6/30/2015

人気イタリアンOenotriをテイクアウト&鳥の巣の結末

テイクアウト料理にすっかり味を占めた夫婦の次のターゲットはイタリアン。 

イタリアンと言っても、(レストランの名誉のため)ファーストフード的なアメリカンイタリアンではありません。 ナパのダウンタウンにある人気の南イタリア料理店です。


Oenotriというレストランですが、料理ピックアップに行った夫に、レストランの写真を撮ってくるよう依頼したのですが、夫はすっかり忘れてしまいました。 


しかも、夫は料理できるのを待っている間、グラスワインまで飲んでいたらしい。 当然、私も夫の帰りを待ちながら、家で飲んでました。


イタリアンですので、Castello di Amorosa Sangiovese 2011、サンジョベーゼです。 

前菜ボードは変わり映えしない内容ですが、スモークサーモンとフルーツの(中央にある黒っぽい)デイツが美味しかったです。 

デイツは体に良いので、最近日本でも注目されているようですね。 さくらんぼも旬で甘くておいしいです。

夫が持ち帰って来た、料理3品はこちらです。

まずは、アンティパスト、ロメインレタスのグリル。


このレタスのグリルはとても美味しいです。 アンチョビビネグレのドレッシング、そしてパルメザンチーズ。 シンプルな食材で、最高の味を提供。

次は海老のリングイネパスタ。



これも、とても美味しいです。 生パスタとソース最高。

そして、最後は魚料理でも肉料理でもなく、ピザ。



これも超美味しい。 全て満足です。 しかも、このピザはもちろん食べきれませんので、翌日のランチ行き。 しっかり節約。

美味しい食事に感謝。 Oenotriレストラン、ナパには美味しいイタリアン多くて、嬉しい限りです。 


これ以降、お食事中の方、ご注意!

ついに、玄関リースの鳥の巣に変化が起きました。 



この間まで、狭い鳥の巣でひしめき合っていたヒナ5羽たち。


ついに、巣立っていきました。


すっかりエンプティ・ネスト。 5羽全て巣立つ瞬間を目撃できたので感動でした。 

この1か月位、夫も私も、玄関の開け閉めを制限して、この家族を見守ってきました。 順調に育って、飛び立って行ったのです。

しかしながら見てください。 この巣の周りは?



そうです、全て、これは鳥のフン、、、オエー汚い、、、これって、すごい不衛生なんですよ。 玄関ドアの掃除は夫の仕事になりました。 

そして、玄関リースはもはや使えませんので、ゴミ箱行き。 2か月の利用で終わりました。


と思いきや、ドライフラワーでしたので茶色い箱行き。


NRWSとはNapa Recycling & Waste Servicesの略です。 

リサイクル利用されるのです。 ドライフラワーのリサイクルはわかるのですが、鳥の排泄物がリサイクルされていいのでしょうか?

ちなみに、ナパ市なので中央にはぶどうが描かれています。

6/29/2015

近所の女子会とサマーブロックパーティーのお誘い

先週、近所の女子会の話をちょっと書きましたが、その後の話です。

愛犬の病気のこともあり、女子会は欠席しました。 理由が書きにくかったので、招待メールに返事せず、無視してしまいました。 


でも、私のような返事もしない女子が半分以上なので、やっぱり、皆、返事に困っているのだな、と密かに思いました。 

この女子会は、既に3回目で、招待メールは30代前半から60代後半位まで、コミュニティの女子45名位に行きます。 ところが、参加者は7-8名位です。 

何が問題かと言うと、始まりが夕方5時で、キャリア女性はまだまだ仕事している時間であり、小さいお子様のいる主婦は、夕食を作ったり忙しい時間帯なのです。 


必然的に、参加者はシニア妻に限られてしまいます。 シニア夫には冷凍食品を食べさせ、シニア妻はワイン片手におしゃべり三昧。

このシニア妻たちの姿勢には私も(まだ、シニアではございませんが)同化してしまうのです。 が、できれば参加したくない理由は、彼女たちの話題についていけません。 


シニア妻の話題は子供との自慢話が中心なのです。 機関銃のようにそんな話をされても、聞いているのが苦痛です。 そういう訳で、この女子会はパス、でも、参加しない他の女子達の理由は不明です。

