9/08/2016

ハリバットのムニエルと過去記事回復中

ホームクッキングです。 ハリバット魚のムニエルを作りました。


塩・コショーに加えて、オールドベイシーズニングを使いましたので、少々茶色がかかっております。 味がついているので、ソースはなし、レモンだけでいただきます。


ペアリングワインはソーヴィニョンブラン。


ハリバット魚とワインを美味しくいただきました。


今年3月にブログ引越しで過去の記事も引越しました。 その際に、なぜか過去記事の写真がすっぽり抜けてしまいました。 大変な量なので、ずっと無視していましたが、ついに、最近その回復作業を始めました。

4か月分くらい終了しましたが、あと10ヶ月分も残っています。 できれば来月までには全て回復したいと思ってます。

最初、この作業をするのはとても面倒で無駄な事であると思っていたのですが、やり始めて良かったです。 なぜなら、過去の記事を読み返すと学べることもあるからです。

写真の撮り方や文章の書き方など、これじゃあダメだな、気をつけないと、と思ったりします。 料理内容やワインペアリングも改善しないと、とも思います。

アラフィフで始めた料理やブログですので、そう簡単に上達はしないでしょうが、ぼちぼち上達できれば嬉しいです。



4 件のコメント:

  1. 相変わらず、食欲そそる
    Webley H家のdinnerですね(^ ^)

    あぁ、ムニエル、美味しそう
    食べたくなりましたー!

    返信削除
    返信
    1. rankoさん、ありがとうございます。 メニューが思いつかない時は適当です。 でも、どんな料理を作っても、ワインと合わせてみるという楽しみがあります。 和食とワインも結構合うので、色々組みあわせています。

      削除
  2. ハリバット、私も時々買って食べています。結構、お腹にくる、さっぱりしているけど、ずっしりしているお魚だと思いました。昨日の記事で、バークレーのことが書かれていましたが、なんでも、快く受け止める文化を持っているような気がしました。 過去の記事が回復できてよかったですね。毎日ブログを更新するのって、大変ですか?

    返信削除
    返信
    1. きぶたさん、確かにずっしりしている魚で、たくさんは食べられませんね。
      バークレーは独特な文化が根付いているので、心地良いと感じられる人と感じられない人もいると思います。 ベイエリアはMicro Climateだけでなく、Micro Cultureも浸透しているので、自分に合った場所探し中です。
      ほとんど毎日ブログ書いてますが、たまに書きたいことが思い浮かばない時あります。 そんな時は休もうと思い始めました。 たまに休みますので、どうぞよろしくお願いします。

      削除