2/18/2017

きゅうりの古漬け作り

丁度2か月前ですが、朝食に日の丸オートミール(こちら)を食べています、と書きました。 オートミールの朝食は今も続いているのですが、梅干しだけでなく、保存のききそうな漬物が欲しいなと思ったので、きゅうりの古漬けを作ってみました。

日本のレシピを参考にして、2か月後、出来上がりました。


思ったよりも パリパリしていますが、味見したら、超しょっぱい! 当たり前です、食べる前には塩抜きしないとね。

ワインカントリーでこんな作業をやっていると思うと、我ながら笑えます。 でも、まあまあ上手くいったので、次は何の漬物に挑戦しようかと考えています。 

最近、めっきり料理記事は登場していませんが、毎日外食している訳ではないので、一応簡単な料理はしています。 冬の間はシチューっぽいスープ、キャセロール、パスタ、グリル肉料理等で、和食はあまり作っていません。 

和食は食べたいとは思いますが、料理自体はアメリカ料理の方が簡単です。 煮込みやオーブン料理は意外と楽です。 しかも、共に生活している人がアメリカ人なので、余計にアメリカ料理中心になってしまいます。 

アメリカ人と一口に言っても、食の好みは家庭環境によってかなり違うようです。 ベイエリアにはアジア系アメリカ人がたくさんいますが、彼らはアジア系の料理を好む傾向があります。 サンフランシスコのアジア系料理店に行くと、客のほとんどがアジア系であったりします。

ヨーロッパ系アメリカ人の人たちも、先祖の料理を好む人が多いです。 先日、近所の奥さんが先祖である東欧の料理を持ってきてくれました。 移民何世なのかはわかりませんが、そうやって先祖の伝統料理を継承しているのも良いなと思います。 とても美味しかったです。

夫の先祖は西欧なのですが、移民何世とか数えられないくらい昔の移民なので、料理はいわゆるアメリカ料理に慣れ親しんでいます。 バーガー、ピザ(アメリカ風のです)、サンドイッチ、バーベキュー、マック&チーズ等々、そして、甘いデザートが大好きです。

でも、食に関してのこだわりもないので、料理する身としては楽です。

たぶん、きゅうりの古漬けも食べられます。 次はきゅうりのキューちゃんを作ってみます。


2 件のコメント:

  1. きゅうりの漬物作ったんですね!。私は、以前、簡単に、きゅうりの塩もみで、漬物のようなものを作った事がありますが、二ヶ月かけて作ったのは、すごいです。きゅうりのキュウーちゃんのレシピを以前どこかで見た事がありますが、買うより、手作りすると、いろんな体に悪そうな調味料を排除できるので、いいかも。 アメリカ人も自分の先祖の料理を好むのですね。アメリカにいながら、アメリカ人の同僚があまりいない職場にいるので、アメリカ人の事がよくわからないです。 ところで、西洋料理の方が、あまり手間がかからないかも、と言っても、フレンチは、手間かかるかな。旦那さんは、あまり好き嫌いがなさそうですね。

    返信削除
    返信
    1. きぶたさん、2か月と言っても塩漬けしただけです。 キューちゃんは美味しいですよね、作ってみたいです。 アメリカ人の同僚があまりいないということは、きぶたさんの職場は都会ですね。 都会はどこもD政党の野望のため、不法でもなんでも移民を増やそうと必死ですからね。 カリフォルニアでも内陸の方に入ると、R政党支持のアメリカンがいっぱいいます。 

      アメリカンでも大昔移民の家族と最近移民の家族の生活習慣は違うと思います。 でも、ブログでは説明するのが大変なので、アメリカ人と一口に括ってしまってます。 夫は好き嫌いは少ないので、助かってます。

      削除