7/07/2016

米国入国できた梅干し

先月の日本滞在中、毎朝食べていたのが梅干しです。朝、緑茶と一緒にいただきましたが、これ体にかなり良いみたいです。


塩分取り過ぎとか、酸っぱ過ぎるという理由で、以前は梅干しをあまり好きではありませんでした。

ここ数年健康についてより考えるようになったせいか、食べ始めています。梅干しはかなり色々な効能があるようですね。 

アメリカでも日系のスーパーで販売されていると思うのですが、その種類が限られているのではないかと(?)。

日本では色々な種類の梅干しが販売されているので、私の好みの梅干しも見つかりました。塩分は少なめで、少しはちみつを使っているのが好きです。 

ありがたいことに、母がこの好みの梅干しを見つけて、今回持たせてくれました。 

ところが、ちょっと前にも書きましたが、食品の米国持ち込みはかなり制限されています。但し、多くの食品はきちんと申告すれば問題ないと思われます。

で、今回入国審査時に食品持ってますと、正直に申告しました。何を持っているかと聞かれたので、Japanese Tea and Plum(日本のお茶とプラム)と言ったと同時に、審査官が、え!といった感じで反応してしまいました。続けて、Pickled(漬けた)と言ったので、問題にはなりませんでした。

この場合は、Pickled Plumと言った方が良かったのでしょう。Plumを先に言ったので、果物(持ち込み不可)を持ち込んだのかと思ってしまったようです。

没収されずに、無事入国できた梅干しです。 

梅干しがUmeboshiとして英語で通じるのは未だ先のことと思われます。それまでは、米国入国時には、言い方に気をつけないといけないようです。


🍷サンフランシスコ&ワインカントリーのレストラン、ワイナリー、グルメ情報お探しの方は「フード&ワインの日々」



0 件のコメント:

コメントを投稿