6/12/2017

制約のない生活とマイブログ

愛犬が亡くなってから1週間が過ぎました。人間の死と違うので、それほどやることもありません。

愛犬用のものはすぐに片づけたくないので、ほとんどそのままですが、未使用の薬だけは早めの方が良いので、かかりつけの動物病院に寄付しました。

未使用のドッグフードやおやつは近所のわんちゃんたちへ配る予定です。

愛犬と生活した日々をずっとふりかえってます。楽しかった想い出がたくさんあります。そして、辛い想い出も。。。

愛犬と出会ってから8年と4か月、私は本当に愛犬命、愛犬が最優先の生活を送ってきました。

愛犬用の食事を用意したり、グルーミングしたり、散歩したり、薬をあげたり、排せつの後始末をしたり、ボール遊びをしたり、一緒に昼寝したり、このような日常のことが全てなくなってしまいました。

いつもドッグフレンドリーのレストラン、ワイナリー、ホテルなどを探しまくっていましたが、もうその必要がなくなりました。

愛犬連れでレストランに行くと、周りの人が不愉快にならないように気配りしていましたが、その必要もなくなりました。

愛犬を連れて行けないレストランでは、よく愛犬用の料理のおみやげを持ち帰りしましたが、その必要もなくなりました。

愛犬とワイナリー行くと、愛犬が気になって、ワインの味や係の人の説明に集中できませんでしたが、集中できるようになりました。

これまで外出を最小限に抑えて愛犬と一緒に家にいることを選んできましたが、いつでもどこでも外出できるようになりました。

とにかく、何の制限もなくなってしまいました。

外で再び仕事をすることもできる、日本に帰って数か月過ごすこともできる、スポーツやエンタメを楽しんだり、アメリカ国内や海外旅行も自由にできます。

家、車、お金も普通にあり、健康体もあり、そして、時間もたっぷりあります。

でも、これが私の望んだ生活ではありませんでした。

たくさんの制約があっても、できるだけ長く愛犬と一緒にいたかったです。

難病をもっているけれど、ミラクルボーイだからきっと大丈夫、もっと生きられると信じていました。

が、思いもかけずに彼は旅立ってしまい、制約のない生活が始まりました。

たっぷりある時間で、このブログも更新頻度を上げることができるでしょうが、愛犬のいない生活ブログを続ける気力がありません。

この2年半、愛犬ウエブリーと共に、ナパバレーからブログを発信していましたが、


ここで更新停止します。

日本ブログ村のランキングでクリックしていただいた方、めんどうな作業をありがとうございました。

もうひとつ書いている「フード&ワインの日々」は引き続き更新していきます。こちらは単純に私の趣味と備忘録なので、静かに続けたいと思っています。

ありがとうございました。

さようなら

Webley


17 件のコメント:

  1. ブログの更新がこれで最後になるのですね。とても寂しいし、悲しいです。毎日、楽しみにしていましたので。でも、お気持ちお察しします。 制約のない生活が、どれほど虚しいか、どれほど悲しいか。ウエブリちゃんは、本当に愛されていたのですね。私が猫を亡くしたときは、まだ、他に3匹の面倒を見ないといけないので、あの子達が慰めてくれて、立ち直りが早かったのかもしれません。 制約のない生活に慣れるには、時間がかかります、、または、慣れないかもしれません。 自分の子供を亡くしたのと同じですものね。フードとワインのブログは、更新を続けられるのなら、今度は、そちらにコメントを残したいと思います。 ウエブリちゃんが虹の橋に突然旅たって、本当に悲しいですが、もしかしたら、彼は、”ママ大丈夫?”と言っているかもしれません。 きっと今もそばにいると思います。

    返信削除
  2. 追伸。いつも応援しています。きぶたより

    返信削除
    返信
    1. きぶたさん、今まで本当にありがとうございました。と言っても、もうひとつのブログは続けますので、そちらにコメント残してくださいね。記事内容と関係ないことでもぜひ、日本の様子も教えてください。
      実は以前、ウエブリーの友達として、もう1匹わんこを飼おうと思ったこともあるのですが、ウエブリーの存在が大きすぎて諦めました。いなくなって、夫も私も今はエンプティ状況です。
      亡くなる前日のランチ時に、ウエブリーがいつもとは違う表情を見せたのです。それが今考えてみると、「僕はいなくなるけど、マミーは大丈夫?」という表情でした。亡くなってから、2度程匂いを感じましたので、きっと様子を見にきたのです。(と書くと、精神障害と思われそうですが、、、)世の中、わからないことだらけですから、そんなこともありですよね。

      削除
  3. これが最後の更新というのはとても寂しいです。でも、すごく分かります。きぶたさんのコメントと全く同じ気持ちです。そして、ウェブちゃんはそばにいると思います。
    私の元から旅立った子達のこと、今でもふと思い出します。楽しかったことも、最後のことも。そして気配を感じます。犬たちより長生きの人間はそういう思いと生きていくんでしょうね。
    なんだか脈絡のないコメントになってしまいましたが、私もウェブちゃんのことはずっと忘れません。ありがとう!

