10/17/2016

わんこ連れ旅のプラン

週末ナパバレーはずっと雨でした。 サンフランシスコへ行く予定になっていたのですが、雨の中を愛犬連れで行動するのは大変なのでキャンセルしました。 どうしても行かなければならない用事がある訳でもないので、延期です。

子育てしたことないので不確かなのですが、子連れの旅って大変そうですね。 実は犬連れの旅も大変です。


我が家の場合は、愛犬と一緒に飛行機で移動することはありませんが、飛行機利用の場合は各航空会社の規定があるようなので、それに従わなければいけません。 空港でセキュリティチェックを通過したり、トイレや待ち時間、遅延が発生したらストレス極まりないです。

愛犬は飛行機を利用したことはないのですが、サンフランシスコ空港へ数回連れて行ったことがあります。 家族の送り迎えのためです。 航空会社のカウンターから、わんこ用のトイレまでが、すごく離れていて不便だった記憶があります。

車での移動は飛行機に比べれば簡単ですが、人間同様、移動中トイレに数回立ち寄ります。 その昔、子犬の頃ですが、愛犬はひどく車酔いをして車中で何度も吐きました。 小さいわんこですので、吐く量もそれほどではなかったです。 

でも、大型犬が吐いた場合はすごいらしいです。 家族の大型犬が吐いたときは、車中にブツが飛び散って、後の掃除が大変だったと言ってました。 大型犬と小型犬を比べると、大型犬の方がどうしても強そうにみえますが、そんなことはないのです。 体が弱い大型犬や、気が小さい大型犬もたくさんいます。

次にホテルですが、最近はドッグフレンドリーのホテルが増えてます。 でも、例えば、某トラベルサイトで某月日の利用可能なドッグフレンドリーのホテル数を確認してみたところ、次の結果が。 カッコ内は利用可能なホテル総数です。

サンフランシスコ 65(262)
ナパバレー 24(99)

いずれも総数の約25%位でしかありません。 ホテル選択の幅がかなり狭いことがわかります。 

特にドッグフレンドリーでないのはB&B(ベッド&ブレックファスト)です。 B&Bの多くは元々ホテル仕様として建てられたものではありません。 ヴィクトリアン・スタイルやチューダー・スタイルの建物は美しく独特の趣が感じられますが、古い造りの上にアンティークの家具や調度品が置かれていたりするので、ドッグフレンドリーにするのは難しいのでしょう。

ちなみに、サンフランシスコから南へ2時間のカーメル(Carmel-by-the-Sea)というお洒落で可愛い街には、ドッグフレンドリーのB&Bがたくさんあります。 街自体がドッグフレンドリーの上、一般のチェーンホテルがほとんど存在しないことも理由です。

それからペットフィーも払わなければいけません。 無料のところから$100を超えるところまで色々です。 チェックイン時には、部屋を汚したら弁償するなど色々書かれた誓約書にサインをします。

わんこ用のベッドや毛布、タオル、食器と食事と水、おやつ、ブラシ、そして忘れてはいけないトイレシーツ、等々用意するものがたくさんあります。

少し大変ではありますが、愛犬の病状が進んだり、或は、シニアになってくると、そんな事も出来なくなるので、今一緒に旅ができることを充分楽しみたいと思います。

「フード&ワインの日々」更新しました。 ナパバレーのレストランを一覧にした(記事はこちら)です。 ワイナリー一覧も作成中です。 私自身、旅行好きなので、旅行で来られる方の情報収集に少しでも役に立てばと思います。



4 件のコメント:

  1. ワンちゃんを連れて旅に出るのは、大変ですね。猫は絶対に旅に連れていけないので、ペットホテルに預けるのですが、それもまた、いろいろあります。男の子の猫は、いつも、痩せて、風邪をひいています。多分、ご飯を食べないのだと思います。女の子の猫は、結構大丈夫です。それってどういうこと、と思うけど、男の子の方が甘えん坊なんだと思います。カーメルにだいぶ昔に行きましたが、本当に素敵なところですね。ペットをウェルカムしているところが多いのがいいですね。

    返信削除
    返信
    1. きぶたさん、そうなんですよね。 ペットホテルも色々あるのですよね。 きちんと本当に世話をしてくれているのかわかりません。 うえるびも昔利用したことあるのですが、確かに痩せて帰ってきました。 どの生物も女子の方が強いのかもしれないですね。 ペットホテルに預けて離れる時は、夫と私は辛くて涙が出ました。 大袈裟ですが、本当に少しでも離れると辛いのです。 カーメルはドッグフレンドリーで素敵な街なのですが、わんこの匂いがあちらこちらで、うえるびは落ち着かったです。

      削除
  2. この週末は久しぶりにどっちゃり降りましたね。
    お天気が悪いと出かけるのも億劫になります。
    ワンコ連れ旅行は小さい子連れと同じって、全くですね。
    うちは二匹なのてさらに大変!
    1匹なら飛行機も機内でいけますが、2匹だともう1人一緒でないと乗れませんし。ホテルでも他のお客さんの目が気になります。
    でもアメリカは日本よりドッグフレンドリーのホテルが多いです

    返信削除
    返信
    1. えりさんのところはうちのウエブリーと違って、お行儀良いので連れていくのも楽なのでは、と思いますが、確かに2匹は大変ですね。 ひとりでは飛行機は無理ですよね。 アメリカはどこに行っても比較的ドッグフレンドリーの人も多いので、行動しやすいですが、それでもかなり制約はありますね。 大変だけど、一緒にいると癒されることも多いし、一心同体なので離れられません。

      削除