2/03/2017

わんちゃんは癒しの存在

最近、ベイエリアにあるカリフォルニア大学バークレー校で暴動が起きました。 基本、必要であれば抗議活動はすべきであると思いますし、それが私たちの権利であるとも思いますが、抗議を通り越して暴力まで発展してしまうとは、とても恐ろしいことです。 

そして、もっと恐ろしいことはそれを肯定している人たちがいることです。 なんとまあ、物騒な世の中になってしまったのでしょうか。

こんな時は、ストレスが溜まることは考えずに、愛犬と一緒に楽しいフード&ワインのことでも考えます。

そうだね、


でも僕


少し、


眠くなっちゃった


ソファーに寄っかかりながら、寝てしまいました愛犬です。

数日前に、日本に住むお友達ヨーキー君が17歳4か月で亡くなりました。 ブログで写真を見ていただけで、実際に会ったこともないのですが、とてもショックで😢です。 

多くの飼い主さんたちにとって、ペットは家族です。 ご家族はかなり辛い思いをされていると思います。

生があれば死がある、わんこも人間もいずれは死を迎えます。 いつかはさようならする時が来るので、それまでは1分1秒を大切にしたいです。 

「フード&ワインの日々」更新しました。 ナパのワイナリーTrefethen Family Vineyards(トレフェセン ファミリー ヴィンヤーズ)の(記事はこちら)です。 日本でも販売されているワインのようです。



8 件のコメント:

  1. そうです。ペットは家族です。いなくなると、すごく悲しいし、いつまでも、思い出します。とこどき、その子が生まれ変わっていないかな? と思って、探してみたり、、、うえぶりちゃん、本当に眠そうで、こちらも、眠くなるようです。

    返信削除
    返信
    1. きぶたさんは既にペットロス経験済でしたよね。 私はうえぶりが初めての子なので、未だ経験していません。 考えただけでも、辛いです。 自分がどうなってしまうのか検討もつきません。

      削除
  2. 私は先代犬を亡くした時、文字通り3か月泣き暮らし、目がずっと腫れたままでした。でも、学校の先輩が、愛猫を亡くして、泣きすぎて白内障になったと聞いた時には負けたと思いました(苦笑)。泣きすぎて白内障になるなんて、本当にあるかどうかわかりませんが・・・。のび君、残念でしたね。でも、17歳はよく頑張りました。うちの次男坊の年の二倍です。うぇるびー君も、のび君にあやかって、長生きできますように。
    今日の日記はうぇるびー君の写真がいっぱいでうれしいです。手がしっかりしているのですね。
    本当に、一緒にいる時間を大切にしたいです。

    返信削除
    返信
    1. Inumochiさん、長男坊君の時は、やはり泣き暮らしたのですね。 そうなりますよね。 白内障とはびっくりですが、そういうこともあるかもしれませんね。 精神的なものは体にかなり影響を及ぼすようですので。 
      のび君は本当に頑張ったと思うので、次男坊君やウエブリーものび君に続けです!

      削除
  3. あれ、ごめんなさい。ずっと「うぇるびーくん」と書いていましたが、「うえぶりーくん」でしたね。すみません。

    返信削除
    返信
    1. Inumochiさん、どっちでもいいのです。 うえるび、うえぶり、ウエブリー、Webleyです。

      削除
  4. こんにちは。
    nobikunjです。
    やっと落ち着いてまいりました。
    温かなコメント、本当にありがとうございました。
    これからは、Webleyくんを含めて、Blogで知り合ったわんちゃんたちの親戚のおじさんみたいな感じになれたら嬉しいな、と思います。
    これからもよろしくお願いいたします!

    返信削除
    返信
    1. nobikunJさん、
      まだまだ立ち直れないところのコメントありがとうございます。 これからも、のび君の昔の写真やら話やらを聞かせてください。 楽しみにしています。 こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。

      削除