この女子会の後、再びメールがやってきました。 今度は、サマーブロックパーティーです。 かなりパーティー好きです。 


でも、今度は、女子だけでなく、夫婦及びファミリー参加ですので、参加率が上がるかもしれません。 

この日の食事ですが、おつまみから。



手前はスモークサバです。 これ、昨年のブロックパーティーで、誰かが前菜で持ってきたのですが、意外と好評だったものです。 

アメリカ人サバなんて食べるの? 全員じゃありませんが好きな人いますね。 実は、夫も大好き。

ワインは
Grgich Hills Chardonnay 2012、人気ワイナリーのシャルドネは実においしいです。


メインは豚肉のみそ風味焼き。


おいしそうな豚ロースを焼いて、みそソースで絡めました。


レタスとアスパラガスのローストと一緒に盛り付けます。


食卓はごはんとお味噌汁もあり、和定食。


美味しかったです。

6/27/2015

沖縄タコライスと豆腐チャンプルー

最近日本のテレビで、沖縄戦70年の話が出ていて、沖縄のことを思い出しました。 以前の仕事では沖縄出張が多く、仕事ではありますが、それなりに楽しんでしまいました。 

職場では、やたらと沖縄出張を理由づける上司や同僚、沖縄ファンが多く存在していました。 沖縄には独特の雰囲気・文化があり、私も沖縄ファンの一人です。 

美しい景色、(台風はありますが)温暖な気候、フレンドリーな人々、そして美味しい沖縄料理。 


私の場合、どうしても食に方向が行ってしまいます。 海ぶどう、島らっきょう、ラフティー、沖縄そば等、美味しいものいっぱい。 そして、オリオンビールと泡盛は、欠かせません。

そういう訳で、沖縄料理を作ってみようと思ったのですが、ここはアメリカ・ナパバレー、食材が限られています。 でも、これなら大丈夫の2品を作りました。


ここは美味しいタコ(海の蛸ではなく、メキシコ料理のタコス)が存在するカリフォルニアですのでタコライス。 そして、豆腐を使ったチャンプルーです。

まずは、料理の前にはハッピーアワー。 オリオンビールや泡盛は残念ながらありませんのでワインと一緒に。



Bartholomew Park Winery Antonia 2012、ミディアムボディの赤です。

タコライスの材料はすでに用意済みです。


ごはん、トマト、アボカド、チーズ、レタス、そして、牛ひき肉を炒めたもの以上です。 ひき肉の味付けは適当に、でも、チリペッパーは忘れずに。

盛り付けました。



ちょっとジャンクフードっぽい感じはあります。 これは、やはりB級グルメなんでしょうか。

豆腐チャンプルーは豆腐、アルグラ、ほうれん草、きのこ、卵を入れて、炒めただけです。


美味しい沖縄料理でした。 最近は色々な所で、沖縄料理を楽しめるようになりましたが、やっぱり、沖縄に行って沖縄料理を食べるのが一番です。 いつか又行きたいです。

今年は戦後70年なんですね。 もちろん戦争を知らない世代ですが、70年の間にとても色々な事が起こってますね。 そう考えると、これから70年先は、想像もつきません。


