10/25/2016

たまには行きたいアメリカのダイナー&ドライブイン

サンフランシスコのマリーナ地区でディナーの後、モーテル・ストリート(と私は呼んでいますが、本当はロンバート・ストリート)沿いの眩いレストランを見かけました。

モーテルの近くには必ずあります、ドライブイン! Mel's Drive Inn(メルズ ドライブイン)です。 アメリカン・グラフィティという昔の映画に登場している有名なドライブインです。 サンフランシスコ市内に4店舗あります。 

アメリカが最高にカッコ良かった時代(今は?)を垣間見ることができるドライブインです。 おそらく、私よりももう少し年上の世代の方には、実に懐かしい感じがするのではないでしょうか。 夫もその中のひとりです。


ちょっと立ち寄りたい気分でしたが、既にフレンチビストロでたくさん食べてしまったので、次の機会に。


アメリカのフードネットワークでDiners, Drive-Ins, and Divesという番組があります。 全米中のダイナー、ドライブイン、ダイブを楽しく紹介している人気番組です。 ダイブとは、ダイナーよりもカジュアル、庶民的な食堂のことです。

なんだかんだ言っても、アメリカ人はアメリカの基本料理が大好きです。 ホットドッグ、バーガー、サンドイッチ、コーラ、ミルクシェイクの世界です。 気軽に入れて、手頃な値段で、平均的な料理が食べられるダイナーはいつの時代も人気です。

最近はすっかりご無沙汰しておりますが、昔は私もこの手のお店によく行きました。 特にアメリカに来たばかりの頃は、超アメリカンという感じで、わくわくしました。 カロリーが高いとか、ヘルシーでないとか、否定的な意見もあるでしょうが、たまには行きたいところです。

多くのダイナーはメニュー品目が豊富で、バーガーも悪くないけど、私の好みはBLTやツナメルトサンドイッチです。 信じられないくらい大雑把にカットしているサラダを見るのも面白いです。 それと、意外に😋のはチキンヌードルスープ。 夫はパイを頼むのが大好きです。

たまには行ってみたいと思ったりしますが、ナパ界隈にはレストラン選択肢が多くて、なかなか行く機会がありません。 でも、ひとつ行ってみたいダイナーがあるので、その内に登場するでしょう。

「フード&ワインの日々」更新しました。 日本にもあるらしい、マリーナ地区の人気イタリアンレストラン A16(エーシックスティーン)の(記事はこちら)です。

そういえば、メルズ ドライブインも日本にあるみたいですね。 アメリカ文化はまだ健在なのかな。



2 件のコメント:

  1. アメリカのダイナーは、レトロな雰囲気でいいですね。しかし、アメリカンフードはカロリーが以上に高いものばかりで。。若いときは、ぜんぜん気にしないで食べれたけど、今は健康のことを考えると1年に1回くらいだったらカロリーを気にしないで食べたいな。フードネットワークのおっちゃんもかなりデブになったよね。

    返信削除
    返信
    1. きぶたさん、年1回ぐらいが妥当ですね。 でも、私は全国展開しているチェーンレストランよりも、その土地のダイナーの方が好きです。 グランマのなんとかという料理が美味しかったりします。 都会よりも田舎のダイナーがいいかな。フードネットワークのおにーさんはソノマの有名人です。 彼のレストラン行ってみたいですが、カロリー高そうですね。

      削除