3/29/2017

汗疱状湿疹の治療その後とアレルギー

数週間前に足の痒みが汗疱状湿疹であることを書きました(こちら)。 2週間のステロイド軟膏の治療後、痒みは止まりましたが皮膚はボロボロ、後は自然に皮膚が再生されていくのを見守っている状況です。

そんな中、日本滞在中にふと見ると、同じ症状が手にも現れたのです。 もうショックでした。 両手のひらに小さい水泡が数か所、痒くなり始めました。 滞在中に急性じんましんを発症した時は、この湿疹部分は他の体の部分よりも痒みが酷く、どうなることかと思いました。

幸運にも、足に使用していたステロイド軟膏がかなり余っていたので、それを使って痒みを止めています。 汗疱状湿疹とやらは、かなりしつこいヤツです。 湿疹とじんましんを同時に経験して、すっかり皮膚病患者になってしまいました。

皮膚科の医師によると、汗疱状湿疹はアレルギーが関係しているらしいのです。 来週はアレルギー専門医とのアポがあるので、そこで状況を確認する予定です。

花粉の時期に日本に滞在すると、よく聞かれることがあります。 それは、アメリカにも花粉症ってあるんですか、です。 

もちろん、あります。 アメリカにも花粉はいっぱい飛んでいるので、春や秋頃は花粉症患者が町に溢れています。 この時期のアレルギー専門病院は混んでいますし、薬局の棚のスペースには花粉症の症状を抑える薬がたくさん並んでいます、と答えてます。

何と言っても、私の花粉症歴は軽く20年を超えています。 少しづつ症状は悪化、これまで様々な薬を試してきました。 そして、現在はアレルゲン免疫療法にて治療中です。 こんなこと自慢にもなりませんが、この道のプロになりつつあります。

日本のテレビ番組で花粉症皮膚炎のことを説明していた番組がありましたが、花粉症は皮膚にも影響を及ぼすことがあります。 私も既に経験済で、頭部が痒くなったりするので、頭部専用のかゆみ止めは必須です。

それだけでなく、以前ホームドクターから鼻づまりの声である指摘を受けたこともあるのです。 当時は薬も全く使っていなかったので、鼻づまり声になっていたのでしょうね。

なんとも多方に影響を及ぼしているアレルギー、アメリカでも日本でも患者はどんどん増えている感じです。

こんな悲惨(大袈裟です)な状況ですが、ひとつ嬉しいことは食べ物アレルギーはないようです(少なくても今現在は)。 

巷には食べ物アレルギーを持っている人はたくさんいます。 小麦、大豆、ピーナッツ、海老などのアレルギーを持っているアメリカ人もたくさんいます。 日本では、私の好物の蕎麦アレルギーの人も多いようですね。


私は大丈夫だと思うのですが、先日のじんましんは蕎麦ランチの数時間後でした。 ま、ま、まさか。。。

「フード&ワインの日々」更新しました。 ナパのアメリカン+メキシカンレストランThe Red Hen Bar&Grill(ザ レッド ヘン バー&グリル)の(記事はこちら)です。


2 件のコメント:

  1. 自分もアレルギーです。アメリカは花粉の種類が違うから大丈夫な人もいると聞いていたのですが、今年はけっこうやられてます。肌もダメですね、かゆかゆです(笑)。
    食べ物は、普段アレルギーにならないモノでも、体調によって出たりします。以前サバずしを食べた時に出て、これから食べられないのか…と悲しくなりましたが、そのうち忘れて食べてしまったら大丈夫でした。蕎麦が原因かわかりませんが、旅行による一時的なことかもしれません。お大事にして下さい!

    返信削除
    返信
    1. こぐれんさんもですか。 花粉だけでなく様々なアレルギーもちの人たちホント多いですね。 私は日本で花粉症を発症して、アメリカに来て最初は大丈夫でしたが、数年後に花粉症になりました。 でも、通年性のアレルギー性鼻炎なので、日本もアメリカも関係ありませんけど。 これまで大丈夫でも、突然そうなる場合がありますので、やっかいなものです。 蕎麦に反応したとは思えませんが(好きなので思いたくない気持ちも)、将来食べ物に反応することあるかもしれません。 こぐれんさんもお大事に。

      削除