あと70年は生きていないでしょうが、あと40年ぐらいは生きられるかもしれません。 飲み過ぎず健康オタクになるしかないです。

ところで、サンフランシスコベイエリアはこの週末は大騒ぎ! そうです、ついに全米で同性婚が認められたからです。

ナパ郡はベイエリアの北の端っこなので、サンフランシスコ市のレベルではありませんが、同性カップルはそれなりにいます。 うちの近所にも数組の同性カップルがいます。 


彼らが、異性カップルと同等の権利を持つことは、もはや普通の動きなのでしょう。 

アメリカも歴史に残るような事が色々起きてます。


6/26/2015

モリモト ナパでお寿司のテイクアウト

この日の午後は愛犬の病院アポがありました。 11時に家を出て帰ってきたのは3時半、こうなると、夕食を作る気力はありません。 

なんだかんだと理由をつけて、レストランへ行きたがる私。 でも、愛犬が心配なので、しばらくの間は外食なしです。

そこで思いついたのは、レストランへ行かなくてもテイクアウトがあるじゃないの? 調べてみると、多くのレストランでテイクアウト可能であることがわかりました。 


テイクアウト専門或はファーストフードレストランとかではなく、お洒落なレストランです。

そこで、最近食べていないお寿司を、モリモトナパに電話注文しました。 


私は先月日本へ行ったので、お寿司(回転すしですが)食べているのですが、夫は久しく食べていないので、夫孝行。 そこに私も便乗。


この日の食卓、テイクアウト料理です。


この中で、1品だけ私が作りました。 豆腐と葱のお味噌汁です。

注文したものは、まずは、夫が頼んだアラカルトの寿司。



かっこいい箱に入っています。 まぐろ、サーモン、海老、サバ、ネギトロ(時価のトロですよ、ずうずうしい!)。

私は、控えめにチラシ寿司。



大好きなみょうがが乗っている。 すごい量で食べきれませんでした。

前菜には夫の大好きな焼ハマチカマ。



そして餃子。


羽がついています。 感動です。

和食なので日本酒をオープンしました。



東西 美玉 純米酒です。 全部は飲めませんでした。 日本酒飲みすぎると、やたらと喉が渇いて、夜大変なことになります。

とっても美味しくいただきました。 
かなり満足です。 

そして、テイクアウトは節約もできます。 夫は、テイクアウトでも、必ずチップを払う人ですが、レストランで食事するよりは少なくてすみます。

さすがは、人気のレストランMORIMOTO NAPAです。 テイクアウトの料理は、このような、しっかりとしたパッケージで来ました。



しかも、こんな立派な紙袋もつきます。



愛犬は、予想通り、肺炎はかなり良くなっているということで、ホットしました。 でも気管虚脱のため、相変わらずの荒い呼吸と連続しておこる咳、数種類の薬を服用して、もう少し様子を見ることになりました。 

診察室での愛犬です。



おとなしく映っているのは鎮静剤を利用したからです。 そうでないと、すごいことになるのです。 家に帰ってから夜遅くまで、ずっとこの状況。


3.3キロのこんな小さな体に、鎮静剤使いすぎているんじゃないかと、疑問が残る日でした。

6/25/2015

アメリカと日本に家を所有

夫と私が、この数年間驚くべきほどの時間を費やしたのは、食べること・飲むことだけではなく、私たちの住む家に関してです。 これは自慢できる話では全くありません。 どちらかと言うと失敗談です。

2007年12月、日本からアメリカへ引っ越しをしました。 それから、7年半、アメリカ国内で、戸建を2物件とコンド1物件を購入して、そして、戸建1物件とコンド1物件の売却をしました。 


売却していない戸建が今の住居です。 加えて、諸事情によりタウンハウスを1年半借りていたこともありました。

家探しした場所もコネチカット州、ニューヨーク州、ニュージャージー州、ペンシルバニア州、そして、カリフォルニア州とすごい広範囲です。 


5州にて、おそらく500物件位を見たような気がします。 これらの売買に関しては、本当に色々ありましたが、とっても長くなるので省略します。

そして、実はアメリカだけでなく、7年前に日本にマンション(アメリカではコンド)も購入しました。 購入した物件は、東京から北へ車で約1時間、北関東の実家に近い、新築のマンションでした。 

アメリカと日本に家を持ちたいと思っていたので、購入した当時は嬉しかったです。 日本にいつでも帰って住めるところがある、という安心感が一番大きかったと思います。

ところが、この7年間で、このマンションを利用したのは、わずか半年位だと思います。 日本に帰っても、旅行したり、家族のところに泊まったりして、このマンションを十分利用することができませんでした。 


一方で、マンションを維持するために、相応の金銭負担だけでなく、他の面倒なこともありました。

夫と私には、この物件を賃貸に出して、収入を得たいという意向は全くありません。 仮に賃貸したところで、遠く離れた所からの管理はむずかしいと思いました。 色々考えた末に、先月、不動産会社へ売却を依頼したのです。 

7年間で学びました。

家はふたつあっても、体はひとつなのです。 どうしても無駄が出ます。 全てが二重で要らぬ出費を伴います。 


一時は、それでもいいと思ったのですが、時が過ぎますと考えも変わります。 何もしなくても消えていく費用を他に回せるのでは? そして、生活をよりシンプルにした方が良いのでは?

富裕層の方は、いくつ家を所有しようが、実感のない話であると思います。 私たちのような一般人は、7年間で充分です。 そして、家は生きているので、住んでくれる人が必要なのです。

最近、不動産会社の担当者と連絡とっているのですが、日本とアメリカの不動産売買の違いがあって、面白いなと思う事もあります。 


アップデートしていきます。


6/24/2015

ごちゃごちゃ前菜ボードとステーキサラダ

炭水化物抜きダイエット食です。

まずは、前菜のボード。




色々なものを乗せて、カラフルですが、ごちゃごちゃし過ぎです。

内容は、チーズ2種、オリーブ2種、ハム2種、にしんの酢漬けといくら、きゅうり・セロリ・オクラのピクルス、りんご、ブルーベリー、ラズベリー、アプリコット、ぶどう、です。 

前菜ボードにフルーツを乗せるのが好きです。 日本ではフルーツはデザートとしてよく登場しますが、アメリカではデザートだけでなく、サラダ、メインのソース、付け合わせ等、もっと幅広く使われていると思います。

ごちゃごちゃ前菜ボードを用意したのは、理由があります。 


なぜなら、この日は、この後サラダだけの夕食です。 前日のバーベキューで残った、リブアイステーキを少々温めて、サラダに乗せただけの、ステーキサラダ。



これに合わせてのワインはMonticello Vineyards Estate Grown Merlot 2010、程よいフルボディ、メルローが、スライスされたステーキとぴったり合ってました。



