1/31/2015

チキンマルサラとビーツサラダ

うちの食卓にたまに登場する料理、チキンマルサラです。 


マルサラとはイタリア、シチリア州のワインで、料理酒としても使われます。 でも、マルサラワインがなくても大丈夫、チキンブロスで代用できます。

まずは鶏の胸肉を用意します。 胸肉はパサパサしているので、肉たたきなどでボンボン叩いて柔らかくします。 


そして、塩・コショーの後、小麦粉をまぶし、フライパン(アメリカではソテーパン)にオリーブオイルを垂らし、その上でこんがり焼きます。


両面を焼いてから、一度引き上げます。


引き上げた後のフライパンを使い、そこに玉ねぎのスライス・にんにくみじん切り・マッシュルームスライスの順番で炒めます。


しんなりしたら、そこにマルサラワイン或いはチキンブロスを入れて煮込みます。 そして、最初に焼いたチキンを投入。


塩・コショーで味を整え、蓋をして弱火で、約20分。 全部が馴染んでこんな感じになりました。


おとなりでエッグヌードルを茹でています。 エッグヌードルの代わりに他のパスタ類でも大丈夫です。 

ヌードルが茹で上がったら、その上にチキンとソースを乗せ、パルメザンチーズとパセリのみじん切りを振りかけて出来上がりです。

マルサラワイン・マッシュルームの味がチキンにしみ込んでおいしく出来ました。 簡単イタリア料理です。


次にビーツサラダですが、前もって調理したビーツを使います。 日本ではあまり馴染みのない野菜ビーツは、栄養価も高く、本当においしい野菜です。 


以前は土臭い感じがして嫌いでしたが、レストランで非常においしいビーツを食べてから、好んで食べるようになりました。 そして、新鮮な野菜を自分で調理すると格別です。

難しい作業は全く無く、ビーツをオリーブオイルでコーティングし、アルミホイルに包んで、オーブンに入れるだけです。 

375°F(190℃)で約1時間後こんな風になります。


冷ましてから食べやすい大きさに切って、サラダに乗せるだけです。 

包丁で切るときにすごい赤色がでますが、これは簡単に落ちますのでご心配なく。


最近、ビーツが日本でも登場していますので、ぜひお試しください。 

但し、ビーツ食後にトイレで「ちょっと出血!大腸がん?」などと驚かないでください。 ビーツはきれいな赤色で体内消化されます。

お食事中の方、お詫び申し上げます。

1/29/2015

チリコンカーン(チリスープ)

今度の日曜日にアメリカの国民的スポーツイベント、スーパーボール2015がアリゾナで開催されます。

その日に人気のあるアメリカ料理、チリコンカーン(チリ)を作りました。


まずは、玉ねぎのみじん切り、牛肉、そしてガーリックのみじん切りを炒めます。



充分炒めたら、そこにトマト缶・チリパウダー・カイエンペッパー・クミンパウダー・砂糖・塩・コショーを入れます。

うまく混ざってきたら、ここで味の確認。 プロのシェフでも味見が重要なので、素人の私は数回味見します。


その後、蓋をして弱火で約1時間煮込みます。


その間、トッピングを用意。

ハラペーニョのスライス・紫玉ねぎのみじん切り・チェダーチーズの細切り・チップも沿えて。  サワークリームも用意しておきます。


充分煮込んだら、ここでキッドニービーンズ缶を投入。


その後、約30分弱火で煮込みました。

トッピングを添えて、チリコンカーン(チリコンカルネ)出来上がり。



スパイスの効いたこの料理に合わせて、ジンファンデル或いはシラー(Syrah)を探しました。 Grgich HillsのものでPetite Sirah 2010を、おいしくいただききました。


スーパーボール(日本でも放映されるんですよね)を見ながらのチリは、もっとカジュアルなスタイルで、ビールと合うと思います。 

アメリカンをエンジョイ!

1/28/2015

オンラインショッピングとクレジットカード詐欺

先週、Amazonから私のアカウントが不正に使用されました、というメールがありました。 私でない誰かがAmazonのウエブサイトから$250ギフト券を購入しようとしたものです。 

Amazonはそれが不正であると判断し、この購入は成り立ちませんでした。 私はすぐにアカウントのパスワード変更をしました。

しかし、私のアカウント情報であるクレジットカード番号は既に盗まれていました。 同日、AMEXから不正利用の確認のメール及び電話が入りました。 


AMEXも不正使用を見抜いたので、カードチャージはなく、カードの再発行をもって解決しました。

それにしても、この詐欺未遂、何回目でしょうか?


