11/11/2016

アメリカ運転免許証の変遷

日本滞在時に日本の運転免許証の更新をしました(こちら)。 この機会に私のアメリカでの運転免許証の変遷について書いてみます。

良きも悪しくも、今回、日本でも注目を浴びたアメリカ大統領選挙でおわかりいただけたと思うのですが、アメリカは各州によって様々な事が違っています。 州法から始まって、そこに住む人々のライフスタイルや価値観もかなり違います。

運転免許証は連邦ではなく州発行ですので、各州によって取得手順が若干違っていたりします。 私の場合、最初に免許取得したのはニュージャージー州でした。 筆記試験と実技試験を受けました。

次にニューヨーク州に引っ越しました。 ニュージャージー州からの切り替えで、筆記と実務試験は免除されました。

次にカリフォルニア州に引っ越しました。 ニューヨーク州からの切り替えで、実技は免除されましたが、筆記試験は受けなければいけませんでした。

この後、日本に帰国したので、カリフォルニア州の免許を失効してしまいました。

再び、アメリカはコネチカット州に引っ越しました。 ここでは、失効してしまったカリフォルニア州の免許は一切役に立たず、再び筆記試験と実技試験を受けました。

次にペンシルバニア州に引っ越しました。 コネチカット州からの切り替えで、筆記と実務試験は免除になりましたが、視力検査で不合格になり、眼科医の証明書を後日提出するはめに陥りました。

この州の視力検査はちょっとわかりにくかったので、「視力ではなく言葉の問題だわ」と言ったら、試験官から「言葉ではなく視力の問題だ」と叱られました。

次に、再びカリフォルニア州に引っ越しました。 ペンシルバニア州からの切り替えで、実技は免除されましたが、筆記試験は再び受けなければいけませんでした。

全てを合計すると、筆記試験4回と実技試験2回受けてます、大変疲れました。

今後、たとえ日本に帰国することになっても、更新さえきちんとしておけば、実技試験を再び受けることはないと思うのですが、筆記試験は引っ越し先の州によっては再び受けなければいけません。 また勉強するのも疲れるので、できれば筆記と実技試験共免除になる州にしか引越ししないと決めています。

免許証に加えて、車の登録や車検なんかも州によって違います。

ということで、州越えの引越しはなにかと面倒なことがあるということです。 日本では居住する都道府県を変更しても、ここまで大変ではないと思われます。

日本滞在の2週間の間に家のレモンの木がかなり伸びてました。


伸びるのはいいのですが、実がひとつしかついてません。


2 件のコメント:

  1. 免許の書き換えは、違う州に引っ越すといろいろ大変なんですね。カリフォルニアは、結構簡単なのかな? 私の日本の免許は、更新していないので、日本に帰った時に、また手続きをしないといけないので面倒だな。レモンの木に実が一つしかなっていないのは、どうしてかな??

    返信削除
    返信
    1. きぶたさん、私が最初にカリフォルニアに引越した時は、米国滞在許可を厳しくチェックして免許証を発行していましたが、今は、不法滞在者にも免許証を発行しているようですね。 時代によってポリシーが変わるようです。 以前日本の免許証を失効した時には、アメリカ免許証からの書き換えをしました。 でも、失効しても日本で最初に取得した免許証を持っていたので、比較的楽に再発行してもらいました。 ケースバイケースかもしれません。

      レモンに肥料を与えないとだめなのですよ、きっと。

      削除