これだけでは、ちょっと物足りないので簡単デザート。


レンジでチンしたピーチの上にバニラアイスクリームが乗っています。 シナモンパウダーをかけ忘れました。 ちょっと振りかけると良いかも。 或は、ジャムを添えても、美味しいかも。


玄関リースの鳥の巣で、ひなたちがすくすく成長しています。


今週は、フォローアップのため、UC Davis小動物病院へ行く予定です。 肺炎は良くなっていると思うのですが、気管虚脱が進行しているので心配です。 



咳き込んだり、呼吸が荒くなったりするので、片時も目が離せません。 スーパーへの買い物以外、ほとんど引きこもり生活です。 

今週は、近所の女子会があるのですがパスです。 アメリカに、近所付き合いあります。 もしかしたら、日本よりもアメリカの方が多いような気がします。 結婚してから住んだ3か所、都会のコンドから郊外の戸建まで、色々お付き合いありました。 

近所の女子会って、日本にもちょっと怖い仕切りオバサンがいたりしますが、アメリカにも、ちょっとどころか、かなり怖いオバサンがいます


6/23/2015

リブアイを派手にバーベキュー

この日は派手な夕食を考えました。 

派手という定義が曖昧です。 色合いが派手なのか、材料が派手なのか、盛り付けが派手なのか、等々です。 でも、これと言ったおかずが思い浮かばなかったので、ここはアメリカ、もうバーベキューしかありません。 

派手にバーベキューです。



赤・黄・緑・白の色合いも良いですね。 でも、はっきり言って、これは派手というより、大雑把という言葉の方が合っているようです。

夏日のバーベキューには欠かせない飲み物Cornerstone Corallina 2014、軽いロゼでジュースみたいです。



前菜ボード
いつもと変わらない内容ですが、自家製ピクルスを添えました。 最近、ピクルスを漬けるのが上手くなったような気がします。 でも、日本のぬか漬けは無理です。
外でグリル開始。


ここで、ステーキにピッタリなワインをオープンしておきます。


Chimney Rock Cabernet Sauvignon 2011、ステーキとカベルネソーヴィニヨン、これは最高の相性です。

そろそろ、焼けてきたかな?



ワイン片手にグリリング

愛犬も、お気に入りのカベルネ


焼けたようです。 リブアイだけ取り出し、お休みタイム。

食卓に並べます。


カットしたリブアイです。


これは、日本的にはミディアムウエルダンですが、アメリカ的にはミディアムのような気がします。 

派手な食事になりましたか。

結局、派手とか地味とかは、その人の感覚なのかもしれません。 同じ料理でも、派手と感じる人も地味と感じる人もいるのでしょう。 あまり、深く考えるような話題ではありませんでした。

フード&ワインに関して、こんなちょっとした事を考えると面白いです。


和食と洋食の違いとか? 洋食って言われるカレー、オムライス、ナポリタンとか、日本独自の料理ですね。


6/22/2015

照り焼きチキンとブロッコリーラベの小鉢

連日のホームクッキング、だんだん、食事作ることに嫌気がさしてきました。 やっぱり、根っからの料理人ではないことが判明です。 

でも、家で作ると、節約できることもよくわかります。 ちょっと高いオーガニックのWhole Foods Marketで買い物しても、外食するよりは安いのです。 

とにかく、スーパーへ行く気力もなく、冷蔵庫の中にあるもので調理しました。 あまり面白くないメニューです。 


冷蔵庫にあった、ブロッコリーラべという、菜の花に近い葉を調理します。 


私は、この野菜が大好きで、何に使うのか考えずに買ってしまいます。 付け合わせの野菜にしたり、パスタにも入れたりします。 

この日は和食に使ってみることにしました。 先に茹でておいて、和の小鉢、3種類用意しました。


左から胡麻和え、中央は白和え、右は辛子醤油和え。

メインは照り焼きチキン。 寿司や刺身はだめだけど、照り焼きチキンなら食べられる、というアメリカ人多いですよね。



もも肉はあまり好きでないので、胸肉で作りました。 照りがもう少し必要かな。 マイタケごはんと、マイクロシラントロが乗っています。

ブロッコリーラべの小鉢3種類の中で、夫は胡麻和えが一番気に入ったみたいです。 私は辛子醤油和えが一番好きです。 地味なおかずです。

地味なおかずに対しての、派手なおかずって何でしょう? と疑問に思い、検索してみました。 世の中、同じこと考える人がいるのです。 どうも、洋食系が派手なおかずで、和食系が地味なおかずと考える人が多いようです。

体に良いのは、おそらく地味なおかずなのでしょう。 でも、地味なおかずばっかり食べていたら、オバサンがもっとオバサンになってしまいそうです。 


アメリカのオバサンたちのように、いくつになっても、バーガーを頬張るパワーを持ちたいです。