3/31/2017

愛犬の皮膚病と治療シャンプー

このところ湿疹やじんましんと闘っている私ですが、愛犬の方も湿疹と闘っている状況です。 同時期に皮膚病にかかってしまう、心から気が合っている私たちです。

でも、愛犬の湿疹は私の湿疹とはちょっと違っていて、お腹の一部が何らかのバクテリアに感染して黒ずんでしまう皮膚病です。


この冬~春先にかけて、カリフォルニアでは雨の日が続いて、草木や雑草が異常に成長してしまいました。 愛犬はその中に潜んでいたバクテリアに接触してしまったようです。

大型犬の場合はお腹が草木や雑草に接触することはあまりないかもしれませんが、小型犬は地面との距離が短いので簡単に接触してしまいます。

抗生物質を投与して、2週間程このマラセブという薬用シャンプーを使いました。 このシャンプーは皮膚の炎症にかなり効くようで、日本でも犬猫用に使われているようです。


まだ完治はしていないのですが、だいぶ良くなっているようです。 人間同様、わんこも色々とあります。

私と同時期に同じ皮膚病を患ってしまった愛犬のために、日本のペットショップでこんなものを見つけたので、買って持ち帰って来ました。


犬用のサプリメントで、免疫力を高めるものとビタミン不足を補うものです。 サプリですから、効果があるかどうかはすぐにはわかりませんが、かわいい愛犬のために何かをせずにはいられません。

いつもの事なのですが、日本滞在中は愛犬のことばかりが気になってしまいます。 か弱いわんこなので、いつもハラハラです。 ナパに戻って来た時は、愛犬は体いっぱいで嬉しさを表現してくれて、そんな姿を見ると、私も嬉しさでいっぱいになります。

元気で長生きしてね、つくづく思います。


3 件のコメント:

  1. バクテリアで皮膚病になることなんてあるんですね。
    Webleyくん、快方に向かって良かったです。

    再会して、Webleyくん、嬉しかったんでしょうね。
    お会いしたこともないのに、なぜかWebleyくん喜ぶ姿が目に浮かぶようです。
    のび太も一日離れていただけで、まるで1年会っていなかったような興奮で帰宅を迎えてくれました。私もとても嬉しかったです。

    日本にいるおじさんからも、
    「元気で長生きしてね、Webleyくん」

    返信削除
    返信
    1. nobukunJさん、Webleyへの応援ありがとうございます。 バクテリアの特定はできないようなのですが、この時期に動物病院に来るわんこの半数近くは同じような皮膚症状らしいです。 痒みや痛みがあるようには見えませんが、静かに病気と闘っているようです。 わんこたちは言葉は発しなくても何かの信号を出している可能性もあるので、常々注意を払う必要があるなと思うのです。 Webleyとの時間を大切にしたいです。

      削除
    2. のび君もそうだったのですね、わんこは本当に忠実ですね。

      削除