考えさせられました。うえぶりさんのお母様は日本で、お元気何ですね。すごいな。お父様は、亡くなっていたのですね。
    昨日のブログ群馬県の伊香保温泉を読みました。温泉ってやっぱりいいですね。

    返信削除
    返信
    1. きぶたさん、日本の同年代友人との会話はこの話題が多いです。 日本にいる人も大変なので、海外にいるからより大変とは思いませんが、より複雑かなと思うのです。 伊香保温泉はよく行くのですが、伊香保には観光見所もありますね。 でも、私は観光をしないので、温泉に浸かって、食べて、飲むだけの旅行です。 どこに行っても食べたり飲んだりするのがメインです。

      削除