    返信削除
    返信
    1. えりさん、これまで読んでいただいて、ありがとうございます。こんな急な展開になってしまいましたが、このブログもウエブリーと一緒で走り続けてきて、ちょっと力尽きました。これからは別のことに時間を費やしたいな、などと思ってます。どうなるかわかりませんが。。。

      削除
  4. 精神障害だなんて思いません。私も猫が死んだとき不思議な現象がありました。匂いがしたという事ですが、ママさんが悲しんでいるので、ウエブリちゃん、心配で、僕はここにいるよ、そばにいるよと、においで知らせたのでしょうね。 今度ウエブリちゃんが生まれ変わって、また会える日がきっと来ると思いたいです。

    返信削除
    返信
    1. きぶたさん、ありがとうございます。きっといつか元気いっぱいのウエブリーに会えますよね。

      削除
  5. すごく寂しいです…でも、それほどまでに大切な存在だったことは、今までのブログでよくわかりますし、改めてwebleyくんは幸せだったはずと思います。誰しも大切なものを失った時は、とても積極的になろうなんて思えないです。
    たくさんたくさん悲しんで、いつかまた、新たな生きがいを持たれる日が来ることを、心よりお祈り申し上げます。
    今までの更新お疲れ様でした、ありがとうございました。そしてもう一つの方のブログ、ぜひ続けて下さい。

    返信削除
    返信
    1. こぐれんさん、ありがとうございます。ちょっとショックが大きくて、こうして書いている間も気分がダウンしています。このまま、ウエブリーがいない生活雑記を平然と続けることができません。でも、毎日食べていかなければいけないので、フード&ワインは続けます。時間ができたので、こぐれんさんの楽しいブログにコメント残します!

      削除
  6. こちらこそ今まで楽しく読ませて頂きありがとうございました。辛いですよね、、、本当に分かります。私は朝目覚めた時が一番辛かったです。何処かから愛犬がおはよう、と姿を現すような気がして。もう二度と愛犬に会えることはない事実が重過ぎて心がつぶれそうでした。でも一日過ぎる毎に0.01%位心が軽くなってくると思います。ナパの生活ブログが終わるのは寂しいですが、フード&ワインの方に時々お邪魔させていただきます。ご主人様も気を落としていらっしゃるでしょうね。ご夫婦、力を合わせてこの悲しみを乗り越えていかれることをお祈りしています。

    返信削除
    返信
    1. AYAKOさん、拙ブログにお越しいただいた上にコメントまでいただきましてありがとうございます。ちょっとしたことで想い出すと心がつぶれそうになります。夫もかなり気落ちしています。愛犬中心の生活を送ってきたので、新しい生活に慣れるのには時間がかかりそうです。フード&ワインのブログは続けていきたいので、ぜひお立ち寄りくださいませ。

      削除
  7. 私もまったく同じ気持ちになりました。
    とても自由な生活になりましたが、それは私が欲したものではありませんでした。
    今更ながら、のび太が横にいた幸せを噛みしめています。

    これからはもう1つのBlogでお付き合いさせていただければ
    どうぞ、これからもよろしくお願いします。

    返信削除
    返信
    1. nobikunJさん、これまで読んでいただいてありがとうございます。何をしなくても横にいるだけで幸せでした。すっかりウエブリーに依存していました。もうひとつは食の話題ばっかりですが、ぜひお立ち寄りくださいませ。nobikunJさんのブログにもお邪魔します。

      削除
  8. これが最後の更新ということで、とても淋しく感じますが、お気持ちはとてもよくわかります。
    悲しいときは悲しんで・・・心を休めるのが一番かと思います。
    本当にお体には気をつけてくださいね。
    もう一つのブログの方にお伺いしますね。

    返信削除
    返信
    1. mimirinさん、
      ありがとうございます。愛犬の世話をしていましたが、実際は世話をされていたようです。愛犬依存症でした。もうひとつは趣味として続けていきたいと思ってます、又お立ち寄りくださいませ。

      削除
  9. こちらのブログは、もうおしまいなのですね。さみしいですが、ウェブリー・ママさんらしい区切りの付け方だとも思います。
    普段からそれなりに自覚していたつもりでも、いざ失ってみると、自分がどれだけ愛犬に依存していたかが身にしみてわかりますね。愛犬を失い、愛犬がいない家に帰るのが怖くて、家に帰れないと泣いていた友人もいました。

    いつまでも悲しみは消えませんが、月日とともにお二人の心が少しでも癒されますように。

    返信削除
  10. inumochiさん、ありがとうございます。
    愛犬がいない家に帰るのが怖いという気持ちすごくわかります。多くのひとがわんちゃんに支えられているのですね。。。
    生活ブログを書くと、思い出してしまう事が多くて、とても辛いです。このまま自然消滅するよりも、クロージングする方が性格にあっていると思いました。
    もうひとつは食ブログなのですが、おひまな時にでもお立ち寄りくださいませ。

    返信削除