2/07/2017

宗教勧誘は丁寧にお断りします

数日前のことですが、玄関チャイムがなったので出てみると、いきなり「日本人の方ですね?」と日本語で話しかけられました。 そう聞かれると、「いいえ、中国人です。」と言いたくなる私なのですが、もうひとり隣にいた方がアジア系の方でしたので、バレたら失礼なので、おとなしく「はい、日本人です。」と言いました。

突然訪問されたのは日本人の女性とそのご主人でした。 目的はよくありがちなことで、布教活動です。 たまに、アメリカ人がその目的で来たりしますが、日本の方が来たのは初めてなので、びっくりしました。 しかも、どうして、日本人(私)がこの家に住んでいることがわかったのだろう、です。 

プライバシーとかあってないようなアメリカですので、仕方がありません。 いずれにせよ、彼女はとても感じ良く素敵な女性で、ご主人も温和な感じの方でした。 彼らはその宗教に関して熱弁するわけでもなく、日本語で書かれたパンフレットを差し出し、軽く世間話をしてお帰りになられました。

お二人に嫌な印象は全くありませんでしたが、私はその宗教だけでなく、他の宗教も全く興味ありません。 そういうオーラが出ているのか、日本で生活していた時もほとんど宗教勧誘を受けたことありません。 

大昔に一度だけ、友人のつきあいで仕方なく某宗教の信者会合に参加して、脅迫とも思える勧誘をされたことがあります。 ほとんど喧嘩の状況でその場を去り、その友人とはその後疎遠になってしまいました。

信教の自由もありますので、様々な宗教に関わっている人たちの批判はしません。 でも、宗教をもたない自由もあります。 私のような宗教をもたない、もちたくない人は放っておいてください、お願いします。


ところで、最近アメリカ各地で宗教差別に関連した抗議活動があり、聖人のように振る舞っている人がいっぱいいるのですが、本当に宗教に全く差別や偏見がない人っているのでしょうか、と疑問です。

アメリカでも日本でも多くのカルトは存在します。 たくさんの酷い事件を引き起こした日本のあの宗教に対して、多くの人はとんでもない宗教そして教祖だと思ったはずです。 宗教ですから理解します、差別はしませんとは、私は言えません。 

そこで、カルトと世界3大宗教を一緒にするなと言ったら、それこそ宗教差別のような気がするのです。 信じている人たちは皆同じ立場です。

ここだけの話、実は私はいくつかの宗教への偏見(というか事実ベースの見解です)というものを持っています。 これ以上は秘密です。


「フード&ワインの日々」更新しました。 ナパのゴルフコースが有名なシルバラード リゾート内のレストラン The Grill at Silverado(ザ グリル@シルバラード)の(記事はこちら)です。



2 件のコメント:

  1. 私も、以前、日本人女性3人組が家に訪ねてきました。最初にはっきり、興味がないことをやんわりと言いました。私も、宗教に縛られるのが嫌なのです。日本では、時々、神社に行ったりして、お参り(お願いことをするなど)するくらいです。 宗教に縛られて、戦争が起きたりしているので、その教えは、どうなっているのかな?と思います。 

    返信削除
    返信
    1. きぶたさん、そうですか、そちらでもそういう方達が来るのですね。 色々な宗教があるので、その全てに否定的ではありませんが、できれば距離を置きたいという感じです。 ちなみに、私の宗教はウエブリー教です。 

      削除