この半年で3回目です。 1回目はBank of AmericaとAMEXカード両方。 2回目は、AMEXのみ。 

そして、今回はカードだけでなく、メールアドレスとパスワード盗難の可能性も。 夫も同じ回数被害にあっています。

オンラインショッピング大好きですが、この頻繁に起こる詐欺未遂、さすがにオンラインショッピングを躊躇し始めました。

銀行口座も最近はオンライン取引がほとんどです。 アメリカだけでなく、日本にも維持している銀行口座があるだけに、ちょっと怖くなってしまいます。

Bank of Americaいわく、常日頃口座残高・取引を細かくチェックすることが重要ということです。 多くの詐欺は最初に小さな金額(気がつかない場合が多い)、そして次に大きな金額になっていくということです。

皆様、お気をつけくださいませ。

1/27/2015

もうすぐバレンタインデー

もうすぐ、Valentine's Dayですね。 今年は、幸か不幸か土曜日なので、人気のあるレストラン予約はもう既にむずかしいようです。

バレンタインに限らず、ここぞと勝負をかけるカップルに私がお勧めするナパバレーのレストランは、

The Restaurant at Meadowoodー雰囲気・料理・サービス間違いなく全米トップクラス
Auberge du Soleil ーここのレストランから望むナパバレー景色は素晴らしい
Terra ー雰囲気も良いが、この日本人シェフの料理は素晴らしい

或いは、お金はかけなくても、景色の良いワイナリーでのテイスティングは充分ロマンチックです。 


時々盛り上がっているカップルを、ワイナリーで見かけます。 ゆったりとしたヴィニヤードの雰囲気とワインが演出をするのでしょう。

町は、既にバレンタインモード。 ディーンアンドデルーカ ナパ店のディスプレイです。



ピンクスパークリングワインかわいいです。 チョコレートだけでなく、おいしそうなスイーツがたくさん。

でも、アメリカはバレンタインデーよりも、2月1日のスーパーボール2015、国民的イベントで盛り上がっています。

チョコレートよりもビール、バッファローチキンウイング、サルサチップ、などが先でしょう。 ということで、私もビールを用意しなくちゃと思いました。


レストランの食べ残し活用 プルドポーク

アメリカでは、レストランで食べきれなかった料理を持ち帰りできます。 日本で同じ事が出来たらいいのに、と思います。 日本では、なにぶん料理の量が少なめなので、お持ち帰りするほどではないのでしょう。

前日のカリストガのレストランSolbarで、注文したラッキーピッグ、食べきれず持ち帰りになった料理がこれです。



最初から、食べきれないとわかっていたのですが、どうしても食べたいと思って注文しました。

この豚の塊を翌日のランチに利用してみました。 アメリカの食文化を語るには、はずしてはいけないプルドポークです。 


まずはバーベキューソースを作ります。 材料はこちら。


ケチャップ・ウスターソース・レモン・砂糖・はちみつ・カイエンペッパー・醤油などを適当に配合してお好みのソースを作り、豚のかたまり投入。 

長時間煮込んだ豚は簡単にほぐれて、こんな感じになりました。


これをパンの上にのせ、前日につくっておいたキャベツと人参のコールスローを、その上に乗せて出来上がり。


おいしくいただきました。 が、こんなに食べたのに、まだ残っている豚の塊。


この残りは翌日サンドイッチにでもします。

食べ物を大切にしようと思います。


1/24/2015

ナパバレー春の兆し

2015年1月23日午後、晴天のカリフォルニア、ナパバレー。 数年来、気になっていたあの看板の写真を撮りにドライブ。

ナパバレーを訪れた多くの方がご覧になる、ハイウエイ29西側沿いにそびえ立つこの看板。



何度も通り過ぎているこの看板、いつか写真に収めようと思っていて、ついに実現。

看板の近くには、お休み中のぶどう木が、春の訪れと共に。



ハイウエイ29の東側にも、春の兆しが。


遠くに見えるのは有名なオーパスワン。

1月なのに春はそこまで来ている。



と思わせる、ナパバレーの景色でした。

春一番ってカリフォルニアにもあるのでしょうか。


お鍋とワイン

春はそこまで来ているナパバレー、でもまだまだ食べたいあったかいお鍋。 

お鍋は準備するだけなので、季節に関係なく怠け者になる日には丁度良いのです。

お鍋の材料です。 白菜・クレソン・豆腐・マッシュルーム・えのき・鱈・海老・生牡蠣。



全てアメリカのスーパーで購入。 本当は、椎茸欲しかったけど、新鮮な椎茸がなかったので、マッシュルームで代用。

食卓に必要なもの並べます。



まるで日本の食卓みたい。 では、飲み物は? ビール、或いは日本酒?


