5/22/2017

グルメシティのサンフランシスコが大好きな愛犬

サンフランシスコのダウンタウンは正直ドッグフレンドリーな環境ではありません。

ゴミや汚物が落ちているし、たばこやマリファナはもちろん、トイレ臭も漂ってきて、うんざりします。これはサンフランシスコに限らず、アメリカの都会では避けられません。

愛犬のようなおチビを歩かせるのは、ホント注意が必要です。

でも、愛犬はシティが大好きなのです。街を見たり、行き交う人を見たり、たくさんの人に声をかけてもらえると興奮します。

以前住んでいたフィラデルフィアのセンターシティ(ダウンタウン)も大好きでした。とにかく、たくさんの人と接するのが大好きです。

ちなみにフィラデルフィア市内は荒廃した地区が多く、センターシティは数少ないまともな地区のひとつです。

その代償としてセンターシティタックス、税金徴収がありました。連邦税、州税、市税、そして地区税・・・取り過ぎざんす。

でも、その税金のおかげで、週末とかイベントの後には、お掃除車が来ます。そうしないと、道路にビール瓶の破片やゲロがたくさん残っていて、危ないし汚いし、歩けません。

サンフランシスコダウンタウンも比較的キレイになっている時もあるので、お掃除車が来ているのでしょうね。税金徴収されているのかどうかは住民でないのでわかりません。

まあ汚くても、シティに行ったからには愛犬と一緒に都会をエンジョイします。

ユニオンスクエアの周りを散歩していて見つけたレストラン&バーです。


中を覗くとオサレな雰囲気です。外には3テーブルがあり、わんこ連れでも大丈夫です。


椅子に座って、通りを歩く人をウオッチング。


私たちがドリンクでのどを潤している間、5,6名の人が愛犬に声をかけてくれました。フレンドリーな人が多いね、サンフランシスコ。

翌日はサンフランシスコのイタリア街、ノースビーチに出向きました。ドッグフレンドリーのレストランで食事の後は、Washington Square Park(ワシントン スクエア パーク)を散歩。


立派な教会には目もくれず、


都会の匂いに興味津々。


顔が入った写真が全然撮れません。


たくさんの人に声をかけてもらったり、シティの匂いを楽しんだり、満足の様子。

でも、一番満足したのはこれかな。


ラムチョップだよ~


グルメシティのサンフランシスコが大好き!


「フード&ワインの日々」記事更新情報

サンフランシスコ ノースビーチのアメリカンレストラン パーク タバーン

ベイエリアのトップ100レストランにも選ばれているアメリカンフードです。多くのアメリカンはこのタイプのタバーンが大好き。



0 件のコメント:

コメントを投稿