11/12/2015

和風スカートステーキ

アメリカの多くのスーパーではお肉売り場が充実しています。お魚売り場は?です。

実に様々なお肉の部位が販売されているので、お肉に慣れ親しんでいるアメリカ人は上手に調理する人も多いようです。

でも、日本人の私はどの部位をどんな風に調理したらよいものか最初は全く分かりませんでした。正直、今も手探り状況です。少しずつ学んでます。

この日は牛肉売り場でみつけた、スカートステーキを調理することにしました。スカートステーキという名前で売られている牛肉はこちら。


スカートステーキはPlateと呼ばれるお腹の一部位のようです。ネットで見ると、日本ではハラミという説明もありましたが、日米牛部位の違いもあるようなので、ちょっと不確かです。

牛部位の中では比較的安価で、それなりの美味しさなので人気があります。メキシコ料理のファヒータはこの部位を使っているようです。

ちなみに、この購入した大きさですが、30センチ位の長さで薄く、重さは1ポンド(454g)です。値段は$10(1,000円ちょっと)でした。

そのまま焼きますと少々硬いようなので、多くの人はマリネをします。和風にマリネしてみました。

オリーブオイル、はちみつ、コショー、醤油、酒、レモン汁、レモンゼスト、にんにく、そして、しょうがも入ります。


この状態で、半日冷蔵庫に入れておきました。グリルする1時間位前に冷蔵庫から取り出し常温に戻します。

最近日が短くなってきていますので、夕方5時でこんな風景。


少し暗いけど、外のグリルでお肉を焼いてしまいます。匂いが家中にこもりませんからね。

このお肉は薄いので、短時間で一挙に焼き上げます。しかも長く焼くと硬くなるらしいです。


返します


休ませます


カットして盛り付け


それなりの嚙み応えもあり、日本の焼肉屋の味がして美味しかったです。


🍷サンフランシスコ&ワインカントリーのレストラン、ワイナリー、グルメ情報お探しの方は「フード&ワインの日々」