1/12/2017

2016年印象に残ったワイナリー

2016年印象に残ったレストラン(こちら)に続いて、2016年印象に残ったワイナリーです。

昨年は約50件のワイナリーに行くことができました。 レストランもワイナリーも一昨年に比べると、数がかなり増えています。 理由は何と言っても愛犬の体調が比較的安定していたからです。 我が家の大黒柱?です。


これまで何度か書いていますが、私自身はワインの専門家ではないですし、ワインに関しての知識も限られたものです。 普段、ワインを飲む量は多いと思いますが、味に関してのこだわりみたいなものはあまりありません。 愉しく味わえれば幸せです。

従って、ワイナリーをレビューする時は、もちろんワイン自体の味や値段などもチェックしますが、どちらかと言うと、雰囲気とかサービスの人の感じの良さなども含めて、トータルのワイナリー・エクスペリエンスとしての評価です。

昨年行ったワイナリーの中で、ダントツに良かったのはナパバレーのジョセフ フェルプス ヴィンヤーズです。 雰囲気も良く、サービスも良く、そして、ワインも実に美味しいです。 特にインシグニアというレッドブレンドはナパを代表するワイン、熟成ビーフとのペアリングが最高です。

それ以外では、シルバー オークファー ニエンテダックホーンなども印象かなり良かったです。 ナパバレーのカベルネソーヴィニョンはやっぱり美味しいです。

一方で、悪い印象のワイナリーは特になかったような気がします。 たまに混んでいるとサービスがスローだったりする場合はあります。 あと、まれに自信過剰のワイナリーも存在しますね。 ワイナリーやワインの説明は要りますが、自慢話は要らないです。

ソノマのワイナリーも良かったところはいくつかありました。 キャッスルが印象的なレッドソンは苦手な人もいると思うのですが、エクスペリエンスとしては良かったです。 でも、これはダントツに良かったというワイナリーは思いつきません。 きっとあると思うので、もっと探索してみないとダメですね。

ワイナリーの場合は、愛犬を連れていくことが多いので、どうしてもドッグフレンドリーのワイナリー訪問が中心になっています。 若干偏った選択になっているかもしれません。 でも、多くのワイナリーがドッグフレンドリーなので、ありがたいです。

今年も、愛犬の体調を見ながら、少しづつ新しいワイナリーを開拓してみます。

ひまつぶしされる方へ
ナパバレーのワイナリーリスト
ソノマのワイナリーリスト



2 件のコメント:

  1. 今日も雨が降っています。仕事を早く引き上げてきたのですが、フリーウェイの運転がとても怖かったです。(ブログと関係ないことですいません)ところで、うえぶりちゃんは、最近入院することもなく、頑張っていますね。そして、ワイナリーは、ドッグフレントリーなところが多くて、うえぶりちゃん、良かったね。ワイナリーや、レストランがナパに増えているということは、良いことですね。アメリカ全体は、不景気な感じだけど、ナパは、景気が良いのかな?また、ワイナリーの記事やレストランの記事を楽しみにしています。

    返信削除
    返信
    1. きぶたさん、そちらも雨が降っていたのですね。 雨の日の運転は気をつけましょう。 と言っても、自分で気をつけるだけではどうにもならないこともありますが。 ナパのワイナリーやレストランはそれ程増えてはいないと思います。 新しいレストランがオープンしても、クローズのレストランもありますので、それ程の変化はないと思います。 でも、観光客は増えているみたいです。

      削除