ではなくワイン。 お鍋とワインは最強のコンビです。 

あっさり系シーフードのお鍋なので、スパークリングワインが良いかなと思っていましたが、夫が選んだのはこのワイン。


Castello di Amorosa Reserve Chardonnay 2012、海鮮系お鍋とすっきりとしたシャルドネとの相性は良くペアリングは成功。

夫はお鍋は素晴らしい日本の文化であると絶賛するのですが、どうも普通のアメリカ人は、テーブルで自分で料理したくない、他の人とシェアしたくない、と思うみたいです。 

NabeがSushi程アメリカで浸透するかどうかは不確かです。

でも、我家は鍋が大好きなので、定期的に楽しんでいます。 次は愛犬の大好物、しゃぶしゃぶです。 しゃぶしゃぶとピノノアール、すき焼きとジンファンデルを合わせてみたいです。

ところで、この卓上ガスコンロ、昨年の地震の後、ガス・電気が半日使えなかったので、大変役にたちました。



和食だけでなく、日本製品に感謝です。

1/23/2015

愛犬のグルーミング

やってきました毎月のメインイベント、トラベリング・ペット・スパ(移動ペット美容院)の日。 

ペットに興味の無い方は、スルーしてください。 これは、身勝手な親ばか行動です。 愛すべきペットの写真を記録として残しておきたいだけのことです。

ビフォア



トラベリング・ペット・スパ車は、ちょっと離れた近所の家の前に駐車したようです。 

うちの2階からスパイのように望遠撮影。 この中で約40分。


アフター


今月もあまり変化が見られません。 バンダナも付けてもらってないと考えていたら、チップ払うの忘れてしまいました。 後で電話したのですが、返答なし。

その後、全く別の場所で偶然目の前に現れたトラベリング・ペット・スパ車。 



同じ人でないとは思いますが。

考えていると、突然現れたりするから、世の中怖いです。


1/20/2015

Surf&Turf サーフ&ターフ ディナー

アメリカのレストランメニューでみかけるSurf&Turf、サーフ(海の幸)とターフ(山の幸)を合わせた料理をうちで用意してみました。

アメリカ北東部では、サーフにロブスターが使われることが多いようですが、ここはカリフォルニア北部、やっぱり旬のダンジェネス蟹の登場です。


そして、ターフは豪華に、フィレミニョンとリブアイステーキです。


現在、オハイオ州からお客様が来ているので、豪華なメニューです。 毎日こんな食事ではありません。 お料理が(調理ではなく)用意された順に写真続きます。

まずはチーズ・オリーブなどのおつまみ。


お肉を室温に戻します。 左はフィレ、右はリブアイ。


ベジタリアン用には、ポータベラマッシュルームと厚揚げ豆腐。


付け合せの野菜、じゃがいもと芽キャベツ。


オリーブオイル・塩・コショーで味付けしたポテトが、約1時間後ベイクドポテトとして出来上がり。 同様に、オーブンでローストした芽キャベツも出来上がり。

主役のステーキは冬にもかかわらず、外のバーベキューグリルで調理。 マッシュルームと厚揚げ豆腐は、ちょっと隅の方で焼いています。


食事のデザートは梨のタルト。


5人で全て食べ終えました。ちょっと食べすぎかなと思いましたが、翌日の体重は変わっていませんでした。 このメニューは意外と体重増加に繋がらないのです。 炭水化物に気をつけることが重要だと思います。 

楽しいディナーになりました。

次はロブスターかな、でも、ロブスターはやっぱりメイン州で食べるのが一番。 
カリフォルニア産ダンジェネス蟹で大満足!

1/19/2015

Yountville町のテイスティングルーム

ナパバレーの多くのワイナリーはハイウエイ29、或いは並行しているSilverado Trailという道路沿いに位置しています。

でも、ワイナリーやヴィニヤードがちょっと離れたところにがあったり、数箇所に分かれていたりする場合、ダウンタウンにテイスティングルームを設けているところもあります。 観光客が来やすいようにという配慮です。

ヤントビル町にもいくつかのテイスティングルームがあります。


こちらは、その内のひとつ、Cornerstone Cellarsです。



ヤントビルの街並みです。


中に入りますと、明るくてモダンな雰囲気のテイスティングルームです。 


ここのスタッフはいつもフレンドリーで、明るく迎えてくれます。 そして嬉しいことに、室内もドッグフレンドリーです。

全体的に、広いテイスティングルームではありませんが、時々イベントが開催されたりします。


この日は、こんな素敵なサービスもありました。


チーズプレートとバゲット嬉しいです。

チーズプレートにとりわけ興味を示している方がここにおりました。



以前に紹介しましたが、ヤントビルはグルメの町です。 レストランでのお食事前後に、テイスティングだけでなく、ワインバーとして使えます。

さて、コーナーストーン セラーズの次はどこに行こうかな。


セイホウ・オンブラージュ
|広島で極上のフレンチを世界遺産の島・宮島を望む美しい景観とともにご堪能下さい。」

広島で極上のフレンチを世界遺産の島・宮島を望む美しい景観とともにご堪能下さい。