12/13/2016

アメリカのアジア系レストランに行かない理由

私のもうひとつのブログ「フード&ワインの日々」に関連したことです。

このブログの中では、和食以外のアジア系レストラン記事がほとんど登場していません。 たまにインド料理とかタイ料理は行くのですが、それ以外のアジア系レストランへはほとんど行きません。

サンフランシスコベイエリアには中国系、韓国系、ベトナム系の人たちがたくさん暮らしていて、彼らの国の料理も充実しているのではないかと思われます。 それらの料理自体は嫌いではなく、むしろ好きなので、日本では食べに行きますが、アメリカでは行きません。

なぜアメリカでは食べに行かないのか、それにはいくつかの理由があるのです。

① ナパバレーにはアジア料理店が少ない上に、美味しい料理もほとんど存在しないのです。 近くに住む中国系アメリカ人も美味しい中華料理はナパバレーにはない、と言ってました。 彼らはナパのタイ料理店には行くようです。

② やはりMSG(うまみ調味料)が気になります。 アメリカ人はかなり気にしますが、私も気になります。 MSGを大量に使った料理を食べると、口に残ってしまい気持ちが悪くなります。 MSGは日本でもかなり使われているので、少量はそれほど気にならないのですが、アジア系の料理は大量使っている場合があり、怖くて行けません。

③ アジア系料理店は汚い店が多いです。 これはアジア系に限ったことではありませんが、汚い店に行くと食欲を失います。 特にトイレに行って、その汚さを見ると食事ができません。 なので、どこに行ってもトイレはできるだけ食後に行くようにします。

よく日本では「汚いけど美味しい店」って人気がありますが、それは比較的キレイ好き日本の標準だからです。 アメリカの汚さって、日本のレベルではありませんよ。

④ 過去の出来事(これが重要)

今から5年前くらい、住んでいたフィラデルフィアのチャイナタウンで評判の良いと言われる店に一度行って、あまりの汚さと料理のまずさに気持ちが悪くなってしまいました。 夫はそれ以来、中華料理店へは行くことができません。 

私はサンフランシスコのチャイナタウンはそんなことないだろうと思い、2年ちょっと前に一度だけ試してみたのですが同じようなレベルでした。 それ以来、私も中華料理店には行ってません。

フィラデルフィア郊外にある韓国人街の韓国料理店に行った時に、韓国語で話しかけられて英語で返答したら、どう見ても使い回しのバンチャン(最初に出てくる副菜)とサンチュとエゴマの葉っぱが出てきて、引きました。 たぶん、日本人や白人客はこの店では歓迎されないのでしょう。

フィラデルフィアのセンターシティ(中心街)にある人気韓国店でビビンバを食べたら、その晩ひどい食あたりを起こしました。 それ以来、韓国料理店に行くことができません。

3年前ナパの隣のフェアーフィールドという市に、ベトナムフォー料理店があるとわかったので行ってみました。 人気店で混んでいて、フォー自体は美味しかったのですが、隣に座ったアジア系のおじさんが、食後、痰を吐いて食べ終えたボウルに捨てた行為を目撃してしまいました。 夫も私も、このショッキングな光景から暫く立ち直れませんでした。

ということで、様々な要因があって、これらのレストランに行かない訳です。

偏見と言われれば、そうかもしれませんが、多くの偏見は過去の経験から来ています。 なので、この偏見を修正するためには、

綺麗なダイニングルーム(キッチンも)とトイレ
MSGを大量使っていない料理
英語で対応してくれるサービス
痰を店の食器に吐かない客
食後気持ちが悪くなったり、食あたりにならない

上記を満たしたレストランに行くことが必要です。 これってむずかしいかな。

でも、日本では食べてます。


実は、この料理の後、MSGの味で気持ちが悪くなってしまって、それ以来日本でも中華を食べられません。


2 件のコメント:

  1. 私も、アジア系のレストランには、清潔で、ちゃんとした素材を使い、油が綺麗なところ以外、行きたくないと思っています。うちのおじさんが言っていたのですが、ある中国人の知り合いが、トイレを掃除した雑巾を使って、台所なども拭いていたのをみたと聞いたので、やはり、全然私たちと、感覚が違うのかなと思いました。(全部の中国人に当てはまるとは思いませんが)

    返信削除
    返信
    1. きぶたさん、そうですね、中国人は汚さに鈍感な人が多いみたいですね。 なんかネットで見ると、痰を吐くのは日本人も含めてアジア人だけとの指摘がありますが、確かにアメリカの人はしないですね、少なくても人前では。 色々と常識が違う人たちが同じ国で生活するのは、良し悪しですね。

      削除