6/08/2016

ソノマの小さいグルメ街グレンエレン

ソノマバレー、ソノマダウンタウンから車で約20分位北上したところに、人口800人程の小さい街があります。 名前は、Glen Ellen(グレンエレン)、ヴィレッジ(村)と呼んだ方がふさわしいかもしれません。

このとっても小さい街に、美味しいレストランが数件あります。 Wikiでも、下記のように紹介されています。

Glen Ellen is also the home of several gourmet star restaurants such as:

The Glen Ellen Star
Yeti Restaurant
Aventine
Glen Ellen Inn
The Fig Cafe
The Wolf House
Olive and Vine (閉鎖しましたが、ソノマプラザ近くで再オープン予定)

全部行ってみたいレストランです。 まずは、このワインカントリーに存在する、インド・ネパール料理店に行ってみました。 Yeti Restaurant(イエティ レストラン)の(記事はこちら)です。

グレンエレンに行くのは初めてです。 レストランのある場所は、Jack London Village(ジャック ロンドン ヴィレッジ)という所です。


ジャック ロンドン、もちろん聞いたことある名前です。 なぜなら、サンフランシスコ対岸のオークランドにある、ジャックロンドンスクエアに、数回行ったことあるので、この界隈では著名な方なのだろうと思っていました。

恥ずかしながら、私、文学少女ではないので、よく知りませんでした。 ジャック ロンドン氏は、日本でも有名なアメリカの作家だったのですね。

そして、サンフランシスコ生まれのジャック ロンドン氏は、亡くなる前の1909年から1916年まで、ここグレンエレンに住んでいたのです。

ということで、グレンエレンには、彼の名前がついた公園(Jack London State Historic Park)、ホテル(Jack London Lodge)、そして、レストランやショップが入ったヴィレッジ(Jack London Village)が存在しているわけです。

森林の中に存在する、ヴィレッジの様子です。







ちょっと芸術的な雰囲気と田舎町の素朴さが共存していて、いい感じのヴィレッジです。 

ワインカントリー、見所がたくさんあるなと思いました。 今回は時間がなかったので、公園には行けませんでしたが、機会があれば行ってみたいです。

そして、見所だけでなく、食べ処もあります。 次は、Glen Ellen Starか、The Fig Cafe辺りに行ってみようと思ってます。

それにしても、食べたり飲んだりするのは楽しいですが、もう少し文学とか学んだ方がよいですね。 読書です!

0 件のコメント:

コメントを投稿