4/05/2017

治安の良いナパでも発砲事件発生

昨日の午後、上空をヘリコプターが数機飛んでいて何事かと思いました。なんと我家の近くで発砲事件が起こっていたのです。容疑者が発砲したので、警察官が容疑者を射殺。静かな住宅地なのでびっくりです。

先月私が日本にいる間にも、ナパのショッピングセンター内にあるホームデポというストア前で、ナイフを振りかざした男が警察官によって射殺されました。ナイフを使うなんて日本かと思いました。

普段、殺人とか発砲事件とかほとんどないナパです。と言ってもアメリカですから、たまには発生します。この事件の詳細は未だわかりませんが、急にちょっと物騒な街になってしまいました。

その昔は、日本的な考え方を引きずっていたので、いくら容疑者でもそんな簡単に射殺していいの?と疑問に感じました。でも、アメリカ生活に慣れてきている最近は射殺されても仕方がないな、と思ったりします。

警察官だって普通の人間です。多くの警察官が死の恐怖と闘っているのです。撃たれるかも死ぬかもしれないので、撃つしかないのです。犯罪を犯す人たちだって、アメリカでは簡単に銃が向けられることをわかっているはずです。

多くのメディアは警察官がテロや犯罪容疑者を射殺して、被害者数をそこで食い止めていることをほとんど称賛せずに、射殺が正しかったのかどうかに疑問を投げかけます。そこで、人種、性、宗教の違いなどがあると、差別が絡んでいるとニュースにします。

確かに差別が絡んでいる場合もあり、それは警察官も厳しく処罰されるべきです。でも、全部が全部差別でもなく、そういう事件を利用して一儲けしようとしている下心のある人達もいますね。残念なことです。

こんな事件があると、ナパバレーの治安は大丈夫かな、と心配される方もいるかもしれませんが、たまたま2度重なっただけの話しです。アメリカ国内、こんなことはどこに行っても起きる事であります。

治安は他地域に比べたら、断然良いナパバレー、春になって葡萄が育ち始めてます。


この日、良くないニュースの後には嬉しい事もありました。連邦所得税の還付が銀行入金されました。がんばって払っていますので、税金を無駄に使ってほしくないです。

「フード&ワインの日々」更新しました。ソノマのカリフォルニア料理レストランCarneros Bistro & Wine Bar(カーネロス ビストロ&ワインバー)の(記事はこちら)です。

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ


0 件のコメント:

コメントを投稿