3/02/2017

愛犬のデンタルケア

現在、愛犬は8歳です。 人間年齢では48歳くらいでシニア犬になるようです。 私の年齢に近づいていて、そう遠くない将来に追い越すことになるでしょう。

気管虚脱という大きな病気をもっているので、これまで、この病気以外のことを深く考えることもなく過ごしてきました。 でも、近所や知り合いのわんちゃんの話しなどを聞くと、皆8歳にもなると様々な病気が出てきているようです。 そうですよね、もはや成犬からシニア犬へ昇格(?)しているのですから。

幸運にも、愛犬は今のところ気管虚脱以外の病気はないようです。 昨年から今年にかけては気管虚脱の症状も比較的安定しているので、この安定期にした方が良いと思われるのがデンタルケアなのです。

歯を触られるのが大嫌いな愛犬なので、毎日の歯磨きはほとんどしていません。 何度かトライしたことはあるのですが、嫌がって逃げてしまいます。 

仕方がないので、Dentastixという名前の歯磨きおやつを毎日与えてはいるのですが、歯石がかなり目立ってきています。

早速、近所の獣医さんにアドバイスをもらいに行ってきました。 犬も高齢になると歯周病の危険が高まるので、今のうちに予防治療をした方が良いということでした。 

愛犬は歯を触られるのを極端に嫌がるので、無麻酔は無理のようです。 しかも、無麻酔の場合は完全な治療ができないようなので、全身麻酔を勧められました。 しかしながら、全身麻酔には危険が伴います。 

かつて数回程、全身麻酔を経験している愛犬ですが、気管虚脱という呼吸器系の病気をもっている犬は普通の犬よりも細心の注意が必要となります。 近所の獣医さんは、設備の整った大学病院で治療することを勧めてきました。

麻酔後の呼吸に万が一何らかの問題があった場合、UC Davis大学病院だったら迅速に対応してくれるということなのです。 そういうわけで、UC Davis大学病院でのアポが必要となりました。 

どうしても早急にしなければいけない事ではありませんが、比較的安定している時期に治療した方が賢明です。 心配事が増えました。

日本のニュースを見ていると、介護の話題がよく出てきますが、老いていくのは人間だけではなく、ペットも同じだなとつくづく感じます。 ペットは言葉で伝えられないので、飼い主が早めに早めに対処する必要があります。

ほぼ同年代になってる愛犬と私、お互い色々乗り越えていこうね、なんて思いました。


病院の後、The Habit Burger Grill(ザ ハビット バーガー グリル)に立ち寄りました。 「フード&ワインの日々」の(記事はこちら)です。 定期的に食べたいね、美味しいバーガー。


4 件のコメント:

  1. 私も、猫の歯のケアーをしました。やっぱり、全身麻酔でやりました。うえぶりちゃんは、大学病院大学病院でケアーをするのですか。全身麻酔、少し怖いけど、歯のケアーは、大切ですね。
    ハビットバーガー、私も、何回か食べた事あります。結構美味しいですね。
    ところで、この前のブログで、政治的な考えが違うという事で、人間関係に問題がしょうじているようですが、それはさておき、なんとか、仲良くできないのかな?

    返信削除
    返信
    1. きぶたさん、猫ちゃんも必要なのですね。 うえぶりの場合は何かあったら大変だから、ということで大学病院行きです。 全身麻酔はとても心配です。

      政治状況がもう少し落ち着けば、多少は関係は良くなるかもしれませんが、お嫁さんたち、どちらもかなり気が強い性格なので、どうでしょう。 この場合、嫁姑よりも夫婦関係が大丈夫かしら、と思います。 

      削除
  2. こんにちは。
    nobikunJです。

    Webleyさん、かゆみの原因がわかって良かったですね。
    お大事になさってください。

    webleyくん、写真が赤ちゃんみたいで可愛いですね。とても8歳にには見えません。
    先日のwebleyくんの性格についての記事、面白かったです(コメントさせていただこうと思いながら、ちょっと仕事に忙殺されて果たせませんでした)。
    ワンコもいろいろな性格を持っているんですね。そこがまたとても可愛いです。
    webleyくんの歯垢除去、きっと無事に済みますよ、ミラクルボーイですから。
    のび太は特別は施術はしませんでした。歯は健康だったのですが、私の使い古しの靴下を噛むのが大好きで(もちろん洗濯済みのものです)、どうやら繊維に歯を通すことによって歯垢が取れていたみたいです(と、獣医さんに言われたことがあります)。
    ガウガウと靴下にかみつくのび太を思い出しました。

    返信削除
    返信
    1. nobikunJさん、コメントありがとうございます。 持病の鼻炎に加えて、最近は50肩を患い、それが落ち着いたら、皮膚病です、次は何かな? 色々出てくるので驚かなくなりました。 病気と共に生きていくのだな、と感じます。

      のび君は歯は大丈夫だったのですね。 ガウガウと靴下を噛む姿がなんとなく想像できて、笑えます。 可愛かったでしょうね。 わんちゃんも性格や好き嫌いが一匹一匹違いますね。 考えれば、当然のことなのですが。 でも、同じヨーキーの場合、ちょっとした仕草が似ているなと思います。 のび君や次男坊君の写真を見ると、わ~同じような表情をしているのがわかります。 他の犬種も可愛いですが、ヨーキーはとりわけ可愛いと思ってしまいます。 えこひいきです。(笑)

      削除