11/15/2016

体調回復中に考えた将来のこと

日本から帰ってきて1週間、やっと時差ボケや体調が回復してきました。 喉が痛かったり、咳が出たりしたので、風邪だと思ったのですが、風邪にしては回復が早すぎるのです。 何だろう、やはり、空港でなにかに感染でもしたのではないかという疑惑が。

この1週間、世間は大変混乱している状況でした。 ナパでも小さな抗議行動はあったようですが、比較的静かです。 まだ新しい政権になったわけでもありませんので、そう過剰反応する必要もないでしょう。

と言っても、来年から少しずつ変化があると思われます。 特に自身や家族に直接関係する政策に関しては、素早く情報収集して対応しないといけませんね。 我が家はオバマケア加入ではありませんが、オバマケアの変更により一般のヘルスケアが変更になる可能性があるので、注意が必要かな。

でも実際のところ、トランプ政策とは関係なく、アメリカの医療保険って大変複雑で、しかも保険会社は毎年内容の変更をします。 只今、我が家も来年度のポリシー選択見直しをしているところでして、頭を悩ましている最中です。 年をとってくると、この医療保険って本当に重要です。

私にとって、ヘルスケア政策と同様に気になるのが、やはり移民政策です。 在米日本人の多くが関心あるのではないでしょうか。 不法移民全員を強制送還するのは非現実的ですが、犯罪歴のある不法移民を強制送還するのはありでしょう。 でも、これらの犯罪者はまた戻ってきてしまう可能性があるので、フェンスもありか?

不法移民のことはさておいて、合法滞在している私自身ですが、そろそろ、米国市民権を取得しようかと考えています。 米国永住権を取得してから10年以上経過し、数年前から、いつの日か市民権を取得する必要があるとは思っていました。 時期を考えてはいたのですが、そろそろかなと思い始めました。

おそらくトランプ政権になれば、永住者よりも米国市民である方が安全のような気がします。 でも、理由はそういうことではないのです。 私にとっての大きな問題は、米国永住者である限り日本での長期滞在ができないということなのです。 Re-Entry Permit(再入国許可)を取得すれば数年は可能みたいですが、入国拒否される可能性ゼロではありません。

日本にいる母親の介護(こちら)の可能性や、日本に残してある家財の処理もあるので、将来的には日本に長期滞在することになるかもしれません。 少々不思議なのですが、米国人として日本に滞在する方が問題ないのです。 米国籍を取得すると日本国籍を喪失することになります。 でも、元日本人そして日本人の子ということで、ビザや永住権が取りやすいみたいです。

要するに、現在の日本国籍&米国永住者から、米国籍&日本永住者へ変更するということです。

これは人生の中で、かなり大きな決断でもありますので、一時の気の迷いでは決められません。 様々な状況を確認して、最終決断しようと思います。

先週日本に行っていて思ったのですが、日本も外国人すごい増えていますね。 旅行者は別ですが、移民を受け入れるって大変なことだと思うのです。 移民の国アメリカの現状を見れば、少し想像がつきますよね。 少子化や人口減少問題に対応しての移民政策も理解できますが、充分考慮して欲しいと願う、未だ日本国籍者の声です。

もうすぐ感謝祭!



2 件のコメント:

  1. こちらロサンジェルスでは、大きな抗議があったので、少し不安でした。そうですよね。こちらの健康保険の制度は複雑で、よくわからないです。私の健康保険も毎年値上がりしています。一体いくらになるのかな? 毎年保険料が上がるので、お給料が上がっても全然意味がないので、残念です。日本の永住権は取得しやすいということですが、日本人も、二重国籍の人がたくさんんいるとネットの情報でありましたが、どうなんでしょうか。 

    返信削除
    返信
    1. きぶたさん、カリフォルニアは圧倒的に民主党支持なので、カリフォルニアで抗議するよりも、赤い州へ移動して抗議した方が効果があると思われます。 交通をブロックしたり、物を壊したり、うんざりですが、ベイエリアは年中何かに抗議しているので、皆慣れています。
      基本、日本国は二重国籍を認めていないと思います。 多くの人は、日本に国籍喪失届を出していないのでしょう。 でも、外国籍を自分の意思で取得した場合は、その時点で日本国籍を失います。 私は、きちんと報告する方を選びますが、ひとそれぞれ置かれた状況も違いますので、個人の判断でしょうね。

      削除