5/09/2015

肺炎そして気管虚脱と闘う愛犬ヨークシャーテリア6歳半

現在、闘病中の愛犬について、ご興味のある方と共有できればと、思います。

2009年2月に、ニューヨーク州ロングアイランドのブリーダーから生後9週間の愛犬を引き取りました。 すぐ動物病院に連れて行くと、ドクターから、「この犬は、病気をもって生まれているので、ブリーダーに返した方が良い」と言われました。 


と言われても、もう既に愛情が生まれていたのと、ブリーダーに返したら、おそらく長くは生きられないだろうと思い、この病弱な子犬と一緒に生きることにしました。

ケンネルコフ、肺炎、ジアルディア症、次々と発症。 そして、数か月後には、気管虚脱と診断されました。 気管虚脱という気管が潰れていく難病は、シニア犬が発症することが多いのですが、愛犬は生まれながら遺伝性の気管虚脱であると思われます。 難病とは言え、いくつかの事に注意して、数年間は普通に生活をすることができました。 

1昨年冬、ナパバレーに引っ越してきてから、近くの動物病院からの紹介で、UC Davis(カリフォルニア大学デイビス校)小動物病院へ連れて行きました。 気管虚脱が進行すると高度な診察・治療が必要なので、大学の付属病院が良いということでした。 


この大学の獣医学部はアメリカでもトップクラスです。 この時に、診察したドクターからは、必要な時に内服薬の服用をしながら、様子をみるよう勧められました。

昨年9月、6歳になるちょっと前ですが、急に呼吸困難を起こしました。 近くの動物病院で酸素ボンベを借りて、UC Davis小動物病院へ連れて行きました。 ICUの酸素室に入れられ、点滴やら、気管支鏡検査などで3日間入院しました。 


危ないところでしたが助かりました。 費用は、約6,000ドル(70万)位かかったと思います。 退院後は3種類の薬を朝と晩に服用して安定していたのですが、今月1日に、再び呼吸困難を起こしたのです。

今回は呼吸困難だけでなく、熱も出ていて、咳もひどく、前回とは違うと思いました。 病院へ行く前に、肺炎ではないかと思いました。 


私の父は9年近く前に亡くなったのですが、最後は肺炎だったので、肺炎には敏感になっていました。 予想通り、愛犬は肺炎を引き起こしていました。

軽度の肺炎は抗生物質服用で自宅でも治ります。 しかしながら、愛犬は気管虚脱の患者なので、自己呼吸から人口呼吸器に変えるよう勧められました。 抗生物質と点滴、ICU内で数日間治療を必要としました。 


この時、ドクターは安楽死の選択もあると言いました。 なぜなら、愛犬は重度の気管虚脱なので、肺炎を克服しても、その先どのくらい生きられるのか、わからないという事です。 そして、その不確かな将来に多額の治療費が必要だからです。

もちろん、夫と私には安楽死の選択はありません。 子犬の時から、生きる事への挑戦をし続けている愛犬なので、それを私たちが遮断することはできません。

肺炎の治療に数日、徐々に良くなっているので、昨晩ついに人口呼吸器を外す作業をしました。 自己呼吸への移行、半麻酔から意識の回復、最初はひどい自己呼吸状態で、電話で報告を受けた私たちは心配でよく眠れませんでした。 


今朝、少しづつ落ち着いてきているという報告を受けました。 ひとつの山を通り越した感じです。 愛犬が興奮するといけないので今は面会できません。

次の山は元々の気管虚脱なのですが、これは、もっと大変です。 愛犬は、既に気管だけでなく、気管支まで虚脱が進んでいるらしく、治療方法は限られています。 この数日の検査にて治療方法が決まると思います。 

何週間、何か月、何年かも、わからない命なのですが、縁あって我家に来た我が(もはや犬ではなく)子のために最善を尽くしたいと思います。




0 件のコメント:

コメントを投稿